エクストリーム ・ プログラミングのチームの基盤サービスを計画

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2802265 - 対象製品

著者については:

元に戻す全体を表示する
元に戻す画像を拡大する
2401266
この資料で MVP を提供します。 Ridi Ferdiana.マイクロソフトはこれに感謝して積極的に他のユーザーと専門的な経験を共有、Mvp。記事の投稿 MVP の web サイト または ブログ 後で。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

チーム Foundaton Server (TFS) がオンラインで入手可能です。http://tfs.visualstudio.com.個人または ISV で保存し、プロジェクトを管理するのには、サービスとしてこのソフトウェアを使用することができます。TFS は、高品質のソフトウェアを構築するソフトウェア開発方法としてスクラム、アジャイル、CMMI を提供します。この資料では、TFS は、エクストリーム プログラミング (XP) メソッドを使用する方法について説明します。XP は、ソフトウェアを開発する、軽量のアジャイル方式です。特定のテンプレートを TFS に XP がないからであります。この記事は XP TFS に適用されます。この資料では、XP の導入を計画段階までに制限されます。

作業を開始します。

説明を始める前に、必ずは、すでに fullfill 要件。
  1. 自分自身を登録します。 http://tfs.visualstudio.com.簡単無料登録のプロセスです。登録チュートリアルを読むことができます。 ここで
  2. Visual Studio 2010年または 2012年をインストールします。この資料では Visual Studio の最終的な 2012年を使用します。Visual Studio の異なるバージョンを使用している場合は、いくつかの違いを参照してください可能性があります。Visual Studio 2012 究極の試用版をダウンロードすることができます。 ここで
  3. Microsoft Office 2013 がインストールされていること。Microsoft Office 2013 が大幅増加またはソフトウェアの成果物を管理することができます。Office 2013 の試用版をダウンロードすることができます。 ここで

解決方法

XP で簡単な方法を理解します。

XP は、実際にオンサイトをすることができます 4 つの段階が含まれている、またはグローバル (グローバル ・ エクストリーム ・ プログラミングと呼んでいます)。4 つの段階の調査、計画、イテレーション、および生産の段階です。各イテレーションは 1 つ以上のアーティファクトを提供します。アーティファクトは、ソフトウェアの開発支援に便利のドキュメントです。率直に言って言えば、アーティファクトのコード以外のもの自体です。XP では、あるユーザー ストーリー、タスク、バグのシートおよび他の。

ユーザー ストーリー ecploration の段階では、ソフトウェアの要件をキャプチャします。ユーザー ストーリーは、ゲームのセッションの計画にいくつかのタスクを作成することで詳しく説明します。カジュアルな方法では、各ユーザー ストーリーは、いくつかのタスクを作成します。反復処理の段階では、ユーザー ストーリーとタスクをチーム メンバーに割り当てられます。チームは、コードとテスト タスクの所有権に基づくを作成します。単体テストを実行し、他のユーザーと統合することによっては、タスクが完了します。コードは、ユーザー ストーリーの一覧を使用して、いくつかのテスターによってテストされます。テスト担当者がバグ リストに投稿し、は、開発者がバグを解決します。利害関係者によるソフトウェアの品質を認めることができるまで反復段階に繰り返し実行されます。生産段階で各作業用コンポーネントを統合するように繰り返し行われます。運用フェーズは、フェーズをテストおよび検証するのには、ユーザー ストーリーになります。


TFS で XP を採用します。
このセクションでは、XP のソフトウェア プロジェクトに適用する手順が表示されます。このセクションで既に TFS のオンラインを持っていると仮定します。ここ eploration と計画の段階に制限されます。

オンラインの TFS のプロジェクトを作成します。
参照してください。 http://tfs.visualstudio.com マイクロソフトのアカウントでサインインします。サインインするには、個人の TFS の url を参照してくださいすることができます後。TFS の URL を https://(の名前) する必要があります。 visualstudio.com。リンクをクリックして、図 1 に示すように、新しいチーム プロジェクトを選択することができます。

元に戻す画像を拡大する
TFS オンライン


図 1。チーム Foundation サービス

プロジェクト名、説明、およびテンプレートを記述することができます新しいチーム プロジェクト] ダイアログ ボックスが作成されます。この記事では、我々 テンプレート MSF アジャイル ソフトウェア開発の 6.1 を図 2 に示すように選択します。プロジェクトの作成後、プロジェクトのページを移動できます。

