PowerShell を Office 365 のライセンスのすべてのユーザーを取得します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2777380 - 対象製品

著者については:

元に戻す全体を表示する
元に戻す画像を拡大する
2401266
?
この資料は Office 365 の MVP を提供します。 レネ ・ Modery.マイクロソフトは、感激人積極的にプロの経験は、他のユーザーと共有するその Mvp。この資料に転記されます。MVP の web サイト または レネのブログ 後で。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

多くの場合、ライセンスされているすべてのユーザーは、Office 365 テナント内の概要が必要です。PowerShell および Office 365 コマンドレットを使用して、(たとえば申告) の詳細な分析 (ライセンス/ライセンスなし) のユーザーの一覧を取得することが可能です。

解決方法

開始するのには、SharePoint のオンライン管理シェルを開き、Office 365 に接続 MsolServiceコマンドレット経由での接続です。ダイアログ ボックスが表示されたら、対応する管理者の資格情報を入力します。

元に戻す画像を拡大する
Office 365 に接続します。




テナント (両方ものではなく、それらと割り当てられているライセンス) 内のすべてのユーザーの一覧を取得するには、ここで Get MsolUser コマンドレットを使用できます。の Get-MsolUser の実行 |メンバーの取得 |外-GridView Get MsolUserによって返されるユーザー オブジェクトを見栄えよく書式設定されたすべての使用可能なプロパティの一覧を取得できません。

元に戻す画像を拡大する
2777374


元に戻す画像を拡大する
2777384



特に興味深いは、ユーザー (TRUE) かどうかを割り当てられているライセンス (FALSE) であるかどうかを示す、プロパティisLicensed、です。Get MsolUserによって返されるユーザーをフィルター処理し、を取得 MsolUser のコマンドを実行してライセンスされているものだけが表示するようになりました。Where-object {$_.isLicensed - eq"TRUE"}
注:"TRUE"ではなく"FALSE"を使用して、ライセンスが割り当てられていないすべてのユーザーの一覧を取得できます。

元に戻す画像を拡大する
ライセンスされたすべてのユーザーを取得します。



Licsensed ユーザーの一覧ここでさらなどの目的で、またはそれ以上の分析レポートを Excel でを開くことができる CSV ファイルにエクスポートして処理できる: Get-MsolUser の|Where-object {$_.isLicensed - eq"TRUE"} |エクスポート Csv c:\LicensedUsers.csv

元に戻す画像を拡大する
ライセンスされたユーザーを Excel にエクスポートします。




このライセンスを受けたユーザーのすべての使用可能なプロパティがエクスポートされることに注意してください。特定のプロパティだけをエクスポートするには、使用するプロパティを指定するのには、 Select-objectコマンドレットを使用できます。一例として、UserPrincipalName、表示名、国名、および部署のみがエクスポートされます。
Get-MsolUser |Where-object {$_.isLicensed - eq"TRUE"} |Select-object の UserPrincipalName、表示名、国、部門 |エクスポート Csv c:\LicensedUsers.csv

元に戻す画像を拡大する
2777378


元に戻す画像を拡大する
2777385






関連情報

Windows PowerShell を使用して、Office 365 を管理するには

コミュニティ ソリューション コンテンツの免責事項

マイクロソフト コーポレーションおよびその各供給者の適合性、信頼性、または精度の情報およびここに含まれる関連のグラフィックスに関する表明しないでください。そのようなすべての情報および関連グラフィックス「現状」いかなる種類の保証もが用意されています。マイクロソフトおよびその各供給者保証およびこの情報および関連グラフィックス、黙示と商品性、特定目的、不侵害、タイトル、権利の非侵害の適合性の条件などに関して条件を本いたしかねます。いかなる場合においてマイクロソフトおよびその供給者負わないものとする、特に同意するいかなる、損害を使用して、データまたは利益の損失など一切の直接的、懲罰、付随的、特別、偶発損害、または任意の損害に対し、起因またはのいずれかの方法の使用に接続されている、あるいは本情報と含まれている関連のグラフィックスを使用するには、契約、不法行為、過失、厳格責任に基づいてまたはそれ以外の場合は、マイクロソフトまたはその供給者のいずれかを持っていない場合でも、損害の可能性について知らされてか。

プロパティ

文書番号: 2777380 - 最終更新日: 2013年7月20日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 365 Enterprise preview
  • Microsoft Office 365 for enterprises
  • Microsoft Office 365 for small businesses
  • Microsoft Office 365 for government
  • Microsoft Office 365 for education
キーワード:?
kbmt KB2777380 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2777380
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com