Office 通信 Server 2007 R2 のグループ チャット サーバーの更新プログラム: 2012 年 12 月、

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2783873 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Office 通信サーバー 2007 R2 のグループ チャット サーバーの問題を 2012年 12 月のリリースは累積的なアップデートで修正されるについて説明します。

この資料には、累積的な更新プログラムに関する次の情報が含まれます。
  • 累積的な更新プログラムで修正される問題します。
  • 累積的な更新プログラムを適用するための前提条件
  • 累積的な更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要がありますか
  • その他の累積的な更新で、累積的な更新プログラムを置き換えられますかどうか
  • レジストリに変更を加える必要があるかどうか
  • 累積的な更新プログラムに含まれるファイル


はじめに

この更新プログラム パッケージで修正される問題します。

この累積的な更新プログラム パッケージは、以下の問題修正されます。
2783949 Office 通信 Server 2007 R2 に、グループ チャット クライアントのユーザーがサインインすると、ディスク ・ グループ内のユーザーは、チャット ルームへの招待を受信しません。

詳細

Microsoft ダウンロード センター

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
MgcServer.msp パッケージします。
リリース日: 12 月 2012

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、次のサービスを実行している必要があります。
  • Office Communications Server 2007 R2 のグループ チャット サーバー参照サービスとチャネル サービス
  • Office Communications Server 2007 R2 のグループ チャット コンプライアンス サーバーのコンプライアンス サービス

再起動の必要性

この累積的な更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

置き換えに関する情報

この累積的な更新プログラム、次の累積的な更新プログラムが置き換えられます。
2728998 Office 通信 Server 2007 R2 のグループ チャット サーバーの更新プログラムの説明: 9 月、2012年

レジストリ情報

累積的な更新プログラムでこのパッケージを使用するには、レジストリに変更を加える必要はないです。

更新プログラムのインストールに関する情報

この累積的な更新プログラムを Office 通信サーバー R2 のグループ チャット サーバーをインストールする方法
この累積的な更新プログラムを Office 通信サーバー R2 のグループ チャット サーバーをインストールするのには、次の手順を実行します。
  1. 正しく Office 通信 Server 2007 R2 のグループ チャット サーバーをインストールする機能を設定されてことを確認して、機能しているを確認します。Office 通信サーバー 2007 R2 のグループ チャット サーバーのサーバーには、チャネル サーバー、検索サーバー、および、コンプライアンス サーバーなどがあります。
  2. 現在実行中のチャネル サービスと参照サービスを停止します。
  3. この累積的な更新プログラムを適用するには、グループ チャット サーバー役割がインストールされたすべてのコンピューターに MgcServer.msp パッケージを実行しています。
  4. グループ チャット サーバーで、サーバーの構成ツールを開きます。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。
    • クリックしてください。 スタート[ すべてのプログラムプロパティ サーバーの構成ツール 下にあります。 管理ツール.
    • コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
      <Drive letter=""></Drive>: \Program Files\Microsoft Office 通信 Server 2007 R2\Group チャット Server\ServerConfigTool.exe
  5. クリックしてください。 [はい] 次のメッセージが表示されたら。
    グループ チャット サーバーをコンピューターにインストールされている QFE1 へのアップグレードを必要とします。このタスクを完了するのには、サーバーの構成ファイルには、読み取り/書き込み権限があります。
    サーバーの構成ツールを既存のグループ チャット データベース スキーマをアップグレードします。さらに、これらの変更を反映するために、サーバーの構成ファイル、サーバー構成ツールを変更します。