元に戻す画像を拡大する
2802267


図 2。プロジェクトを作成します。

構成します。チーム メンバー
チーム メンバーは、アプリケーションでの共同作業、顧客が含まれますです。Xp でのチームの役割はテスター、インタラクション デザイナー、設計者、プロジェクト マネージャー、プロダクト マネージャー、テクニカル ライター、開発者、ユーザー、役員、および人的リソースです。チーム メンバーが制限されている場合は、組み合わせのテクニックを導入できます。たとえば、プロジェクト マネージャーとプロダクト マネージャーです。ただし、開発者とテスト担当者としての二重の役割を回避することが重要です。開発者とテスト担当者は XP の品質の目的に専用する必要があります。この手順では、少なくとも、プロダクト マネージャー、インタラクション デザイナー、設計者、開発者、テスト担当者、およびテクニカル ライター追加します。優れた生産性を同じ Visual Studio のバージョンを使用するをお勧めします。すべてのメンバーは、リンクを管理してメンバーを追加することができます。その後、特定のユーザーまたは TFS グループ追加できます。

チーム メンバーが TFS に接続します。
この手順は単純です。各メンバーする必要がありますログイン彼を所有して Visual Studio のしを選択して Team Foundation Server に接続します。これは、Visual Studio のホームページを図 3 に示すように選択できます。

元に戻す画像を拡大する
2802268


図 3。Team Foundation Server への接続します。

手順 1 で説明したように、TFS の URL を入力し、ポートなどの入力を読まなかったらを [ok] する必要があります。Microsoft アカウント ログインの [ログイン] ダイアログが表示されます。ログインすると、Visual Studio は、図 4 に示すように、プロジェクトを選択します。クリックして接続し、Visual Studio のプロジェクトの管理には、このチーム エクスプローラーが表示されます。

元に戻す画像を拡大する
2802269


図 4。Visual Studio でのプロジェクトの選択

ユーザー ストーリーを作成します。
これは、xp の重要なステップです、ユーザー ストーリーとしては、メインの requierements システムを作成する必要があります。ユーザー ストーリーの作成は、Visual Studio、または Team Foundation Server を実行できます。この資料では、Team foundation server を使用して作成されます。

TFS で個人のプロジェクト ページを参照してください、図 5 に示すように、ユーザー ストーリー] メニューをクリックして、ユーザー ストーリーの作成を開始します。使用することができます、<role>として<action>するので、<benefit>します。詳細をストーリーの詳細を記述できます。

</benefit></action></role>
元に戻す画像を拡大する
2802270


図 5。ユーザー ストーリーのサンプル

ユーザー ストーリーは他の人に割り当てる必要があります。ドロップダウン リストの状態フィールドが表示されます。状態は、新しい、終了、削除済み、解決済み、およびアクティブになります。ストーリー、チームを使用すると、ユーザー ストーリーの設計は、新規の状態ではアクティブ状態にエスカレーションの実行すると、状態は新しいです。チームはすでに話を終了すると、ストーリーが閉じられます。それが解決になりますその他の検査が必要な。削除済みの状態でストーリーがプロジェクトの実行中にクライアントが切断されたとき発生します。Xp の新機能を使用することができます状態にアクティブ、終了、および削除のみ圧倒感が。詳しい説明については、[理由] フィールドに入力することができます。

計画の分類計画のゲーム セッションの後半で行うことができます。ゲームの計画のセッションの前に分析最初でストーリー ボードを完了する必要があります。

ストーリー ボードの作成
すべてのユーザー ストーリーが大好きです。そのため、ストーリー ボードが提案するソリューションを理解するのに役立ちます。ストーリー ボードは、コラボレーション活動で調査のフェーズです。TFS では、Powerpoint は、ストーリー ボードのツールとして使用できます。そのためには、[ストーリー ボード] メニューを選択し、[図 6 に示すようにストーリー ボードの作成を開始] をクリックします。TFS のストーリー ボードの動作を開始するのには、Powerpoint を起動します。既存の文書は、(word 文書、visio、等)、ドキュメントの url を指定することにより作成こともできます。

元に戻す画像を拡大する
2802271


図 6。ストーリー ボードのメニュー

PowerPoint ストーリー ボードの作成を取得の開始図形を提供します。図形を一から作成せずに使用を開始できます。図 7 は、ストーリー ボードの例を示します。インターネット上でストーリーを保存します。ファイルを保存してください SkyDrive、Sharepoint、必要なツールにまたは完全に http にすることができます自分の web サイトにアクセスします。1 つの PowerPoint ファイル (Windows Phone アプリケーションとします) 単純なアプリケーションの 1 つのストーリー ボードを作成するのには ok です。ただし、する場合、アプリケーションで構成されます、いくつかのサブ システムやモジュールの (ポータルを構築しましょう)。ストーリー ボードは、各モジュールをビルドする必要があります。非常に複雑な機能を検索して、依存性、ストーリー ボードの個別のファイルを作成することができる場合、ストーリー ボードのキーを depedency、です。

