機能: セットアップぶら下げとエラー メッセージのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 279625 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

いずれかの資料の対象製品として記載製品をインストールするとイニシャライズ次のエラー メッセージの。
  • Setup.exe は、有効な Win32 アプリケーションです。
  • セットアップは、例外モジュール filename に c0000006h で発生します。
  • < プログラム > 原因モジュール内の c0000006h で、例外が発生しました < ファイル名 >。
  • %1 は有効な Win32 アプリケーションではありません
  • 不明な例外不明でされました。
  • セットアップは、無効なページ フォールトを不明なモジュールで発生します。
[ 閉じる </a0>] をクリックすると、コンピューターが応答を停止 (ハング)。

製品として記載資料の対象製品に記載されている製品をインストールすると、コンピューターが停止 (ハング) します。

原因

この現象は、以下の 1 つ以上の条件に該当する場合に発生することがあります:
  • インストール CD-ROM がダーティまたは破損している可能性があります。
  • インストール プロセス妨害するプログラムをバックグラウンドで実行してものがあります。
  • Access データ コンポーネント (MDAC) が正しくインストールされません。
  • 破損して Internet Explorer いる可能性があります正しくインストールされていません。
これらのエラーできますの CD-ROM 読み取りの問題も発生します。

解決方法

この問題を解決するには、以下の方法記載されている順に使用します。

調べ、CD-ROM をクリーニングします。

プログラムの CD-ROM をクリーニングします。 これを行うには、CD-ROM クリーニング キットを使用するか、または CD-ROM の銀色の面を柔らかくて埃の出ない綿の布で軽くふきます。 プラスチックが傷ついたり、すじが付くような硬い布は使わないでください。 CD-ROM をクリーニングする際には、ディスクの中央から外向きにふきます。 円を描くようなふき方はしないでください。

引き続き問題が発生する場合は、CD-ROM を湿らせた布でクリーニングするか、または市販の CD クリーニング セットを使用します。 CD ドライブに挿入する前に、徹底的に CD-ROM 乾かしてください。

問題が発生することが引き続き場合をクリックして次資料、資料、マイクロソフト サポート技術情報ベースでのビューします。
218617Windows 98 ベースまたは Windows Me ベースのコンピューターは、CD または DVD に読み取れません時に発生する一般的な問題のトラブルシューティング方法
問題が引き続き発生する場合は CD-ROM の傷、またはその他の損害を調べます。 CD-ROM が傷または破損している、交換、整列するプログラムを購入したユーザーから、小売業者に問い合わせてくださいまたは 1-800-360-7561、交換用の CD-ROM を要求するを呼び出します。

問題が引き続き発生する場合は、次の方法に進みます。

別のドライブでのディスクのテスト

コンピュータに複数の CD-ROM ドライブ、CD-R ドライブ、CD/RW ドライブ、または DVD ドライブが搭載されている場合は、ディスクを他のドライブでテストします。 DVD、確認、ドライブに対する、DVD を前面にロゴ。 ディスクは別のドライブで機能を元のドライブ可能性がありますいないは正しく読んでディスク。 ヘルプについては、コンピューターまたはディスク ドライブの製造元に問い合わせてください。

ディスクに汚れや別のドライブでは動作しない場合、ディスクが壊れている可能性がありますし、置き換えられるにします。

ドライブをクリーニングする

CD-ROM を使用してディスク ドライブまたは DVD ドライブのディスクのクリーニングをクリーニングできます。 これらのほとんどのコンピューターまたはホーム電気ストア。 ディスクをクリーニングするドライブを購入する前に、ここで、残りの手順で、問題をトラブルシューティングしてください。

Copy または Xcopy によるディスク読み取りのテスト

コピーと Xcopy は、通常、ディスク読み取りの問題を発見するコマンド ライン ユーティリティです。 [コピー] と [Xcopy を正常に完了する場合、問題は通常、ディスクの読み取りの問題にしています。 コピーに失敗したドライブまたはシステムの問題を示すし、追加のトラブルシューティングの必要性を表示できます。

ディスクのコピーと Xcopy を使用して読み込みをテストするには、次の手順に従います。
  1. 開始 実行 ファイルを開く ] ダイアログ ボックスに cmd と 入力 [Enter キーを押します。
  2. プロンプト] で、次のコマンドのいずれかを入力します。

