Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 13

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2791312 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 13 は、利用できます。この資料は、修正プログラムおよびこの更新プログラムのロールアップに含まれる更新プログラムについて説明します。この更新プログラムのロールアップは、Microsoft Dynamics CRM 2011 でサポートされているすべての言語に対して利用可能です。

メモ 更新プログラムのロールアップ 13 Windows Server 2012 と Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) のサポートを紹介 2.1。自己修復セットアップ (SHS) Windows Server 2012 での Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 13 をインストールする必要がある、半ば-に-4 月の終わり、2013年で更新プログラムのロールアップの横、Microsoft Update で公開されます。互換性の次の資料を参照してください。

Microsoft Dynamics CRM の互換性リスト

注: 以前更新プログラムのロールアップ (更新プログラムのロールアップ 12 に Microsoft Dynamics CRM 2011) は、追加するブラウザーの互換性について説明します。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。


注: 更新プログラムのロールアップ 12 は、クイック検索の検索最適化機能では、次のエンティティの新しいインデックスも含まれます。更新プログラムのロールアップの 12 をインストールするときに、これらのインデックスが作成されます。また、インストール プロセスの一部がかかるを完了する予想よりも。これは、インデックス データを格納するためです。インデックスを作成するために必要な時間は、データセットのサイズに依存します。
  • 場合
  • 営業案件
  • 競合企業
  • 連絡先 (、電話番号 フィールド)
  • ビジネス ・ ユニット
  • 接続
  • つながりロール
  • 技術情報の記事
  • 潜在顧客
  • 製品
  • 営業資料
インデックスの詳細についてを参照してください。 Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 12 を使用して追加するインデックス.

注: 更新プログラムのロールアップ 12 には、ソフトウェア開発キット (SDK)、メタデータ、およびアクティビティ フィードの更新プログラムも含まれています。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

Microsoft Dynamics CRM 2011 と Microsoft Dynamics CRM の新機能

取得し、メタデータの変更を検出


アクティビティ フィードのエンティティ

メモ 以前の更新プログラムのロールアップ (更新プログラムのロールアップ 10 を Microsoft Dynamics CRM 2011) 導入された追加機能、および Microsoft Dynamics CRM 2011 でのサポート。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。


更新プログラムのロールアップ 10 にクイック検索機能は、クエリのパフォーマンスの向上が含まれます。詳細については、「大規模なデータセットに対するクエリのパフォーマンスを最適化する」および「簡易検索クエリ パフォーマンスの最適化」を参照してください、次のマイクロソフト web サイトのセクション。

詳細

この更新プログラムのロールアップのビルド番号とファイル名

元に戻す全体を表示する
プログラムのロールアップ パッケージビルド番号(32 ビット版) のファイル名(64 ビット版) のファイル名
Microsoft Dynamics CRM 2011 サーバー5.0。 9690.3448該当なしCRM2011-サーバー-KB2791312-LangID-amd64.exe
Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 20115.0。 9690.3448CRM2011-クライアント-KB2791312-LangID-i386.exeCRM2011-クライアント-KB2791312-LangID-amd64.exe
E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM 20115.0。 9690.3448CRM2011-ルーター-KB2791312-LangID-i386.exeCRM2011-ルーター-KB2791312-LangID-amd64.exe
Microsoft Dynamics CRM 2011 の言語パック5.0。 9690.3448CRM2011-Mui-KB2791312-LangID-i386.exeCRM2011-Mui-KB2791312-LangID-amd64.exe
Microsoft Dynamics CRM 2011 のレポートの拡張機能5.0。 9690.3448該当なしCRM2011 の Sr-KB2791312-LangID-amd64.3exe

更新プログラムのロールアップの情報

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 13 は、オンプレミスのお客様向けに利用可能なです。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
2791312 パッケージを今すぐダウンロードします。

リリース日: 2013 年 3 月 26日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。 119591 ファイルをオンラインからマイクロソフトのサポートを入手する方法マイクロソフトのサービスはこのファイルのウイルスをスキャンします。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

