Exchange メールボックスの削除済みのアイテムを検索する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2786067 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

電子メール メッセージまたはその他の Microsoft Outlook アイテム削除されますが、Microsoft Exchange Server のメールボックスからは削除しないことを検索するときに、アイテムが使用できないことがわかります。

原因

この問題発生削除が完全に削除されるまで、アイテムは複数のメールボックスの場所に保存します。

解決方法

メモ この資料は、さまざまな解像度について説明します。この範囲には、ほとんどのユーザーは慣れているタスクとサポート エンジニアによって完了する必要があるタスクが含まれます。フォルダーは空で、できない場合がありますを判断するためにまたはどのように多くの項目が存在する可能性があります理解できます、次のコマンドレットを実行します。
Get-MailboxFolderStatistics xxxxSMTPxxxx | fl Identity,FolderPath,FolderSize,ItemsInFolder > output.txt
Exchange Server 2010年では、回復可能なアイテムについては、次の TechNet web サイトを参照してください。
回復可能なアイテム フォルダー
Exchange メールボックスには削除済みアイテムを格納する 3 つのフォルダーが含まれています。
  • 削除済みアイテム
  • 削除
  • パージ


元に戻す画像を拡大する
削除済みアイテム、削除およびパージ「フォルダー」ページのスクリーン ショット


メールボックス内に存在 2 つこれらのフォルダーの収集は、メールボックスのフォルダーの一覧ではありませんし。すべての 3 つのフォルダーは、次のセクションで詳しく説明します。

メモ 電子メールのフォルダー、サブフォルダー、および構造体には復元できません。存在しないか、削除する電子メールのフォルダーの内容のみを復元できます。

削除済みアイテム フォルダー

削除済みアイテム フォルダーは既定のフォルダーは、Exchange メールボックスのフォルダー一覧で利用できます。

いずれか、次の操作を実行したときに項目が Outlook の削除済みアイテム フォルダーに移動します。
  • 項目が強調表示されたら、キーボードの Delete ボタンを押します。
  • 項目が強調表示されているときに、項目を右クリックして [削除] をクリックします。
  • 反映か、受信トレイから会議出席依頼を削除します。(会議出席依頼は自動的に移動、削除済みアイテム フォルダーを承諾または削除した後です。)

フォルダーの削除

削除フォルダーがメールボックスに収集します。削除フォルダーには、Outlook からアクセスできます。異なるバージョンの Outlook で削除、フォルダーへのアクセス方法の詳細については、いずれか、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 いずれか、次の操作を実行したときに項目が削除フォルダーに移動します。
  • 項目が強調表示されているときに、Shift キーを押しして、Delete キーを押します。この操作は、削除済みアイテム フォルダーをバイパスします。続行し、[アイテムを完全に削除するように求められます。
  • 削除済みアイテム] フォルダーから項目を削除するには、アイテムを削除するか、フォルダーを空にしています。続行し、[アイテムを完全に削除するように求められます。
  • 削除済みアイテム] フォルダーから古いアイテムを移動する保持ポリシーを構成して、収集されます。保持ポリシーの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    電子メール メッセージにアイテム保持ポリシーを割り当てる
  • 古いアイテムの整理を構成するの項目を自動的に削除する Outlook の機能です。古いアイテムの整理の詳細についての設定と、古いアイテムの整理を構成する方法機能を次のマイクロソフト web サイトで Outlook のバージョンに応じてのいずれかに移動します。

フォルダーを削除します。

アイテムは、削除、フォルダーから手動で削除、アイテムは、パージのフォルダーに移動します。アイテムは、30 日間の収集・保存期間が完了するまで削除フォルダーには残ります。

削除フォルダーには、Outlook からアクセスできません。削除フォルダーには、Microsoft Exchange Server の MAPI エディター (MFCMAPI) を使用してアクセスできます。これを行うには、次の手順を実行します。

注: 既定では、デスクレス ワーカー (Exchange Online Kiosk) のメールボックスに対する MAPI アクセスがブロックされます。以下の手順に従って、MAPI ブロックを一時的に削除してください。プロトコル制御のセルフ サービス グループのメンバーは一時的にデスクレス ワーカーのメールボックスの MAPI を有効にするのに Windows リモート PowerShell を使用できます。


