Lync Server 2010\2013 コア コンポーネントの診断パッケージの SDP [71eeb57a-b16d-4b6b-bb3d-5c03e7cfec7d] の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2778244 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Lync Server 2010\2013 コア コンポーネントの診断パッケージの Windows Server 2008 R2 の Lync Server の 2010\2013 の問題のトラブルシューティング情報を収集するために使用されます。

詳細

この資料では Lync サーバー 2010\2013 コア コンポーネントの診断パッケージ Microsoft Office 通信 Server 2007 R2、Lync Server 2010 または Lync Server 2013 を実行しているコンピューターから収集する情報について説明します。

メモ 出力を生成した項目の名前を使用して出力ファイル名が付けられています。出力ファイル名のプレース ホルダープレフィックス> 出力が生成される、アイテムの名前を表します。

収集される情報

Lync Server イベント ログ
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
イベント ログ アプリケーション:-テキスト、.csv、および.evt/.evtx フォーマットプレフィックス> _evt_Application.*
イベント ・ ログ システム ・-テキスト、.csv、および.evt/.evtx フォーマットプレフィックス> _evt_System.*
Lync Server のイベント ログ テキスト、.csv、および.evt/.evtx フォーマットプレフィックス> _evt_LyncServer.*
Lync Server トポロジ
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
-AsXML コマンドレットの出力を取得 CsTopologyプレフィックス> _lync_topology.xml
Lync Server の DHCPUtil 出力
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
DHCPUtil EmulateClientプレフィックス> _DHCPUtil_EmulateClient.txt
Lync Server の構成
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
取得 CsConfiguarionプレフィックス> _LyncServer_CsConfiguration.zip
Lync Server のトレース ファイル
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
トレース ファイル{プリフィックス} {トレース ファイル名} を _ _.etl
Lync Server の応答グループの情報
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
応答グループの情報{接頭辞が _ LyncServer_RGS _.txt
セットアップ先のコンピューターのユーザー権利の割り当てについて
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
ローカルのユーザー権利の割り当てプレフィックス> _UserRights.txt
オペレーティング システムと仮想マシンのセットアップ先のコンピューターのかどうかに関する情報
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
ターゲットの VM の仮想化の状態をレポートプレフィックス> _Virtualization.htm
ターゲットの VM の仮想化の状態をレポートプレフィックス> _Virtualization.txt
ネットワーク情報
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
ネットワーク TCP/IP レジストリ キー、ipconfig、arp などの構成情報は、基本的な IP、
netstat、nbtstat は、netsh の出力
プレフィックス> _TcpIp Info.txt
Netdiag.exe ユーティリティからの出力プレフィックス> _netdiag.txt
Netsh ファイアウォール ファイアウォール情報プレフィックス> _FirewallConfig.txt
Netsh の詳細については、IPv4プレフィックス> _TCPIP-Netsh-IPv4.txt
Ipv6 Netsh の情報プレフィックス> _TCPIP-Netsh-IPv6.txt
Netsh の詳細については、TCP グローバルと煙突プレフィックス> _TCPIP-Netsh-TCP.txt
自動実行

メモ 自動実行ユーティリティの詳細については、次の TechNet web サイトに移動します。
http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb963902.aspx
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
.Htm 形式での情報の自動実行プレフィックス> _Autoruns.htm
.Xml 形式での情報の自動実行プレフィックス> _Autoruns.xml

