文書番号: 2809243 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この記事は、Microsoft Lync Server 2013 の利用可能な更新の一覧を表示し、各サーバーの役割用の更新プログラムの適用を指定します。

詳細

Lync Server 2013 のリリースされている更新プログラム

  • コア コンポーネント用の更新プログラム
    2881682 Lync Server 2013、コア コンポーネントの累積的な更新プログラム 5.0.8308.556 の説明: 2013 年 10 月
  • 会議サーバー用の更新プログラム
    2835434 Lync Server 2013、会議サーバーの累積的な更新プログラム 5.0.8308.420: 2013年 7 月
  • Web コンポーネント サーバー用の更新プログラム
    2881688 Lync Server 2013 で Web コンポーネントの累積的な更新プログラム 5.0.8308.556 の説明: 2013 年 10 月
  • 標準またはエンタープライズ エディションのサーバー (フロント エンド サーバーおよびエッジ トランスポート サーバー) 用の更新プログラム
    2881684 累積的な更新プログラム 5.0.8308.556 (フロント エンド サーバーおよびエッジ サーバー) の Lync Server 2013: 2013 年 10 月
  • Web 会議サーバー用の更新プログラム
    2835507 Lync Server 2013、Web 会議サーバーの累積的な更新プログラム 5.0.8308.420: 2013年 7 月
  • 仲介サーバー用の更新プログラム
    2881699 Lync Server 2013、仲介サーバーの累積的な更新プログラム 5.0.8308.556 の説明: 2013 年 10 月
  • ユニファイド コミュニケーション マネージ API 4.0 の場合、64 ビットのコア ランタイム用の更新プログラム
    2881685 Lync Server 2013、ユニファイド コミュニケーション マネージ API 4.0 ランタイムの累積的な更新プログラム 5.0.8308.556 の説明: 2013 年 10 月
  • コール パーク サービスの更新
    2881703 Lync Server 2013、コール パーク サービスの累積的な更新プログラム 5.0.8308.556 の説明: 2013 年 10 月
  • 永続的なチャット サーバー用の更新プログラム
    2835433 Lync Server 2013、永続的なチャットの累積的な更新プログラム 5.0.8308.420: 2013年 7 月
  • ユニファイド コミュニケーション マネージ API 3.0 ワークフロー Api 用更新プログラム
    2835438 Lync Server 2013、UCMA 3.0 ワークフロー Api の累積的な更新プログラム 5.0.8308.420: 2013年 7 月
  • 更新プログラム管理ツールについて
    2837510 Lync Server 2013、管理ツールの累積的な更新プログラム 5.0.8308.420: 2013年 7 月
  • 会議アテンダント用の更新プログラム
    2881700 Lync Server 2013、会議アテンダントの累積的な更新プログラム 5.0.8308.556 の説明: 2013 年 10 月
  • 会議のお知らせの更新
    2881701 Lync Server 2013、会議の発表の累積的な更新プログラム 5.0.8308.556 の説明: 2013 年 10 月

インストール方法

2013年 7 月の累積的な更新プログラム (5.0.8308.420) または以降の累積的な updatesinstalled がある、Lync Server 2013 のインストールの更新プログラムをインストールするには、次の手順 1 を実行する必要があります。

インストールされている 2013年 2 月累積的な更新 (5.0.8308.291)、Lync Server 2013 のインストールの更新プログラムをインストールするには、1 と 2 は、次の手順を実行する必要があります。

Lync Server 2013 の RTM (5.0.8308.0) 用の更新プログラムをインストールするには、次の手順 1 〜 5 を実行してください。

重要シャット ダウン時にすべてのフロント エンド サーバーを再起動したりしないでください。サービスを開始するときに問題が発生する可能性があります。

手順 1: の累積的な更新プログラムをインストールします。

重要Lync Server 2013 の Enterprise Edition プール機能を維持するには、準備が返されること、プールの状態の値を取得 CsPoolUpgradeReadinessコマンドレットを実行するときに、適切な数を実行して Lync Server 2013 フロント エンド サーバーであることを確認する必要があります。参照してください、アップグレードまたは更新フロント エンド サーバー」と「計画について管理のフロント エンド プール」する前に、プール状態値を確認するには、次の TechNet トピックの累積的な更新プログラムを適用します。
アップグレードまたはフロント エンド サーバーを更新します。
累積的なサーバー更新のインストーラーは 1 回の操作では、適切なサーバーの役割のすべての更新プログラムを適用します。累積的なサーバー更新のインストーラーを使用して、次の手順を実行します。