MAPI のブロックを削除するには、Windows リモート PowerShell で、次のコマンドレットを実行します。
Set-CASMailbox <UserIdentity> -MAPIBlockOutlookVersions $NULL
MAPI ブロックを復元するには Windows リモート PowerShell で、次のコマンドレットを実行します。
Set-CASMailbox <UserIdentity> -MAPIBlockOutlookVersions 0.0.0-100.0.0

メモ 次の手順は、ユーザーをメールボックスとオンライン モードで構成されているプロファイルに完全にアクセスする必要があります。
  1. MFCMAPI を CodePlex の次の web サイトからダウンロードします。
    MFCMAPI
    メモ 32 ビットまたは 64 ビットの実行可能ファイルをダウンロードする際のオプションがあります。コンピューターにインストールされている Outlook のバージョンに対応するバージョンをダウンロードしてください。
  2. MFCMAPI を開始する実行可能ファイルをダブルクリックします。
  3. 情報の画面が表示されたら、[ OKを] をクリックします。
  4. 上のセッション ] メニューの [ログオン] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    強調表示されている [セッション] メニューの表示、MFCMAPI ページのスクリーン ショット
  5. メールボックスにアクセスするための適切なオンラインのプロファイルを選択をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    適切なプロファイルを選択して、[新規] ボタンをクリックすると、[プロファイルの選択] ページのスクリーン ショット

  6. 画面の最上部のセクションの最初のエントリをダブルクリックします。ユーザーのメールボックスが表示されます。

    元に戻す画像を拡大する
    強調表示されている一番上のセクションで最初のエントリを表示、MFCMAPI 構築ページのスクリーン ショット

  7. ルート コンテナーを展開して、回復可能なアイテム。3 つのサブフォルダーが表示されます。 削除、パージ、およびバージョン。

    元に戻す画像を拡大する
    3 つのサブフォルダーを表示する、回復可能なアイテムのページのスクリーン ショット: 削除、パージ、およびバージョン


    注:
    • バージョン フォルダーには、変更されたアイテムの元のコピーが含まれています。このフォルダーからのアイテムの回復は、ユーザーが、変更後の予定、または連絡先の以前のコピーへのアクセスを希望する場合に役立ちます。決してユーザーのアクティブなカレンダーをバージョンのフォルダーからすべての内容を復元してください。これらの項目は、通常のトラブルシューティングにのみ参照されます。
    • メールボックスのメールボックス監査が有効になっている場合は、[監査] フォルダーに存在しています。
  8. パージ] フォルダーをダブルクリックします。新しいウィンドウが開きます。このウィンドウで、最上部のセクションでは、フォルダー内のすべての項目を一覧表示します。下部のセクションには、メッセージに関連付けられているプロパティが含まれます。

    元に戻す画像を拡大する
    削除フォルダー ページ、フォルダー内のすべての項目を一覧の最上部のセクションと、メッセージに関連付けられているプロパティを含む下部のスクリーン ショット

  9. 昇順または降順で並べ替えるには列のいずれかをクリックします。メッセージを復元する場合は、1 つまたは複数のメッセージには、次の操作のいずれかを実行できます。
    • メッセージをファイルにエクスポートします。項目を右クリックし、メッセージをエクスポートするを選択し。

      元に戻す画像を拡大する
      項目を右クリックし、メッセージのエクスポートを選択すると、削除ページのスクリーン ショット

    • コピーし、項目を貼り付けます。これを行う、次の手順に従います。
      1. 項目を右クリックしてコピーをクリックします。
      2. アイテムを貼り付けたいフォルダーを右クリックし、貼り付けします。代わりに、メッセージを移動するオプションが表示されます。

      元に戻す画像を拡大する
      コピー メッセージ、ページのスクリーン ショット


    保存先フォルダー内の項目の 1 つのバージョンを使用する場合は、[ MESSAGE_MOVE ] チェック ボックスを選択し、[ OK] をクリックするをクリックします。

    メモ 上のインフォメーション ストアは、メールボックスのフォルダーの一覧です。

    元に戻す画像を拡大する
    MESSAGE MOVE チェック ボックスをオン、MFCMAPI のページのスクリーン ショット




プロパティ

文書番号: 2786067 - 最終更新日: 2014年2月23日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Business Productivity Online Dedicated
  • Microsoft Business Productivity Online Suite Federal
  • Microsoft Exchange Online Dedicated
  • Microsoft Business Productivity Online Standard Suite
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
  • Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2010
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
キーワード:?
vkbportal226 kbgraphxlink kbmt KB2786067 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2786067
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com