    フォルダーをコピー、次のように入力します。
    discdrive のコピー: \ foldername ドライブ : \psstest/V
    ディスク全体をコピーして、次のように入力します。
    "xcopy" discdrive : \ *. * ドライブ : \psstest/V/E
    メモ この例では discdrive が、CD-ROM のドライブ文字または DVD ドライブ、foldername は必要なファイルを含むフォルダーの名前ですが、システムのハード_ディスクの文字、ディスク、およびドライブにアクセスします。
  3. Enter キーを押します。
  4. メッセージが表示されたら場合「が psstest 指定ファイル名またはディレクトリ名をしますか?」、F に示します。 キーを押してください。
  5. 求めるメッセージが表示された場合は ([Yes/はい] と [いいえ/すべて) を上書きしますか? 、A キーを押してください。

    メモ コピーまたは Xcopy を/V を使用するとコピーされたファイルが検証されます。 この処理時間がかかりますが、ファイルを正しくコピーされたことを確認します。

コンピュータをクリーン ブートする

バックグラウンドで実行されるプログラムは、インストール プロセスと競合できます。 不要なプログラムが実行されていないことを確認、クリーン ブートのコンピューターのいずれかのプログラムをインストールする前に記載資料の対象製品。 この操作を行うには、使用中の Microsoft Windows のバージョンに応じて適切な手順を使用します。

Windows XP この修正プログラム (Windows XP 英語版) の属性は次のとおりです

  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 msconfig ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。
  2. [ 全般 ] タブをクリックして、 スタートアップのオプションを選択 ] をクリックして以下のチェック ボックスをオフにします。、
    • プロセス System.ini ファイル
    • プロセス Win.ini ファイル
    • スタートアップの項目をロード
  3. サービス ] タブの [ Microsoft のサービスをすべて隠す ] チェック ボックスをオン [ すべて無効にする ] をクリックします。
  4. [OK ] をクリックし、、コンピューターを再起動 を再起動します
Windows XP のクリーン ブートを実行した後次の手順をすべてのプログラムを開いたままにしておくを閉じるに従います。
  1. 開いているすべてのプログラムを終了します。
  2. 通知] 領域で、各アイコンを右クリックして [ 終了 ] をクリックします。

    メモ 通知領域は、時計の近くに、タスク バーの右端に配置します。 いくつかプログラムが通知領域に表示が記載されている終了を付与されません。 必要に応じてそのプログラムで使用できる選択肢 [によって "Quit/終了" 閉じる 、または 無効にする をクリックします。
  3. [Windows のセキュリティ] メニューの [で Ctrl キーと Alt キーを押しながら Del キーを押してを タスク マネージャー をクリックします。
  4. Windows タスク マネージャーで、[ アプリケーション ] をクリックします。
  5. [タスク リスト アプリケーション表示されません。 アプリケーションをすべて表示する場合、は、アプリケーションでは、選択を [ 終了] をクリックします。
  6. タスク リストが空まで、手順 5 を繰り返します。
  7. Windows タスク マネージャーを終了します。

    メモ [全般] で、通常の起動を使用するコンピューターに復元] タブで、システム設定ユーティリティ [ 標準の起動 - すべてのデバイス ドライバーとサービスを読み込む をクリックして、 [OK ] をクリックして [ 再起動 を、コンピューターを再起動] をクリックします。
詳細についてはをクリックして次資料では、Windows XP サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) でクリーン ブートを実行する方法についての資料を表示する Windows XP でクリーン ブートを実行する方法について。
310353Windows XP のクリーン ブート状態で起動を構成する方法

Windows Me

  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 msconfig ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。
  2. [ 全般 ] タブの [ 起動オプションを選択 ] をクリックします。
  3. [クリックして 起動オプションを選択 ] の下のすべてのチェック ボックスをオフにします。
  4. [ スタートアップ ] タブの [選択する] をクリックして、 * StateMgr ] チェック ボックスをオンします。
  5. [ OK] をクリックします。
  6. コンピューターを再起動するされたら、 [はい] をクリックします。
  7. コンピューターが再起動したら 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 msconfig ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。