インストール情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
重要Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 または Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 5 の配置または以前のバージョンの Microsoft Dynamics CRM 2011 に Microsoft Dynamics CRM 2011 の新しいバージョンを使用して作成されたデータベースをインポートできません。

Windows の更新プログラムのインストール

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 13 を自動的にインストールするのにには、Windows Update を使用します。この更新プログラムのロールアップは、2013年 4 月で Windows の更新プログラムで使用できます。

推奨される更新プログラムのインストールに自動的に Windows を構成できます。この設定重大でない問題に対処し、コンピューティング環境を向上させることが。オプションの更新プログラムはダウンロードまたは、この設定を使用すると、自動的にインストールされません。

Windows の更新プログラムをインストールするための設定の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
自動更新のオンまたはオフにするには

Windows のインストールまたは更新プログラムに関する通知を受け取る方法を変更します。

Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 13 をインストール、以下の手順を実行します。
  1. 開始をクリックして入力 更新プログラム検索の開始ボックス。結果の一覧で、 Windows Updateをクリックします。
  2. ナビゲーション ウィンドウには、更新プログラムの確認] をクリックを Windows コンピューター用の最新の更新プログラムによってチェックされるを待ちます。
  3. 場合は、メッセージをすることを示す重要な更新プログラムが利用可能なまたは、重要な更新を確認するように求められます、インストールする更新プログラムのチェック ボックスをオンにし [ OK] をクリックします。さらに、任意の更新プログラムの詳細についてをクリックします。
  4. 更新プログラムのインストール] をクリックします。
  5. 読み取り (場合、更新プログラムにはこの操作が必要です) し、[完了] をクリックし、ライセンス条項に同意します。管理者のパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。これを行うが表示されたら場合は、条件に同意することを確認します。

手動インストール

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 13 を手動でインストールする、次の手順を実行します。
  1. 次の Microsoft 更新プログラム カタログの web サイトを参照してください。
    Microsoft Update カタログ
  2. 検索 ボックスに、入力2791312、し、[検索] をクリックします。
  3. クリックして追加 更新プログラムをバスケットに追加します。
  4. [ダウンロード] をクリックします。
  5. 参照] をクリックして、更新をダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。
  6. [続行] をクリックし、同意 、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。
  7. 指定した場所に、更新プログラムがダウンロードされるときに、[閉じる] をクリックします。
Microsoft 更新プログラム カタログについては、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
323166 ドライバーや、Windows Update カタログからの修正プログラムが含まれている更新プログラムをダウンロードする方法

追加のインストール情報

  • この更新プログラムのロールアップをインストールした後 Microsoft Dynamics CRM の既存のセッションを終了し、Microsoft Dynamics CRM の新しいセッションを開始します。
  • 言語パックのプロビジョニングを解除すると、その言語を使用しているすべての Microsoft Dynamics CRM ユーザーの言語設定は、既定の言語の設定に戻ります。再プロビジョニング プロセスでは、ユーザーの言語設定は更新されません。したがって、ユーザーは Microsoft Dynamics CRM 2011 にログオンするときに、[個人用オプション] セクションで、言語の設定をリセットする必要があります。

前提条件

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 (ビルド 5.0.9690.1992) が必要かをこの更新プログラムのロールアップを適用するには、Microsoft Dynamics CRM 2011 の新しいバージョンをインストールします。更新プログラムのロールアップ 6 の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
2600640 Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 6 が利用可能です。
互換性に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。

2669091 Microsoft Dynamics CRM の互換性リスト

再起動の必要性

コンピューターを再起動するメッセージが表示されたら、更新プログラムのロールアップを適用した後に行います。

削除情報

Microsoft Dynamics CRM を実行しているサーバーから更新プログラムのロールアップの 13 をアンインストールできます。ただし、バックアップを作成する前に、データベースの更新プログラムのロールアップの 13 をアンインストールします。詳細については、以下の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。
データベースの完全バックアップ (SQL Server) の作成します。
復元するデータベースのバックアップ (SQL Server Management Studio)

