システム センター操作マネージャー 2007 R2 の累積的な更新 7

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2783850 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

累積的な更新プログラム 7 で Microsoft システム センター操作マネージャー 2007 R2 に含まれている変更内容の詳細な説明を掲載しています。

オペレーション マネージャー 2007 R2 の累積的な更新プログラム 7 操作マネージャー 2007 R2 の以前のすべての累積的な更新プログラムを含む、すべてのプラットフォームの更新プログラムが含まれています。

累積的な更新プログラム 7 で修正される問題

システム センター操作マネージャー 2007 R2 累積更新プログラム 7、次の問題が修正されます。
  • ユーザー ロールは、オブジェクトへのアクセスに使用するとコンソールに悪い。
  • データの可用性は、毎日集計を使用した場合、当日は表示されません。
  • 動作は web 上のいくつかのビューの間で一貫性のあるされませんコンソールとコンソール。
  • ログ ファイルは、unicode 形式のログ ファイルを監視しているときにロールバックしません。
  • いくつかのセキュリティ上の問題が修正されます。

システム センター操作マネージャー 2007 R2 累積更新プログラム 7 次のクロスプラット フォームの問題が修正されます。
  • パフォーマンスの統計情報を論理ディスク ボリュームの一部では Solaris コンピューターでは収集されません。
  • 一部のネットワーク アダプターは、HP-UX コンピューターでは発見できない場合があります。
  • HP-UX のネットワーク アダプターのネットワーク アダプターのパフォーマンスの統計情報収集されません。
  • Solaris 8 および 9 のエージェントが正常でないシャット ダウン後再起動可能性があります。

入手して、システム センター操作マネージャー 2007 R2 の累積的な更新プログラム 7 をインストールする方法

ダウンロード情報

累積的な更新プログラム 7 システム センター操作マネージャー 2007 R2 を Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
累積的な更新プログラム 7 パッケージします。

インストール情報

推奨されるインストール順序
次の順序で、この累積的な更新プログラムをインストールすることをお勧めします。
  1. ルート管理サーバー (RMS)
  2. 操作マネージャーのデータベースです。次のセクションで説明されているストアド プロシージャが含まれているファイルを使用して、Operations Manager データベースを手動で更新します。
  3. 管理パックについては、 管理パックをインポートします。セクション。手動でこれらの管理パックをインポートします。
  4. セカンダリ管理サーバー
  5. ゲートウェイ サーバー
  6. エージェントの更新プログラム。検出ベースのインストールに使用するエージェントに更新プログラムを展開します。
  7. オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター

    メモ このロールを更新すると、選択を サーバーの更新を実行します。 オプションを ソフトウェアの更新 ダイアログ ボックス。

  8. Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター
  9. 手動でエージェントをインストールします。エージェントの更新プログラムを適用します。
  10. 監査コレクション サービス (ACS) の役割を持つコンピューター

メモ ACS のコンピューターに、累積的な更新プログラムを適用した後、次の手順を実行します。
  1. ネット停止 adtserver。
  2. DbUpgV6toV7.sql を実行します。
  3. Net start adtserver。

DbUpgV6toV7.sql を実行する方法の詳細についてを参照してください、」ACS コレクターを更新した後に実行する必要があります手動での操作"セクションに移動します。
インストールに関する注意事項
インストーラーのスプラッシュ スクリーンを使用してコンポーネントを更新すると、次の 3 つの更新プログラムのインストーラーを完了することがあります。RMS などのコンポーネントを更新すると、各インストーラーが起動しをクリックする必要があります。 終了日更新が完了するとします。その後、次のインストーラーが自動的に起動します。

インストール手順

この更新プログラムに含まれているファイルを抽出するには、次の手順を実行します。
  1. 次のファイルをローカル フォルダーまたは、利用可能なネットワーク共有にコピーします。
    SystemCenterOperationsManager2007-R2CU7-KB2783850-X86-X64-IA64-ENU.MSI
  2. このファイルは各コンピューターでローカルに実行します。たとえば、このファイルには、ルート管理サーバー (RMS) を実行します。
  3. システム センター操作マネージャー 2007年ソフトウェアの更新] ウィンドウで、[更新] を更新する役割を選択します。

