Windows Server 2012 のフェールオーバー クラスターのマイクロソフトのサポート ポリシー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2775067 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料ではフェールオーバー クラスター実装の Windows Server 2012 はマイクロソフトのサポート ポリシーについて説明します。マイクロソフト カスタマー サービスとサポートは、次の条件を満たす、Windows Server 2012 のフェールオーバー クラスターをサポートしています。
  • フェールオーバー クラスター内のすべてのハードウェアおよびソフトウェア コンポーネント 1 つ以上の次の Windows Server 2012 のロゴが表示されるには、条件を満たします。
    • Windows Server 2012 デバイスの認定

      このロゴの業務やミッション ・ クリティカルなハードウェアとソフトウェアの設計は、ハードウェアまたはソフトウェア コンポーネントが Windows の基本事項およびマイクロソフトによって設定されているプラットフォーム間の互換性を最高の技術的なバーを満たしていることを示します。
    • 認定された Windows Server 2012 システム

      このロゴは、クラウドのインフラストラクチャのハードウェアとソフトウェアの設計されています。Windows Server 2012 の認定ロゴ、サーバー システムがマイクロソフト製品のセキュリティ、信頼性、および管理性の要件を満たしていることを示します。さらに、ロゴはすべて、役割、機能、および Windows Server 2012 をサポートしているインターフェイスがサーバー システムをサポートすることを示しています。

  • すべての必要なフェイル オーバー ・ クラスターの検証テストを完全に構成済みのフェールオーバー クラスターを渡します。フェールオーバー クラスターを検証するには、フェールオーバー クラスター マネージャー スナップインで、構成ウィザードの検証を実行またはテスト クラスターの Windows PowerShell コマンドレットを実行します。

Windows Server 2012 での変更

クラスターを作成する前に、Windows Server 2012 を実行している完全に構成済みのハードウェアをフェールオーバー クラスターの検証テストを実行します。フェールオーバー クラスターの検証テストは、可能性のあるハードウェアおよびソフトウェア構成の問題を識別します。ハードウェアおよびソフトウェアが Windows Server ロゴ プログラムの Windows Server 2012 で認定を受けているは、フェールオーバー クラスターの検証テストを実行します。

Windows Server 2012 では、フェールオーバー クラスターを構成するには、フェールオーバー クラスターに必要なフェールオーバー クラスターの検証テストを渡す必要があります。フェールオーバー クラスターの検証テストがクラスターとしての使用を意図したサーバーのコレクションに、次の関数に従います。
  • ハードウェア インベントリとソフトウェア インベントリ
  • ネットワーク分析
  • 記憶域のテスト
  • システムの構成
フェールオーバー クラスターの検証テストは、クラスターでは、1 つまたは複数のノードが既に存在することを認識した場合既定では、クラスター構成の関数が実行されます。また、1 つまたは複数のノードが、HYPER-V の役割をインストールされたある、フェールオーバー クラスターの検証テストを認識する場合は、HYPER-V の構成の機能が実行されます。

Windows Server 2012 フェールオーバー クラスター用ハードウェアを検証する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動します。

http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=226879

メモ構成の検証ウィザードでは、フェールオーバー クラスター マネージャー スナップインでを生成するすべてのレポートは、%systemroot%\cluster\Reports フォルダーに格納されます。

フェールオーバー クラスタ リング機能をインストールする前に完全に構成されたフェールオーバー クラスター上でフェールオーバー クラスターの検証テストを実行します。フェールオーバー クラスターは、それぞれのテストに対して、次のいずれかの概要レポートを受信した場合に有効です。
  • 緑のチェック マーク (渡されます)
  • 黄色の標識マーク (警告)]

    メモ黄色の利回りの記号は、側面がテストされている提案したフェールオーバー クラスターのマイクロソフトのベスト プラクティスの配置されていないことを示します。クラスターの構成のクラスター環境でのクラスターの要件とロールを使用できるようにするには、この点を確認、クラスター ホスト。
  • 赤い円が 1 つのバー (キャンセル)
フェールオーバー クラスターは、赤を受信した場合"X"(不合格) のテストのいずれかで、Windows Server 2012 フェイル オーバー クラスターで障害が発生、フェールオーバー クラスターの一部を使用できません。さらに、テストが失敗した場合は、他のすべてのテストを実行しないでくださいとフェールオーバー クラスターをインストールする前に、問題を解決する必要があります。

クラスターの主要なコンポーネントを変更または更新する場合は、検証テストを実行します。フェールオーバー クラスターに以下の構成変更を行うと、妥当性確認テストを実行します。
  • クラスターにノードを追加します。
  • アップグレードするか、ストレージ ・ ハードウェアを交換してください。
  • ファームウェアやホスト バス アダプター (Hba) にドライバーをアップグレードします。
  • マルチパス ソフトウェアまたはデバイス固有モジュール (DSM) のバージョンを更新します。
  • 変更するか、ネットワーク アダプターを更新します。
マイクロソフト サポート、運用クラスターに対して検証テストを実行することを要求することも可能性があります。この操作を実行すると、フェールオーバー クラスターの検証テスト、ハードウェアとソフトウェアのインベントリを実行する、ネットワークをテスト、システムの構成を検証およびその他の関連するテストを実行します。一部のシナリオでは、テストのサブセットのみを実行できます。たとえばとネットワークの問題のトラブルシューティングを行う場合は、マイクロソフト サポートのハードウェアのみを実行し、ソフトウェア インベントリ、ネットワーク テスト運用クラスターに対する要求できます。

基になるストレージ構成の変更や問題、クラスター記憶域の障害が発生する場合は、マイクロソフトのサポートも運用クラスターに対して検証テストを実行することを要求できます。該当するディスク リソースと、ディスクの依存リソースがテスト中にはオフラインになります。したがって、本番環境が使用されていない場合、検証テストを実行します。

メモWindows Server 2012 で、フェールオーバー クラスターの検証テストに含まれる 1 つ以上のディスクを指定する機能が追加されます。

高度なフェイル オーバー ・ クラスター検証のシナリオの詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動します。

http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=226879

詳細

Microsoft クラスタ ソリューションが Windows Server カタログの以下のバージョンの Windows サーバー上の下には、フェールオーバー クラスターがサポートされています。
  • Windows Server 2008 R2 データ センター
  • Windows Server 2008 R2 企業
  • Itanium ベースのシステムの Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008 のデータ センター
  • Windows Server 2008 のエンタープライズ
  • Windows Server 2008 の Itanium ベースのシステム
  • Windows Server 2003 Datacenter Server
  • Windows Server 2003 のエンタープライズ ・ エディション
  • Windows Server 2003 の高度なサーバー
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Windows 2000 Server の詳細
Windows Server カタログの詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動します。
http://www.windowsservercatalog.com/
フェールオーバー クラスタ リングの詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動します。
http://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=221737
以前のバージョンのオペレーティング システムはマイクロソフトのサポート ポリシーの詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには次の資料番号をクリックしてください。
番号 309395 サーバー クラスターのハードウェア互換性の一覧」、Windows Server カタログでマイクロソフトのサポート ポリシー

943984 Windows サーバー 2008年または Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスターのマイクロソフトのサポート ポリシー

プロパティ

文書番号: 2775067 - 最終更新日: 2012年10月31日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 Hyper V
キーワード:?
kbclustering kbexpertiseadvanced kbinfo kbmt KB2775067 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2775067
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com