System Center 2012 Service Pack 1 の更新プログラム ロールアップ 1 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2785682 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では Microsoft システム センター 2012年の Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップで修正される問題、更新プログラム ロールアップ 1 のインストール手順について説明します。

ダウンロードしてシステム センター 2012年の Service Pack 1 用の更新プログラム パッケージをインストールするには、次の インストール手順.

更新プログラム ロールアップ 1 で修正される問題

App Controller (KB2790935)

問題 1

マイクロソフト Azure のストレージ アカウントの間では、.vhd ファイルをコピーできない場合があります成功すると、"データの取得が完了したら「警告メッセージを表示する.この問題は先に、.vhd ファイルが既に存在する場合、または、.vhd ファイルが既存のバーチャル マシンに割り当てられている場合に発生します。

問題 2

Virtual Machine Manager (VMM) ライブラリのサーバー証明書のインポートが VMM ライブラリ サーバーがクラスター化されている成功する可能性があります。

Data Protection Manager

問題 1

クライアントのバックアップは、ケース、コンピューター上のクライアント コンピューター名と、Active Directory に格納されているクライアント コンピューター名の間に違いがある場合に失敗します。

問題 2

管理者コンソールが英語以外の言語で、ロシアではないバージョンの Data Protection Manager のユーザーが、保護グループの作成ウィザードを起動するときに動作を停止します。

問題 3

エージェントの管理ウィザードが Data Protection Manager のスペイン語版での作業を停止します。

Operations Manager (KB2784734)

問題 1

エージェントレス例外監視 (AEM) 操作マネージャー レポート スレッド チョーク ポイントの増加できるようになる可能性があります。

問題 2

アラートの添付ファイル管理パック (Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb) がインポートされると、警告、ウィジェットを含むダッシュ ボードを作成します。アラートをクリックすると、オペレーション マネージャー コンソールがクラッシュする可能性があります。

問題 3

Windows PowerShell モジュール Monitoringhost.exe プロセスでは、Windows 8 を実行している x86 ベースのクライアントを使用する場合は 800 メガバイト (MB) 以上のメモリが消費されます。

問題 4

アプリケーション ドメインが作成される、別のアプリケーション ドメインが成功する可能性がありますを追加します。

Operations Manager - UNIX および Linux のモニタリング (管理パックの更新) を行います

問題 1

プロセスの複数のモニターを使用するには、対象と同じコンピューター、またはグループをプロセス可能性があります正しくないいくつかテンプレートのインスタンスを監視します。また、監視対象のプロセスでの問題は検出されない可能性があります。この問題は、各プロセス モニターで異なる引数のフィルターを使用する場合でものプロセスと各プロセスのモニターで同じ名前を使用する場合に発生します。

メモ 更新された Microsoft.Unix.Process.Library.mpb ファイルをインポートすると、既存のプロセス テンプレートのすべてのインスタンスを編集し、修正された動作を有効にするために保存する必要があります。

Service Provider Foundation (KB2785476)

問題 1

仮想ハード_ディスク (VHD) オブジェクトのOperatingSystemIdプロパティは、常に NULL に設定します。

問題 2

仮想マシンの使用状況の測定基準が時間単位で集計されない送信ネットワークなどの基本的な使用法の測定基準がないと I/O 操作/秒 (IOPS) が表示されます。

Virtual Machine Manager (KB2792925 ・ コンソール。KB2792926 - VMM サーバー)

問題 1

論理ユニット番号 (LUN) が、iSCSI アレイ上にマスクされた VMM サービスがクラッシュする可能性があります。

問題 2

ノードはメンテナンス モードには、クラスター内の仮想マシンの「サポートされていないクラスター構成」状態に変更します。

問題 3

複数の DLL ファイルを使用して、アドインが、VMM コンソールにインポートする予想される場合に、アドインはインポートされません。併せて、次のエラー メッセージが表示されます。
アドインをインストールできません。

問題 4

アドインで Windows Server 2008 R2 を実行しているサーバー上の VMM コンソールにインポートする予定の場合、アドインはインポートされません。

問題 5

アドインを使用して、VMM コンソールにインポートすると、コンソールがクラッシュする可能性があります。


メモ Virtual Machine Manager の更新プログラム ロールアップ 1 のインストール後、次の問題のいずれかを発生ことがあります。
  • VMM コンソールにインポートしようとすると、インポートが成功する可能性があります。併せて、次のエラー メッセージが表示されます。

    アカウントでは、追加のフォルダーを作成中にエラーが発生しました。

    パスへのアクセス:「C:\Program ファイル システム センター 2012\Virtual マシン Manager\bin\AddInPipeline\AddIns」が拒否されました。
  • VMM コンソールを開くには、次のエラー メッセージが表示されます。

