文書番号: 2802703 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Outlook.com アカウントを使用して Outlook 2013、またはその他のデバイスを構成した後は、次のエラー メッセージが表示されます。

このアカウントと同期するデバイスが多すぎます。Outlook を使用して同期するには、このアカウントに接続している電話や別のコンピューターなど、他のデバイスの削除を試してください。
Outlook 2013 を使用している他のコンピューター、スマート フォン、タブレットなど、その他のデバイスと同様のエラー メッセージも可能性があります。マイクロソフトでは、Outlook.com と Microsoft Outlook 2013 の間で問題が発生するこのとして認識してください。

解決方法

Microsoft Office 365 を購読する場合は、この問題の修正プログラムする必要がありますがダウンロードされて、コンピューターに自動的に。

場合は、Microsoft Office 365 に加入していない、これは Outlook 2013、2013 年 3 月 12 日修正プログラム パッケージで修正されました。この修正プログラム パッケージの入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2727079 Outlook 2013 の更新プログラムの説明: 2013 年 3 月 12日

使用している Outlook 2013 のバージョンを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [ファイル] タブをクリックしてOffice アカウント
  2. Outlook について] をクリックします。
バージョン 15.0.4481.1000 またはそれ以降のバージョンを実行している場合は、ソフトウェアに修正プログラムが既に組み込まれています。この問題を解決するのには、修正プログラム パッケージをインストールする必要があるが、ダウンロードして更新プログラムは累積的であるため、最新の修正プログラム パッケージをインストールすることお勧めします。最新の修正プログラム パッケージの入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2625547 Microsoft Outlook に適用可能な最新の更新プログラムをインストールする方法 (英語版専用)
メモ このエラーは、正当な理由、または多数のフォルダーを使用する多くのデバイスを使用する場合などに発生します。インストールされている修正プログラムがこの問題が引き続き発生する場合は、次のマイクロソフト web サイトを自動的に Microsoft アカウントの sync デバイス制限をリセットするのには、フォームを実行します。

Outlook 2013 の同期エラーの要求フォーム
24 時間以内に連絡が来て、アカウントがリセットされたときに通知されます。Outlook 2013 の EA を使用する続行できます。ただし、可能性があります再度発生する、同じ問題の多くのデバイスまたは多数のフォルダー (通常は 1,500) を使用する場合。Exchange Active Sync (EA) についての情報は、「関連情報」セクションを参照してください。

回避策

何らかの理由で、修正プログラム パッケージをインストールすることはできません、Outlook 2013 を使用して、既存の Microsoft アカウントを使用する場合は、EAS プロトコルの代わりに、POP3 プロトコルを使用する Outlook を構成できます。

重要この古いプロトコルを使用して、カレンダーと連絡先がまったく同期されないし、手動で新着メールをチェックする必要があります。

異なる設定を使用する Microsoft アカウントを構成します。

まず、EAS で Microsoft アカウントを使用している、既存の電子メール アカウントを削除します。
  1. Outlook 2013 で [ファイル] メニューのアカウント設定をクリックします。
  2. [アカウント設定] を再度クリックし、電子メール アカウントの一覧を表示します。
  3. 、Exchange ActiveSyncがラベルの付いた既存の電子メール アカウントの種類をクリックし、[削除] をクリックします。

POP3、Microsoft アカウントを使用する、Outlook 2013 のインストールを構成します。
  1. 同じウィンドウを開いたら、新規に新しい電子メール アカウントの追加] をクリックします。
  2. 手動セットアップまたはその他のサーバーをクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. POP または IMAPをクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [POP と IMAP のアカウント設定] 画面で、次の設定情報を入力します。
    1. [名前] ボックスに、受信者に表示する名前を入力します。
    2. [電子メール アドレス] ボックスに電子メール アドレスを入力します。たとえば、入力します。 ログイン@outlook.com.
    3. POP3アカウントの種類を選択します。
    4. 受信メール サーバー ] ボックスでpop3.live.comを入力します。
    5. 送信メール サーバー (SMTP) ] ボックスでsmtp.live.comを入力します。
    6. [ユーザー名] ボックスに、Outlook.com アカウント名を入力します。たとえば、入力します。 ログイン@outlook.com.
    7. [パスワード] ボックスに、Outlook.com のパスワードを入力します。
    8. パスワードを保存する場合は、[パスワードを保存する] チェック ボックスを選択します。
    9. セキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) を使用してのログオンが必要] チェック ボックスがオフになっているかどうかを確認します。
    10. 詳細設定をクリックします。
    11. [送信サーバー ] タブをクリックし、送信サーバー (SMTP) は認証が必要] チェック ボックスをオンします。
    12. [詳細設定] タブをクリックして [受信サーバー (POP3)] の下の [このサーバーは暗号化された接続 (SSL) が必要] チェック ボックスをクリックします。

      メモ [受信サーバー (POP3)] ボックスは、ポート 995 に設定してください。
    13. [送信サーバー (SMTP)] の [暗号化された接続の設定の [ TLS] を選択します。

      メモ 送信サーバー (SMTP)] ボックスは、ポート 25 に設定する必要があります。場合は、ネットワークまたは ISP で、ポート 25 がブロックされている、SMTP ポート 587 に設定できます。
    14. 配信] セクションで、[、 14 日後にサーバーから削除する] チェック ボックスをオフにし、[ OK] をクリックします。
  5. POP および IMAP アカウントの設定画面の右側にある、アカウント設定のテスト] をクリックします。

    場合はしないエラー メッセージが表示される、電子メール アカウントが正しく設定されています。手順 6 に進みます。

    場合は、エラー メッセージが表示されたら、正しく、すべての情報を入力し、アカウント設定のテストをもう一度クリックし、確認します。
  6. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

POP3 または IMAP の接続を設定する方法の詳細についてを参照してください。 Outlook 2010 または Outlook 2013 でメールを設定します。.

詳細

既定では、Outlook 2013 が Exchange Active Sync (EA) Outlook.com アカウントへの接続] という名前のプロトコルを使用します。場合は、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されたら、他のコンピューターや携帯電話などのデバイスから電子メール アカウントにアクセスしようとするときは、同様のエラー メッセージにあります。これは、ため、「解決方法」セクションで、ハイパーリンクを使用して、デバイス要求する必要があります。デバイスの同期設定は、Microsoft アカウントのリセットとすぐに、他のデバイス上のアカウントにアクセスを回復できます。

プロパティ

文書番号: 2802703 - 最終更新日: 2013年9月12日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2013
キーワード:?
kbmt KB2802703 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2802703
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com