「リソースの共通プロパティ ' SQL ネットワーク名 (<SQL name="">)' を保存できませんでした"クラスター ノードの SQL Server 2012 にアップグレードしようするとエラー</SQL>

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2782511 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • Microsoft Windows Server 2012 フェールオーバー クラスター上で実行されている 2 つのノードを Microsoft SQL Server のフェールオーバー クラスターは、あります。たとえば、ノード A をプライマリ ノードであるし、ノード B がパッシブ ノードのです。

    メモSQL Server のインスタンスは、Microsoft SQL Server 2008年または Microsoft SQL Server 2008 R2 のインスタンスです。
  • プライマリ ノード (ノード A) に記載されている処理を次の MSDN web サイトを使用して Microsoft SQL Server 2012 へのアップグレードを実行してください。
このシナリオでは、次のようなエラー メッセージが表示されます。
共通リソース ' SQL ネットワーク名 (SQL 名)' のプロパティを保存できませんでした。エラー: クラスター コードは、プロバイダーからの呼び出しに失敗しました。例外メッセージ: 1 つまたは複数のプロパティ値をこのリソースは、依存リソースが関連付けられている 1 つまたは複数のプロパティの値と競合します。

メモ:
  • [SQL 名] で、SQL Server のネットワーク名のプレース ホルダーです。
  • アップグレードに失敗したノードは、1 分以内、フェイル オーバー操作を実行するためのリソース グループが正常に B. また、アップグレードされたノードにフェールオーバーする SQL Server でこの問題を引き起こすすべてのリソースはクライアント接続を中断することなくかなりがオンラインです。ただし、ノード A でアップグレード プロセスを完了するには、「解決方法」に記載されている追加手順を実行するにはあります。

原因

この問題は Windows Server 2012 をフェールオーバー クラスタ リングでの変更に発生します。

解決方法

このセクションには、次の操作について説明します。
  • ノード A 上でアップグレードを完了します。
  • 新しいアップグレードに影響を及ぼすから問題を防止します。

ノード A にアップグレードを完了します。


このプロセスを開始する前に、次の注意します。
  • ノード A を使用して削除することはできませんが ノードを削除します。 操作します。この操作は、SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスを削除します。そのため、修復できません。
  • 使用して SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスをアンインストールすることはできません。 プログラムをアンインストールします。.この処理は機能しません。
  • 不適切なエディションのセットアップ メディア (たとえば、SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2) を使用して実行できません、 ノードを削除します。 操作します。この操作は、コンピューターの状態が破壊されます。
ノード A のアップグレードを完了するは 2 つのフェーズです。
  • P文字列を挿入して 1: アップグレード前の統計データを復元するのには、アップグレード失敗するとノード A 上のクリーンアップe
    1. アップ グレード プログラムを終了し、アップグレード操作が失敗のレポートが既に閉じていない場合は、セットアップ プログラム、エラー ダイアログ ボックスを閉じ、。
    2. ノード A が誤ってにフェールオーバーしないようにするには、実行可能な所有者の一覧からを削除します。実行可能な所有者の一覧を変更するには、次の操作を行います。
      1. フェールオーバー クラスター マネージャー スナップインで任意のノードにフェイル オーバーを起動します。
      2. 下にあります。 ロール、SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスは、上枠で選択します。
      3. クリックしてください。 リソース 下のペインで、右クリックし、 サーバー名 リソース、および選択 プロパティ.
      4. クリックしてください。 高度なポリシー 続いて プロパティ ダイアログ ボックス。
      5. 選択の各ノードを追加したり、ノードを削除するには、必要なチェック ボックスをオンにします。
    3. 次の場所に、summary.txt ファイルを開きます。
      %Program Files%\Microsoft SQL Server\110\Setup Bootstrap\Log
      トラブルシューティングの次のコマンドは、summary.txt ファイルで検索します。
      セットアップを/q/action =/instanceid のアンインストール FOOINST/features = = AS
    4. 管理者としてコマンド プロンプトを開くし、トラブルシューティング コマンドを SQL Server 2012年のセットアップ ファイル (setup.exe) のパスを使用します。たとえば、次のようなコマンドを使用します。
      SQL Server 2012年のメディアのパス\setup.exe/q/action =/instanceid のアンインストール FOOINST/features = = AS
      注意:
      • "SQL Server 2012年のメディアのパス「SQL Server 2012年のメディアのパスのプレース ホルダーです。
      • このコマンドは、サイレントに実行され、5 分以内に通常完了です。
      • コピーして、コマンドライン引数を避けるためには、summary.txt ファイルから貼り付けるミスを入力します。ただし、"AS"機能を持つには、パラメーターとして渡される、summary.txt ファイルは推奨されます。このコマンド (特に「instanceid」パラメーター) の不適切な入力失敗するには、クリーンアップ操作が発生し可能性のあるコンピューターが破損した状態にします。
      • いることを確認するのには、summary.txt ファイルのクリーンアップ操作を正常に完了を確認してください。
  • 第 2 段階: ノード A SQL Server 2012 へのアップグレードします。
    1. UI モードでは、SQL Server 2012年のセットアップ メディアを起動します。
    2. 詳細 アップグレード 下のオプションを インストール メニューからのランディング ・ ページ、およびへ移動をし、 [インスタンスの構成 ダイアログ ボックス。
    3. 適切なインスタンス名を選択し、[インスタンス ID] フィールドに正しい値を入力します。