メモ ユーザー アカウント制御 (UAC) が有効な場合、すべての更新プログラムが正しくインストールされているかどうかを確認するには管理者特権のアクセス許可を使用しての累積的なサーバー更新のインストーラーを起動する必要があります。

累積的なサーバー更新のインストーラーをダウンロードするには、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトに移動します。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
更新プログラム パッケージをダウンロードします。

Lync Server 2013 のエンタープライズ プール

Enterprise Edition プール内のフロント エンド サーバーはアップグレード ドメインに分類されます。これらのアップグレード ドメインは、プール内のフロント エンド サーバーのサブセットです。ドメインのアップグレードは、トポロジ ビルダーによって自動的に作成されます。

時に、1 つのアップグレード ドメインをアップグレードする必要があり、各アップグレード ドメイン内の各フロント エンド サーバーをアップグレードする必要があります。オフラインのアップグレード ドメインに 1 つのサーバーを実行、サーバーのアップグレードを再起動します。次に、アップグレード ドメイン内のサーバーごとにこの手順を繰り返します。どのアップグレード ドメインをアップグレードしているサーバーを記録するかどうかを確認します。
アップグレードまたはフロント エンド サーバーを更新します。

フロント エンド サーバーをアップグレードするには、以下の手順を実行する必要があります。
  1. プール内のフロント エンド サーバーで、次のコマンドレットを実行します。

    取得 CsPoolUpgradeReadinessState

    プールの状態の値は、取り込み中の場合、10 分間待ってからやり直してGet CsPoolUpgradeReadinessStateコマンドレットを再度実行します。少なくとも 3 回、各試行の間に、10 分間の待機後の時間を参照してくださいまたはInsufficientActiveFrontEndsのプールの状態の値の結果が表示された場合は、プールに問題があります。この問題を解決できない場合に連絡する必要があります。 マイクロソフトのサポート.場合は、このプールは、災害復旧トポロジでは、別のフロント エンド プールと共に、バックアップ プールにプールのフェールオーバーをこのプールにこれらのサーバーを更新し、します。プールのフェールオーバーする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    プールのフェールオーバーする方法
    プールの状態の値は、状態が場合、は、手順 2 に進みます。
  2. Get CsPoolUpgradeReadinessStateコマンドレットはまた、プールと、各アップグレード ドメイン内のフロント エンド サーバーについては、アップグレード ドメインに関する情報を返します。アップグレードするサーバーを含むドメインのアップグレード用のReadyforUpgradeの値がTrueの場合は、サーバーをアップグレードできます。これには、以下の手順を実行する必要があります。
    1. 使用して、フロント エンド サーバーへの新しい接続を停止、ストップ CsWindowsServices-正常なコマンドレットです。
    2. UI を使用して、累積的なサーバー更新のインストーラーを実行または前面をアップグレードするコマンドを使用してサーバーのアップグレード ドメインに関連付けられているを終了します。

      注:アップグレードするか、スケジュールされたサーバーのダウンタイムの間にフロント エンド サーバーを更新せずに手順 2 で、コマンドレットを実行できます、の正常なパラメーター。具体的には、 Stop CsWindowsServiceとして、コマンドレットを実行します。この操作をすぐにシャット ダウン、サービスおよび各既存のサービス要求が満了するまで、サーバは待機しません。

      注: UI を更新プログラムがインストールされている更新プログラムのインストールをクリックすると、クリアの指示を提供します。

      インストーラーを実行するには、次のコマンドを実行します。

      LyncServerUpdateInstaller.exe

      メモ次のテキストにはLyncServerUpdateInstaller.exeコマンドと共に使用できるパラメーターについて説明します。
      • /Silentmodeスイッチは、すべての適用可能な更新はバック グラウンドで適用されます。
      • /Silentmode/forcerebootスイッチはバック グラウンドですべての適用可能な更新プログラムを適用して、これが必要な場合は、インストール プロセスの最後には、サーバーが自動的に再起動します。
      • /Extractallスイッチ インストーラーから更新プログラムを展開し、更新コマンドを実行したフォルダーに「抽出画像」という名前のサブフォルダーに保存します。
    3. サーバーを再起動し、[新規接続を受け付けているかどうかを確認します。

Lync Server 2013 の標準版とその他の役割

  1. UI を使用して、累積的なサーバー更新のインストーラーを実行や、フロント エンド サーバーをアップグレードするには、コマンド ・ ラインを実行して、アップグレード ドメインと関連付けられています。
    注: UI を更新プログラムがインストールされている更新プログラムのインストールをクリックすると、クリアの指示を提供します。

