Windows サーバー クラスター ノードをドメイン コント ローラーとして使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 281662 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP281662
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

メモこの資料の情報、自分の状況に対応します。ほとんどの情報技術アーキテクチャで発生する一般的にありません。

すべてのこの資料で参照されている記事へのリンク「関連情報」セクションにあります。

どこいいえ既存 Active Directory 環境内のクラスター ノードを展開するときに、インスタンスがあります。このシナリオでは、少なくとも 1 つのクラスター ノードをドメイン コント ローラーとして構成する必要があります。2 + ノードが 1 つ以上のバックアップ ドメイン コント ローラーであるため、ドメイン コント ローラーとして構成することをお勧めします。クラスター内のノードの構成の整合性を保つ一般的なベスト プラクティス、あり、すべてのノードとドメイン コント ローラーを有効にすることがあります。Active Directory、ドメイン ネーム システム (DNS) に依存するため、動的更新や SRV レコードをサポートしている利用可能な別の DNS サーバーがない場合は、各ドメイン コント ローラーが DNS サーバーでなければなりません。(Microsoft Active Directory 統合ゾーンを使用することを推奨しています。)詳細については、資料 255913 を参照してください。

詳細

作業負荷に応じて、フェールオーバー クラスターに展開は別のサポート ポリシーと推奨事項です。
  • Microsoft Exchange Server では、クラスター構成では、クラスター ノードがドメイン コント ローラーがサポートされていません。詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。 898634 Active Directory ドメイン コント ローラーは、Exchange Server のクラスターのノードはサポートされていません
  • Microsoft SQL Server では、クラスター構成では、クラスター ノードがドメイン コント ローラーがサポートされていません。詳細については、詳細情報を表示するのには、次をクリックします。 ドメイン コント ローラー上で SQL Server をインストールします。
  • Windows Server HYPER-V の (ドメイン コント ローラーの役割を含む) その他のワークロードを実行するハイパーバイザの親パーティションでしないでください。
ドメインとのリンクのないクラスター配置の場合は、クラスターを構成する前に、ドメイン コント ローラーとクラスター ノードを構成しなければなりません。低速または信頼性の低いリンクになるようにクラスター ノードとドメイン コント ローラー間の接続の場合、同じサイトまたは場所として、クラスターで同じ場所に配置することを検討してください。

Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、またはドメイン コント ローラーとして Windows Server 2012 をフェールオーバー クラスタ リングのノードを展開する際は、次の点を考慮してください。
  • これは、Active Directory ドメイン サービスの役割と Windows Server 2003、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスターの機能を結合することをお勧めしませんです。
  • 読み取り専用ドメイン コント ローラー (RODC) には、フェールオーバー クラスター内の Windows Server 2003、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 のノードはサポートされていません
  • これは Windows Server 2003、Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を実行している Microsoft Exchange Server や Microsoft SQL Server をドメイン コント ローラーにフェールオーバーはサポートされていません
  • Active Directory ドメイン サービスの役割とフェールオーバー クラスター機能を Windows Server 2012 の結合がサポートされていません
  • クラスター ノードがドメイン コント ローラーとして構成されている場合は、少なくとも 2 つのノードとドメイン コント ローラーとの整合性のすべてのノードが構成することをお勧めします。
  • オーバーヘッドが、ドメイン コント ローラーの実行に関連付けられています。アイドル状態のドメイン コント ローラーは 130 〜 140 mb の RAM では、フェールオーバー クラスタ リングの実行が含まれているのどこにでも使用できます。またレプリケーション トラフィックがこれらのドメイン コント ローラーを持つドメイン内およびドメイン間で他のドメイン コント ローラーにレプリケートする場合です。これも問題はないため、ほとんどの企業環境クラスターには gb (ギガバイト) のメモリを持つノードが含まれます。
  • Windows Server 2003 のクラスター ノードが唯一のドメイン コント ローラーの場合は、それぞれ DNS サーバーとする必要があるし、自分自身をプライマリ DNS 解決では、セカンダリ DNS 解決では相互にポイントする必要があります。特に、クロス ケーブル (2 ノードのみ) を経由して接続されている場合にプライベート インターフェイスが DNS に登録しないことの問題を処理しなければなりません。 詳細については次の資料番号をクリックして、ハートビート インターフェイスを構成する方法マイクロソフト サポート技術資料を参照します。
    258750クラスター サーバーでのプライベート「ハートビート」構成を推奨します。
    実行する前に、手順 12記事 258750、最初はその他の構成の設定を変更する必要があります次の資料は、マイクロソフト サポート技術で記載されています。
    275554 接続のアドレスを登録しないことを選択した後、ホストの"A"レコードが DNS に登録されて
  • 唯一のドメイン コント ローラーでは、クラスターのノードである場合は、各グローバル カタログ サーバーであるか、実装する必要があります。ドメインレット。
  • フォレスト内の最初のドメイン コント ローラー上のすべての柔軟な単一マスター操作 (FISMO) 役割を受け取り、197132 の記事を参照してください。これらの役割は各ノードに再配布できます。ノードに障害が発生した場合は、ただし、そのノードが果たしている fsmo の役割が利用できます。Ntdsutil を使用して、強制的に役割を解除し、実行中のノードに割り当てるをことができます (資料 223787 を参照してください)。浮動シングル マスター操作の役割はドメイン全体の配置の詳細については、資料 223346 を確認してください。
  • 他のプログラムは、SQL や Exchange などのシナリオでのノードもドメイン コント ローラーがクラスター化リソースの制約により、最適なパフォーマンスがあります。
  • フォールト トレランス用のドメイン コント ローラーをクラスターできません。コンピューターがドメイン コント ローラーに昇格させることができ、それらのコンピューターにクラスター サービスをインストールできますが、Active Directory をクラスターの管理されたドライブのいずれかに格納する方法はありません。Active Directory の「フェイル オーバー」はありません。複数のドメイン コント ローラーによって高可用性をディレクトリ サービスの性質上配信であること。
  • Windows Server 2003、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 フェールオーバー クラスター内のノードは、読み取り/書き込みのドメイン コント ローラーへのアクセス必要があります。
  • のみ読み取り専用ドメイン コント ローラー (RODC) へのアクセスを持つ環境で Windows Server 2012 フェールオーバー クラスターを展開するには
  • 1 つ以上のドメイン コント ローラー仮想マシンに Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 内のドメイン コント ローラーを展開する際のベア ・ メタルのままにお勧め

関連情報

詳細については、次をクリックします。記事番号を使用して、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには:
255913Windows 2000 DNS は、既存のバインド、または Windows NT 4.0 ベースの DNS の名前空間に統合します。
258750 クラスター サーバーでのプライベート「ハートビート」構成をを推奨します。
275554 接続のアドレスを登録しないことを選択した後、ホストの"A"レコードが DNS に登録されて
223787 浮動シングル マスター操作の転送および強制のプロセス
197132 Windows 2000 Active Directory の FSMOロール
223346 FSMO の配置と Windows 2000 ドメイン コント ローラーの最適化
269229 クラスター サービス アカウントを手動で再作成する方法
234790 フレキシブル シングル マスター操作の役割を保持するサーバーを検索する方法
171390 ドメイン コント ローラーが利用できない場合は、クラスター サービスが起動せず
298570 Windows 2000 ドメイン コント ローラーにインストールされている場合は、仮想 SQL Server 2000年のインストールが失敗する可能性があります。
クォーラム ドライブの追加について構成情報、クリックしての次の資料番号を表示するのには資料では、マイクロソフト サポート技術。
280345クォーラム ドライブの構成について
詳細については、次の資料番号をクリックしてください。マイクロソフト サポート技術資料を参照します。
834231Windows Server 2003 のクラスター ノードをドメイン コント ローラーが場合は、クラスターのファイル共有にドメイン ユーザーを追加すると、エラー メッセージが表示されます。
詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
898634Active Directory ドメイン コント ローラーは、Exchange Server のクラスターのノードはサポートされていません

プロパティ

文書番号: 281662 - 最終更新日: 2012年11月27日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard
キーワード:?
kbclustering kbenv kbinfo w2000mscs kbmt KB281662 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:281662
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com