ホーム ネットワークまたはピア ツー ピア ネットワークでのクロスオーバー ケーブルの使用

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 278870 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP278870
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft ネットワークは、Ethernet 802.3 標準 (Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection : CSMA/CD) に基づいています。Ethernet 802.3 標準では、クロスオーバー ケーブルの使用は特に禁止されていませんが、クロスオーバー ケーブルの実装はこの標準の範囲外です。

マイクロソフトでは、ホーム ネットワークまたはピア ツー ピア ネットワークの問題のトラブルシューティングに関して、妥当な範囲で支援します。ただし、ホーム ネットワークまたはピア ツー ピア ネットワークを構成するときにクロスオーバー ケーブルを使用する場合、マイクロソフトは問題の解決を保証しません。

詳細

クロスオーバー ケーブルを使用するネットワークでは、標準のケーブルとハブで行われるすべてのトラブルシューティングを実行する必要があります。特定の問題がクロスオーバー ケーブルの使用に関連している可能性が高い場合であっても、ネットワーク上で実行されるトラブルシューティングを省略せずにひととおり実行する必要があります。

当初、Ethernet 802.3 標準の仕様は、RG-8 または RG-11 ケーブルと AUI/DIX (Attachment Unit Interface/ Ethernet DIX) コネクタをネットワーク アダプタ (ネットワーク インターフェイス カードまたは NIC ともいう) に接続する 10Base5 (ThickNet) イーサネット用に設計されました。

コスト上の問題により、ネットワーク アダプタ背後の BNC コネクタに RG-58 ケーブルを接続して使用する 10Base2 (ThinNet) イーサネットが普及しました。10Base5 および 10Base2 のいずれのイーサネットでも、ネットワーク アダプタはネットワークに接続されるとき (ThickNet ではバックボーンへのケーブル接続、ThinNet では T 型コネクタへのケーブル接続) に "デイジーチェーン接続" され、中間デバイスは不要です。このため、AUI/DIX コネクタまたは BNC コネクタを使用するネットワーク アダプタを Ethernet 802.3 標準の仕様に準拠させるには、競合の検出を実装する必要があります。

コスト上の問題により、カテゴリ 3 (Cat3) シールドなしツイスト ペア (UTP) ケーブルをハブに接続して使用する 10BaseT イーサネットがさらに広く普及しました。ハブを使用することにより、ネットワーク アダプタごとに競合の検出を行う必要はなくなりました。競合の検出はハブで必要な機能であり、ネットワーク アダプタどうしの "デイジーチェーン接続" をネットワーク アダプタの設計で考慮する必要がなくなったためです。Ethernet 802.3 標準の仕様の 10BaseT に関する追加項目では、ネットワーク アダプタに競合の検出を実装することが推奨されていますが、たとえば 10BaseT ネットワーク アダプタを Ethernet 802.3 標準の仕様に準拠させるために、ネットワーク アダプタの製造元がこの推奨に従うことは必須ではありません。

場合によっては、クロスオーバー ケーブルを使用することにより、ネットワークのスループットが向上することがあります。また、ネットワーク アダプタが使用されていて、セグメントの両端が全二重のルータ間接続に、クロスオーバー ケーブルが最適である場合もあります。

LAN (Local Area Network) トポロジおよびクロスオーバー ケーブルの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Microsoft Developer Network Online

関連情報

Ethernet 802.3 標準の該当する条項は、14.5.2 項および 32.8.2 項です。

プロパティ

文書番号: 278870 - 最終更新日: 2005年11月17日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
  • Microsoft Windows 3.1 Standard Edition
  • Microsoft Windows 3.11 Standard Edition
  • Microsoft Windows for Workgroups 3.1
  • Microsoft Windows for Workgroups 3.11
キーワード:?
kbfaq kbinfo KB278870
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com