Lync Server 2013 をインストール CsDatabase コマンドレットを使用してデータベースを作成すると、エラー メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2820204 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Lync Server 2013 Enterprise Edition バックエンド ・ データベースを作成しようとすることと仮定します。これを行うには、次の手順のいずれかを使用します。
  • 使用して、 トポロジを公開してください. Lync Server 2013 トポロジ ビルダーのオプションです。
  • 使用して、 データベースをインストールしてください. Lync Server 2013 トポロジ ビルダーのオプションです。
  • 実行します。 インストール CsDatabase ConfigureDatabases PowerShell コマンドレット。
この状況では、次のログ ファイルでエラー メッセージが表示されます。
LocalDrive: \Users\Administrator.contoso\AppData\Local\Temp\2\Create-ApplicationStore-server01.contoso.com-yyyy_mm_dd][hh_mm_ss].log - ログ ファイル

エラー メッセージは、次の再編成します。
Sql Server server01.contoso.com に接続しようとしています。windows 認証を使用しています.
Sql のバージョン: 主要な: 10、マイナー: 50 に 4000 を構築します。
Sql のバージョンが可能です。
パラメーターを検証しています.
DbName の rgsconfig を検証します。
SqlFilePath C:\Program ファイル名 Lync Server の 2013\DbSetup を検証します。
DbFileBase の rgsconfig を検証します。
検証する DbPath C:\CsData\ApplicationStore\ (既定値) \DbPath。
効果的なデータベースのパス: \\ server01.contoso.com \C$\CsData\ApplicationStore\ (既定値) \DbPath。
検証、logpath プロパティ C:\CsData\ApplicationStore\ (既定値) \LogPath。
有効なログのパス: \\ server01.contoso.com \C$\CsData\ApplicationStore\ (既定値) \LogPath。
状態データベースの rgsconfig を確認しています。
状態データベースの rgsconfig を確認しています。
Rgsconfig のデータベースの状態が分離されます。
データベース rgsconfig をデータ ・ パスを接続します。
\\server01.contoso.com \C$\CsData\ApplicationStore\ (既定値) \DbPath、ログのパス
\\server01.contoso.com \C$\CsData\ApplicationStore\ (既定値) \LogPath。
ファイルが不足しているため、操作に失敗しました '
\\ server01.contoso.com \C$\CsData\ApplicationStore\ (既定値) の \DbPath\rgsconfig.mdf'
データベースのアタッチは、ファイルが見つからないために失敗しました。データベースが作成されます。
データベース rgsconfig の DbState_DoesNotExist です。
Rgsconfig のデータベースを新規作成します。データ ファイルのパス (既定値) の C:\CsData\ApplicationStore\ \DbPath、ログ ファイルのパス = (既定値) の C:\CsData\ApplicationStore\ \LogPath を = します。
クリーン インストールを実行するデータベースの rgsconfig。
CREATE DATABASE ステートメントに失敗しました。プライマリ ファイルは、model データベースのコピーに対応するために 100 MB 以上でなければなりません。

原因

この問題は、Lync Server 2013 エンタープライズ エディション バックエンド データベースとして指定されている SQL Server のインスタンスを既定値以外の初期モデル データベースのサイズ、自動拡張の設定を使用するために発生します。

メモ SQL Server の model データベースは、SQL Server のシステム データベースです。このデータベースは、SQL Server のインスタンスに SQL Server データベースのサイズの構成を定義するためのメソッドを提供します。SQL Server のインスタンスのインストール時に、デフォルトの最小ファイル サイズと無制限の成長の最小単位をモデル データベースがインストールされます。データベース管理者は SQL Server のインスタンスに固有の要件を満たすためには、model データベースのファイル サイズと拡張プロパティを更新できます。

SQL Server のインスタンスでは、Lync サーバー 2013年エンタープライズ エディション バックエンドのデータベースのいずれかの既定のサイズよりも大きいサイズの新しい SQL Server データベースを作成するのには、model データベースを構成できます。この構成を使用すると、インストール CsDatabase ConfigureDatabasesの PowerShell コマンドレットは失敗し、「現象」に記載されているエラーが生成されます。

インストール CsDatabase ConfigureDatabasesコマンドレットを使用して作成された Lync Server 2013 エンタープライズ エディション バックエンド データベースは、既定のサイズがあります。データベースの既定のサイズの詳細については、以下を参照してください。