その他の
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
インストールされた更新プログラムと修正プログラムプレフィックス> _Hotfixes.*
システム情報プレフィックス> _sym_ * します *。
サーバーの役割についてプレフィックス> _ServerManagerCmdQuery.*
ServerManager.log Windows\Logs フォルダーからのコピープレフィックス> _ServerManager.log
Pstat.exe: プロセスとスレッド情報プレフィックス> _PSTAT.txt
記憶域/ディスクの情報
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
FCInfo.exe ユーティリティを使用して情報をファイバ ・ チャネルプレフィックス> _FCInfo.txt
ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) の情報プレフィックス> _VSSAdmin.txt
Active Directory およびポリシーの情報
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
Gpresult.exe を結果のポリシーのセット (RSoP) の情報プレフィックス> _GPResult.*
現在システムにキャッシュされているセキュリティ テンプレートプレフィックス> _AppliedSecTempl.txt
機能レベル、およびグループ メンバーシップ情報プレフィックス> _DSMisc.txt
Lync Server コア コンポーネントの診断パッケージによって実行のチェック
元に戻す全体を表示する
Name説明
検出と、サーバーでネットワーク アダプター チーミングを警告。この警告は、ネットワーク アダプター チーミングが分析されている Lync server が有効であることを示します。ネットワーク アダプター チーミングは、通常は問題になりませんが、チーミング チーミング ドライバーの利用可能な最新のネットワーク アダプターに構成が正しいことを確認してください。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
278431チーミング アダプター ネットワーク負荷分散を使用してネットワークの問題が発生する可能性があります。
新しい CU がかどうかを確認してください。これは、最新の CU を適用するかどうかを確認してください。理想的なルールは、特定の問題を識別および CU 特定問題を解決することへ状態ことができます。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2493736 Lync Server 2010 用の更新プログラム
脆弱な RSA キー証明書を確認してください。機密情報の不正のリスクを減らすために、マイクロソフトはセキュリティ以外の更新プログラム (KB 2661254) すべてのサポートされているバージョンの Microsoft Windows を公開しました。この更新プログラムは未満 1,024 ビットの暗号化キーをブロックします。これらのオペレーティング システムには 1,024 ビット長で、弱い RSA キーをブロックする機能が既に含まれているためこの更新プログラムは Windows 8 リリースのプレビューや Windows Server 2012 リリース候補には適用されません。詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動してください。
マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (2661254)
検出の Lync Server サービスが実行されていない場合は、サービスを開始します。Lync server で必要なサービスがコンピューターで実行されていません。開始サービスコマンドレットを使用して、このコンピューター上で開始されていませんが必要なサービスを開始します。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2747217リモートの Windows ベースのコンピューターから Lync Server 2010 サービスを管理します。
Lync Server の評価版を確認してください。Lync の評価版は、このサーバーにインストールされます。評価期間が終了した後は Lync のサービスは開始します。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2468019 Lync Server 2010 の評価期間が終了しました
外部ユーザーの資格情報を入力しなくてもログオンできます。外部ユーザー エッジ サービスを介して外部エッジ サーバーの証明書がワイルドカード証明書をしたとき、資格情報 (ユーザー名とパスワード) を入力しなくても接続できます。またはエッジ サーバーの内部インターフェイスの顧客証明書 SAN を使用されました。
ワイルドカード証明書のサポート
Lync のユーザーの移動の問題HLB、およびレジストリ値を構成する 2 つ (以上) の FE サーバーがある、問題が発生すること
HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Policies\ Microsoft\Windows の場所
RestrictRemoteClients '2' に設定します。
RestrictRemoteClients の問題を変更値を解決するには
RestrictRemoteClients
ファイアウォールを無効にすると、CMS レプリケーション障害が発生しました。この問題は Windows ファイアウォール サービスが停止または無効にされますが、フィルター ドライバーがまだアクティブなために発生します。ファイアウォール サービスのすべての Lync サーバー上で実行することを推奨、したがって、ソリューション、ファイアウォールを有効または開始し、必要なポートを開くことです。有効にする CsComputer を実行して、サーバーの構成に基づいて、必要なポートを開きます。
Lync エッジ サーバー外部の複数の Nic にデフォルト ゲートウェイのすべての Nic を設定する必要があります。1 つの外部 NIC のデフォルト ゲートウェイが設定されていた場合は、警告を発生します、上のすべての外部エッジ インターフェイスのデフォルト ゲートウェイを設定することで解決します。
エッジ サーバーのネットワークインタ フェースを設定します。
Lync のレプリケーションの状態が最新ではありません。CMS レプリケーション ステータスをこのサーバーの最新の Lync の構成のコピーがないことを意味は、です。
2667713 Lync Server 2010 の CMS の概要
Lync のプールで複数のサーバーがある場合、PowerShell 代理トランザクションが失敗します。このサーバーで Windows ファイアウォールが有効であると、Windows PowerShell の例外がないことを検出しました。代理トランザクションは Lync server プール内にある 1 つ以上がある場合、失敗します。詳細については、以下の KB 資料を参照してください。

