Windows XP での CD-R と CD-RW への書き込みについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 279157 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP279157
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、CD レコーダーの機能を説明します。Windows XP を使用して、データの CD-R への書き込み、および、CD-RW への書き込みと再書き込みができます。さらに、CD-RW からデータを削除することもできます。CD-R からデータを削除することはできません。

詳細

ISO (国際標準化機構) イメージのサポート

Windows XP シェルに組み込まれている CD-RW への書き込み機能では、ISO (国際標準化機構) イメージの作成がサポートされていません。Windows XP で ISO イメージを作成するには、この機能をサポートするサードパーティ製のユーティリティをインストールする必要があります。

ISO イメージ ファイルは、ISO-9660 形式で保存されている CD のデータとレイアウトのスナップショットです。ISO イメージ ファイルは、CD のコンテンツを保存する際に幅広く使用されています。ISO は、DOS、Windows (Joliet ISO 拡張)、Linux (RockRidge ISO 拡張)、および他のオペレーティング システムで使用されている、一般的な CD イメージの形式です。

ステージング領域の説明

CD への書き込み操作を支援するために、Windows XP はステージング領域を使用して書き込み用データを格納します。ステージング領域は次の隠しフォルダにあります。
Drive_letter:\Documents and Settings\username\Local Settings\Application Data\Microsoft\CD Burning
さらに、ステージング領域内の情報を単体のディスク イメージ ファイルにコピーしてからデータを書き込みます。デフォルトで、このファイルは CD Burning Stash File.bin という名前であり、ルート フォルダに存在します。このファイルの場所は CD レコーダーの [プロパティ] ダイアログ ボックスで変更できます。

: Local Settings フォルダは隠しフォルダであるため、隠しフォルダが表示されるようにエクスプローラの設定を変更する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. エクスプローラを起動します。
  2. [ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックし、[表示] タブをクリックします。
  3. [ファイルとフォルダの表示] の [すべてのファイルとフォルダを表示する] をクリックし、[OK] をクリックします。

ファイルをステージング領域に移動する方法

ファイルをステージング領域にコピーするには、次の 4 つの方法があります。
  • 方法 1 : ドラッグ アンド ドロップ操作を行って、ファイルを CD 書き込みアイコンに移動します。
  • 方法 2 : ファイル (複数可) を右クリックし、[送る] をクリックして、書き込み可能な CD のドライブ名またはドライブ文字をクリックします。
  • 方法 3 : ファイルをクリックし、[ファイル] メニューの [送る] をクリックして、書き込み可能な CD のドライブ名またはドライブ文字をクリックします。
  • 方法 4 : ステージング領域に手動でファイルをコピーします。

書き込み処理の起動方法

ファイルをステージング領域に移動した後で書き込み処理を開始するには、2 つの方法があります。
  • 方法 1 : [CD の書き込みのタスク] の [これらのファイルを CD に書き込む] をクリックします。
  • 方法 2 : CD ドライブを右クリックして、[これらのファイルを CD に書き込む] をクリックします。
この時点で、データはステージング領域から単体の隠しファイルにコピーされます。その後、このファイルはイメージとしてディスクに書き込まれます。

ステージング領域にファイルを移動し、書き込み処理を開始する方法のビデオを表示するには、以下の Windows Media Player ビューアの再生ボタン (
元に戻す画像を拡大する
再生ボタン
) をクリックしてください。



: 上記のビデオを表示するには、コンピュータに Windows Media Player 7.0 以降がインストールされている必要があります。 Windows Media Player 7.1 の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
299321 Windows Media Player 7.1 の概要と入手方法

CD レコーダーのプロパティ ダイアログ ボックスの内容

CD レコーダーのプロパティには、すべてのドライブに含まれている標準タブの他に、[書き込み] タブがあります。このタブには次の CD-R ドライブ固有の設定があります。
  • [このドライブで CD 書き込みを有効にする] : この設定で、CD-R ドライブはこのデバイスに対するドラッグ アンド ドロップ操作を許可できます。
  • [書き込む CD のイメージを保管するドライブを選択してください] : この設定は、ファイルが CD ドライブに書き込まれる前の隠しファイルが作成される場所を変更するために使用します。
  • [書き込み速度] : この設定は、デバイスのハードウェアで可能な最大の速度までデバイスの書き込み速度を設定するときに使用します。
  • [書き込み終了後に自動的に CD を取り外す] : この設定は、書き込み完了後のメディアの取り出しを有効または無効にするときに使用します。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 279157 (最終更新日 2005-03-21) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 279157 - 最終更新日: 2006年8月2日 - リビジョン: 7.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbdriver kbenv kbarttypeshowme kbhowto KB279157
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com