    重要 詳しく調べて ] をオフにしたことのチェック ボックスがオフになってもいることを確認 します。 チェック ボックスが選択されていない場合は、手順 6 に進みます。 コンピューターが本当に「クリーン ブートした:」しない無効なまたは灰色チェック ボックスを表示すると、ある場合 Msconfig にチェック マークを戻しますがプログラムの製造元に問い合わせる必要があります。
  8. コンピューターをクリーン ブートしたことを確認したらステップ 5 で、問題を分離することができます。 場合は、元の問題は、クリーン ブート後に再発しない、[ 起動オプションを選択 、一度に 1 つの項目を選択しコンピューターを再起動を追加のエントリが、元の問題を再現するかどうかを確認します。

Microsoft Windows 98

  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 msconfig ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。
  2. [ 全般 ] タブ スタートアップのオプションを選択 ] をクリックして以下のチェック ボックスをオフにします。、
    • プロセスの Config.sys ファイル
    • プロセスの Autoexec.bat ファイル
    • プロセス Winstart.bat ファイル (使用可能な場合)
    • スタートアップ グループの項目をロード
  3. [ WIN.INI ] タブをクリックします。
  4. [ウィンドウ] を展開します。
  5. [ウィンドウ] 、[、次のチェック ボックスをオフに。
    • 負荷 =
    • 実行 =
  6. [ OK] をクリックします。

    コンピューターを再起動するように求められたら、ようにします。
Windows 98 のクリーン ブートする方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
192926Windows 98 でクリーン ブート トラブルシューティングを実行する方法
メモ 元のスタートアップ オプションを復元をするにはシステム設定ユーティリティの [全般 ] タブ [ 標準の起動 ] をクリックします。

問題が発生するが引き続き、する場合は、"修復 Microsoft Internet Explorer"に進みますメソッド。

Microsoft Windows 95

  1. コンピュータを再起動してください。 "Starting Windows 95 メッセージが表示されたら、F8 キーを押して、[ コマンド プロンプトのみ [スタートアップ] メニューからします。
  2. コマンド プロンプトで 勝利 をを入力して Enter を押します。

    Windows 起動シーケンスが完了するまで、Shift キーを押しながら押しながらします。
  3. ウイルス、対策や無効にディスク ツール プログラムがコンピューターにインストールします。

    についてこれらのプログラムを無効に、プログラムのマニュアルまたはオンライン ヘルプを参照してください。
  4. Ctrl キーを押しながら Alt キーを押しながら Del キーを押します。
  5. 終了 ] ダイアログはして タスクの終了] を [エクスプローラーまたは Microsoft Windows のコンポーネントは) Systray を除く任意のプログラムをクリックします。

    プログラムがビジー状態であることを示すメッセージを受信する場合か、 終了] をもう一度クリック応答していません。
  6. 手順 4 と 5 をエクスプローラーと Systray を除くすべてのプログラムを閉じるに繰り返します。
メモ 元のスタートアップ オプションを復元するには、コンピューターを通常どおり再起動し、ウイルス対策ソフトウェアを有効にプログラムやディスク ツール、コンピューターにインストールされているプログラムします。

これらのプログラムを有効にする方法については、プログラムのマニュアルまたはオンライン マニュアルを参照してください。

問題が引き続き発生する場合は、次の方法に進みます。

Windows 95 (Windows 95 の場合のみ) 用の DCOM をインストールします。

いずれかの Windows 95 ベースのコンピューターでこの資料の「対象製品」に「記載プログラムをインストールする場合は、は、最新バージョン DCOM for Windows 95 (Dcom95.exe) は CD-ROM または Works Suite ディスク 4 CD-ROM からインストールします。

1 つ、Windows NT 4. 0 ベース、Windows 98 ベース、Windows Me ベース、または Windows 2000 ベースのコンピューターの [対象] セクションで記載されたプログラムをインストールする場合は、セーフ モードで MDAC のインストールに進みます。

CD-ROM または Works Suite ディスク 4 CD-ROM からの最新版の DCOM for Windows 95 (Dcom95.exe) をインストール: する
  1. CD-ROM または Works Suite ディスク 4 CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。 Works のセットアップが自動的に起動しないようにする CD-ROM を挿入するように、Shift キーを押しながらキーを押し押しながらします。
  2. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、いる Works のバージョンに該当する行 ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。