    この操作を実行する前に、すべてのグループ チャット サーバーをシャット ダウンします。
  6. チャネル サービスと参照サービスを再起動し、コンプライアンス サーバーを再起動します。
この累積的な更新プログラムをインストールした後、新しいサーバーを既存のプールに追加する方法
MSI 更新プログラム (.msp) ファイルは、更新プログラム パッケージが解放されます。更新プログラム パッケージは、完全なインストーラーを含まれません。すべての Office の通信の Server 2007 を R2 ときにこの更新プログラムを実行するサーバーのグループ チャット サーバーを既存のプールに別のグループ チャット サーバーを追加するのには次の手順をに従ってください。
  1. 既存のプールを使用して、同じサービス アカウントを使用して新しいデータベースを Office 通信 Server 2007 R2 のグループ チャット サーバー (チャネル サーバーおよび検索サーバー) を設定します。
  2. 新しい Office 通信 Server 2007 R2 に、グループ チャット サーバーのインストールをアップグレードします。
  3. チャネル サービスと参照サービスを停止します。
  4. グループ チャット データベース ・ プールにポイントに新しいサーバーを再構成するには、次のコマンドを実行します。
    <Drive letter=""></Drive>: \Program Files\Microsoft Office 通信 Server 2007 R2\Group チャット Server\ServerConfigTool.exe/i
    サーバーを再構成した後のすべてのサービスが自動的に起動します。

プログラムのアンインストール情報

インストール後は、この累積的な更新プログラムをアンインストールできません。この更新プログラムをアンインストールして、チャネル サービスと参照サービスが開始せず、次のエラーがイベント ログに記録です。
イベント ID 6407
説明: サーバーは、データベース サーバーとの互換性ではない =<yoursqlservername></yoursqlservername>データベース =<databasename></databasename>。 統合セキュリティ SSPI =

ファイル情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

この累積的な更新プログラムは、製品を最新のビルドに更新に必要なすべてのファイルを使用できません。この累積的な更新プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要ファイルのみが含まれています。

この累積的な更新プログラムのグローバル バージョンは、累積的な更新プログラムをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。これらのファイルの日付および時刻は、標準世界時 (UTC) で次の表に表示されています。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブで、日付と時刻項目コントロール パネルのします。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付プラットフォーム
File_channelserver.dll3.5.6907.244396,0642012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_channelservice.exe3.5.6907.200137,0562012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_clientcommon.dll3.5.6907.2651,395,3122012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_compliance.dll3.5.6907.206190,2962012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_complianceservice.exe3.5.6907.206178,0242012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_endpoint.dll3.5.6907.2661,010,2322012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_endpoint.ws.dll3.5.6907.2661,010,2322012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_filerepository.dll3.5.6907.41128,8562012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_interop.lctaskhandler.dll3.5.6907.4115,7282012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_lcmanagedtaskhandler.dll3.5.6907.411,062,7522012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_lookupservice.exe3.5.6907.244162,5922012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_mgccommon.dll3.5.6907.255363,0882012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_mgccommon.ws.dll3.5.6907.255363,0882012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_mgcres.dll3.5.6907.4123,3682012 年 11 月月 30 日まで17: 14x64
File_mgcserverperf.dll3.5.6907.4141,8082012 年 11 月月 30 日まで17: 14x64
File_mgcserverperf.ws.dll3.5.6907.4141,8082012 年 11 月月 30 日まで17: 14x64
File_mgcwebservice.dll3.5.6907.41165,7122012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_protocols.dll3.5.6907.255387,6642012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_protocols.ws.dll3.5.6907.255387,6642012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_servercommon.dll3.5.6907.244744,2242012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_servercommon.ws.dll3.5.6907.244744,2242012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_serverconfigtool.exe3.5.6907.2651,079,9282012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
File_warsawtransport.dll3.5.6907.206337,7682012 年 11 月月 30 日まで17: 14x86
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

関連情報

詳細についてはソフトウェアの更新の用語で、クリックして次資料番号を表示するのには資料では、マイクロソフト サポート技術。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2783873 - 最終更新日: 2012年12月14日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Communcations Server 2007 R2 Group Chat server
キーワード:?
kbfix atdownload kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2783873 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2783873
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com