    次のエラーによりマネージ コード アドイン パイプラインを更新できませんでした。

    「C:\Program ファイルのシステム センターの 2012\Virtual マシン Manager\bin\AddInPipeline\HostSideAdapters」目的フォルダーが存在しません。
これらの問題を解決するのに次の手順を実行します。
  1. 次のフォルダーを探します。

    C:\Program ファイル システム センターの 2012\Virtual マシン Manager\bin

  2. AddInPipelineフォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブで、[詳細設定] をクリックし、[続行] をクリックします。
  4. 組み込みのグループを選択し、[編集] をクリックします。
  5. プリンシパルを選択するリンクをクリックしてタイプ 認証されたユーザー、し [OK] をクリックします。
  6. 各プロパティに関連付けられているダイアログ ボックスを閉じます[ok]をクリックします。

System Center 2012 Service Pack 1 用の更新プログラム ロールアップ 1 を入手してインストールする方法

アプリケーションのコント ローラー、Data Protection Manager、Operations Manager、サービス ・ プロバイダーの基礎、および Virtual Machine Manager の更新パッケージは、Microsoft Update から使用可能なです。

Operations Manager の UNIX および Linux の監視パックの更新プログラムは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトから利用可能です。
http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=29696

  • 取得し、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、適用可能な System Center 2012 コンポーネントがインストールされているシステム上で次の手順を実行。
    1. 開始] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
    2. コントロール パネルで、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
    3. Windows Update ウィンドウで、 [オンライン Microsoft Update からの更新のチェック項目をクリックします。
    4. 重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。
    5. 更新プログラム ロールアップ 1パッケージをインストールするを選択し、[ OK] をクリックします。
    6. 選択した更新プログラム パッケージをインストールする更新プログラムのインストールをクリックします。

  • Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージには、手動でダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

    App Controller (KB2790935)
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    更新プログラム パッケージをダウンロードします。
    Data Protection Manager (KB2802095)
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    更新プログラム パッケージをダウンロードします。
    Operations Manager (KB2784734)
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    更新プログラム パッケージをダウンロードします。
    Service Provider Foundation (KB2785476)
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    更新プログラム パッケージをダウンロードします。
    Virtual Machine Manager (VMM サーバー: KB2792925 - コンソール、KB2792926)
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    コンソールの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    VMM サーバーの更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

    手動での更新プログラム パッケージをインストールするには、昇格した特権でコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。
    msiexec.exe の場合 パッケージ名
    たとえば、Virtual Machine Manager サーバーの更新 (KB2792926) をインストールするには次のコマンドを実行します。
    msiexec.exe 場合 Server.msp AMD64-KB2792926-

インストール手順

Data Protection Manager のインストールの手順

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Data Protection Manager の更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. この更新プログラムをインストールする前に、DPM データベースのバックアップを作成します。
  2. システム センター 2012 SP1 の Data Protection Manager を実行しているサーバー上のプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。これには、サーバー上で Microsoft Update を実行します。

    メモ この更新プログラムをマイクロソフトの更新プログラムをインストールする前に、DPM コンソールを閉じる必要があります。このプログラムのロールアップ パッケージをインストールした後は、Data Protection Manager サーバーを再起動する必要があります。
  3. DPM 管理者コンソールで保護エージェントを更新します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

    方法 1: DPM 管理者コンソールからの保護エージェントを更新します。
    1. DPM 管理者コンソールを開きます。
    2. [エージェント] タブをクリックし、[管理] タブをクリックして.
    3. 保護されたコンピューター ] ボックスの一覧で、コンピューターを操作ウィンドウで [更新] をクリックします。
    4. [はい] をクリックし、[エージェントの更新] をクリックします。

      メモ 再起動、エージェントのアップグレードに必要な場合があります。

    方法 2: 保護されたコンピューター上の保護エージェントを更新します。
    1. 更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します」<Data protection="" manager="" installation="" location=""></Data>\DPM\DPM\Agents\RA\4.1.3322.0「システム センター 2012年 SP1 の Data Protection Manager サーバー上のディレクトリ。
      • の x86 ベースの更新プログラム: i386\1033\DPMAgentInstaller_KB2802095.exe
      • X 64 ベースの更新プログラム: amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB2802095_AMD64.exe

      メモ DPMAgentInstaller.exe パッケージは、すべての言語に適用されます。
    2. エージェントのアーキテクチャに基づいて、保護された各コンピューターに適切な DPMAgentInstaller.exe パッケージを実行します。
    3. システム センター 2012 Service Pack 1 で Data Protection Manager サーバーの DPM 管理者コンソールを開きます。
    4. [エージェント] タブをクリックし、[管理] タブをクリックして.
    5. 保護されるコンピューターを選択し、エージェントのバージョンが 4.1.3322.0 として表示されていることを確認してください、情報を更新しています。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Operations Manager のインストール手順

