Office 365 のドメインを確認する際 “確認 DNS レコードが見つかりません” または “入力したレコードが見つかりません” というエラー メッセージが表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2812447 - 対象製品
アップグレード前後、どちらの Office 365 を使用しているか確認するには、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Office 365 のドメインを確認しようとすると、以下いずれかまたは両方の現象が発生します。
  • Office 365 ポータルからドメインを確認しようとすると、以下いずれかのエラー メッセージが表示されます。
    確認 DNS レコードが見つかりません。
    “<Domain_Name> を確認できません。お客様のドメイン レジストラーで入力した確認 DNS レコードが正しいかどうかを確認してください。また、レコードを追加してから 72 時間以上が経過しているかどうかも確認してください。 “?
    または
    “入力したレコードが見つかりません。"
  • Windows PowerShell を使用してドメインを確認しようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
    Confirm-MsolDomain : ドメインの確認に失敗しました。要求された CNAME レコードが見つかりませんでした。このドメインの DNS 設定を最近更新した場合は、ドメインを確認できるようになるまでに、時間がかかることがあります。
    At line:1 char:1
    + Confirm-MsolDomain -DomainName rapaxonline2.com
    + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo : OperationStopped: (:) [Confirm-MsolDomain], MicrosoftOnlineException
    + FullyQualifiedErrorId : Microsoft.Online.Administration.Automation.DomainVerificationMissingCnameException,Microsoft.Online.Administration.Automation.ConfirmDomain


原因

この問題は、以下の条件に 1 つでも該当すると発生します。
  • ドメイン ネーム システム (DNS) でレコードが正しく作成されていない。
  • DNS レコードがすべての DNS サーバーに伝播されていない。簡易メール転送プロトコル (SMTP) ドメインへ変更を加えた場合、すべての DNS サーバーへ変更が伝播されるまで 72 時間かかることがあります。


解決方法

この問題を解決するには、ドメイン用に DNS レコードが設定されているかを確認します。状況に応じて以下から適切な方法を選択してください。

方法 1: Nslookup コマンドライン ツールを使用する

Nslookup コマンドライン ツールを使用して DNS レコードが存在するかを確認するには、以下の手順に従います。

  1. コマンド プロンプトを起動します。
  2. コマンド プロンプトに「nslookup」と入力し、 Enter キーを押します。
  3. TXT レコードには、「Set type=txt」と入力し Enter キーを押します。
    MX レコードには、「Set type=mx」と入力し Enter キーを押します。
  4. 確認するドメイン名を入力し、Enter キーを押します。
    • TXT レコードには、以下のような結果が表示されます。

      Non-authoritative answer: 
      treyresearch.net text = 
      
      "MS=ms97545634"
    • MX レコードには、以下のような結果が表示されます。

      Non-authoritative answer: 
      contoso.org MX preference = 10, mail exchanger = ms27039633.msv1.invalid.outlook.com
  5. 出力結果を確認します。
  6. 上記のような結果が表示されない場合、TXT レコードまたは MX レコードが正しく入力されていません。

    注: DNS レコードに変更を適用した場合、変更が伝播されるまで最大 72 時間待機してから再度ドメインの確認を試行します。

以下はコマンド プロンプトで Nslookup を実行する際に入力するコマンドおよび返されるデータを示す例です。?
>nslookup 
Default Server: dns1.corp.contoso.com 
Address: <IP_Address> 
 
> server <IP_Address> 
Default Server: [ <IP_Address> ] 
Address: <IP_Address> 
 
> set type=txt 
> contoso.com
Server: [ <IP_Address> ] 
Address: <IP_Address> 
 
Non-authoritative answer: 
contoso.com text = 
 
"MS=ms97545634"
問題が解決しない場合は、Office 365 サポートへ連絡してください。

方法 2: Microsoft Online Services Diagnostics and Logging (MOSDAL) サポート ツールキットを使用する

MOSDAL サポート ツールキットは、未確認のドメインに対し、前述の Nslookup コマンド同様の処理を実行します。MOSDAL サポート ツールキットを使用するには、以下の手順に従います。?
  1. 以下のマイクロソフト Web サイトから MOSDAL サポート ツールキットをインストールします。
    Microsoft Online Services Diagnostics and Logging (MOSDAL) サポート ツールキット
  2. MOSDAL サポート ツールキットを実行し、ドメイン検証と DNS セットアップのチェック ボックスを選択して [次へ] をクリックします。
  3. 資格情報を入力する画面に資格情報 (ユーザー ID とパスワード) を入力し、[次へ] をクリックします。