2751720Lync Server 2010 の PowerShell 代理トランザクションが失敗します。
有効にする CsAdForest を失敗しました。AD 環境をロックしたときに発生します。このため必要なアクセス許可削除済みオブジェクト コンテナーに表示されません。
ロックの Active Directory ドメイン サービスの準備
Lync Server 2010 web サービス アプリケーション プールを実行します。Windows Server 2012 ベースのコンピューターで Lync Server 2010 をインストールすると既定では、.NET Framework バージョン設定 v4.0 の Lync Server 2010 アプリケーション プールです。ただし、Lync Server 2010 の web サービス 2.0Preparing の Microsoft.NET Framework、ロックダウンされた Active Directory ドメイン サービスを使用します。
2777747404.17 では、Lync Server 2010 web サービスに接続しようとするとエラー メッセージが見つかりません。
Lync の証明書が 21 日以内に有効期限が切れることがあります。有効期限が切れて、または 21 日間で証明書を有効期限をすぐに検出されます。
Lync の証明書が 7 日以内に有効期限が切れることがあります。有効期限が切れて、または 7 日間で証明書を有効期限をすぐに検出されます。
Windows サーバーが Lync で可能なデッドロックを防ぐために KB975954 が不足していますWindows の更新プログラムの KB975954 がありません。.NET Framework の更新はこの Lync サーバー上でパフォーマンスが低下する問題を説明します。この問題が発生した、Lync のいくつかのプロセスでアクセス違反が発生または、一部の Lync プロセス ハングがある場合。KB975954 から、.NET Framework の修正プログラムを適用します。サポート情報記事で詳細にこの問題に対処する方法を参照してください。

975954 FIX、.NET Framework 2.0 ベースのアプリケーションを実行すると、System.AccessViolationException 例外が発生した、またはデッドロックは、2 つのスレッド、アプリケーション ドメイン内で発生
仲介サーバーのネットワーク インターフェイスが適切に構成されていません。すべてのネットワーク インターフェイス IP アドレスの仲介サーバーから同一のサブネットまたは 1 だけがの NICサーバーが異なるサブネットから IP アドレスが構成されている 2 つのネットワーク インターフェイスがあることを確認してください。詳細については、以下の KB 資料を参照してください。

2758662 Lync Server 2010 仲介サーバーの 1 つのネットワーク アダプターの問題
エッジ サーバーのネットワーク インターフェイスが適切に構成されていません。すべてのネットワーク インターフェイス IP アドレスは、エッジ サーバーから同一のサブネットまたは 1 のみがの NICサーバーが異なるサブネットから IP アドレスが構成されている 2 つのネットワーク インターフェイスがあることを確認してください。詳細については、以下の KB 資料を参照してください。
2757916Lync Server 2010 エッジ サーバー ネットワーク構成の問題
Lync ウィンドウ ストア アプリケーション CU7 の Lync Server 2010 プールまたは Lync Server 2013 プールにサインインできません。Lync ウィンドウ ストア アプリケーション (Lync MX aka) できないサインイン CU7 の Lync Server 2010 プールに (2012年 10 月更新) または内部ユーザーの Lync Server 2013 プールにします。

Lync のアクセス エッジ サービスに割り当てられた証明書に CDP は HTTP の場所に登録されていると同じ問題を外部のユーザーとしてされません。
フロント エンド サーバー デュアル ホーム プライマリと PSTN の Nic を使用する場合に、ルーティング エラーが発生します。フロント エンドと仲介サーバーにはプライマリ プールに接続している NIC (内部通信) のと、外向きの PSTN NIC (ゲートウェイと SIP プロバイダー間の通信) 用に構成されている場合は、ルーティング エラー - 特に Lync モバイル クライアントを含む発生します。

プロパティ

文書番号: 2778244 - 最終更新日: 2013年1月22日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Lync Server 2013
  • Microsoft Lync Server 2010 Enterprise Edition
  • Microsoft Lync Server 2010 Standard Edition
  • Microsoft Office Communications Server 2007 Enterprise Edition
  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition
キーワード:?
kbsurveynew kbmt KB2778244 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2778244
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com