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
この更新プログラムに関する既知の問題
  • システム センター操作マネージャーの 2012 Service Pack 1 を実行しているサーバー上のすべての役割を更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後 (エージェントとゲートウェイの役割を除く)、更新プログラムはコントロール パネルの [プログラム追加と削除の項目には表示されません。
  • 更新プログラム ロールアップ 1 を適用した後、Operations Manager コンソールは、添付ファイルの管理パックのアラートの修正プログラムを適用するために再度オープンするが。
  • 更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後、コンソールのバージョン番号は変更されません。
  • Web コンソールで更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすると Internet Explorer で、次のエラー メッセージが表示されます。
    サーバー エラー '/OperationsManager' アプリケーション。

    この問題を解決する、閉じるし、Internet Explorer を再起動します。
  • 更新プログラムのロールアップ パッケージをアンインストールした後スクリプトでは、エージェントのバージョンを検出、 System.Management.Automation.ActionPreferenceStop例外が発生して、スクリプトは失敗します。この問題を解決するのには、次の値にInstallDirectory HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\System ・ センターのオペレーションのレジストリ サブキーの値を変更します。
    C:\Program Files\System センター 2012 SP1\Operations の Manager\PowerShell

インストールに関する注意事項
  • この更新プログラムのロールアップ パッケージは次の言語で Microsoft Update から利用可能です。
    • 簡体字中国語 (CHS)
    • 日本語 (JPN)
    • フランス語 (FRA)
    • ドイツ語 (DEU)
    • ロシア (RUS)
    • イタリア語 (ITA)
    • スペイン語 (スペイン)
    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)
    • 繁体字中国語 (CHT)
    • 韓国語 (KOR)
    • チェコ語 (CSY)
    • オランダ語 (NLD)
    • ポーランド語 (POL)
    • ポルトガル語 (ポルトガル) (機関-PTG)
    • スウェーデン語 (スウェーデン語)
    • トルコ (TUR)
    • ハンガリー語 (HUN)
    • 英語 (英語)
    • Hong 香港の中国語 (香港)
  • 一部のコンポーネントは、言語に中立的なおよびこれらのコンポーネント用の更新プログラムはローカライズされません。
  • 更新プログラムのロールアップは、管理者として実行する必要があります。
  • コンソールの更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動したくない場合は、コンソールの役割の更新プログラムを適用する前にコンソールを閉じます。
  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するには、Silverlight では、ブラウザーのキャッシュをオフにして Silverlight を再度します。
  • システム センター 2012 SP1 サーバーをインストールした後すぐに、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールしません。それ以外の場合は、ヘルス サービスの状態を初期化できません可能性があります。
  • ユーザー アカウント制御が有効の場合、.msp の更新ファイル、昇格した特権でコマンド プロンプトから実行します。
  • これらのデータベースに更新を適用するには、オペレーション データベースとデータ ウェアハウスのデータベース インスタンスにシステム管理者の権限が必要です。
  • Microsoft.SystemCenter.IntelliTraceProfiling.mpb 更新プログラム ロールアップ 1 に含まれるは、新しい修正プログラムは含まれていません。このファイルをインポートできません。
  • Web コンソールを有効にする修正、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。
    <machineKey validationkey="AutoGenerate,IsolateApps" decryptionkey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES" decryption="3DES"></machineKey>
    メモ 下の行を追加、 <system.web>、次の資料、マイクロソフト サポート技術に記載されているように、セクション:</system.web>
    911722 ビューステートに ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 へのアップグレード後に有効になっている ASP.NET Web ページにアクセスするとエラー メッセージが表示されます。
サポートされているインストールの順序
次の順序で、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすることをお勧めします。
  1. 次のサーバー インフラストラクチャに更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。
    • 管理サーバーまたはサーバー
    • ゲートウェイ サーバー
    • レポート サーバー
    • Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター
    • オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター
  2. 手動での管理パックをインポートします。
  3. エージェントの手動インストール、またはプッシュ オペレーション コンソールでのインストールの保留を表示する、エージェントの更新プログラムを適用します。

注:
  • サーバー インフラストラクチャに更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールする前後にエージェントの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。
  • MG ティア接続の接続機能が有効な場合、まず MG ティア接続の接続機能の最上位の層を更新します。

インストール情報
以下の手順を実行して、更新プログラムのロールアップ パッケージをダウンロードして、更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれているファイルを抽出します。
  1. 各コンピューターのマイクロソフトの更新プログラムが提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。マイクロソフトの更新プログラムを各コンピューターにインストールされているコンポーネントによっては、適切な更新を提供します。
  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    メモ MSP ファイルは、更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれます。特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。など、web コンソールとコンソールの役割が管理サーバーにインストールされている場合は、管理サーバーでは、MSP ファイルを適用します。特定の各ロールのサーバーを保持しているサーバー上の 1 つの MSP ファイルを適用します。