    インストーラーを実行するには、次のコマンドを実行します。

    LyncServerUpdateInstaller.exe

    メモ次のテキストにはLyncServerUpdateInstaller.exeコマンドと共に使用できるパラメーターについて説明します。
    • /Silentmodeスイッチは、すべての適用可能な更新はバック グラウンドで適用されます。
    • /Silentmode/forcerebootスイッチは、バック グラウンドですべての適用可能な更新プログラムを適用して、これが必要な場合は、インストール プロセスの最後には、サーバーが自動的に再起動します。
    • /Extractallスイッチ インストーラーから更新プログラムを展開し、更新コマンドを実行したフォルダーに「抽出画像」という名前のサブフォルダーに保存します。
  2. インストール ウィザードで必要な場合は、サーバーを再起動します。

手順 2: バックエンド データベースの更新を適用します。

Lync Server 2013 の Enterprise Edition フロント エンド サーバー上、または、Lync Server 2013 の標準エディションのサーバー上のコア ・ コンポーネントのサーバーの役割の更新プログラムをインストールした後はコア コンポーネント サーバーの役割がインストールされているコンピューターに、更新された SQL データベースのファイルは削除されます。手順 2 で説明されている適切なコマンドレットを実行する適切なコマンドレットを実行しなければ、データベースの変更を適用します。

メモ Lync Server 2013 のデータベースを更新するには、インストール CsDatabaseコマンドレットを実行すると、 -更新パラメーターは必要ありません。

Lync Server 2013 の標準エディション

Install-CsDatabase -ConfiguredDatabases -SqlServerFqdn SE.FQDN -Verbose

メモ Lync Server 2013 の標準エディションのサーバー上でコマンドレットを実行する必要があります。

Lync Server 2013 の Enterprise Edition

使用している Lync Server 2013 の Enterprise Edition バックエンド サーバーの種類に応じて、いくつかの構成操作を実行する必要があります。

注: 同じ、場所は永続的なチャットの場合 (永続的なチャットのフロント エンド サービスとバックエンド データベースを実行している同じサーバーに) ExcludeCollocatedStoresパラメーターには、次のコマンドを実行する必要があります。

注: バック エンド データベースのデータベース ミラーリングが有効になっている場合は、お勧めプライマリ起動-CsDatabaseFailover-NewPrincipalコマンドレットを使用して、インストール CsDatabaseコマンドレットを実行する前に、プライマリ サーバーがすべてのデータベースのプリンシパルを確認します。

Install-CsDatabase -ConfiguredDatabases -SqlServerFqdn FEBE.FQDN -Verbose

Lync Server 2013 の永続的なチャットのデータベース

永続的なチャットのサービスは、SQL はデータベースと同じ場所、次のコマンドを実行します。

Install-CsDatabase -DatabaseType PersistentChat -SqlServerFqdn PChatBE.fqdn -SqlInstanceName DBInstance -Verbose

Lync Server 2013 の監視/アーカイブ/永続的なチャットのデータベース

チャットの持続と Lync Server 2013 の監視とアーカイブ データベースは、スタンドアロンの SQL データベースに展開されると、次のコマンドを実行します。

Install-CsDatabase -ConfiguredDatabases -SqlServerFqdn SQLServer.FQDN -Verbose

手順 3:適用は、サーバーの全体管理データベースの更新

メモ 次の場合に、中央の管理データベースを更新する必要はありません。
  • Lync Server 2010 標準エディションのサーバーまたはエンタープライズ プールで、中央管理ストアがホームの場合は、インストール CsDatabase CentralManagementDatabaseコマンドレットは実行されません。
  • 場合は、中央管理ストアが、Lync Server 2013 の標準 Edition Server またはエンタープライズ プールの Lync Server 2013 年 2 月の 2013年の累積的な更新プログラムを以前に更新されたホーム。
Lync Server 2013 の Enterprise Edition フロント エンド サーバーまたは Lync Server 2013 標準エディションのサーバーの後にバックエンドが更新され、中央管理ストアを更新するには、次のコマンドレットを実行します。

Install-CsDatabase -CentralManagementDatabase -SqlServerFqdn CMS.FQDN -SqlInstanceName DBInstanceName -Verbose

メモ Lync Server 2010 および Lync Server 2010 プールにある、サーバーの全体管理サービスを Lync Server 2013 の両方が含まれています、共存環境でのインストール CsDatabase CentralManagementDatabaseコマンドレットを実行しません。サーバーの全体管理サービスを後で Lync Server 2013 プールに移動する場合は、変更を適用するには、インストール CsDatabase CentralManagementDatabaseコマンドレットを実行しなければなりません。