クラスター化されたルート管理サーバーにこの累積的な更新プログラムを適用する推奨される手順

クラスター化されたルート管理サーバーにこの累積的な更新プログラムを適用する推奨される手順の詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動します。

ルートの管理サーバーとデータ ウェアハウスを更新した後に実行する必要があります手動での操作

SQL スクリプトを実行します。
この更新プログラムには手動で適用する必要があります修正プログラムが含まれます。これらの修正プログラムは c:\program ファイル (86) \System センター 2007 R2 修正プログラム utility\KB2783850 \SQLUpdate\CU_DataWarehouse.sql ファイル (OperationsManagerDW) 操作マネージャー データ ウェアハウスに対して実行して、Operations Manager データベース (OperationsManager) に対して c:\program ファイル (x 86) \System センター 2007年の R2 の修正プログラム utility\KB2783850\SQLUpdate\CU_Database.sql ファイルを実行して適用されます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. コンピューターには、データベースのシステム管理者 (SA) 権限を Operations Manager 2007 データベースのインスタンスを持つユーザー アカウントを使用して、そのホスト、Operations Manager 2007 データベース ログオンします。データベースの更新をリモートで実行するには、コンピューターにホスト SQL Server Management Studio、Operations Manager 2007 データベースに適切な SA 権限を持つユーザー アカウントを使用してログオンします。
  2. SQL Server Management Studio を実行します。
  3. で、 サーバーへの接続します。 ダイアログ ボックスでは、Operations Manager データベースをホストする SQL Server のインスタンスに接続します。既定のデータベース名は OperationsManager です。
  4. ツールバーをクリックします。 新しいクエリ.
  5. から、 SQL エディター ツールバーを使用して、 使用可能なデータベース Operations Manager データベースを選択するオプションです。
  6. で、 ファイル メニューをクリックして と入力して、C:\program ファイル (x 86) \System センター 2007年の R2 の修正プログラムの utility\KB2783850\SQLUpdate を参照するには、Windows インストーラー (.msi ファイル) で抽出された CU_Database.sql ファイルを選択し、クリックして と入力して.
  7. ファイルが読み込まれるをクリックします。 実行 SQL エディターのツールバーにします。
  8. ビューを メッセージ Transact SQL コマンドの実行が成功したかどうかを確認するウィンドウを指定します。
  9. SQL Server Management Studio を終了します。
  10. 操作マネージャー データ ウェアハウスには、手順 1 〜 8 を繰り返します。ただし、Operations Manager データ ウェアハウスをホストする SQL Server のインスタンスに接続し、\SQLUpdate\CU_DataWarehouse.sql ファイルを実行します。



ACS コレクターを更新した後に実行する必要があります手動での操作

SQL スクリプトを実行します。
この更新プログラムには手動で適用する必要があります修正プログラムが含まれます。ACS データベース (OperationsManagerAC2) から %SystemDrive%\Windows\System32\Security\AdtServer\DbUpgV6toV7.sql ファイルを実行して、これらの修正プログラムが適用されます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. コンピューターには、ACS データベースのインスタンスにデータベース システム管理者 (SA) の権利を持つユーザー アカウントを使用して、そのホストは ACS データベース ログオンします。データベースの更新をリモートで実行するには、コンピューターにホスト SQL Server Management Studio、ACS データベースへの適切な SA 権限を持つユーザー アカウントを使用してログオンします。
  2. SQL Server Management Studio を実行します。
  3. で、 サーバーへの接続します。 ダイアログ ボックスでは、ACS データベースをホストする SQL Server のインスタンスに接続します。既定のデータベース名は OperationsManagerAC2 です。
  4. ツールバーをクリックします。 新しいクエリ.
  5. SQL エディター ツールバーを使用して、 使用可能なデータベース ACS データベースを選択するオプションを指定します。
  6. で、 ファイル メニューをクリックして と入力しては、Windows インストーラー (.msi ファイル) がインストールされている %SystemDrive%\Windows\System32\Security\AdtServer\DbUpgV6toV7.sql ファイルを選択し、をクリックして と入力して.
  7. ファイルが読み込まれるをクリックします。 実行 SQL エディターのツールバーにします。
  8. Transact SQL コマンドの実行が成功したかどうかを確認するのには、[メッセージ] ウィンドウを表示します。
  9. SQL Server Management Studio を終了します。


