Office 365 からドメインを削除しようとすると "このドメインは削除できません" というエラーが表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2787210 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

?Windows PowerShell でドメインを削除しようとすると、以下のエラー メッセージが発生します。
Remove-MsolDomain : このドメインを削除できません。削除を妨げているオブジェクトの一覧を取得するには、Get-MsolUser -DomainName<ドメイン> を使用してください。
At line:1 char:18
+ Remove-MsolDomain <<<< -DomainName <DomainName>
+ CategoryInfo : OperationStopped: (:) [Remove-MsolDomain], MicrosoftOnlineException
+ FullyQualifiedErrorId : Microsoft.Online.Administration.Automation.DomainNotEmptyException,Microsoft.Online.Administration.Automation.RemoveDomain


原因

この問題は、以下の条件に 1つでも該当する場合に発生します。
  • ドメインに紐付くユーザー アカウントまたはグループがある。
  • メールが有効なユーザーまたはグループのドメインに一致するすべてのプロキシが削除されていない (Office 365 は、ドメインに一致するプロキシが削除されない限り、ドメインの削除をブロックします)。?
  • ドメインで Lync Online Session Initiation Protocol (SIP) アドレスを使用している。

解決方法

Office 365 ドメインを削除する最も簡単な方法は Office 365 管理センターを使用することです。管理者は Windows PowerShell を用いることなく、Office 365 のドメイン マネージャーでドメイン削除を妨げる要因を取り除くことができます。

Office 365?のドメイン削除については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Office 365?のドメインを削除する?

Windows PowerShell でドメインの削除をトラブルシューティングする

注: 以下の手順は、管理者が Windows PowerShell を用いて実行する必要があります。

手順 1: ユーザー名にドメイン名が含まれているかどうかを確認する

注: ユーザー ビューを作成し、削除するドメインとして設定することもできます。このビューを使用してユーザー名を確認した後、問題のドメインがユーザー名に含まれないようにユーザー名を変更します。

ユーザー名に問題のドメインが含まれているかどうかを確認するには、以下の手順に従います。
  1. Windows PowerShell 用 Microsoft Azure Active Directory モジュールを使用して Azure Active Directory に接続します。これを実行するには、Windows PowerShell 用 Azure Active Directory モジュールを開き、以下のコマンドレットを入力した後 Enter キーを押します。
    Connect-MsolService
    認証画面に管理者の資格情報を入力します。

    Azure AD に接続する方法については、次のサイトを参照してください。Windows PowerShell を使用して Azure AD に接続する
  2. 以下のコマンドレットを実行します。
    Get-MsolUser -DomainName [Domain] | fl UserPrincipalName
    以下は、このコマンドレットの実行例です (contoso.com には問題のドメインを指定します)。
    Get-MsolUser -DomainName contoso.com | fl UserPrincipalName
  3. 結果を確認し、このドメインが使用されないようにユーザー プリンシパル名 (UPN) を変更します。この UPN はユーザー名およびユーザー ID のプロパティと同一です。Office 365 ポータルまたは Windows PowerShell を使用して UPN を変更できます。上記コマンドレットの実行結果にユーザーが表示されなくなるまで確認します。

手順 2: 電子メール アドレスを確認する

注:?この手順は、Exchange Online を含むサブスクリプションを契約している場合にのみ適用します。

: Azure Active Directory 同期ツールを実行している場合は、オンプレミス環境から電子メール アドレスを更新することもできます。

電子メール アドレスを確認するには、以下の手順に従います。
  1. リモート PowerShell を使用して Exchange Online に接続します。詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
    リモート PowerShell を使用して Exchange に接続する
  2. 以下のコマンドレットを実行し、削除するドメインを使用するすべてのユーザーおよびグループを検索します (contoso.com には問題のドメインを指定します)。
    get-mailbox | where {$_.EmailAddresses -match "contoso.com"} | fl Name, RecipientType, EmailAddresses
  3. アウトプットから、EmailAddress プロパティおよび RecipientType プロパティを確認します。例えば、以下のような電子メール アドレスを確認します。
    Name : John Smith RecipientType : UserMailbox EmailAddresses : {SIP:john@contoso.com, SMTP:john@contoso.com, smtp:john@contoso.onmicrosoft.com}
  4. 状況に応じ、以下いずれかの手順を実行します。
    • RecipientTypeUserMailbox に設定されている場合、Set-Mailbox コマンドレットと EmailAddresses?パラメーターを使用し、smtp、SMTP、SIP アドレスを変更できます。このコマンドレットの詳細情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

      Set-Mailbox

      または、ユーザーやライセンスの削除も可能ですが、この方法は推奨されません。

      注: 削除しようとするユーザーが唯一の管理者の場合は、全体管理者を新たに作成し、この管理者アカウントにサインインしてから問題のユーザーを削除してください。
    • RecipientTypeMailUniversalDistributionGroup または MailUniversalSecurityGroup に設定されている場合、Set-DistributionGroup コマンドレットと EmailAddresses?パラメーターを使用し、smtp と SMTP アドレスを変更できます。このコマンドレットの詳細情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

      Set-Distribution Group

      または、グループの削除も可能ですが、この方法は推奨されません。グループを削除できない場合は、以下の Microsoft Knowledge Base 資料の手順を実行してコマンドレットの詳細を確認してください。

      2731947: 「Office 365 で配布グループを削除または変更しようとすると "十分な権限がありません" というエラーが表示される」
    • RecipientType DynamicDistributionGroup と設定されている場合、Set-DynamicDistributionGroup コマンドレットと EmailAddresses?パラメーターを使用し、smtp と SMTP アドレスを変更できます。このコマンドレットの詳細情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

      Set-DynamicDistributionGroup

      または、グループの削除も可能ですが、この方法は推奨されません。グループを削除できない場合は、以下の Microsoft Knowledge Base 資料の手順を実行してこの問題を修復してください。
      2731947: 「Office 365 で配布グループを削除または変更しようとすると "十分な権限がありません" というエラーが表示される」

追加情報

詳細は、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
2284755 「Office 365 からドメインを削除しようとするとエラー メッセージが表示される」
追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2787210 - 最終更新日: 2014年6月26日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 365 for enterprises (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for education? (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for small businesses? (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365
  • Office 365 User and Domain Management
キーワード:?
o365 o365022013 after upgrade o365062011 pre-upgrade o365a o365e o365p o365m KB2787210
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com