手順 4: モバイル サービスを有効にします。

モビリティ サービスを有効にするには、次のコマンドレットを実行します。
有効にする] CsTopology

手順 5: ユニファイド コミュニケーション Web API を有効にします。

ユニファイド コミュニケーション Web API (UCWA) を有効にするには、すべての Lync Server 2013 のディレクター サーバー、Standard Edition サーバー、およびエンタープライズ エディションのフロント エンド サーバーの web コンポーネントがインストールされ更新で、Bootstrapper.exe ツールを再度実行する必要があります。ツールを実行するコマンドは次のとおりです。

%ProgramFiles%\Microsoft Lync Server 2013\Deployment\Bootstrapper.exe

サーバー ロールの一覧とそれらに適用する更新プログラム

Lync Server 2013 の Standard Edition サーバー

  • コア コンポーネント用の更新プログラム: 2881682 の KB
  • ユニファイド コミュニケーション マネージ API 4.0 の場合、64 ビットのコア ランタイム用の更新プログラム: 2881685 の KB
  • フロント エンド サーバーおよびエッジ サーバー (標準またはエンタープライズ エディション サーバー用の更新プログラム: KB 2881684
  • 会議サーバー用の更新プログラム: 2835434 の KB
  • Web コンポーネント サーバー用の更新プログラム: 2881688 の KB
  • Web 会議サーバー用の更新プログラム: 2835507 の KB
  • 仲介サーバー用の更新プログラム: 2881699 の KB
  • コール パーク サービス用の更新プログラム: 2881703 の KB

Lync Server 2013 のエンタープライズ エディションのフロント エンド サーバーおよびバック エンド サーバー

  • コア コンポーネント用の更新プログラム: 2881682 の KB
  • ユニファイド コミュニケーション マネージ API 4.0 の場合、64 ビットのコア ランタイム用の更新プログラム: 2881685 の KB
  • フロント エンド サーバーおよびエッジ サーバー (標準またはエンタープライズ エディション サーバー用の更新プログラム: KB 2881684
  • 会議サーバー用の更新プログラム: 2835434 の KB
  • Web コンポーネント サーバー用の更新プログラム: 2881688 の KB
  • Web 会議サーバー用の更新プログラム: 2835507 の KB
  • 仲介サーバー用の更新プログラム: 2881699 の KB
  • コール パーク サービス用の更新プログラム: 2881703 の KB

Lync Server 2013 のエッジ サーバー

  • コア コンポーネント用の更新プログラム: 2881682 の KB
  • ユニファイド コミュニケーション マネージ API 4.0 の場合、64 ビットのコア ランタイム用の更新プログラム: 2881685 の KB
  • フロント エンド サーバーおよびエッジ サーバー (標準またはエンタープライズ エディション サーバー用の更新プログラム: KB 2881684

Lync Server 2013 - スタンドアロンの仲介サーバー

  • コア コンポーネント用の更新プログラム: 2881682 の KB
  • ユニファイド コミュニケーション マネージ API 4.0 の場合、64 ビットのコア ランタイム用の更新プログラム: 2881685 の KB
  • 仲介サーバー用の更新プログラム: 2881699 の KB

Lync Server 2013 のディレクター サーバー

  • コア コンポーネント用の更新プログラム: 2881682 の KB
  • ユニファイド コミュニケーション マネージ API 4.0 の場合、64 ビットのコア ランタイム用の更新プログラム: 2881685 の KB
  • フロント エンド サーバーおよびエッジ サーバー (標準またはエンタープライズ エディション サーバー用の更新プログラム: KB 2881684
  • Web コンポーネント サーバー用の更新プログラム: 2881688 の KB

Lync Server 2013 の永続的なチャットのフロント エンド サーバー

  • コア コンポーネント用の更新プログラム: 2881682 の KB
  • ユニファイド コミュニケーション マネージ API 4.0 の場合、64 ビットのコア ランタイム用の更新プログラム: 2881685 の KB

Lync Server 2013 の管理ツール

  • コア コンポーネント用の更新プログラム: 2881682 の KB

プロパティ

文書番号: 2809243 - 最終更新日: 2013年12月13日 - リビジョン: 10.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Lync Server 2013
キーワード:?
atdownload kbsurveynew kbexpertiseinter kbfix kbmt KB2809243 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2809243
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com