メモ 10v1 の更新プログラムのロールアップ、他の更新プログラムのロールアップの 10v2 を適用する 10v2 の更新プログラムのロールアップを削除する場合は、Outlook クライアントに対して、Microsoft Dynamics CRM を再構成します。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 13 に解決される問題

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
更新プログラムのロールアップ 13 には、次の問題が解決されます。
  • ネットワーク負荷分散 (NLB) の Microsoft Dynamics CRM 2011 でインターネットに接続する展開 (IFD) およびクレーム認証を有効にすることを想定しています。トークンの有効期間を設定するには、クレームと IFD のエンドポイントが 10 時間以上に。この状況で予期せず、メッセージ認証が必要な 10 時間後に表示されます。
  • CRM Outlook クライアントは、Office 365 の CRM の組織の組織の URL を使用して構成できません。
  • 発信者 Idのプロパティは、Microsoft Silverlight または Microsoft Jscript から行われる呼び出しの Windows 通信基盤 (WCF) は構成されていません。
  • 別のユーザーに 1 人のユーザーからのすべてのレコードを再割り当てするときに、タイムアウト エラーが発生します。
  • Microsoft Excel のワークシートにエクスポートするときに、エクスポートするファイルの名前のワークシートの表示名と異なります。
  • Microsoft Dynamics CRM の別のユーザーから受信した履歴電子メール メッセージに返信しようとしたときに、「prvWriteActivity のアクセス許可」エラーが発生します。
  • カスタマイズを Microsoft Dynamics CRM にインポートできません。この問題は、正しいプレフィックスを使用しない関係が発生します。
  • 標準の SQL に基づくレポートでは、動的に生成される文字列が 4,000 文字より長いかどうかに期待どおりは動作しません。
  • 規則を使用して Microsoft Word で電子メール メッセージを結合するときに Outlook がクラッシュします。
  • WorkflowContext.CreateOrganizationService 関数は、現在のユーザー ID を使用しません
  • アプリケーションは、電子メール メッセージを作成し、SDK アプリケーションを作成することと仮定します。添付ファイルのすべての列を取得し、電子メール メッセージに関連付けられている活動の mime 添付ファイルを作成する.このような状況では、電子メール メッセージの論理名が表示されません正しく活動の mime 添付ファイルの名前と。
  • サイト マップ内のリンクをクリックすると、サイト マップ内のリンクを開いているすべてのリンクにクリックした期待します。
  • Microsoft Dynamics CRM のエンティティを作成するときに、フォーム レベルのリボンのカスタマイズはインポートされません。
  • 12for Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップをインストールすると、Jscript を使用して検索値を構成できません。
  • Microsoft Dynamics CRM に予定をコピーすることを想定しています。ただし、Microsoft Dynamics CRM で予定を表示するときに、コピーした予定を Microsoft Dynamics CRM ではなく、元の予定に表示されます。
  • 時間が、Outlook で Microsoft Dynamics CRM のレコードのフォロー アップのタスクのツールヒントには正しく表示されません。
  • 部署に電子メール メッセージのテンプレートの場合、読み取りアクセス許可を設定するときに個人用の電子メール メッセージのテンプレートを表示できません。
  • 緑色の丸いボタンを使用して、フォームにデータを読み込むには、フォームを更新すると仮定します。データを Excel にエクスポートするときに、5 番目のサブ グリッド内のデータはエクスポートされません。
  • 非同期サービス エラーの処理を汎用の SQL エラーを受信したときにプラグインを再試行するに変更します。
  • セカンダリ ドメインのユーザーと、組織をインポートした後、CRM をアクセスすることができません。
  • 既定の組織のユーザー アカウントを無効にする場合は、パスに基づくレポートを実行できません。