管理パックをインポートします。
オペレーション コンソールで [管理パックのインポート ウィザードを使用して手動で、ManagementPacks フォルダーで提供される管理パックをインポートする必要があります。

次の更新された管理パック パッケージのインストールで、ManagementPacks フォルダーにあります。
  • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp
  • Microsoft.SystemCenter.WebApplication.Library.mp
  • Microsoft.SystemCenter.WSManagement.Library.mp

Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター上の Web.Config ファイルを更新します。

Web コンソールで作成されたすべての cookie をクライアント cscript でアクセスできないことを確認するには、Web コンソール サーバー上の Web.Config ファイルに次の構成を追加します。
<httpCookies httponlycookies="true"></httpCookies>
Web コンソールで SSL を実行する構成されている場合は、ただし、次の構成を Web.Config ファイルに代わりにすべての cookie が暗号化されていることを確認するために追加します。
<httpCookies httponlycookies="true" requiressl="true"></httpCookies>
メモ これらの行の 1 つだけを Web.Config ファイルに追加するがあります。<system.web>のタグを参照してくださいし、<system.web>を含む行後すぐに、新しい行を追加するまでのいずれかの次の行を追加するには、Web.Config ファイルにスクロールします。

</system.web></system.web>

この累積的な更新プログラムに含まれている更新済みのサポート ツール

次の更新ファイルはサポート ツール フォルダーから Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services を SQL Server 2008 のレポート サービスと SQL Server 2008 レポート サービスには、SQL Server 2008 R2 Reporting Services からのアップグレードをサポートしています。
SRSUpgradeTool.exe
メモ オペレーション マネージャー 2007 R2 配布メディアのサポート ツール フォルダーに付属しているファイルではなく、プラットフォームの適切なバージョンのこのファイルを使用します。

高度なインストールの手順については、コマンド プロンプトで

このサイトからダウンロードしたインストーラー (修正プログラム ユーティリティ) がアンパックでブートス トラップ アプリケーションと必要な MSP ファイルをシステム センター操作マネージャー 2007 R2 累積的な更新プログラム 7 をインストールします。各コンピューターに修正プログラム ユーティリティを実行して、修正プログラム ユーティリティの実行後に呼び出される GUI インターフェイスを使用してシステム センター操作マネージャー 2007 R2 の累積的な更新プログラム 7 を展開するには良いです。ただし、修正プログラム ユーティリティの複数のインストールは、適切なコンピューターに展開されたディレクトリとファイルをコピーすることによって回避できます。これらのファイルは次の場所には、修正プログラム ユーティリティでパックされます。
\Program ファイル (x 86) \System Center 2007 R2 Hotfix Utility\KB2783850\
システム センター操作マネージャー 2007 R2 には、コマンド プロンプト用の累積的な更新プログラム 7 をインストールする場合は、次のコマンドを使用します。
SetupUpdateOM.exe/x86msp:KB<#></#>-x86.msp/amd64msp:KB<#></#>-x64.msp/ia64msp:KB<#></#>-ia64.msp/x86locmsp:KB<#></#>-x 86-<LOC></LOC>.msp/amd64locmsp:KB<#></#>x 64 の<LOC></LOC>.msp/ia64locmsp:KB<#></#>-ia64-<LOC></LOC>.msp UpdateAgent/Silent/noreboot
メモ /サイレントフラグは、GUI インターフェイスを使用してシステム センター操作マネージャー 2007 R2 の累積的な更新プログラム 7 をインストールする場合に必要です。交換、 <LOC></LOC> ダウンロードした更新プログラムの適切な言語コードのパラメーターです。交換、 <#></#> パラメーターでは、マイクロソフト サポート技術情報番号はこの累積的な更新プログラムです。

