文書番号: 282599 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Office XP プログラムを実行すると、Ctfmon.exe (Ctfmon) というプログラムがバックグラウンドで実行されます。すべての Office プログラムを終了してもこのプログラムは終了しません。

この資料では、Microsoft Text Services (Ctfmon.exe ファイル) についてよく寄せられる質問に回答します。Office XP の入力システムの拡張機能をインストールすると、このプログラムがメモリに読み込まれます。この資料では、以下の質問に回答します。
  • Ctfmon.exe (ctfmon) ファイルの概要を教えてください。
  • Ctfmon.exe ファイルの機能について教えてください。
  • Ctfmon.exe ファイルを削除できますか。
  • MSConfig の項目から Ctfmon.exe を削除しても Ctfmon.exe が起動します。
  • Office XP から入力システムの拡張機能を削除しても Ctfmon.exe が実行されます。Ctfmon.exe が起動しないようにする方法を教えてください。
  • Ctfmon.exe は実行中、システム リソースをどのぐらい消費しますか。
  • 必要なときにのみ Ctfmon.exe が読み込まれるようにすることはできますか。
  • [プロセスの終了] をクリックして Ctfmon.exe プロセスを終了すると問題が発生しますか。
  • Ctfmon.exe の動作はどのオペレーティング システムでも同じですか。

詳細

Ctfmon.exe (ctfmon) ファイルの概要を教えてください。

Ctfmon.exe により、入力システムを拡張するテキスト入力プロセッサ (TIP) および Microsoft Office 言語バーがアクティブになります。

Ctfmon.exe ファイルの機能について教えてください。

Ctfmon.exe はアクティブなウィンドウを監視し、音声認識、手書き認識、キーボード、翻訳機能などのユーザー入力テクノロジをサポートするテキスト入力サービスを提供します。

Ctfmon.exe ファイルを削除できますか。

Ctfmon.exe を削除すると、Office XP プログラムの動作に問題が生じることがあるため、このファイルを削除することはお勧めしません。Ctfmon.exe が実行されないようにするには、以下の手順を実行します。

手順 1 : 入力システムの拡張をアンインストールする

入力システムの拡張をアンインストールするには、Office XP セットアップでインストールの状態を [インストールしない] に設定します。

Microsoft Windows 98、Microsoft Windows Millennium Edition (Me)、または Microsoft Windows NT 4.0
  1. Office プログラムをすべて終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  3. コントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  4. [インストールと削除] タブで、[Microsoft Office XP product] をクリックします (Office XP product は使用している特定の Office 製品の名前です)。Office アプリケーションの 1 つを単独で使用している場合は、一覧の中から該当する製品名をクリックします。[追加と削除] をクリックします。
  5. [メンテナンス モード オプション] ダイアログ ボックスで、[機能の追加/削除] をクリックし、[次へ] をクリックします。[Office のアプリケーションとツールのインストール オプションを指定してください] ダイアログ ボックスが表示されます。
  6. [Office 共有機能] の横の正符号 (+) をクリックして展開します。
  7. [入力システムの拡張] の横にあるアイコンをクリックし、[インストールしない] をクリックします。
  8. [更新] をクリックします。
: Office XP Professional と Publisher 2002 のように、複数の Office XP 製品をインストールしている場合は、インストールした製品ごとに上記の手順を繰り返し実行する必要があります。

Microsoft Windows 2000 および Microsoft Windows XP
  1. Office プログラムをすべて終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。

    : Windows XP の場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  3. コントロール パネルで [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。