  • ロールベースのフォームをロードするときに、コンピューターがフリーズします。
  • 件名が空の電子メール メッセージで、Microsoft Dynamics CRM Outlook クライアントで、電子メール メッセージ、サポート案件または営業案件に変換できません。
  • Azure のサービス バスの統合手順では、メッセージのサイズは考慮しません。
  • 重複するラベルがある翻訳をエクスポートできません。
  • Excel にデータをエクスポートするには、「保存されているビューをエクスポートする」オプションを使用して、Excel データは表示されません。
  • レコードの親レコードがアクティブでない、重複レコードをインポートできません。
  • 「クイック検索」の検索オプションで検索を実行すると、結果は返されません。
  • ときにデータをエクスポートする Excel を使用して、動的ワークシート 活動では、オプション System.InvalidCastException、エラーが発生します。
  • 設定することを前提としています、割り当てのリレーションシップの動作 連鎖をアクティブにします。このような場合に、予定をユーザーに割り当てることはできません。
  • 複数のクエリを取得するときに、Microsoft Dynamics CRM でパフォーマンスが低下が発生します。さらに、Microsoft Dynamics CRM のの 1,000 のビジネス ユニットがあるし、クエリを取得し、次のエラー メッセージが表示されます。
    'UNION' キーワードの近くの不適切な構文です。
  • AppGridWebService.ashx 機能を呼び出すときにエラーが発生した場合は、正しいエラー メッセージは受け取りません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のインストールがフランス語のバージョンの Windows、SQL Server のコンピューターで Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 11 をインストールできない.
  • ボックスのダッシュ ボードを削除すると、インポートまたはソリューションをエクスポートできません。
  • プラグインを保存をキャンセルすると、営業案件の製品、「お客様の例外」のエラー メッセージの操作が表示されていません。
  • 自分のレコードのみを表示する値を選択するには、[参照] ダイアログ ボックスで、すべてのユーザーによって所有されているレコードが予期せずに表示されます。
  • 一部のユーザー ロールを変更した後ユーザーことができますサイトを参照してない、Microsoft Dynamics CRM の。この問題は、SQL 文字列のブロックのために発生します。
  • ビジネス単位を作成しようとすると、Microsoft Dynamics CRM でパフォーマンスが低下が発生します。
  • 予定の [ CRM で追跡] ボタンに「追跡しない」ではなく、"CRM で追跡] が表示されます。
  • Microsoft Dynamics CRM で、管理対象のソリューションを使用してロールの特権を削除した後もう一度、役割の権限を追加できません。
  • メモ コントロールには、ノートのタイトルは表示されません。
  • ルート部署を部署の親を変更できません。
  • 月間カレンダー ビューには、カスタム アクティビティを開くことができません。
  • インストールされている Active Directory フェデレーション サービス 2.1 (ADFS 2.1) で、Windows Server 2012 での Microsoft Dynamics CRM 2011 の Outlook クライアントを構成するときに無効なメタデータ exchange (MEX) エンドポイントに送信されます。
  • 差し込み印刷文書に添付ファイルを追加するときに、添付ファイルのファイル名には、ファイルの完全パスが含まれます。
  • セキュリティ ロールの設定を構成したらアイコンのグループを非表示にできるように、リボンは表示されません。
  • レコードの共有から、参照先のチームを削除した後、参照されているチームの監査履歴を表示できません。さらに、エラー メッセージが表示されます。
  • アカウントは、Microsoft Dynamics CRM 2011 の Outlook クライアントでアカウントをアクティブなビューには表示されません。
  • 更新プログラムのロールアップの 12 をした後にソリューションをエクスポートするときに多対多のリレーションシップはエクスポートされません。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