元に戻す画像を拡大する
2802272


図 7。PowerPoint ストーリー ボードの例

計画ゲーム
XP チームのスタートここからのすばらしいコラボレーションします。ゲームは見積もりを各ユーザー ストーリーのバックログを計画します。計画の見積もりと計画するゲームに 2 つの主な活動です。見積もりストーリーの複雑さについて説明し、ポイントすることができます。、ポイントが調整、ポーカー カードを図 8 に示すように。Msdn では、既に説明した適切な推定手法があります。http://msdn.microsoft.com/en-us/library/hh765979.aspx.ポーカーのカードは、ユーザー ストーリーのポイントを把握し、リスクをことができます。
元に戻す画像を拡大する
2802273


図 8。ポーカーのカード (MSDN)-

計画の活動をユーザー ストーリーをイテレーションに分類しています。イテレーション アクティビティ作業、テスト、およびコードを作成するチームです。Xp の反復開発のためのチェックポイントとしてと見なされます。たとえば、当社開発の 20 日間があります。したがって、私たち 20 (日) リリース計画と呼ばれます。リリース計画は、プロジェクトの配信機能セットを意味します。リリースの計画は、反復と呼ばれますは、チェックポイントのマイルス トーンから構成されます。私たち各イテレーションごとに 10 日を保存すると、我々 は、リリースの 2 つのイテレーションがあります。
ストーリー ポイント、リスク、およびイテレーションに関する情報は、ユーザー ストーリー ダイアログで TFS に更新できます。この手順で fullfill ポイントとのリスクを明確にユーザー ストーリーごとに勧めで作業する準備ができたらまた変更、アクティブなユーザー ストーリーの状態をします。

イテレーションの作成
イテレーション チーム今と明日のために何を理解することができます。次の手順に従って、TFS のイテレーションを作成できます。
プロジェクトのホームページを参照してください。タブの管理で、スケジュールを構成し、イテレーションを選択できます。ダイアログ ボックスでは、見積日付や番号のイテレーションのイテレーションの詳細を設定できます。TFS は、最初のイテレーションを入力した後に、同じイテレーションの長さを設定するために役立ちます。図 9 は、イテレーション ダイアログを示しています

元に戻す画像を拡大する
2802274


図 9。TFS で反復処理を管理します。

イテレーションを作成した後、チームすることができます割り当てユーザー ストーリーをイテレーションにします。バックログのダイアログ ボックスにアクセスするいると各ストーリー toa の特定のイテレーションを変更する方法の 1 つ。作業メニューを参照してください、バックログを選択し、サブメニューに乗ることができます。[ユーザー ストーリー] をクリックし、その後、ユーザー ストーリーのイテレーション分類] ダイアログ ボックスを変更することができます。TFS でボードを図 10 に示します

元に戻す画像を拡大する
2802275


図 10。ユーザー ストーリー ボード


イテレーションの実行
ここで、ユーザー ストーリーを完了することで、コーディングを開始する時間です。タスク、必要な場合に追加できます。タスク、ユーザー ストーリーを完了するのには、利用状況の詳細です。XP はプッシュ ユーザー ストーリーおよびその他の成果物は、コードに重点を置くこと。十分と思われる場合は、コードを作成する場合は、その時間。我々 は、イテレーションおよび生産の段階次の段階では次の記事でについて説明します。

まとめ
この記事は、XP の方法を適用することの最初の部分です。これは、調査と計画の段階で焦点を当てます。この資料では既に、ユーザー ストーリーを開発する計画を作成、イテレーションの開発。次の記事で実行および TFS と Visual Studio を使用して監視の操作について説明します。

参照
  1. チーム Fiundation のサービス
  2. Visual Studio 2012 の ALM
  3. Visual Studio でユーザー ストーリーを作成します。
  4. TFS でオンライン作業を開始します。

コミュニティ ソリューション コンテンツの免責事項

マイクロソフト コーポレーションおよびその各供給者の適合性、信頼性、または精度の情報および関連のグラフィックスをここに記載のに関する表現しないでください。これらの情報およびその関連グラフィックス」いかなる種類の保証も用意されています。マイクロソフトおよびその各供給者はすべての保証および条件については、この情報および関連のグラフィックス、黙示の保証、商品性を特定の目的、職人の労力、タイトルおよび権利の非侵害の適合性の条件などを放棄します。特になしにマイクロソフトおよびその供給者負いませんこと同意する直接、懲罰的、付随的、特別、間接的な損害、またはいかなる損害、データまたは利益の損失を含むが、被害は、起因するかのいずれかの方法を使用すると接続されている、または記載されている情報および関連のグラフィックスに含まれるを使用するには、契約、不法行為、過失、厳格責任を基にマイクロソフトまたはその供給者がある場合でも、損害の可能性を知らされてそれ以外の場合か。

プロパティ

文書番号: 2802265 - 最終更新日: 2013年6月28日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio Team Foundation Server 2012
  • Team Foundation Service
  • Microsoft Visual Studio Ultimate 2012
キーワード:?
kbmvp kbcommunity kbstepbystep kbmt KB2802265 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2802265
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com