  3. 次の管理パックをインポートします。
    • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb

管理パックをディスクからインポートする方法については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
オペレーション マネージャー管理パックをインポートする方法
メモ 管理パックは、次のパスのサーバー コンポーネントの更新プログラムに含まれます。
更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program Files\System センター 2012 SP1\Operations Manager\Server\Management のパックします。
アンインストール情報
更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。
msiexec/アンインストール PatchCodeGuidRTMProductCodeGuid
メモ このコマンドで、プレース ホルダー RTMProductCodeGuid いずれかの次の Guid を表します。

元に戻す全体を表示する
コンポーネントRTMProductCodeGuid
サーバー{8070C91C-7D7C-4DAD-88B1-0966EEA9A8FE}
コンソール (AMD64){5142AB0B-73E3-4AD3-9D0F-65B3D9026769}
コンソール (86){358C8AF0-25BB-425A-A4E6-7ADE54ED4736}
レポート作成{A2D27C0E-181D-4955-B95D-D3FB651E6AF7}
(AMD64) web コンソール ・{5ED945BA-2BDD-4567-804E-8D3D2DB5CC9B}
ACS{770A7E3C-8574-4769-8D92-9ADED98C0777}
エージェント (AMD64){8B21425D-02F3-4B80-88CE-8F79B320D330}
エージェント (86){387306D9-78CE-4E0E-B952-28A50CC8B3EE}
エージェント (ia-64){F3DDB021-89BC-464F-9107-69E2547D08FD}
ゲートウェイ{80C2A57A-4193-4800-AA27-CD79553FE9DF}
SCX-ACS (AMD64){B30F4F71-2AF3-4542-855B-E1C7A31AC9A5}
SCX-ACS (86){B30F4F71-2AF3-4542-855B-E1C7A31AC9A5}


さらに、プレース ホルダー PatchCodeGuid いずれかの次の Guid を表します。

元に戻す全体を表示する
PatchCodeGuidコンポーネントCPUローカル
{94507D95-B735-48EE-B846-BFC7A0517C86}エージェントAMD64EN
{498BB1A1-F078-4455-A1D8-311A8AF33531}サーバーAMD64EN
{A8887D87-0810-49D1-9AF1-645DD4BF82CC}ゲートウェイAMD64EN
{869C94D0-6701-4A5D-8289-278DBF3B7BB0}Web コンソール ・AMD64EN
{9917D98F-A39B-4EEC-8D6B-428EDEDDFF5A}エージェントIA-64EN
{684570C2-1470-4C7D-98CB-96EE8E8644F2}エージェントx86EN
{D0B4D96E-D045-4FD9-8813-D72466A10FE2}Web コンソール ・AMD64CN
{2BE683F8-98A8-4CDF-810F-2251C75B6D7E}Web コンソール ・AMD64CS
{1A5A2A56-7E4F-49F3-AB2F-828133423796}Web コンソール ・AMD64
{5A609F86-F3F3-432B-8BE5-D5E02C9D0487}Web コンソール ・AMD64ES
{9034EF70-5C23-47F1-A284-EF531A0F4AFB}Web コンソール ・AMD64FR
{85C7A3FB-9C4F-4B74-901E-E07ECBFFEFC5}Web コンソール ・AMD64%HU
{AFDFC8EC-F7A9-4F73-995E-6A74CD0FD045}Web コンソール ・AMD64それ
{2E6017D8-68F7-4A87-8B45-D712748691FC}Web コンソール ・AMD64日本
{E8685F8C-90F4-4FED-A49E-E3F1678CADC2}Web コンソール ・AMD64KO
{B30464F5-85CC-4416-9F49-E0E041A67FB7}Web コンソール ・AMD64NL
{552AD353-C75E-4C4F-BC53-890FE8C99F3D}Web コンソール ・AMD64PL
{995CF39A-160D-44D4-9DAB-40B53093D7B0}Web コンソール ・AMD64PT BR
{421F2011-D239-4280-A509-1A0937654BF2}Web コンソール ・AMD64PT PT
{E277AA19-7641-4760-8230-A95DD1BB7404}Web コンソール ・AMD64RU
{0D2A9F5C-6A7B-494E-A193-0F3B1964D0C2}Web コンソール ・AMD64SV
{A4DD746E-8977-48B0-9341-975040083EFA}Web コンソール ・AMD64TR
{D6DFEBCC-6E86-40DA-89F4-B1DB03C8EC89}Web コンソール ・AMD64TW
{8083D6AD-FD12-4049-83A4-A5250E606942}Web コンソール ・AMD64ZH ZK


元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

操作マネージャーの UNIX および Linux のパックとエージェントを監視するためのインストール手順

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェント、更新の監視パックをインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. 次のマイクロソフト web サイトから、更新された管理パックをダウンロードします。
  2. 管理パック ファイルを抽出するには、管理パック更新プログラム パッケージをインストールします。
  3. 次をインポートします。
    • Microsoft.Unix.Library\2012 SP1 フォルダーから) 更新された Microsoft.Unix.Library 管理パック
    • Microsoft.Process.Library 管理パック バンドル
    • Linux または UNIX のプラットフォームで、環境を監視することに関連するプラットフォーム ライブラリ管理パック
  4. Linux または UNIX 環境で監視することの各バージョンを更新された管理パックをインポートします。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