たとえば、システム センター操作マネージャー 2007 R2 の累積的な更新プログラム 7 の英語版は次のコマンドを実行します。
SetupUpdateOM.exe/x86msp:KB2783850-x86.msp/amd64msp:KB2783850-x64.msp/ia64msp:KB2783850-ia64.msp/x86locmsp:KB2783850-x 86 ENU.msp/amd64locmsp:KB2783850-64 ENU.msp/ia64locmsp:KB2783850 x-ia64-ENU.msp UpdateAgent/Silent/noreboot

エージェントを手動で更新するのには、インストール手順の詳細

累積的な更新 7 でシステム センター操作マネージャー 2007 R2 には、パッケージの内容全体をコピーすることがなくエージェントを手動で更新できます。エージェントへの更新を展開するには、次の手順を実行します。
  1. [コマンド プロンプトのインストール手順の詳細」セクションで手順を使用して、修正プログラム ユーティリティをインストールします。既定では、エージェントを更新するために必要なファイルは次の場所にです。
    C:\Program ファイル (x 86) \System Center 2007 R2 Hotfix Utility\KB2783850
  2. 適切な .msp ファイルを選択 (たとえば、C:\temp\CU7_Agent)、エージェントを手動で更新する各コンピューター上のフォルダーにコピーします。
  3. 次のコマンドをコマンド プロンプトで更新プログラム ファイルを含むフォルダーから実行します。ここでの提案を実行するとこのフォルダーを C:\temp\CU7_Agent です。たとえば (x 64 アーキテクチャと英語の言語)。
    msiexec.exe/p"C:\temp\CU7_Agent\KB2783850-x64-Agent.msp"再起動「リブート」=

    msiexec.exe/p"C:\temp\CU7_Agent\KB2783850-x64-ENU-Agent.msp"再起動「リブート」=

Linux および UNIX の管理パックをインストールし、Linux と UNIX エージェントを更新

システム センター操作マネージャー 2007 R2 累積更新プログラム 7 には、新しいエージェントとすべてのサポートされている Linux や UNIX オペレーティング システム管理パックが含まれます。累積的な更新プログラム 7 を完全インストールするには、Linux と UNIX のコンピューターの監視が最新であるかどうかを確認するには、次の手順を実行 必要があります。
  1. ダウンロードして、次のマイクロソフト web サイトから、更新された管理パックをインストールします。
    システム センター操作マネージャー 2007 R2 のクロス プラットフォームの管理パックの監視
  2. Linux または UNIX 環境では、監視中の各バージョンを更新された管理パックをインポートします。
  3. Operations Manager 2007 R2 の探索ウィザードを使用して、監視、Linux と UNIX のコンピューターを再検出します。コンピューターを再検出した後、自動的にそれらのコンピューター上のエージェントをアップグレードします。

UNIX と Linux のエージェントを更新したこの更新プログラムをインストールし、古い UNIX および Linux エージェントは次のフォルダーにこの更新プログラムを削除します。
Files\System ・ センターのオペレーション マネージャーの 2007\AgentManagement\UnixAgents をプログラムします。
更新エージェントは、次の形式と 318 のバージョン番号を使用してファイル名があります。
scx-1.0.4-318-サーバーの種類.サーバーのバージョン.アーキテクチャ.パッケージの種類
注意
  • プレース ホルダー サーバーの種類UNIX または Linux のサーバー製品の名前を表します。
  • プレース ホルダー サーバーのバージョンサーバーの種類のバージョン番号を表します。
  • プレース ホルダー アーキテクチャセットアップ先のコンピューターのプロセッサ アーキテクチャを表します。
  • プレース ホルダー パッケージの種類インストール ファイルの種類を表します。

たとえば、次のファイル名の形式は、SUSE Linux のエンタープライズ サーバー 10 (x86) 用のエージェントです。
scx 1.0.4-318 sles.10.x86.rpm
システム センター操作マネージャー 2007 R2 のクロス プラットフォームの累積的な更新 5 に含まれているエージェント バージョン数 277 のであります。エージェントのすべてのファイルをこのバージョン番号は、この更新プログラムのインストール中に削除されます。