    : Windows XP の場合は、[プログラムの追加と削除] をクリックします。

  4. [現在インストールされているプログラム] ボックスの一覧の [Microsoft Office XP product] をクリックします (Office XP product は使用している特定の Office 製品の名前です)。Office アプリケーションの 1 つを単独で使用している場合は、一覧の中から該当する製品名をクリックします。[変更] をクリックします。
  5. [メンテナンス モード オプション] ダイアログ ボックスで、[機能の追加/削除] をクリックし、[次へ] をクリックします。[Office のアプリケーションとツールのインストール オプションを指定してください] ダイアログ ボックスが表示されます。
  6. [Office 共有機能] の横の正符号 (+) をクリックして展開します。
  7. [入力システムの拡張] の横にあるアイコンをクリックし、[インストールしない] をクリックします。
  8. [更新] をクリックします。
: Office XP Professional と Publisher 2002 のように、複数の Office XP 製品をインストールしている場合は、インストールした製品ごとに上記の手順を繰り返し実行する必要があります。

手順 2 : テキスト サービスから入力システムの拡張を削除する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] で [テキスト サービス] をダブルクリックします。

    : Windows XP の場合は、[日付、時刻、地域と言語のオプション] をクリックし、[地域と言語のオプション] をクリックします。[言語] タブをクリックし、[詳細] をクリックします。

  3. [インストールされているサービス] ボックスの一覧に表示されている入力項目をそれぞれクリックし、[削除] をクリックします。以下のサービスを除いて、すべてのサービスを 1 つずつ削除する必要があります。
日本語 - 既定値 (Microsoft IME 2000)

手順 3 : Regsvr32 /U を Msimtf.dll と Msctf.dll ファイルに対して実行する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスで、次のコマンドを入力します。
    Regsvr32.exe /u msimtf.dll
  3. [OK] をクリックします。
  4. Msctf.dll ファイルに対して手順 1. 〜 3. を繰り返します。
CTFMon.exe を削除する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
313176 ランダムにプログラムが起動したり終了したり、フォーカスを失ったり取得したりする

MSConfig の項目から Ctfmon.exe を削除しても Ctfmon.exe が起動します。

MSConfig の項目から Ctfmon.exe を削除しても Ctfmon.exe を無効にすることはできません。Ctfmon.exe を無効にする方法の詳細については、この資料の「Ctfmon.exe ファイルを削除できますか」を参照してください。

Office XP から入力システムの拡張機能を削除しても Ctfmon.exe が実行されます。Ctfmon.exe が起動しないようにする方法を教えてください。

入力システムの拡張機能と異なり、Ctfmon.exe はシステム コンポーネントであるため削除できません。Ctfmon.exe を無効にする方法の詳細については、この資料の「Ctfmon.exe ファイルを削除できますか」を参照してください。

Ctfmon.exe は実行中、システム リソースをどのぐらい消費しますか。

詳細なテキスト サービスが実行されていない場合、Ctfmon.exe はシステム リソースをほとんど消費しません。詳細なテキスト サービスとは、TIP 経由で Ctfmon.exe によって制御される入力テクノロジ (音声認識、手書き認識および IME など) を指します。

必要なときにのみ Ctfmon.exe が読み込まれるようにすることはできますか。

入力システムの拡張機能は、必要に応じてロード/アンロードする設計ではありません。

[プロセスの終了] をクリックして Ctfmon.exe プロセスを終了すると問題が発生しますか。

Ctfmon.exe を手動で終了することはお勧めできません。Ctfmon.exe を停止する必要がある場合は、「Ctfmon.exe ファイルを削除できますか」に記載されている方法を使用することをお勧めします。

Ctfmon.exe の動作はどのオペレーティング システムでも同じですか。

一般的に、どのオペレーティング システムでも同じです。Ctfmon.exe は、異なる Microsoft Windows オペレーティング システム上で同じタスクを実行します。

その他の情報

Ctfmon.exe は入力システムの拡張テクノロジを制御する役目を果たすファイルです。Systray の言語バー コンポーネントを起動し、Office XP プログラムの終了後もバックグラウンドで実行されます。また、Office XP プログラムの起動とは無関係に、Windows の起動時にもバックグラウンドで実行されます。

Ctfmon.exe は、Office XP 入力システムの拡張コンポーネントのインストール後、Windows セッションの継続中はバックグラウンドで常に動作するよう設計されています。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 282599 (最終更新日 2003-10-23) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 282599 - 最終更新日: 2004年9月17日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Word 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto KB282599
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com