MS13 ms05-004 のインストール後に問題を交換します.NET Framework の更新プログラム (KB 2756920)。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2802139 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

MS13 04のセキュリティ更新プログラムをインストールした後http://support.microsoft.com/kb/2756920、次の問題が発生する可能性があります。
  • Exchange 管理コンソールまたは Exchange 管理シェルにアクセスするとエラーが表示されます。
  • Microsoft Exchange メール発信サービスを開始することがあります。
  • Microsoft Exchange トランスポート サービスを開始することがあります。
  • ユーザーは Microsoft Outlook Web Access から電子メール メッセージを削除して、次のエラー メッセージが表示できません。
    予期しないエラーが発生しましたし、要求を処理できませんでした。
  • 次のイベントがアプリケーション ログを参照してください。
    • イベント id 3

      説明:
      Web ホストは、要求を処理できませんでした。

      差出人の情報: System.ServiceModel.ServiceHostingEnvironment+HostingManager/10307800

      例外: System.ServiceModel.ServiceActivationException: サービス ' と Autodiscover/autodiscover.xml' のコンパイル中に例外がアクティブ化できません。例外メッセージ: メソッドが見つかりません: 'System.String System.ServiceModel.Activation.Iis7Helper.ExtendedProtectionDotlessSpnNotEnabledThrowHelper(System.Object)'.--->、System.MissingMethodException: メソッドが見つかりません: ' System.String System.ServiceModel.Activation.Iis7Helper.ExtendedProtectionDotlessSpnNotEnabledThrowHelper(System.Object) '。

      System.ServiceModel.WasHosting.MetabaseSettingsIis7V2.WebConfigurationManagerWrapper.BuildExtendedProtectionPolicy (ExtendedProtectionTokenChecking tokenChecking、ExtendedProtectionFlags フラグ、List'1 spnList) で

      System.ServiceModel.WasHosting.MetabaseSettingsIis7V2.WebConfigurationManagerWrapper.GetExtendedProtectionPolicy (ConfigurationElement 要素) に

      (サイト名の文字列、文字列の virtualPath、HostedServiceTransportSettings & transportSettings) の System.ServiceModel.WasHosting.MetabaseSettingsIis7V2.ProcessWindowsAuthentication で

      System.ServiceModel.WasHosting.MetabaseSettingsIis7V2.CreateTransportSettings (文字列 relativeVirtualPath) で

      System.ServiceModel.Activation.MetabaseSettingsIis.GetTransportSettings (文字列 virtualPath) で

      System.ServiceModel.Activation.MetabaseSettingsIis.GetAuthenticationSchemes (文字列 virtualPath) で

      System.ServiceModel.Channels.HttpChannelListener.ApplyHostedContext (VirtualPathExtension virtualPathExtension、ブール値の isMetadataListener) で

      System.ServiceModel.Channels.HttpsChannelListener.ApplyHostedContext (VirtualPathExtension virtualPathExtension、ブール値の isMetadataListener) で

      System.ServiceModel.Channels.HttpsTransportBindingElement.BuildChannelListener[TChannel](BindingContext context) で

      System.ServiceModel.Channels.BindingContext.BuildInnerChannelListener[TChannel]() で

      System.ServiceModel.Channels.BindingElement.BuildChannelListener[TChannel](BindingContext context) で

      Microsoft.Exchange.Autodiscover.WCF.LegacyMessageEncoderBindingElement.BuildChannelListener[TChannel](BindingContext context) で

      System.ServiceModel.Channels.BindingContext.BuildInnerChannelListener[TChannel]() で

      System.ServiceModel.Channels.Binding.BuildChannelListener[TChannel に] (Uri の listenUriBaseAddress、listenUriRelativeAddress、ListenUriMode listenUriMode、BindingParameterCollection パラメーター文字列)

      System.ServiceModel.Description.DispatcherBuilder.MaybeCreateListener (actuallyCreate のブール値、型 supportedChannels、バインディングのバインディング、BindingParameterCollection パラメーター、Uri listenUriBaseAddress、文字列 listenUriRelativeAddress、ListenUriMode listenUriMode、ServiceThrottle スロットル、IChannelListener & supportContextSession のブール値の結果)

      System.ServiceModel.Description.DispatcherBuilder.BuildChannelListener (StuffPerListenUriInfo もの、ServiceHostBase serviceHost、Uri listenUri、ListenUriMode listenUriMode、ブール値の supportContextSession、IChannelListener & 結果) に