修正プログラムおよび更新を有効にするか手動で構成する必要があります。

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

Microsoft Dynamics CRM の更新プログラム ロールアップ 13 は、次の修正プログラム手動で有効にする必要がありますにはが含まれます。

まで待機条件でイベントを満たしている場合に、条件はトリガーされません。

True (ActivateAdditionalRefreshOfWorkflowConditions の設定、OrgDBOrg を設定します。http://support.microsoft.com/kb/2691237)

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 12 には、次の更新プログラム有効にするか手動で構成する必要がありますにはが含まれています。


Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 13 を使用するプライベート プロパティを Outlook の予定を同期します。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 11 では、以下の問題を修正します。Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 11 をインストールした後に手動でこの問題を解決する必要があります。


Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーター ルール展開ウィザードは、Exchange 2003 と Exchange 2010 の混在環境では動作しません

Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 10 には、修正プログラムまたは更新プログラムを有効にするか手動で構成する必要がありますしません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 8 を含む次の更新プログラムを有効にするか手動で構成する必要があります。
2651621 Microsoft Dynamics CRM 2011 で利用可能な時間を検索を使用するとパフォーマンスが低下が発生します。
Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 7 には、修正プログラムや更新を有効にするか手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 6 には以下の更新プログラム有効にするか手動で構成する必要がありますにはが含まれます。
2664150 CRM 2011 で PrincipalObjectAccess テーブルの増大を制御する方法
更新プログラムのロールアップ 6 をインストールした後に、PrincipalObjectAccess テーブルをクリーンアップするには、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料の手順を実行します。
2741514 Microsoft Dynamics CRM でビューを固定するときにパフォーマンスの低下
Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 5 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 4 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 3 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 2 には次の更新プログラム有効にするか手動で構成する必要がありますにはが含まれます。
2535245 Microsoft Dynamics CRM 2011 の大規模なデータセットで RetrieveMultiple クエリを実行すると、パフォーマンスが低下します。
Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラム ロールアップ 1 には、手動で構成する必要のある修正プログラムや更新は含まれません。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

修正プログラムおよび個々 の修正プログラムとしてリリースされた更新プログラム

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
重要なオンデマンド (COD) 修正プログラムを使用して、次の問題が修正されました。

  • 活動レコードに受信者を追加するとレコードは、突然すべての受信者に共有されます。
  • 電話の呼び出しを作成するときに、操作前のプラグインによってからの値は更新されません。
  • スタック オーバーフローは、Microsoft Dynamics CRM 2011 の Outlook クライアントでゼロの行で発生します。
  • テキスト データをインポートするときに、SecLib::CheckPrivilege エラーが発生します。
  • 履歴電子メール メッセージの返信や転送を Microsoft Dynamics CRM で突然追跡されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 の Outlook クライアントで任意の項目の関連を設定する関数を実行することを想定しています。関連を設定ウィザードをキャンセルした後、予期せずアイテムが追跡されます。
  • Microsoft Dynamics CRM では、マネージド ソリューションをインポートした後、ソリューションのフォーム上のラベル情報が正しくないを表示します。
  • 既定以外の組織の一部のレコードのデータ インポート操作が失敗したことを想定しています。障害履歴をエクスポートしようとすると、そのレコードが利用できないことを示すエラー メッセージが表示されます。
  • Organization.svc ファイルの web サービスの定義の言語 (WSDL) の情報は、セキュリティで保護されたソケット レイヤー (SSL) のオフロードを予期せず終了しました。
  • 「メール作成」のステップ ワークフローで、[電子メールの送信] でプロパティを変更すると、例外エラーが発生します。
  • 「は決して達する」例外エラーが発生、BackgroundSendEmail の処理中にします。
  • 新しい定期的な予定の時刻を指定した後は、定期的な予定は、臨時の予定に変換されます。
  • まで待機条件でイベントを満たしている場合に、条件はトリガーされません。
  • 連絡先が、Outlook では、以前追跡の追跡を開始するときに、 重複レコード ダイアログ ボックスが表示されます。
  • Zarafa 追加には、Outlook の動作しません、Microsoft Dynamics CRM 2011 の Outlook クライアントで。
この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

更新プログラムのロールアップ 13 ファイル情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed


更新プログラムのロールアップの 13 ファイル情報のパッケージをダウンロードするには、ここをクリックしてください。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

プロパティ

文書番号: 2791312 - 最終更新日: 2014年5月14日 - リビジョン: 9.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011
キーワード:?
kbqfe kbmbsmigrate kbsurveynew kbexpertiseinter kberrmsg atdownload kbmt KB2791312 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2791312
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com