サービス プロバイダーの基礎のインストール手順

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
この更新プログラムに関する既知の問題
  • サービス プロバイダーの基礎、サーバー上の更新プログラム ロールアップ 1 パッケージをインストールした後、更新プログラムは、コントロール パネルの [プログラム追加と削除の項目には表示されません。
  • サービス プロバイダーの基礎、サーバー上の更新プログラム ロールアップ 1 パッケージをインストールした後、VMM のエンドポイントのアプリケーション プールの id ネットワーク サービスに設定されます。この問題を解決するのには VMM アプリケーション プール id をリセットするには、IIS 管理コンソールを使用します。
  • 使用エンドポイントを VMM のインスタンスは、接続に既定以外のポートを指定した場合は、計測データを返すことはできません。これは、システム センター 2012年サービス パック 1年サービス プロバイダー基盤で発生する同じの既知の問題です。

システム センター 2012年サービス パック 1年サービス プロバイダー基礎の更新プログラム ロールアップ 1 をインストールするには、次の手順を実行します。
  1. サービス プロバイダーの基礎、サーバー上のサービス ・ プロバイダーの基盤のパッケージの更新プログラム ロールアップ 1 をインストールします。
  2. 使用エンドポイントのアプリケーション プール id を設定します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. インターネット インフォメーション サービス (IIS) 管理コンソールを起動します。
    2. 使用状況アプリケーション プールを選択し、 [詳細設定] を選択します。
    3. アイデンティティのリスト項目から id を選択し、アカウントに設定します。

    メモ アカウントの使用状況、アプリケーション プールに設定されている SPF データベースと操作マネージャー データ ウェアハウスのデータベースへのログオン アカウントとして追加する必要があります。更新の次の手順で、データベースを参照してください。
  3. このアカウントは、すべてのインスタンスの Virtual Machine Manager (VMM) SPF を使用するように構成するすべての仮想マシンの一覧を表示するアクセス許可も必要です。1 つの VMM で管理者ロールにアカウントを追加します。
  4. OMDW データベースからの読み取りアクセスを設定して、オペレーション マネージャー データ ウェアハウス (OMDW)、データベースへの接続文字列を指定します。
    1. 仮想マシンの使用状況データを収集して、OMDW データベースに格納します。、SPF 展開の規模によっては、VMM のインスタンスを監視する複数の Operations Manager 管理サーバーがあります。OMDW のすべてのデータベースへの接続文字列を指定する必要があります。
    2. 見つけて使用ディレクトリからメモ帳を使用して、web.config ファイルを開きます。既定ではこのファイルは c:\inetpub\SPF\Usage ディレクトリにインストールされます。Web.config ファイルの<connectionStrings>セクションを探し、OMDW の各データベース接続のエントリを追加します。

      例として、 <connectionStrings>SCOM 管理サーバーを 2 つのセクションは次のとおりです:</connectionStrings></connectionStrings>
      <connectionStrings>
      <add name="”OMDWConnectionString1”"></add>
      接続文字列 ="サーバー [サーバー名] ="。
      データベース [データベース名] =;
      度 = True;
      MultipleActiveResultSets = True"/>
      <add name="”OMDWConnectionString2”"></add>
      接続文字列 ="サーバー [サーバー名] ="。
      データベース [データベース名] =;
      度 = True;
      MultipleActiveResultSets = True"/>
      </connectionStrings>
  5. OMDW のデータベースが存在する、Microsoft SQL Server を実行しているコンピューターで、前の手順で構成したアプリケーション プールの使用率のアカウントがログオンの権利であるかどうかを確認し、読み取りアクセス権。
  6. 更新プログラムのロールアップ 1 の SPF データベース更新スクリプトに適用されます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 使用ディレクトリから SFPUsageFeatureUpdate.sql ファイルを探します。既定では、このファイルは c:\inetpub\SPF\Usage\KB2875476 ディレクトリにインストールされます。
    2. SPF データベースがインストールされている SQL Server のインスタンスに、このファイルをコピーし、SQL Server Management Studio を起動し、します。
    3. 前の手順で構成した利用状況アプリケーション プール アカウントを使用して SQL Server のこのインスタンスへのログオンを追加します。

      ログオン アカウントを追加するために、SCSPFDB に次のアクセス許可を付与します。指定した利用状況アプリケーション プール アカウントが同じアカウントを VMM のエンドポイントの指定したノート セクションに記載されている場合を除き、これを行います。次に、SQL Server のインスタンスに移動 (セキュリティ] をクリックし、[ログイン] をクリックして)、追加したアカウントを選択し、次のアクセス許可が含まれます。
      • 接続
      • 削除
      • 挿入
      • 選択します。
      • 更新プログラム