      System.ServiceModel.Description.DispatcherBuilder.InitializeServiceHost (説明を ServiceDescription、ServiceHostBase serviceHost) で

      System.ServiceModel.ServiceHostBase.InitializeRuntime() で

      System.ServiceModel.ServiceHostBase.OnOpen (TimeSpan タイムアウト) に

      System.ServiceModel.Channels.CommunicationObject.Open (TimeSpan タイムアウト) に

      System.ServiceModel.ServiceHostingEnvironment.HostingManager.ActivateService (文字列 normalizedVirtualPath) で

      System.ServiceModel.ServiceHostingEnvironment.HostingManager.EnsureServiceAvailable (文字列 normalizedVirtualPath) で

      認めている内部例外スタック トレースの終わり認めています。

      System.ServiceModel.ServiceHostingEnvironment.HostingManager.EnsureServiceAvailable (文字列 normalizedVirtualPath) で

      System.ServiceModel.ServiceHostingEnvironment.EnsureServiceAvailableFast (文字列 relativeVirtualPath) で

      プロセス名: w3wp

      プロセス ID: 3800

    • イベントの種類: エラー

      イベント ソース: MSExchange TransportService

      イベント カテゴリ: ProcessManager

      イベント ID: 1031年

      説明:

      次の理由で、サービス構成ファイルを読み込めませんでした: System.Configuration.ConfigurationErrorsException: 構成システムで System.Configuration.ConfigurationErrorsException---> を初期化できませんでした: 構成セクションの system.serviceModel を認識できません。(C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\Config\machine.config の 134 行目) に System.Configuration.ConfigurationSchemaErrors.ThrowIfErrors (ブール値 ignoreLocal)

    • イベントの種類: エラー

      イベント ソース: MSExchangeMailSubmission

      イベント カテゴリ: MSExchangeMailSubmission

      イベント ID: 1002年

      説明:

      Microsoft Exchange メール発信サービスを開始できませんでした: System.Configuration.ConfigurationErrorsException: 構成システムで System.Configuration.ConfigurationErrorsException---> を初期化できませんでした: 構成セクションの system.serviceModel を認識できません。(C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\Config\machine.config

原因

System.ServiceModel.dll のみが含まれてインストールによって修正プログラムがあるこの問題が発生していないSystem.ServiceModel.WasHosting.dll します。これらのファイルを含む修正プログラムの一覧については、「関連情報」セクションを参照してください。

この問題により、新しい更新プログラムと同じバージョンの両方のファイルをインストールできません。これは、2 つのファイル間の依存関係を公開します。これは、前述の例外にされます。この問題は、以前にリリースされた修正プログラムで問題が発生し、具体的には、新しい更新プログラムでものではないです。新しい更新プログラムだけで表面に問題の原因と。

詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2801728 WCF は、.NET Framework 3.5 SP1 の更新プログラムをインストールした後、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 で IIS でホストされている WCF サービス例外エラー メッセージが表示されます。

解決方法

この問題を解決するには、更新プログラムをインストールします。 2637518 または、両方のアセンブリが含まれていますは、.NET Framework 3.0 SP2 修正プログラム。

更新プログラムをインストールすることをお勧め 2637518 この問題を解決するには。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用して下さい。

この修正プログラムは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードするには、次の Microsoft ダウンロード センターの web ページを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=242859
メモ この問題が既に発生している場合は、更新プログラムをインストールします。 2637518.この問題の原因となった更新プログラムを再インストールするがありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

詳細

以下の修正プログラムは Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の RTM を実行しているコンピューターにインストールされている場合、WCF は.NET Framework 3.5 SP1 更新がインストールされていない場合、この問題が発生することができます。詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
976462 The.NET フレームワーク 3.5 Service Pack 1 用の修正プログラムは Microsoft Office SharePoint Server 2010 の前提条件として Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で利用可能です。

977420 修正プログラムのロールアップで Windows Communication Foundation では、.NET Framework 3.5 SP1 を Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の問題を修正するには

982867 コンピューターと、NLB によってホストされている WCF サービスでは、.NET Framework 3.5 SP1 または.NET Framework 4 での失敗します。

プロパティ

文書番号: 2802139 - 最終更新日: 2013年1月18日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1
  • Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
キーワード:?
kbsurveynew kbmt KB2802139 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2802139
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com