(Outlook x none.msp) Outlook 2013 修正プログラム パッケージの説明: 2013 年 8 月 13 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2817503 - 対象製品
Notice
この修正プログラムのリリースは、パッケージのインストールに影響を与える問題のため使用できなくなります。

Outlook 2013、適切な修正プログラム パッケージをダウンロードするには、次のマイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックします。

2817347 Outlook 2013 の修正プログラム パッケージ (Outlook x none.msp。Outlookintl-en-us.msp): 2013 年 8 月 13 日
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2013 年 8 月 13 日にリリースされた Microsoft Outlook 2013 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • アイテムの会話 ID は、Outlook 2013 での Outlook Web App で別です。
  • ユーザーの役職が「の代わり」の文字列を含むものとします。Outlook 2013 でのほかのユーザーのユーザーによって送信される電子メール メッセージが表示されます。この電子メール メッセージを転送すると、数秒待ってから、送信済み電子メール メッセージの [差出人] フィールドにテキストの代理」「役職での代理」"テキストを持っているユーザーとして解決する.
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • ドメイン アカウントと、Microsoft Office 365 アカウントは、同じユーザー プリンシパル名 (UPN) があります。
    • 2 つのアカウントのパスワードが異なる場合、Active Directory フェデレーション サービスは、ドメイン内では使用されません。
    • Office 365 のアカウントを使用して、Office 365 メールボックスにサインインします。
    • 会議出席依頼を作成して、Office 365 アカウントには移行されませんが、出席者を招待するし。
    この状況では、空き時間情報の情報は表示されません。
  • 再び開くと、保存されている会議や予定のアイテム Outlook 2013 で、アイテムの秘密度は変更できません。
  • Outlook 2013 でキャッシュされている共有フォルダーに対して投稿フォームの種類を変更すると、変更は保存されません。
  • Outlook 2013 では、追跡情報を更新してコメントが含まれている応答を削除する] チェック ボックスを選択することを想定しています。会議への変更はありませんし、追加のテキストが含まれていませんが、会議出席依頼への応答を受信するときに、追跡の後の空の項目は削除されません。
  • Outlook 2013 でのアカウントの代理人を追加する場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
    代理人設定が正しく保存されませんでした。送信--代理-の一覧をアクティブにできません。このオブジェクトで操作を実行するためのアクセス許可がありません。
  • Outlook 2013 を使用すると、Microsoft Dynamics CRM のインストールがある Outlook 2013 がクラッシュします。
  • 共有の予定表を開くには、Outlook 2013 で、ときに、空き時間情報の項目を表示するアクセス権がある場合でも、「フリー」のステータスを持つ項目を表示できません。
  • Outlook 2013 での会議出席依頼を作成するときにのみの最初の 12 の作業時間、作業の開始時刻から部屋の提案を入手できます。たとえば、00:00 と 12時 30分の会議出席依頼を作成すると、作業の開始時刻を設定する場合は、部屋の提案を受信できません。
  • Outlook 2013 でプロファイルの追加の予定表がある場合は灰色と読みにくく、予定表のラベルには、メールボックス アドレスが点灯します。
  • ときに、mapisvc にプロバイダーを登録します。INF をプロバイダー DLL の完全パスはピリオドを含めることはできません。
  • Microsoft Office 365 で SharePoint 2013 のマイクロソフトでの Outlook 2013 を同期するときに変更されたタスク一覧が表示されます。
  • 無効にしてから再度有効に Outlook 2013 で受信したアイテム保持ポリシーを適用するルールを変更適用アイテムの保存期間が正しく設定いません。
  • アイテムを開くと、送信 2 回 Outlook 2013 で、品目に関する追跡情報を表示できません。
  • Outlook 2013 で適用される保持ポリシーを持つ電子メール メッセージを送信すると、送信済みの電子メール メッセージが正しくない、有効期間を表示します。
  • Unicode 文字が含まれているか、Outlook Outlook 2013 でメール アプリでの Unicode の文字を取得すること、Exchange Web サービス (EWS) の要求を作成するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
    指定されたエンコードに無効な文字です。
  • 会議出席依頼を開くには、Outlook 2013 の非表示、またはオフライン アドレス帳に表示されないことは、会議出席依頼を作成する場合、会議出席依頼の開催者が電子メール メッセージではなく、従来の識別名として表示されます。
  • 変更することを前提としています、 OutlookSecureTempFolder Outlook 2013 の一時ファイルのパスを変更する文字列値。Outlook 2013 を再起動すると、電子メール メッセージから添付ファイルを開くし、一時ファイルがインターネット一時ファイル フォルダーに保存されます。
  • Outlook 2013 で会議をスケジュールするときに、 [スケジュール アシスタント] タブで出席者の空き時間の情報は使用できません。
  • Outlook 2013 でのオンライン モードでは、電子メール プロファイルを構成することを想定しています。Outlook 2013 を再起動したときに、電子メール プロファイルの作成した検索フォルダーが削除されます。
  • Outlook 2013 で、全員へ返信] ボタンを無効にすると、プレビュー ウィンドウに、全員へ返信] ボタンは無効になりません。
  • Outlook 2013 で予定表を共有する、共有の電子メール メッセージを送信するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
    共有の送信準備中にエラー メッセージ。
  • 添付ファイルとして送信関数は、Excel 2013 クラッシュ Outlook 2013 を使用してスプレッドシートを添付ファイルとして送信する Excel 2013 で実行するとします。
  • 新しいプロファイルを作成または Outlook 2013 で、テスト電子メールの自動構成タスクを実行すると、証明書の警告が表示されます。
  • 電子メール メッセージの送信者と受信者、Outlook メール アプリケーションがインストールされている Outlook 2013 インストールの写真をオフにすると、閲覧ウィンドウのリボンと、電子メール メッセージのヘッダーの間の空白が増加します。
  • Outlook 2013 での多くの分類項目が含まれている共有の予定表に、スケジュールの表示機能を有効にすることを想定しています。水平方向にスクロールする、共有の予定表の予定を参照してくださいと、の予定予想以上かかりますを表示します。
  • Outlook 2010 では、manager のオンライン ・ アーカイブを参照してくださいする機能を有効にすると、同じ名前を持つ 2 つのオンライン アーカイブが表示されます。

詳細

以降の Microsoft Outlook 2013 2013 年 8 月 13日修正プログラム パッケージでは、Outlook は、次の URL を使用する Office 365 のお客様があります。

https://nexus.officeapps.live.com
接続の状態と、Microsoft Office 365 サービスの状態を通信するためにこの URL が使用されます。

関連情報

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2817503 - 最終更新日: 2013年9月13日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2013
キーワード:?
kbmt KB2817503 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2817503
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com