文書番号: 2808208 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

マイクロソフトは、Microsoft Exchange Server 2010年サービス パック 3 (SP3) を公開しました。この service pack は、2013 年 2 月 12 日にリリースされ、次の新しい機能が含まれています。
  • 2013 の Exchange との共存: 既存の Exchange Server 2010年組織では、Exchange Server 2013年を今すぐインストールすることができます。これを行うには、Exchange Server 2013年累積的な更新 1 (CU1) をインストールします。Exchange Server 2013年の RTM のインストール メディアを使用して、既存の Exchange Server 2010年組織内の Exchange Server 2013年をインストールできません。

    2013 CU1 の Exchange Server では、インストール メディアを Exchange Server の 2013年もです。
  • サポートは Windows Server 2012: 今すぐインストールし、Windows Server 2012 を実行しているコンピューターで Exchange Server 2010年を展開することができます。
  • インターネット エクスプ ローラーの 10 のサポート: Exchange 2010 に接続するのにはインターネット ・ エクスプ ローラー ・ 10 を使用することができます。
  • ユーザー要求の修正プログラム: Exchange Server 2010 SP3 には SP3 の前にリリースされた更新プログラムのロールアップに含まれるすべての修正プログラムが含まれています。Exchange 2010 更新プログラムのリリース スケジュールの詳細についてを参照してください。 Exchange 2010 サービス.
この資料には、service pack に関する以下の情報について説明します。
  • Service pack で解決される問題
  • Service pack の入手方法
  • Service pack をインストールするための必要条件

はじめに

Service pack で解決される問題

お客様だけでなく以前のサービス パックでは、このサービス パックは、以下の Microsoft サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている問題も解決されます解決される問題について報告されました。
  • 2552121 Exchange Server 2010年環境では、Exchange ActiveSync のデバイスを使用して、メールボックスを同期することはできません。
  • 2729444 メールボックスは、Exchange Server 2010 SP2 バージョンの Exchange Server 2010年管理パックをインストールした後に隔離されています。
  • 2778100 Exchange Server 2010年環境で Outlook を使用して電子メール メッセージを受信するのには、長時間の遅延
  • 2779351 テスト PowerShellConnectivity コマンドレットは、Exchange Server 2010年組織での実行時の SCOM のアラート
  • 2784569 Exchange Server 2010年環境では、EAS のデバイスを使用して、グローバル アドレス一覧を検索するときのパフォーマンスが低下
  • 2796950 Microsoft.Exchange.Monitoring.exe プロセスが大量の CPU リソースを SCOM サーバのモニターと Exchange Server 2010年クライアント アクセス サーバーを消費します。
  • 2800133 Exchange Server 2010 SP2 用の更新プログラムのロールアップ 5 のバージョン 2 を適用した後過度の CPU リソースとメモリ リソースは、Exchange クライアント アクセス サーバー上の W3wp.exe プロセスを消費します。
  • 2800346 Outlook をフリーズして、Exchange Server 2010年環境のメールボックスに保持ポリシーを適用すると、ネットワークの高負荷が発生します。
  • 2810617 Windows PowerShell スクリプトの実行ポリシーがグループ ポリシーで定義されている場合は、Exchange Server 2010年の更新プログラムのロールアップまたはサービス パックをインストールできません。
  • 2787500 Outlook 2010 を使用して、要求の代理人が開いた後に辞退した会議出席依頼を予定表に追加されます。
  • 2797529 Exchange Server 2010 SP2 用の更新プログラムのロールアップ 4 をインストールした後電子メール メッセージの配信は、ブラックベリーのモバイル デバイスで遅れます。
  • 2799450 LDAP 検索は、Exchange Server 2010年環境での作業を停止します。
  • 2800080 EWS ベース アプリケーションには、Exchange Server 2010年環境のメールボックスの同期をとるときの ErrorServerBusy の応答コード
  • 2768774 会議出席者の予定表で、会議の開催者の追跡を失った

解決方法

サービス パックの情報

次のサービス パックを Microsoft ダウンロード センターからダウンロードをします。
Exchange2010 SP3 x64.exe を今すぐダウンロードします。
リリース日: 2013 年 2 月 12日

前提条件

  • Service pack をインストールするすべてのサーバーのシステム要件を満たしていることを確認してください。システム要件の詳細についてを参照してください。 Exchange 2010 のシステム要件.
  • すべてのサーバーの役割の前提条件を理解します。前提条件の詳細についてを参照してください。 Exchange 2010 の前提条件.サーバーの役割の詳細についてを参照してください。 Exchange 2010 サーバーの役割の概要.
  • 実際の要件はシステム構成とインストールされている特定の機能によって異なります。さらに詳細なシステム要件については、Exchange Server 2010 を参照してください。 技術資料ライブラリ.

再起動の必要性

Service pack をインストールした後、コンピューターを再起動すると、レジストリとオペレーティング システムを変更することがでく必要があります。

削除情報

新しいサービス パックでは、Exchange 2010 をインストールした後、Exchange 2010 の以前のバージョンに戻すには、サービス パックはアンインストールできません。サービス パックをアンインストールすると、Exchange 2010 サーバーから削除されます。

プロパティ

文書番号: 2808208 - 最終更新日: 2013年5月29日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
キーワード:?
kbqfe kbfix kbsurveynew atdownload kbexpertiseinter kbmt KB2808208 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2808208
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com