Office 365 でハイブリッド構成ウィザードを実行すると "実行できませんでした: Configure Legacy Exchange Support" というエラーが発生する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2816904 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Office 365 でハイブリッド構成を有効にするため、ハイブリッド構成ウィザードを実行しようとすると、以下のエラー メッセージが表示されま す。
Hybrid Configuration Failed with error "execution failed: Configure Legacy Exchange Support"
(エラーによりハイブリッドの構成に失敗しました。エラー: “実行に失敗しました: レガシ Exchange サポートを構成してください")

原因

この問題は、以下のいずれかの原因により発生する可能性があります。
  • 原因1: ハイブリッド展開において Microsoft Exchange Server 2003 Support 用の "External Schedule+ Free Busy" パブリック フォルダーがインストールされていない。(この場合、"OU=EXTERNAL (FYDIBOHF25SPDLT)" パブリック フォルダーは、パブリック フォルダー階層に存在しません。)
  • 原因 2: 管理者アカウントのメールが無効である。
  • 原因 3: Exchange 2003 のアンインストール後、管理グループ (Exchange 2003 の最初の管理グループまたは別のカスタム管理グループ) のサーバー コンテナが空になっている。

解決方法

解決策 1: OU=EXTERNAL (FYDIBOHF25SPDLT) パブリックフォルダーを追加する

OU=EXTERNAL (FYDIBOHF25SPDLT)?パブリック フォルダーを追加します。メール サーバー側の手順は以下の通りです。
  1. オンプレミス Exchange 2010 Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降のパブリック フォルダーがあるサーバーに接続します。
  2. Exchange 管理シェルを開き、以下のコマンドレットを実行します。
    Add-PsSnapin Microsoft.Exchange.Management.Powershell.Setup
  3. 以下のコマンドレットを実行し、新たな External Schedule+ Free Busy パブリック フォルダーをインストールします。
    Install-FreeBusyFolder

  4. 以下のコマンドレットを実行し、全てのパブリック フォルダーのサーバーに External Schedule+ Free Busy パブリック フォルダーがあることを確認します。
    Update-PublicFolderHierarchy
注:フォルダーの存在を確認するには、オンプレミス Exchange サーバー で Exchange 管理シェルを開き、次のコマンドを実行します。

Get-PublicFolder "\NON_IPM_SUBTREE\SCHEDULE+ FREE BUSY" -recurse | fl identity

出力から、以下の ID を持つフォルダーを検索します。

\NON_IPM_SUBTREE\SCHEDULE+ FREE BUSY\EX:/O=<OrganizationName>/OU=EXTERNAL (FYDIBOHF25SPDLT)

解決策 2: Exchange 管理者アカウントのメールを有効にする


Exchange 管理者アカウントのメールを有効にします。

: 管理者アカウントのメールは常に有効にしておく必要があります。Exchange 管理者アカウントのメールが無効の場合、ハイブリッド構成ウィザードは Set-HybridConfiguration または Update-HybridConfiguration の実行中にエラーとなり、以下のエラー メッセージが表示される可能性があります。
“エラー: Updating hybrid configuration failed with error 'Subtask ValidateConfiguration execution failed: Configure Legacy Exchange Support” as a symptom of the Admin account not being mail enabled. (管理者アカウントのメールが無効であるためエラーが発生し、ハイブリッド構成の更新に失敗しました。エラー:'サブタスク ValidateConfiguration を実行できませんでした: レガシ Exchange サポートを構成してください。')

解決策 3: ADSI エディターを使って空のサーバーコンテナを削除する


警告: この手順では ADSI 編集ツールを使用します。このツールの誤使用により、オペレーティングシステムの再インストールが必要となるような深刻な問題が発生する可能性があります。Microsoft では、ADSI エディターの誤使用が原因で発生した問題の解決については保証できません。ADSI エディターはご自身の責任の範囲でご使用ください。
  1. 次の手順で ADSI エディターを起動します。[スタート]、[ファイル名を指定して実行] を順にクリックadsiedit.msc」と入力後、[OK]をクリック。
  2. 構成コンテナ (<ServerName>.<DomainName.com>) を展開後、CN=ConfigurationDC=<DomainName>DC=local を展開します。
  3. CN=ServicesCN=Microsoft Exchange および、CN=<ExchangeOrganizationName> を順に展開します。
  4. CN=Administrative GroupsCN=first administrative group (最初の管理グループが Exchange 2003 に属する場合) を順に展開します。
  5. CN=Servers を展開後、サーバーコンテナにサーバー オブジェクトが表示されないことを確認します。
空の CN=Servers コンテナを右クリックし、[削除] をクリックします。

追加情報

External Schedule+ Free Busy フォルダーは、Exchange Server 2003 または Microsoft Outlook 2003 がオンプレミスで使用されている場合のハイブリッド シナリオで使用されます。この外部フォルダーを Exchange 2010 パブリック フォルダー サーバーにインストールすると、以下のことが実行できるようになります。?
  • 空き時間情報の要求を受理?
  • 参照のため要求を Office 365 に送信

この処理は、オンプレミスからクラウドへ移行するアカウントにのみ実行します。Exchange Server 2003 ユーザーはその後も予定表機能を利用できます。


その他トピックは Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2816904 - 最終更新日: 2014年8月28日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Online
キーワード:?
o365e o365a o365m o365022013 hybrid KB2816904
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com