Qfecheck.exe で Windows 2000 および Windows XP にインストールされた修正プログラムを検証する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 282784 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP282784
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、コマンド ライン ツール Qfecheck.exe をリリースしました。このツールを使用すると、ネットワーク管理者は、インストール済み Windows 2000 および Windows XP の修正プログラムの追跡と検証をより確実に行うことができます。このツールを使用した場合の利点を以下に示します。
  • 適切にインストールされていると考えていた修正プログラムに問題が発生している場合、問題解決にこのツールを役立てることができます。このツールのリリース前は、コンピュータにインストールされている修正プログラムの特定には、多少の困難が伴いました。このシンプルなツールを使用することにより、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の文書番号順に、インストール済みの修正プログラムを簡単に列挙することができます。このツールのリリースにより、ユーザーは、有償のサポート サービスを使用したり、予期しないダウンタイムが発生したりする前に、適切な修正プログラムが既にインストールされていることを確認することができます。
  • 企業の多くは、特定のデータ センターのすべてのサーバーで必要とされる、一般的な修正プログラム セットを把握しています。Windows 2000 および Windows XP の修正プログラムが、一貫した方法で多くのサーバーに適用されていることを容易に確認するには、このツールを使用して組織内のコンピュータごとにログを作成し、どの修正プログラムがインストール済みであるかを調べます。これらのログの作成後、簡単にログをスキャンすることができ、一貫性を保つことができます。
  • ネットワークの問題、更新プログラム自体の問題、または後から適用した修正プログラムが以前の修正プログラムを不適切に上書きする問題により、修正プログラムが破損したり、誤って削除されたりすることがまれにあります。このツールでは、修正プログラムがインストールされているかどうかだけでなく、修正プログラムがコンピュータで最新の状態にあるかどうかも確認することができます。
  • マイクロソフトは、組織内で一貫性のあるプラットフォームを維持することが、システム全体の安定性や稼働時間の向上につながることを認識しています。マイクロソフトでは、このツールを使用して定期的にコンピュータを調べることは、使用中のコンピュータの信頼性を高めるための最善の対策であると考えています。

詳細

Qfecheck.exe では、次のレジストリ キーに格納されている情報を読み取ることによって、インストールされている修正プログラムを特定します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates
Qfecheck.exe ツールは、インストールされている修正プログラムごとに、このキーに格納されているファイルのバージョン情報を使用して、インストールされているバイナリ ファイルをチェックし、バージョン情報が一致しているかどうかを検証します。

Qfecheck.exe により識別される項目は次のとおりです。
  • 修正プログラムが適用されているが、インストールされたバイナリ ファイルが最新ではないファイル

    Qfecheck は、各更新プログラムに関連付けられているレジストリ キーを読み取って、レジストリ キーに記録されているバージョン番号とインストールされている同じファイルのバージョン番号を調べます。インストールされているファイルのバージョン番号が、レジストリに記録されているバージョン番号よりも小さい場合、Qfecheck によりエラーが報告されます。
  • 最新だが、インストールされたカタログで有効と見なされない修正プログラム ファイル

    Qfecheck は、修正プログラムによりインストールされた各ファイルについて、Windows ファイル保護 (WFP) でファイルの検証に使用される情報がコンピュータの現在のカタログに含まれていることを確認します。レジストリ内の修正プログラム情報では有効になっているファイルが、インストールされているカタログと一致しない場合、Qfecheck によりエラーが報告されます。

    : この場合に WFP が実行されると、修正プログラムによってインストールされたファイルは、前のバージョンにロールバックされます。
Qfecheck を実行すると、コマンド プロンプト ウィンドウに情報が表示されます。/l スイッチを使用して Qfecheck の実行結果をログ ファイルに記録する場合、場所を指定しない限り、そのログ ファイルは現在のフォルダに格納されます。この場所は、UNC (汎用名前付け規則) パスを含む、任意の有効なパスになります。Qfecheck がイベント ログに情報を出力することはありません。

Windows 2000 版の Qfecheck により、システム カタログに含まれる一部のファイルが有効でないことが報告された場合、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
281767 Service Pack 1 以降の修正プログラムで発生するバージョンの問題を解決する更新版の Sp2.cat

Qfecheck.exe の入手方法

Windows XP Home および Windows XP Professional

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
Download
Q282784_WXP_SP1_x86_ENU.exe
リリース日 : 2002 年 1 月 18 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Windows 2000

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
Download
Q282784_W2K_spl_X86_EN.exe
リリース日 : 2002 年 1 月 18 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Qfecheck.exe のコマンド構文

QFECheck は Windows のすべての言語環境で使用できますが、テキストの出力は英語のみです。
QFECHECK [/l[:location] /v /q /?]