    機能 :
    cd-rom: \redist\ie5\dcom95.exe
    はスイート :
    cd-rom: \mhp\redist\ie5\dcom95.exe
    これらの例では cd-rom は、CD-ROM ドライブのドライブ文字です。
  3. DCOM95 の Windows 95 更新プログラムをインストールする画面に表示される指示に従います。

セーフ モードでの MDAC をインストールします。

セーフ モードで MDAC をインストールするには、適切なメソッドを使用している Microsoft Windows のバージョン使用します。

Windows NT 4.0 の場合

資料の対象] セクションで、Windows NT 4. 0 コンピューターに記載されたプログラムをインストールする場合は、ダウンロードして MDAC 更新プログラムの最新バージョンをインストールします。 そのためには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://msdn.microsoft.com/en-us/data/aa937729.aspx
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

Windows 95、Windows 98、Windows Me または Windows 2000

セーフ モードで MDAC をインストールするには、次の手順に従います。
  1. CD-ROM または Works Suite ディスク 1 の CD-ROM を CDdrive に挿入します。 Works のセットアップが自動的に起動しないようにする CD-ROM を挿入するように、Shift キーを押しながらキーを押し押しながらします。
  2. 開始 ] をクリックして、 検索 ] をポイントし、[ ファイルやフォルダー ] をクリックします。
  3. [ 名前 ] ボックスに、 mdac_typ.exe を入力します。
  4. [ ファイルの場所 ] ボックスに、する、CD-ROM ドライブ]、 [検索] をクリック します。
  5. 見つかったファイルの一覧] で、 Mdac_typ.exe ファイルを右クリックし、 コピー します。
  6. Windows デスクトップでの空の領域を右クリックして [ 貼り付け ] をクリックします。
  7. 閉じる、 検索: ファイルという mdac_typ.exe ウィンドウ。
  8. コンピュータをセーフ モードで再起動します。 この操作を行うには、使用中の Microsoft Windows のバージョンに応じて適切な手順を使用します。

    Microsoft Windows 98 :

    コンピューターの再起動をプレス アンド ホールド、Ctrl キーを押し、電源の自己テスト (POST) が完了したら、キーを選択し、スタートアップ メニューの [ セーフ モード ] をクリックします。

    Microsoft Windows 95 :

    コンピュータを再起動してください。 「Starting Windows 95」メッセージが表示、F8 キーを押して、[スタートアップ メニューの [ セーフ モード を [します。
  9. セーフ モードで Windows が起動したら、[ OK を] をクリックします。
  10. Windows デスクトップで、目的の Mdac_typ.exe ファイルをダブルクリックし、[MDAC 更新プログラムをインストールする画面に表示される指示に従います。
  11. コンピューターを通常どおり再起動します。
メモ セーフ モードでは、MDAC をインストールできない場合、サイト ダウンロードしてインストール最新バージョンの MDAC 更新プログラムから、Microsoft Web。 こうを参照して、Windows NT 4. 0 メソッド。

Microsoft インターネット エクスプローラーの修復

  1. [スタート ] をクリックして の設定 ] を] ポイントして [ コントロール パネル] の順 にクリックします。
  2. 追加または削除プログラム ダブルクリックします。
  3. Microsoft Internet Explorer の version をダブルクリックします。
  4. [ インターネットの現在のインストールを修復するエクスプローラー 、[ OK] をクリック します。
メモ Internet Explorer 6 は Windows XP に付属します。 追加または Internet Explorer 6 を削除するには、 開始 ] をクリックして、[ コントロール パネル] 、[ 追加と削除 ] をクリックし、[ Windows コンポーネントの追加と削除 します。 使用している Internet Explorer のバージョンがオペレーティング システムに付属するバージョンの場合は、オペレーティング システムを再インストールまたは修復します。

についてには再インストールまたは再インストールまたは Internet Explorer や Outlook Express で Windows XP の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を修復する方法に関する記事を表示する Internet Explorer や Outlook Express では、Windows XP で修復する方法について、次の記事番号をクリック。
318378Windows XP で Internet Explorer の修復または再インストールする方法
詳細についてはをクリックして次資料、インプレース アップグレードを実行する方法について (再インストール)、インプレースの実行方法に関する記事を表示する Windows XP のアップグレード (再インストール) の Windows XP の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
315341Windows XP のインプレース アップグレード (再インストール) を実行する方法