    注: この手順は未確認のドメインを特定するために必要です。入力したパスワードは、認証試行およびテスト結果を記録するためにのみ使用され、保存されることはありません。?
  4. 問題を再現する必要はありません。[次へ] をクリックすると、MOSDAL テストは未確認ドメインに対し一連の Nslookup コマンドを実行します。?
  5. Windows Explorer で %userprofile%\Documents\MOSDAL フォルダーを特定します。このフォルダー内で、MOSDAL の実行日時がフォルダー名になっているレポート フォルダーを特定します。?
  6. Admin_Applications\DomainDiagnostics フォルダーを特定し、Domain_and_DNS.txt ファイルを開きます。
  7. 未確認ドメインに対するテスト結果は、ログ ファイルの下部にある [UNVERIFIED DOMAIN]に表示されます (>yourdomain_name.com)。
    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
    + UNVERIFIED DOMAIN: <yourdomain_name.com> 
    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  8. [MX RECORDS REQUIRED FOR VERIFICATION] の下に表示される結果を確認します (以下参照)。
    +++++++++++++++++++++++++++++++++
    + MX RECORDS REQUIRED FOR VERIFICATION
    +++++++++++++++++++++++++++++++++
    Label : contoso.com
    MailExchange : ms36902662.msv1.invalid
    Preference : 32767
    Ttl : 3600

    [MailExchange] の値は、ドメインに対し MX レコードの検索コマンドを実行した結果です。
  9. [TXT RECORDS REQUIRED FOR VERIFICATION] の下に表示される結果を確認します (以下参照)。
    +++++++++++++++++++++++++++++++++
    + TXT RECORDS REQUIRED FOR VERIFICATION
    +++++++++++++++++++++++++++++++++
    Text : MS=ms36902662
    ExtensionData : System.Runtime.Serialization.ExtensionDataObject
    Capability : None
    IsOptional : 
    Label : contoso.com
    ObjectId : aceff52c-06a5-447f-ac5f-256ad243cc5c
    Ttl : 3600

    [Text] の値は、ドメインに対し TXT レコードの検索コマンドを実行した結果です。
  10. [Current MX RECORDS] の下に表示される Nslookup の結果を確認します (以下参照)。
    +++++++++++++++++++++++++++++++++
    + Current MX RECORDS 
    +++++++++++++++++++++++++++++++++
    + Using Internal DNS Lookup
    +++++++++++++++++++++++++++Server: tk5-dns-01.redmond.corp.microsoft.com
    Address: 157.54.14.146
    + Using External DNS Lookup
    +++++++++++++++++++++++++++ 
    Server: resolver1.opendns.com 
    Address: 208.67.222.222
  11. [Current TXT RECORDS] の下に表示される Nslookup の結果を確認します (以下参照)。Nslookup はドメインの TXT レコードに対し実行されます。
    +++++++++++++++++++++++++++++++++
    + Current TXT RECORDS 
    +++++++++++++++++++++++++++++++++
    + Using Internal DNS Lookup
    +++++++++++++++++++++++++++Server: tk5-dns-01.redmond.corp.microsoft.com
    Address: 157.54.14.146
    + Using External DNS Lookup
    +++++++++++++++++++++++++++
    Server: resolver1.opendns.com
    Address: 208.67.222.222
  12. テスト結果に [Server] と [Address] の情報のみ表示される場合は、DNS 検索オペレーションが失敗したことを意味します。
    Server: resolver1.opendns.com
    Address: 208.67.222.222

    検索オペレーションに失敗した場合、その詳細は DomainDiagnostics_Log.txt ファイルに記録されます。DomainDiagnostics_Log.txt を開き、失敗理由を確認してください。

参照資料

Office 365 のドメイン確認問題のトラブルシューティング方法に関する詳細は、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
2515404?「Office 365 のドメイン確認問題のトラブルシューティング」

Video: Troubleshooting Domain Verification Errors in Office 365 (英語のみ)

注:このビデオは英語のみでの配信です。
元に戻す画像を拡大する
assets video1
uuid=6cc526ea-0314-46d2-8f48-2aefdc0ab03b VideoUrl=http://aka.ms/kf1kwi
元に戻す画像を拡大する
assets video2


追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2812447 - 最終更新日: 2013年6月18日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 365
  • Microsoft Office 365 for education? (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for enterprises (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for small businesses? (pre-upgrade)
キーワード:?
o365 o365a o365p o365e mosdal4.5 o365m o365062011 o365022013 pre-upgrade after upgrade KB2812447
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com