   /l   Log output to <Computername>.log in the current folder
        location. Use the specified location to store the 
        log file.
   /v   Verbose output
   /q   Quiet mode
   /?   This help
					

Qfecheck による出力の例

Service Pack や修正プログラムがインストールされていない Windows 2000 の場合
Windows 2000 Hotfix Validation Report for \\WinAdvSrv
Report Date: 1/7/2001 9:9pm

Current Service Pack Level:

Hotfixes Identified:No Hotfixes found on system.
修正プログラムがインストールされていない Windows 2000 Service Pack (SP1) の場合
Windows 2000 Hotfix Validation Report for \\WinAdvSrv
Report Date: 1/7/2001 9:39pm

Current Service Pack Level: Service Pack 1

Hotfixes Identified:No Hotfixes found on system.
Q274835 がインストールされている Windows 2000 SP1 の場合
Windows 2000 Hotfix Validation Report for \\WinAdvSrv
Report Date: 1/7/2001 9:54pm

Current Service Pack Level: Service Pack 1

Hotfixes Identified:
Q274835: Current on system.
修正プログラムがインストールされ、バイナリ ファイルは正しいが、カタログが正しくない Windows 2000 SP1 の場合
Windows 2000 Hotfix Validation Report for \\WinAdvSrv
Report Date: 1/9/2001 2:49pm

Current Service Pack Level: Service Pack 1

Hotfixes Identified:
Q267866: Current on system.
Q272743: This hotfix should be reinstalled.
/v (詳細出力) スイッチを使用した場合
Windows 2000 Hotfix Validation Report for \\WinAdvSrv
Report Date: 1/11/2001 9:24pm

Current Service Pack Level: Service Pack 1

Hotfixes Identified:
Q267866: Current on system.
Q272743: This hotfix should be reinstalled.

The following files are not valid in the system catalog:
C:\WINNT\SYSTEM32\TELNET.EXE
C:\WINNT\SYSTEM32\DLLCACHE\TELNET.EXE
修正プログラムがインストールされているが、バイナリ ファイルが最新でない Windows 2000 SP1 の場合
Windows 2000 Hotfix Validation Report for \\WinAdvSrv
Report Date: 1/9/2001 10:54pm

Current Service Pack Level: Service Pack 1

Hotfixes Identified:
Q267866: Current on system.
Q272743: This hotfix should be reinstalled.
/v (詳細出力) スイッチを使用した場合
Windows 2000 Hotfix Validation Report for \\WinAdvSrv
Report Date: 1/11/2001 9:30pm

Current Service Pack Level: Service Pack 1

Hotfixes Identified:
Q267866: Current on system.
Q272743: This hotfix should be reinstalled.

The following files are incorrect for this hotfix:
C:\WINNT\SYSTEM32\TELNET.EXE
C:\WINNT\SYSTEM32\DLLCACHE\TELNET.EXE

その他の情報

Windows 2000 および Windows XP のすべてのファイルが WFP により保護されているわけではありません。修正プログラムには、.asp ファイル、.chm ファイルなどの更新内容が含まれる場合があります。これらのファイルのカタログ情報はコンピュータに存在しないため、Qfecheck がこれらのファイルを検証することはありません。

Qfecheck.exe ファイルは、%SystemRoot%\System32 フォルダに格納されます。インストールしただけでは、修正プログラムの整合性は検証されません。検証するには、コマンド プロンプト ウィンドウを開いて、Qfecheck.exe を実行する必要があります。

Qfecheck.exe の Microsoft Windows 95 版も用意されていますが、Windows 2000 または Windows XP では、そのバージョンの Qfecheck.exe を使用しないでください。 Windows 95 版の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
145990 Windows 95 Update Information Tool (Qfecheck.exe)

プロパティ

文書番号: 282784 - 最終更新日: 2007年10月26日 - リビジョン: 6.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows XP 64-Bit Edition Version 2003
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbbug kbfix kbgraphxlinkcritical kbqfe kbwin2000sp3fix kbenv kbsetup kboswin2000fix kbwinxpsp1fix kbhotfixserver kbproductlink KB282784
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com