クラスタ内の共有ディスクのディスク クォータを構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 278365 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP278365
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ディスク クォータは Windows 2000 の新機能です。この資料では、Windows クラスタリングの共有ディスクにディスク クォータを実装する際に考慮すべき項目について説明します。

詳細

エクスプローラでディスク ボリュームのプロパティを表示するか、またはグループ ポリシー オブジェクトを使用すると、ディスク クォータを有効にすることができます。

方法 1: エクスプローラ

  1. ディスク クォータを有効にするディスク ボリュームを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [クォータ] タブをクリックし、[クォータの管理を有効にする] チェック ボックスをオンにします。

方法 2: グループ ポリシー オブジェクト

  1. グループ ポリシーを設定します。
    1. [スタート] ボタン、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、mmc と入力して、[OK] をクリックします。
    2. [コンソール] メニューの [スナップインの追加と削除] をクリックします。
    3. [追加] をクリックし、[利用できるスタンドアロン スナップイン] で [グループ ポリシー] をクリックして、再び [追加] をクリックします。
    4. グループ ポリシー オブジェクトの選択ウィザードでは、[グループ ポリシー オブジェクト] を [ローカル コンピュータ] というデフォルトの場所にしたまま [完了] をクリックします。
    5. [閉じる] をクリックし、[OK] をクリックします。
  2. グループ ポリシー オブジェクトでディスク クォータを有効にします。
    1. [コンソール ルート] 以下の [ローカル コンピュータ ポリシー] を展開し、[コンピュータの構成] を展開し、[管理用テンプレート] を展開し、[システム] を展開して、[ディスク クォータ] をダブルクリックします。
    2. [ディスク クォータを有効にする] をダブルクリックし、[有効] をクリックします。
  3. オペレーティング システムから常に使用できるとは限らないディスク (たとえば共有クラスタ ディスク) にディスク クォータを適用するには、次の手順に従います。
    1. [ポリシー] タブで [有効] をクリックします。
    2. 次の 2 つのチェック ボックスをクリックしてオフにします。
      • [低速回線接続からの処理を許可する]
      • [バックグランドで定期的に処理しているときは適用しない]

    3. [グループ ポリシー オブジェクトが変更されていなくても処理する] チェック ボックスをクリックしてオンにして、[OK] をクリックします。
  4. コンピュータを再起動するか、または secedit コマンドを使用してポリシーを更新します。secedit を使用する場合は、コマンド ラインから次のコマンドを実行します。
    secedit /refreshpolicy machine_policy

ドメイン レベル アカウントの使用

クォータの割り当て時には、ドメイン レベルのアカウントだけを使用してください。これは、ディスクがフェールオーバーすると、ローカル アカウントが設定されないことがあるためです。このような状態は、ほかのノードがローカル アカウントの SID を解決できなかった場合に発生します。 関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
241796 Local Groups and Microsoft Cluster Server

ディスク クォータの条件

ディスク クォータを使用するときは、次の条件について考慮する必要があります。
  • パーティションに設定されたディスク クォータは、そのパーティションにのみ適用されます。
  • 個々のファイルやフォルダにディスク クォータを設定することはできません。
  • ディスク クォータは、圧縮されていない状態のファイル サイズに基づいています。たとえば、20 MB のディスク クォータに 18 MB のデータが含まれている場合、データを圧縮しても空き領域を増やすことはできません。

ホーム フォルダにディスク クォータを実装するには

サーバー クラスタにホーム フォルダを実装する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
256926 Implementing Home Folders on a Server Cluster

Windows 2000 でディスク クォータを有効にするには

ディスク クォータを有効にする方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
183322 How to Enable Disk Quotas in Windows 2000
183322 [NT] Windows 2000 のディスク クォータを有効にする方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 278365 (最終更新日 2000-11-08) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 278365 - 最終更新日: 2004年3月11日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbinfo KB278365
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com