クロス プラットフォームの累積的な更新 2 (修正プログラム 979490) システム センター操作マネージャー 2007 R2 に用意されているエージェントのバージョン数 258 のであります。エージェントのすべてのファイルをこのバージョン番号は、この更新プログラムのインストール中に削除されます。

システム センター操作マネージャー 2007 R2 クロス プラットフォーム エージェント更新 (修正プログラム 973583) が含まれているエージェントのバージョン番号 252 があります。エージェントのすべてのファイルをこのバージョン番号は、この更新プログラムのインストール中に削除されます。

システム センター操作マネージャー 2007 R2 の元のリリースに含まれているエージェントは 248 のバージョン番号があります。インストール時に、これらのファイルは削除されません。ただし、これらのファイルは 1 キロバイト (KB) のファイルで置き換えられます。これらの 1 KB のファイルを削除することがあります。これらのファイルは次のとおりです。
  • scx-1.0.4-248.aix.5.ppc.lpp.gz
  • scx-1.0.4-248.aix.6.ppc.lpp.gz
  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv2.ia64.depot.Z
  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv2.parisc.depot.Z
  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv3.ia64.depot.Z
  • scx-1.0.4-248.hpux.11iv3.parisc.depot.Z
  • scx-1.0.4-248.rhel.4.x64.rpm
  • scx-1.0.4-248.rhel.4.x86.rpm
  • scx-1.0.4-248.rhel.5.x64.rpm
  • scx-1.0.4-248.rhel.5.x86.rpm
  • scx-1.0.4-248.sles.10.x64.rpm
  • scx-1.0.4-248.sles.10.x86.rpm
  • scx-1.0.4-248.sles.9.x86.rpm
  • scx-1.0.4-248.solaris.10.sparc.pkg.Z
  • scx-1.0.4-248.solaris.10.x86.pkg.Z
  • scx-1.0.4-248.solaris.8.sparc.pkg.Z
  • scx-1.0.4-248.solaris.9.sparc.pkg.Z