      注意:
      • フェーズ 1 の例を続行、インスタンス ID の値があります。 FOOINST.
      • セットアップ プログラムが自動的にインスタンス ID を確認せずそのため、インスタンス ID フィールドに事前設定の既定のインスタンス ID を使用できません。
      • 正しいインスタンス ID を検索するには、summary.txt ファイルを確認することができます。
    4. アップグレード プロセスを完了します。
    5. ノード A が正常にアップグレードすると、実行可能な所有者の一覧に戻る上に追加の サーバー名 SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスのリソースです。

新しいアップグレードに影響を及ぼすから問題を防止します。


この問題を回避するのには、次のオプションのいずれかを使用します。
  • オプション 1
    1. パッシブ ノードの半分は、大多数のしきい値を交差を回避するためにアップグレードします。

      s:
      • クラスター ノードの数が偶数の場合は、半分以上のパッシブ ノードをアップグレードします。
      • クラスター ノードの数が奇数の場合は、クラスター内のノードの半分未満にアップグレードするかどうかを確認します。ほとんどのクラスター内のノードをアップグレードする場合は、クラスター リソース グループがフェールオーバーしたときに、この問題が発生します。
    2. 実行可能な所有者] ボックスの一覧のアップグレードされたパッシブ ノードを手動で追加、 サーバー名 リソースです。
    3. 実行可能な所有者] ボックスの一覧から、アップグレードしていないノードを削除します。
    4. 手動でアップグレードしたノードの 1 つに SQL Server クラスター グループをフェールオーバーします。
    5. 残りのアップグレードしていないノードをアップグレードします。
    6. すべては、アップグレードしていないノードをアップグレードする、手動で追加すると、実行可能な所有者の一覧に戻るには サーバー名 リソースです。
  • オプション 2
    この問題は、SQL Server 2012年サービス パック 1 (SP1) 修正されています。アップグレード処理 service pack からのセットアップ プログラムのバイナリを使用して各クラスター ノードを作成できます。これを行うは 2 つの方法です。
    • メソッド
      1. SQL Server 2012年の SP1 をローカルのハード_ディスク (たとえば c:\sp1) をダウンロードまたはネットワーク共有 (たとえば、\\共有名\sp1) すべてのノードにアクセスできます。
      2. 管理者としてコマンド プロンプトを起動し、次のコマンドを実行します。
        • パスをダウンロードします。> \setup.exe/action アップグレードの/updatesource = c:\sp1 =
        • パスをダウンロードします。> \setup.exe/action アップグレード/updatesource を = = \\共有名\sp1
      3. セットアップ プログラムでのすべての手順を完了します。

        Detail.log ファイルは、次の場所をチェックしてアップグレード SQL Server 2012年の SP1 のセットアップ バイナリを使用だかどうかを確認できます。
        %Program Files%\Microsoft SQL Server\110\Setup Bootstrap\Log\<Time stamped folder>

        ログ ファイルの先頭付近にある、バージョン情報が SQL Server 2012年のバージョンが 11.0.2100.60 よりも後であることを示して ことを確認します。たとえば、ログ ファイルは、次が含まれます。

        2-11-04 11時 40分: 45 Slp: 'MSI' の拡張子をファイルから読み込み ' C:\Program ファイル SQL Server\110\Setup Bootstrap\SQLServer2012\x64\.\Microsoft.SqlServer.Configuration.MsiExtension.dll'(01) 2012-11 月 04 日 11: 40: 45 Slp: 拡張子 'MSI' バージョン '11.0.3000.0 ロード'

    • 方法 B
      1. SQL Server 2012年の SP1 をローカルのハード_ディスク (たとえば c:\sp1) をダウンロードまたはネットワーク共有 (たとえば、\\共有名\sp1) すべてのノードにアクセスできます。
      2. 管理者としてコマンド プロンプトを起動し、次のコマンドを実行します。
        パスをダウンロードします。\SQL Server 2012年の Service Pack 1 パッケージ名.exe/Q
        このコマンドは、ノードの SQL Server 2012年の SP1 のセットアップ バイナリが pre-patch されます。

        SqlSupport.msi ファイル自体では、失敗するには、SQL Server 2012年のセットアップ操作になるし、MSVCR100.dll がないというエラーが表示されますのでインストールできません。使用して、 /Q このエラーを回避するのには、パラメーターを指定します。このパラメーターは、Sqlsupport.msi ファイルおよび Visual C++ ランタイム コンポーネントをインストールします。
      3. セットアップ プログラムでのすべての手順を完了します。

詳細

SQL Server 2012年の SP1 を入手するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
SQL Server 2012年の Service Pack 1 をダウンロードします。
SQL Server 2012年のセットアップ プログラムを更新する方法の詳細については、次の MSDN ブログの web サイトに移動します。
SQL Server 2012年のセットアップは、更新されたセットアップ パッケージに修正プログラムを適用する方法

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2782511 - 最終更新日: 2012年11月26日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Express
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • SQL Server 2012 Enterprise Core
キーワード:?
kbtshoot kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2782511 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2782511
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com