SharePoint リストのデータ拡張機能を使用して、レポートを SSRS 2008 R2 または SSRS 2012 のと異なるデータが返されます

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2826162 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオについて考えてみましょう:

  • Microsoft SQL Server レポート サービス 2008 R2 (SSRS 2008 R2) または Microsoft SQL Server レポート サービス 2012 (SSRS 2012) レポートは、Microsoft SharePoint リストやドキュメント ライブラリがあります。
  • レポートで、組み込みの SQL Server レポート サービス SharePoint リストのデータ拡張機能を使用します。
  • SharePoint リストまたはドキュメント ライブラリに基づいているデータセット クエリを作成し、レポート デザイナーでクエリを実行します。
  • SharePoint リストまたはドキュメント ライブラリをホストを SharePoint ファームにレポートを配置します。
この状況では、データセット クエリは、レポート デザイナーでは、SharePoint ファーム内の別の結果を返します。

たとえば、sharepoint のフォルダーなしのすべてのアイテムを表示するビューをドキュメント ライブラリ内の選択は、新しいビューが作成します。新しいビューは、ドキュメント ライブラリの既定のビューとして設定します。この状況では、レポート、レポート デザイナーでレポート SharePoint ファームよりも別のデータを返します。

注: レポートを SharePoint サイトに配置する場合は、最上位のフォルダーとドキュメント ライブラリのファイルのみが返されます。ただし、レポート デザイナーの既定のビューを反映するすべてのファイル フォルダーの場所に関係なく変更を返します。

原因

この問題は、SharePoint リストと同じファーム内のレポートの実行時、SSRS 2008 R2 または 2012 の SSRS では異なるコード パスがあるために発生します。レポートは、ローカルの SharePoint ファームを実行すると、 SPLocalConnectionのパスを使用して、リストが取得されます。パス SOAP 呼び出しを SharePoint リストから直接読み込んでローカル情報のコピー、リスト ビューの既定の構成をビルドします。したがって、 SPLocalConnectionのパスは既定のビューの変更は反映されません。

ただし、レポート デザイナー、レポートを実行すると、レポートは、 SPRemoteConnectionのパスを使用します。このパスのような SOAP 呼び出しを使用して、 GetListCollection 関数です。この関数は、リモート接続経由で HTTP がローカル接続ではなく、サイトを取得します。そのため、既定のビュー構成に変更します。

回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • ネイティブ モードのレポート サーバーにレポートを配置してから、ネイティブ モードのレポート サーバーからレポートを実行します。

    SharePoint で、レポートを表示する必要がある場合は、SharePoint では、ネイティブ モードのレポート ビューアー Web パーツをインストールしてからレポートを Reporting Services のネイティブ インスタンスを呼び出します。

    表示および SharePoint Web パーツを使用して、ネイティブ モードのレポートを表示する方法の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
  • SharePoint リストまたはドキュメント ライブラリにレポートを配置する必要があるファームにアクセスすることができます異なる SharePoint ファームを展開します。したがって、レポートをローカル ファームにリストをリモート アクセスできます。
  • XML データ拡張機能を使用して、SharePoint リストのデータ拡張機能を使用せずに XML クエリを作成します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2826162 - 最終更新日: 2013年3月19日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Express
  • Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • SQL Server 2012 Enterprise Core
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 2
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
キーワード:?
kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseadvanced kbmt KB2826162 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2826162
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com