累積的な更新プログラム 7 ではシステム センター操作マネージャー 2007 R2 の更新されたファイル

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョンサーバーの役割エージェントの役割ゲートウェイの役割ACS の役割X Plat の役割
Access_Violation_ _Unsuccessful_Logon_Attempts.rdl該当なしX
ActionsPane.ascx該当なしX
AdtAgent.exe6.1.7221.110XX
AdtServer.exe6.1.7221.110X
AdtSrvDll.dll6.1.7221.110X
AlertPropertypage5.ascx該当なしX
AuditingMessages.dll6.1.7221.110X
Blank.aspx該当なしX
DataViews.js該当なしX
DetailsTypeAlert.aspx該当なしX
DetailsTypePerformance.aspx該当なしX
DetailsTypeTaskStatus.aspx該当なしX
DisableForwarding.ps1該当なしX
EnableForwarding.ps1該当なしX
EventCommon.dll6.1.7221.110XXX
Forensic_ _All_Events_For_Specified_User.rdl該当なしX
FormatTracing.cmd該当なしXXX
HeaderControl.ascx該当なしX
HealthExplorer.css該当なしX
HealthExplorerView.ascx該当なしX
HealthService.dll6.1.7221.110XXX
HealthServiceMessages.dll6.1.7221.110XXX
HealthServicePerformance.dll6.1.7221.110XXX
HealthServiceRuntime.dll6.1.7221.110XXX
HSLockdown.exe6.1.7221.110XXX
Login.aspx該当なしX
MainStyles.css該当なしX
Microsoft.EnterpriseManagement.DataWarehouse.DataAccess.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.HealthService.Modules.DataWarehouse.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.HealthService.Modules.Notification.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.HealthService.Modules.WorkflowFoundation.dll6.1.7221.110XXX
Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.Azure.dll6.1.7221.110XXX
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.Console.psc1該当なしX
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.dll help.xml該当なしX
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.Format.ps1xml該当なしX
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.Functions.ps1該当なしX
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.NonInteractiveStartup.ps1該当なしX
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.Startup.ps1該当なしX
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.ClientShell.Types.ps1xml該当なしX
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.Common.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.DataAbstractionLayer.CommonSetup.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.DataAbstractionLayer.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.Web.ConsoleFramework.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Administration.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Authoring.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Authoring.resources.dll6.1.7221.110X
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Reporting.dll6.1.7221.110X
Microsoft.Mom.Common.dll6.1.7221.110XXX
Microsoft.Mom.ConfigServiceHost.exe6.1.7221.110X
Microsoft.Mom.DataAccessLayer.dll6.1.7221.110X
Microsoft.Mom.DiscoveryDatabaseAccess.dll6.1.7221.110X
Microsoft.Mom.Modules.ClientMonitoring.dll6.1.7221.110X
Microsoft.Mom.Modules.DataTypes.dll6.1.7221.110XXX
Microsoft.Mom.RecorderBarBHO.dll1.0.0.2X
Microsoft.Mom.Sdk.ServiceDataLayer.dll6.1.7221.110X
Microsoft.Mom.Sdk.ServiceHost.exe6.1.7221.110X
Microsoft.Mom.ServiceCommon.dll6.1.7221.110X
Microsoft.MOM.UI.Common.dll6.1.7221.110X
Microsoft.MOM.UI.Components.dll6.1.7221.110X
Microsoft.MOM.UI.Console.exe6.1.7221.110X
Microsoft.Mom.UI.Wrappers.dll6.1.7221.110X
MicrosoftRSChart.dll2.0.0.175X
MicrosoftRSChartDesigner.dll2.0.0.175X
MobileWebConsole.dll6.1.7221.110X
MomADAdmin.exe6.1.7221.110X
MOMAgentInstaller.exe6.1.7221.110XX
MOMAgentInstallerPS.dll6.1.7221.110XX
MOMAgentManagement.dll6.1.7221.110XX
MomBidLdr.dll5.2.3790.1290XXX
MOMConnector.dll6.1.7221.110XXX
MomConnectorMessages.dll6.1.7221.110XXX
MOMConnectorPerformance.dll6.1.7221.110XXX
MomIISModules.dll6.1.7221.110XXX
MOMModuleMsgs.dll6.1.7221.110XXX
MOMModules.dll6.1.7221.110XXX
mommodules2.dll6.1.7221.110XXX
MOMMsgs.dll6.1.7221.110X
MOMNetworkModules.dll6.1.7221.110XXX
MOMPerfSnapshotHelper.exe6.1.7221.110XXX
MOMScriptAPI.dll6.1.7221.110XXX
MOMSCXLogModules.dll6.1.7000.277X
MOMV3。SP2_7221_signed.cab該当なしXXX
MomWsManModules.dll6.1.7221.110XXX
MonitoringHost.exe6.1.7221.110XXX
MPConvert.exe6.1.7221.110X
MPExport.exe6.1.7221.110X
MPImport.exe6.1.7221.110X
MPVerify.exe6.1.7221.110X
OperationalDataReporting.exe6.1.7221.110X
OpsMgrVssWriterService.exe6.1.7221.110X
Planning_ _Logon_Counts_of_Privileged_Users.rdl該当なしX
PrereqResource.dll6.1.7221.0X
RootWebConsole.dll6.1.7221.110X
RSSWebConsole.dll6.1.7221.110X
ScopingForm.aspx該当なしX
SCXAgents.dll6.1.7000.295X
scxcertconfig.exe6.1.7000.277X
SecureStorageBackup.exe6.1.7221.110X
SecureStorageSDK.dll6.1.7221.110X
StateSummary.ascx該当なしX
TitleBar.js該当なしX
TraceConfig.exe6.1.7221.110XXX
tracefmtsm.exe6.1.7221.110XXX
TraceLogSM.exe6.1.7221.110XXX
Usage_ _Privileged_logon.rdl該当なしX
Usage_ _User_Logon.rdl該当なしX
ViewTypeFavoritesOverview.aspx該当なしX
ViewTypeOverview.aspx該当なしX
Web.Config該当なし
WSSDiscovery.exe6.1.7221.110XX

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

プロパティ

文書番号: 2783850 - 最終更新日: 2013年1月16日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center Operations Manager 2007 R2
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbsurveynew atdownload kbmt KB2783850 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2783850
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com