      メモ VMM エンドポイントに対して指定したのと同じアカウントを使用エンドポイントに対して指定するアプリケーション プール アカウントを SQL Server のインスタンスに追加のアカウントのアクセス許可を設定する必要が。これは、VMM のエンドポイントに関連付けられているアカウントでアクセスできる制限があるためです。具体的には、データベース レベルの権限ではなく、テーブル レベルのセキュリティのアクセス許可を持ちます。

      そのため、この更新プログラムのロールアップをインストールした後、次の 3 つの新しい利用状況テーブルにテーブル レベルのアクセス許可を追加する必要が。
      • OnPremServicesCollectorSessions
      • OnPremServicesSubscriberWatermarks
      • OnPremServicesSubscriberTombstones

      次に、各テーブルに対する次のアクセス許可を追加します。
      • 削除
      • 選択します。
      • 挿入
      • 更新プログラム

      これらのアクセス許可としてのベスト プラクティスをお勧めします。ここで推奨するアクセス許可構造が最低限必要とされます。セキュリティ ポリシーによってより多くのまたはより制限の少ないアクセス許可設定を適用できます。

    4. サービスとしてのインフラストラクチャのシナリオを有効にする SPF のサービス管理ポータルおよびサービス管理 API を使用するが、SPF 使用エンドポイントへのアクセスを設定する必要があります。
    5. サービス プロバイダーの基礎、サーバー上、コンピューターの管理コンソールを起動し、展開ローカル ユーザーとグループを表示します。
    6. SPF 使用エンドポイントへのアクセスに使用するアカウントは、管理者グループに属していなければなりません。
    7. アカウントと同じアカウントは、SPF_Usage グループに追加する必要があります。
  7. サービス管理の管理サイトで、 VM [雲] タブをクリックします。[クイック スタート] ページでは、システム センターの利用状況プロバイダーの登録オプションを選択します。SPF_Usage グループに追加する資格情報を使用して SPF 使用エンドポイントに URL を入力し、します。

    Web サイト、仮想マシン、サービス管理ポータル、およびサービスの管理 Api についての詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    マイクロソフト ホスティング ソリューション サービス

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

アンインストールの手順はアプリケーションのコント ローラー

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
App Controller (KB2790935) パッケージをアンインストールする場合は、次のアプリケーション コント ローラー サービスを再起動する必要が。
  • アプリケーション コント ローラーでホストされている Virtual Machine Manager プロバイダー (cmspfvmm)
  • アプリケーションのコント ローラーのシステム プロバイダー (cmsystem)
  • アプリケーションのコント ローラーの Virtual Machine Manager プロバイダー (cmvmm)
  • アプリケーション コント ローラー マイクロソフト Azure プロバイダー (cmazure)

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

ファイル情報

次のファイルは、System Center 2012 Service Pack 1 用の更新プログラム ロールアップ 1 で更新されます。
App Controller の更新プログラム (KB2790935)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Microsoft.SystemCenter.CloudManager.Providers.Vmm.exe499,3441.0.1601.0
Microsoft.SystemCenter.CloudManager.Providers.Azure.exe750,7361.0.1601.0

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Data Protection Manager の更新プログラム (KB2802095)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
AMTE.dll283,0004.1.3322.0
CPWrapper.dll1,104,0004.1.3322.0
Dpmac.exe2,063,0004.1.3322.0
DPMRA.exe6,264,0004.1.3322.0
MsdpmDll.dll544,0004.1.3322.0
Utils.dll1,195,0004.1.3322.0
Inspect.dll167,0004.1.3322.0

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Operations Manager の更新プログラム (KB2784734)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Microsoft.Mom.Modules.ClientMonitoring.dll458,752 7.0.9538.1005
Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.PowerShell.dll90,1127.0.9538.1005
Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.Apm.AlertAttachment.ComponentTasks.dll 40,960 7.0.9538.1005
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.Apm.Instrumentation.dll520,1927.0.9538.1005
Microsoft.EnterpriseManagement.Core.dll4,046,8487.0.9538.1003