メモ ファイル名の拡張子が .mdf データベースのデータ ファイル、.ldf のファイル名拡張子データベースのトランザクション ログ ファイルを表します。サイズ (mb 単位) です。

rtcab.mdf ・ サイズを 128 の上限を = 128
rtcab.ldf ・ サイズを 128 の上限を = 128

rtcshared.mdf ? サイズ 128 上限を = 128
rtcshared.ldf ? サイズ 128 上限を = 128

rtcxds.mdf ? サイズ 4000 のファイル拡張 = 512 =
rtcxds.ldf ? サイズ 4000 のファイル拡張 = 512 =

rgsdyn.mdf ・ サイズ上限の 32 = 32 =
rgsdyn.ldf ・ サイズ上限の 32 = = 16

cpsdyn.mdf ・ サイズ上限の 32 = 32 =
cpsdyn.ldf ・ サイズ上限の 32 = = 16

rgsconfig.mdf ・ サイズ上限の 32 = 32 =
rgsconfig.ldf ・ サイズ上限の 32 = = 16

lcscdr.mdf ? サイズ 128 上限を = 128
lcscdr.ldf ? サイズ上限を 1024年 = 128

lcslog.mdf ? サイズ 128 上限を = 128
lcslog.ldf ? サイズ上限を 1024年 = 128

qoemetrics.mdf ? サイズ 128 上限を = 128
qoemetrics.ldf ? サイズ上限を 1024年 = 128

解決方法

この問題を解決するのには、次の手順を実行します。

メモ 次の手順を実行するには、SQL Server の管理者と SQL Server の sysadmin ロールのメンバーでなければなりません。
  1. Microsoft SQL Server Management Studio のコンソールを開きます。
  2. Lync Server 2013 エンタープライズ エディションの SQL Server のファイル ストアとして指定されている SQL Server のインスタンスに接続します。
  3. 使用して、 オブジェクト エクスプ ローラー ウィンドウを展開するのには、 システム データベース ノード。
  4. Model データベースを右クリックしをクリックしてくださいプロパティ.
  5. クリックして、 ファイルオプションで、[ページを選択します。 ウィンドウです。
  6. 確認するかどうか、 初期サイズ オブジェクトは、modeldev の論理名を設定する「原因」に記載されているデータベースのデータ ファイルのサイズ値よりも大きいです。
  7. 確認するかどうか、 自動拡張 オブジェクトは、modeldev の論理名を設定する「原因」に記載されているデータベースのデータの上限値超えるです。
  8. 確認するかどうか、 初期サイズ オブジェクトは、modellog の論理名を設定する「原因」に記載されているデータベースのトランザクション ログのサイズ値よりも大きいです。
  9. 確認するかどうか、 自動拡張 オブジェクトは、modellog の論理名を設定する「原因」に記載されているデータベースのトランザクション ログの上限値超えるです。
  10. 手順 6 から手順 9 の結果のいずれかが true の場合は、残りの手順 3. します。

    メモ 結果は、model データベースより大きなデータ サイズと上限の値が既定のサイズよりもデータベースの最後の値 Lync Server 2013 Enterprise Edition を持つデータベースを作成することを指定します。
  11. クリックしてください。 [キャンセル] 閉じるには データベースのプロパティ - モデルします。ダイアログ ボックス。
  12. 使用して、 オブジェクト エクスプ ローラー ウィンドウを展開するのには、 システム データベース ノード。
  13. Model データベースを右クリックしをクリックしてください タスク[ 縮小します。プロパティ データベース.

    メモ 次の手順は、モデルのデータベースを SQL Server のインスタンスのサイズ プロパティを変更します。
  14. クリックしてください。 ].
  15. Model データベースを右クリックしをクリックしてくださいプロパティ.
  16. クリックして、 ファイルオプションで、 [ページを選択します。 ウィンドウです。
  17. Modeldev と modellog の論理名オブジェクトの初期サイズの値を確認してください。「原因」に記載されているデータベースのトランザクション ログ ファイルとデータベースのデータ ファイルの値より小さい値を確認します。Modeldev と modellog データベース ファイルの自動拡張値を SQL Server のインスタンスをここでを既定値に設定します
  18. クリックして、 ... 下のボタンを 自動拡張 modeldev と modellog の論理名のオブジェクト フィールドです。
  19. 詳細 自動拡張を有効にします。 オプションを選択します。 パーセント値を設定するのには10プロパティ].

詳細

Model データベースの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Model データベースに関する一般的な情報

プロパティ

文書番号: 2820204 - 最終更新日: 2013年5月24日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Lync Server 2013
キーワード:?
kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbtshoot kbprb kberrmsg kbmt KB2820204 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2820204
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com