問題が引き続き発生する場合は、次の方法に進みます。

アンインストールし、Internet Explorer を再インストール

作業できない Internet Explorer のインストールを修復、Internet Explorer をアンインストールしているし、再インストールします。 そのためには、以下の手順を記載されている順に実行します。

Internet Explorer をアンインストールします。

メモ インストールおよび Internet Explorer では、Windows NT および Windows 2000 をアンインストールするには、管理者権限が必要です。 これには管理者権限を初めてインストールまたは Internet Explorer 5. 5 をアンインストールした後にコンピューターを起動することが含まれます。

Internet Explorer をアンインストールして、次の手順に従います。
  1. [スタート ] をクリックして の設定 ] を] ポイントして [ コントロール パネル] の順 にクリックします。
  2. [プログラムの追加と削除 をダブルクリックします。
  3. [ インストールと削除 ] タブでクリックして Microsoft Internet Explorer およびインターネット ツール 、インストールされているプログラムの一覧でクリックして [ 追加/削除 ] をクリックします。

    メモ Microsoft Internet Explorer およびインターネット ツール がインストールされているプログラムの一覧からない場合は、インターネット Explorer\Setup フォルダーから Setup.exe を実行します。 Windows 2000 を実行している場合は、"インターネット Explorer\IE のアンインストール] </a0> フォルダーから w2kexcp.exe/u コマンドを実行します。
  4. クリックして 、Windows の以前の復元構成 、[ OK] をクリック します。
  5. [ Internet Explorer およびインターネット ツールの設定 ] ダイアログ] ボックスに、 [OK] の以前のバージョンの Internet Explorer を復元します。
  6. 以前のバージョンを復元することを確認されたら、 [はい] をクリックします。
  7. コンピューターを再起動するように求められたら、ようにします。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
243266[OLEXP Internet Explorer 5. 01 をアンインストールする Outlook Express を削除します

Internet Explorer 5. 5 を再インストールします。

  1. CD-ROM または Works Suite ディスク 1 CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入します。 押した Shift キーを押しながら、CD-ROM が自動的に起動しないようにする CD-ROM を挿入するようにします。
  2. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、いる Works のバージョンに該当する行 ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。

    機能 :
    cd-rom: \redist\ie\ie5setup.exe
    はスイート :
    cd-rom: \msword\ie5\en\ie5setup.exe
    これらの例では cd-rom は、CD-ROM のドライブ文字ドライブ。
  3. インターネットをインストールする画面に表示される指示に従ってエクスプローラー。
問題が引き続き発生する場合は、次の方法に進みます。

インストールの動作または Works Suite

機能または Works Suite インストールします。

問題が発生することが引き続き場合は、コンピューターをクリーン ブートしての動作または Works Suite インストールします。 クリーン ブートのコンピューターについては、「インストール セーフ モードで MDAC」参照してください] セクション。

詳細

についてには、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックしてします。
270592セットアップはタスクを登録できませんまたは作業時間のサービスを検索できないファイル
247532エラー メッセージの動作: インストーラーが途中で終了
248263「ファイルからの読み取りエラー」エラー メッセージ Windows 95 や Windows 98、Windows Millennium Edition (Me) を <product> をインストールした場合
218617Windows 98 ベースまたは Windows Me ベースのコンピューターは、CD または DVD に読み取れません時に発生する一般的な問題のトラブルシューティング方法
242323Picture It!: セットアップ プログラムの実行時に「内部エラー」エラー メッセージが表示されます。

プロパティ

文書番号: 279625 - 最終更新日: 2007年11月29日 - リビジョン: 6.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Works Suite 2005
  • Microsoft Works Suite 2004 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2003 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2002 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2001 Standard Edition
  • Microsoft Works 8.0
  • Microsoft Works 7.0 Standard Edition
  • Microsoft Works 6.0 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2006
キーワード:?
kberrmsg kbsetup kbprb kbimu kbmt KB279625 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:279625
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com