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Service Provider Foundation の更新プログラム (KB2785476)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Web.config941該当なし
Global.asax142該当なし
Newtonsoft.Json.dll368,1284.5.1.14720
System.Net.Http.Formatting.dll159,3284.0.20505.0
System.Web.Http.dll360,0324.0.20505.0
System.Web.Http.WebHost.dll65,6324.0.20505.0
Microsoft.SystemCenter.Foundation.Usage.dll24,2327.1.3226.0
Microsoft.SystemCenter.Foundation.Billing.dll62,6087.1.3226.0
Microsoft.SystemCenter.Foundation.EndpointCommon.dll46,2247.1.3226.0
Microsoft.SystemCenter.Foundation.SpfDbApi.dll95,9127.1.3226.0
Microsoft.SystemCenter.Foundation.SPFData.dll55,4407.1.3226.0
Microsoft.SystemCenter.Foundation.Common.dll39,5687.1.3226.0
Microsoft.SystemCenter.Foundation.Cmdlet.dll197,2647.1.3226.0
Microsoft.SystemCenter.Foundation.ETW.dll169,1047.1.3226.0
Microsoft.SystemCenter.Foundation.dll55,4407.1.3226.0
Microsoft.IdentityModel.dll1,103,2566.1.7600.16394
EntityFramework.dll1,060,6404.3.20217.0
System.Net.Http.dll181,8561.0.0.0
addNewUserToUsageGroups.bat65該当なし
SPFUsageFeatureUpdate.sql5,251該当なし
SC 2012 SP1 の更新プログラムのロールアップをオーケストレータ 1. docx の補足の通知25,863該当なし
OnEndCreateSession.ps118,720該当なし

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Virtual Machine Manager のコンソールの更新プログラム (KB2792925-x 86)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン言語 ID
Engine.Deployment.dll547,0083.1.6018.0該当なし
Errors.dll3,848,3763.1.6018.0該当なし
Errors.resources.dll1,326,2483.1.6018.02052
Errors.resources.dll1,648,2963.1.6018.01036
Errors.resources.dll1,676,4563.1.6018.01031
Errors.resources.dll1,555,1123.1.6018.01040
Errors.resources.dll1,844,3923.1.6018.01041
Errors.resources.dll1,562,2803.1.6018.01046
Errors.resources.dll2,207,9363.1.6018.01049
Errors.resources.dll1,604,7763.1.6018.03082
Errors.resources.dll1,344,7043.1.6018.01028
Errors.resources.dll1,636,0163.1.6018.01042
Errors.resources.dll1,344,6803.1.6018.03076
Errors.resources.dll1,557,6723.1.6018.01029
Errors.resources.dll1,526,9763.1.6018.01043
Errors.resources.dll1,687,7203.1.6018.01038
Errors.resources.dll1,611,9683.1.6018.01045
Errors.resources.dll1,580,7363.1.6018.02070
Errors.resources.dll1,494,6963.1.6018.01053
Errors.resources.dll1,513,6403.1.6018.01055
ImgLibEngine.dll3,142,8483.1.6018.0該当なし
Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.dll1,796,2643.1.6018.0該当なし
Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManger.PowerShell.CmdletWrappers.dll1,494,6963.1.6018.0該当なし
Microsoft.VirtualManager.UI.AddIns.Management.dll96,4243.1.6018.0該当なし
Microsoft.VirtualManager.UI.Pages.Settings.dll168,1043.1.6018.0該当なし
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.dll213,1603.1.6018.0該当なし
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll65,7283.1.6018.02052
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,7523.1.6018.01036
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2643.1.6018.01031
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,7763.1.6018.01040
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll68,2883.1.6018.01041
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2643.1.6018.01046
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll71,3523.1.6018.01049
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll672,403.1.6018.03082
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll65,7043.1.6018.01028
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2403.1.6018.01042
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll65,7043.1.6018.03076
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,7763.1.6018.01029
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2403.1.6018.01043
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,7763.1.6018.01038
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2403.1.6018.01045
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2403.1.6018.02070
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll66,7283.1.6018.01053
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll66,7523.1.6018.01055
Remoting.dll832,1683.1.6018.0該当なし
SC 2012 SP1 - Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 1 rtf の補足の通知141,687該当なし該当なし
Utils.dll751,2883.1.6018.0該当なし
VirtualizationInterfaces.dll86,6963.1.6018.0該当なし
VMWareImplementation.dll2,051,7523.1.6018.0該当なし
VSImplementation.dll99,4963.1.6018.0該当なし
WSManAutomation.dll34,9843.1.6018.0該当なし
WsManWrappers.dll3,208,8963.1.6018.0該当なし


元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Virtual Machine Manager のコンソールの更新プログラム (KB2792925 x 64)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed


