Outlook 構成アナライザー ツールを使用して Office 365 にインストールされている Outlook プラグインを確認する

文書番号: 2804663 - 対象製品
アップグレード前後、どちらの Office 365 を使用しているか確認するには、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料は、Microsoft Outlook 構成アナライザー ツール 2.0 (OCAT) を使用して、Microsoft Office 365 の Outlook のインストールに関連付けられているプラグインを確認する方法について記載します。このツールは、不明な動作の原因であるプラグインを切り分ける場合、Outlook トラブルシューティングを実行する際に使用できます。問題のプラグインが検出された場合は、トラブルシューティング処理の一環としてこのプラグインを削除または無効化できます。?

手順

OCAT を使用してプラグインおよびアドインが Outlook のインストールに正しく関連付けられていることを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. Microsoft ダウンロード センターより、OCAT をダウンロードします。
    Microsoft Outlook Configuration Analyzer Tool 2.0
  2. ツールをインストール後、ツールを実行します。OCAT を開始すると、更新内容が検出され、ダウンロードが開始します。アップデートが利用可能な場合、アップデートをダウンロードします。アップデート処理が終了後 (またはOCAT により最新の状態であると表示後)、OCAT の開始画面が開きます。
    元に戻す画像を拡大する
    2805425

    図1: OCAT 開始画面
  3. [Select options for a new scan] (新しいスキャンのオプションを選択) をクリックします。
  4. [Start a New Scan] (新しいスキャンの開始) ページで、[Enter a scan label] (スキャン ラベルの入力) フィールドに詳細な名前を入力します。[Task] 一覧で[Full Scan] (フル スキャン) が選択されていることを確認してから [Start scanning] (スキャンの開始) をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2805426

    図2: [Start a New Scan] 画面での正しいオプション設定
  5. [Scanning in Progress] (スキャンの実行中) 画面が表示され、画面にはスキャン処理の進捗状況が表示されます。この処理が終了後、[View a report of this configuration scan] (この構成スキャンのレポートを表示する) をクリックします。
  6. [Preparing Scan] (スキャンの準備中) が表示されます。このスキャンが終了後、[View Configuration Report] (構成レポートの表示) 画面が表示されます。
  7. [Select Report Type] (レポートの種類を選択) の下で、[List Reports] (レポート一覧) が選択されていることを確認します。以下のような画面が表示されます。

    元に戻す画像を拡大する
    2805428

    図3: [View Configuration Report] 画面
  8. [Default Profile](既定プロファイル) を展開します。必要な場合、[Add-ins (Microsoft and third-party) and third-party modules] (アドイン (Microsoft およびサード パーティ) およびサード パーティ モジュール) も展開します。
  9. Outlook に関連付けられているモジュールおよびアドインの一覧が以下のように表示されます。
    元に戻す画像を拡大する
    2805429


    図 4: OCAT で表示されるアドイン一覧例

    表示一覧を使用して、不明な動作の原因と考えられる Outlook アドインまたは Outlook プラグインを切り分けることができます。また、以下のいずれかの操作を実行して、アドインまたはプラグインを無効化または削除することもできます。
    • 該当するプラグインに関連する製品を削除する。
    • コントロール パネルの [プログラムの追加または削除] から、プラグインを削除する。
    • すべてのプラグインが実行されないよう、/safe:3 コマンドライン スイッチを使用して、Outlook を再起動する。Outlook 2007 および Outlook 2010 のスイッチを使用する際の詳細情報については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。

詳細

追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2804663 - 最終更新日: 2013年6月18日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 365 for enterprises (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for small businesses? (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for education? (pre-upgrade)
  • Microsoft Exchange Online
キーワード:?
o365 o365e o365a o365p kbgraphxlink o365062011 pre-upgrade o365022013 after upgrade o365m KB2804663
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com