Service Pack 1 以降の修正プログラムで発生するバージョンの問題を解決する更新版の Sp2.cat

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 281767 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP281767
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

ある特定の状況において、Windows 2000 Service Pack 1 (SP1) 以降の修正プログラムに含まれているカタログ ファイル (Sp2.cat) のバージョンが、不適切な場合があります。この問題のある Windows 2000 SP1 以降のすべての修正プログラムは、更新された Sp2.cat ファイルを含むように再パッケージ化されています。

Windows 2000 SP1 以降の複数の修正プログラムがコンピュータにインストールされ、そのうちの 1 つの修正プログラムでこの Sp2.cat のバージョン問題があると、そのコンピュータで問題が発生する可能性があります。修正プログラムがインストールされた順序によっては、新しいバージョンの Sp2.cat ファイルが古いバージョンのファイルに置き換えられる可能性があります。

この問題は、英語版の修正プログラムでのみ発生します。

解決方法

この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
この問題を解決するには、2 段階の手順が必要です。手順 1. では、コンピュータがこの問題の影響を受けているかどうかを確認するツールをインストールします。手順 2. では、この問題からコンピュータを保護する、更新済みの Windows 2000 SP1 以降のカタログ ファイルをインストールします。

  1. マイクロソフトでは、使用しているコンピュータがこの問題による影響を受けているかどうかを検証するためのツールをリリースしました。このツールを実行することにより、コンピュータにインストールされたすべての Windows 2000 修正プログラムをチェックして、適用されている修正プログラムでこの問題が発生していないかどうかを確認することができます。 このツールの関連情報およびインストール方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    282784 Qfecheck.exe で Windows 2000 および Windows XP にインストールされた修正プログラムを検証する
  2. 更新済みの Windows 2000 SP1 以降のカタログ ファイルをインストールします。
    • Windows 2000 SP1 には、インストールされた .cat の動的な読み取りを可能にする更新プログラムが含まれています。このため、このパッケージの適用後、コンピュータを再起動する必要はありません。

      Windows 2000 SP1 を実行している場合は、次のファイルをダウンロードします。
      元に戻す画像を拡大する
      ダウンロード
      Q281767_w2k_sp2_x86_en.exe
    • SP 1 が適用されていない Windows 2000 ベースのコンピュータでは、システムの起動時にカタログ情報が読み取られます。このため、このパッケージの適用後、コンピュータを再起動するように促すメッセージが表示されます。

      Windows 2000 SP1 を実行していない場合は、次のファイルをダウンロードします。
      元に戻す画像を拡大する
      ダウンロード
      Q285083_w2k_sp2_x86_en.exe
    マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。
修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付            時刻   サイズ        ファイル名
   --------------------------------------
   12/14/2000  05:11a  626,702  Sp2.cat
				

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Windows 2000 Service Pack 2 で最初に修正されました。

詳細

Windows 2000 のすべての修正プログラムには、カタログ ファイルが含まれています。このカタログ ファイルには、Windows ファイル保護機能で使用される情報が含まれており、この情報は修正プログラム パッケージのファイルの検証に使用されます。Windows 2000 SP1 以降の修正プログラムでは、このカタログ ファイルには Sp2.cat という名前が付いています。 Windows ファイル保護機能の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
222193 Windows ファイル保護機能について
修正プログラムのカタログ ファイルには、それまでの情報がすべて含まれています。最新の修正プログラム ファイルには、その修正プログラム以前に作成されたすべての修正プログラムに関する情報が含まれています。これにより、以前のバージョンの修正プログラム ファイルを有効にしたまま、あるバージョンのファイルをインストールすることができます。

この問題は、次のマイクロソフト Web サイトで参照されるマイクロソフト セキュリティ情報の修正プログラムに影響を与えます。
http://www.microsoft.com/japan/security/
  • セキュリティ情報 :
    MS00-036
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    262694 コンピュータ ブラウザ サービスをシャットダウンできてしまう問題
  • セキュリティ情報 :
    MS00-044
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    267559 [IIS] HTR ファイルの GET で "サービス停止" またはディレクトリが参照される
  • セキュリティ情報 :
    MS00-047
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    269239 NetBIOS の脆弱性により、ネットワークの競合で名前が重複する
  • セキュリティ情報 :
    MS00-050
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    267843 バイナリ入力後に Windows 2000 Telnet Server が応答停止
  • セキュリティ情報 :
    MS00-052
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    269049 [MS00-052] レジストリ呼び出しのプログラムが通常の検索パスを使用する
  • セキュリティ情報 :
    MS00-053
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    269523 サービス コントロール マネージャの名前付きパイプを利用したなりすましの脆弱性
  • セキュリティ情報 :
    MS00-057
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    269862 正規化エラー問題の修正プログラムのリリース
  • セキュリティ情報 :
    MS00-058
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    256888 円記号で終わり、Translate:f が含まれるリクエストで IIS から ASP ファイルのソースが返される
  • セキュリティ情報 :
    MS00-059
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    273735 [INFO] Microsoft Virtual Machine Build 3316 および 関連する Windows 2000 SP1 Hotfixの修正内容一覧
  • セキュリティ情報 :
    MS00-060
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    260347 [IIS 4] クロス サイト スクリプティング問題の修正プログラム
  • セキュリティ情報 :
    MS00-065
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    272736 「静止画像サービスを利用したユーザー権限の昇格」の脆弱性
  • セキュリティ情報 :
    MS00-066
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    272303 RPC サーバー サービスが応答を停止する
  • セキュリティ情報 :
    MS00-067
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    272743 HTML メールのリンクをクリックするとサーバーにユーザー名とパスワードが送信される
  • セキュリティ情報 :
    MS00-069
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    270676 「簡体字中国語 IME の状態認識」の脆弱性
  • セキュリティ情報 :
    MS00-070
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    266433 「LPC ポートのシステム コール」の複数の脆弱性に対する対策
  • セキュリティ情報 :
    MS00-075
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    275526 [INFO] Microsoft Virtual Machine Build 3318 の修正内容一覧
  • セキュリティ情報 :
    MS00-077
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    273854 Microsoft NetMeeting でサービス拒否が発生する
  • セキュリティ情報 :
    MS00-080
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    274149 IIS では Cookie が SSL-Secure としてマークされない
  • セキュリティ情報 :
    MS00-081
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    277007 Microsoft 仮想マシン ビルド 3319 における修正一覧
  • セキュリティ情報 :
    MS00-083
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    274835 ネットワーク モニタのバッファ オーバーフローによる脆弱性
  • セキュリティ情報 :
    MS00-084
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    278499 [MS00-084] インデックス サービスの脆弱性に対する修正プログラム
  • セキュリティ情報 :
    MS00-085
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    278511 「ActiveX におけるパラメータ照合」の脆弱性に対する対策
  • セキュリティ情報 :
    MS00-086
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    277873 [IIS] Web サーバーによるファイル要求の解析の脆弱性への対策
  • セキュリティ情報 :
    MS00-089
    「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) :
    274372 「ドメイン アカウント ロックアウト」の脆弱性の修正プログラム

プロパティ

文書番号: 281767 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 6.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbgraphxlinkcritical kbwin2000presp2fix kbqfe kbsetup kbhotfixserver KB281767
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com