元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン言語 ID
Engine.Deployment.dll546,9843.1.6018.0該当なし
Errors.dll3,848,3763.1.6018.0該当なし
Errors.resources.dll1,326,2483.1.6018.02052
Errors.resources.dll1,648,3203.1.6018.01036
Errors.resources.dll1,676,4563.1.6018.01031
Errors.resources.dll1,555,1123.1.6018.01040
Errors.resources.dll1,844,4163.1.6018.01041
Errors.resources.dll1,562,2803.1.6018.01046
Errors.resources.dll2,207,9123.1.6018.01049
Errors.resources.dll1,604,8003.1.6018.03082
Errors.resources.dll1,344,6803.1.6018.01028
Errors.resources.dll1,636,0323.1.6018.01042
Errors.resources.dll1,344,6803.1.6018.03076
Errors.resources.dll1,557,6883.1.6018.01029
Errors.resources.dll1,526,9683.1.6018.01043
Errors.resources.dll1,687,7443.1.6018.01038
Errors.resources.dll1,611,9443.1.6018.01045
Errors.resources.dll1,580,7123.1.6018.02070
Errors.resources.dll1,494,6963.1.6018.01053
Errors.resources.dll1,513,6643.1.6018.01055
ImgLibEngine.dll3,142,8243.1.6018.0該当なし
Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.dll1,796,2643.1.6018.0該当なし
Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManger.PowerShell.CmdletWrappers.dll1,494,7203.1.6018.0該当なし
Microsoft.VirtualManager.UI.AddIns.Management.dll96,4243.1.6018.0該当なし
Microsoft.VirtualManager.UI.Pages.Settings.dll168,1283.1.6018.0該当なし
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.dll213,1603.1.6018.0該当なし
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll65,7203.1.6018.02052
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,7763.1.6018.01036
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2643.1.6018.01031
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,7763.1.6018.01040
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll68,2643.1.6018.01041
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2643.1.6018.01046
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll71,3363.1.6018.01049
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2403.1.6018.03082
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll65,7043.1.6018.01028
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2403.1.6018.01042
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll65,7043.1.6018.03076
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,7523.1.6018.01029
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2403.1.6018.01043
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,7523.1.6018.01038
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2643.1.6018.01045
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll67,2403.1.6018.02070
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll66,7283.1.6018.01053
Microsoft.VirtualManager.UI.VMWizards.resources.dll66,7283.1.6018.01055
Remoting.dll832,1843.1.6018.0該当なし
SC 2012 SP1 - Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 1 rtf の補足の通知141,687該当なし該当なし
Utils.dll751,2963.1.6018.0該当なし
VirtualizationInterfaces.dll86,6963.1.6018.0該当なし
VMWareImplementation.dll2,051,7523.1.6018.0該当なし
VSImplementation.dll99,5203.1.6018.0該当なし
WSManAutomation.dll35,0083.1.6018.0該当なし
WsManWrappers.dll3,208,8963.1.6018.0該当なし



元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Virtual Machine Manager: VMM サーバーの更新プログラム (KB2792926)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン言語 ID
Engine.Adhc.Operations.dll1,064,6163.1.6018.0該当なし
Engine.Deployment.dll546,9843.1.6018.0該当なし
Engine.Placement.ResourceModel.dll306,8563.1.6018.0該当なし
Engine.VmOperations.dll1,134,2483.1.6018.0該当なし
Errors.dll3,848,3763.1.6018.0該当なし
Errors.resources.dll132,62483.1.6018.02052
Errors.resources.dll1,648,3203.1.6018.01036
Errors.resources.dll1,676,4563.1.6018.01031
Errors.resources.dll1,555,1123.1.6018.01040
Errors.resources.dll1,844,4163.1.6018.01041
Errors.resources.dll1,562,2803.1.6018.01046
Errors.resources.dll2,207,9123.1.6018.01049
Errors.resources.dll1,604,8003.1.6018.03082
Errors.resources.dll1,344,6803.1.6018.01028
Errors.resources.dll1,636,0323.1.6018.01042
Errors.resources.dll1,344,6803.1.6018.03076
Errors.resources.dll1,557,6883.1.6018.01029
Errors.resources.dll1,526,9683.1.6018.01043
Errors.resources.dll1,687,7443.1.6018.01038
Errors.resources.dll1,611,9443.1.6018.01045
Errors.resources.dll1,580,7123.1.6018.02070
Errors.resources.dll1,494,6963.1.6018.01053
Errors.resources.dll1,513,6643.1.6018.01055
ImgLibEngine.dll3,142,8243.1.6018.0該当なし
Remoting.dll832,1843.1.6018.0該当なし
SC 2012 SP1 - Virtual Machine Manager の更新プログラムのロールアップ 1 rtf の補足の通知141,687該当なし該当なし
Utils.dll751,2963.1.6018.0該当なし
ViridianImplementation.dll218,7923.1.6018.0該当なし
ViridianImplementationV2.dll359,6163.1.6018.0該当なし
VirtualizationInterfaces.dll86,6963.1.6018.0該当なし
VMWareImplementation.dll2,051,7523.1.6018.0該当なし
VSImplementation.dll99,5203.1.6018.0該当なし
WSManAutomation.dll35,0083.1.6018.0該当なし
WsManMIWrappers.dll133,8243.1.6018.0該当なし
WsManWrappers.dll3,208,8963.1.6018.0該当なし
XenImplementation.dll173,2483.1.6018.0該当なし

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

プロパティ

文書番号: 2785682 - 最終更新日: 2014年6月22日 - リビジョン: 9.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center 2012
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB2785682 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2785682
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com