Windows 2000 でシリアル デバイスがシリアル マウスとして検出される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 283063 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP283063
重要 : この資料には、レジストリの編集に関する情報が含まれています。レジストリを編集する前に、問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。復元方法の詳細については、Regedit.exe のヘルプ トピック「レジストリを復元する」、または Regedt32.exe のヘルプ トピック「レジストリ キーを復元する」を参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows 2000 ベースのコンピュータを使用している場合、シリアル デバイスがシリアル マウスとして検出されることがあります。

原因

この問題は、シリアル マウスとして検出される他の種類のデバイスの大半が、常にシリアル ポートにデータを送信するため、検出コードがそのデバイスを誤ってシリアル マウスとして検出してしまうために発生する可能性があります。

解決方法

この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手してください。関連情報については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
修正プログラムの属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
日付         時刻     バージョン        サイズ      ファイル名
------------------------------------------------------
7/22/2002  12:05p   5.0.2195.3649   13,936   Serenum.sys
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要です。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

レジストリの編集方法の詳細については、レジストリ エディタ (Regedit.exe) のヘルプ トピック「キーと値の変更」、または Regedt32.exe のヘルプ トピック「レジストリ情報の追加と削除」と「レジストリ情報の編集」を参照してください。レジストリを編集する前にレジストリのバックアップを必ず作成してください。Windows NT または Windows 2000 を実行している場合、システム修復ディスク (ERD) も更新する必要があります。

修正プログラムの適用後、以下の手順に従います。
  1. レジストリ エディタ (Regedt32.exe) を起動します。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、[名前] ボックスに regedt32 と入力し、Enter キーを押します。
  2. COM ポートの EnumeratorDeviceIDInstanceID を識別する方法については、下記の「詳細」を参照してください。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Enum\Enumerator\DeviceID\InstanceID\Device Parameters
    各ポートに 1 つずつ InstanceID があるので注意してください。

    : EnumeratorDeviceIDInstanceID を特定する手順については、下記の「詳細」を参照してください。
  3. : [編集] メニューの [値の追加] をクリックし、次のレジストリの値を追加します。
    値名 : SkipEnumerations
    データ型 : REG_DWORD
    基数 : 16 進数
    値 : 0 から FFFFFFFE
    ゼロ (0) の値に設定すると機能が無効になり、デバイスの検出が再開されます。プラグ アンド プレイは列挙するたびに、1 つずつカウントダウンし、ゼロまでカウントダウンすると、ハードウェアを再列挙して、レジストリ値から再びカウントダウンを開始します。コンピュータを再起動すると、プラグ アンド プレイは入力された値から再びカウントを開始します。
  4. : レジストリ エディタを終了します。

回避策

この問題を回避するには、デバイスが誤って検出された状態から、デバイス マネージャを使用してデバイスが接続されているポート以外のデバイスを無効にし、コンピュータを再起動します。こうすることにより、ポートは正しく機能し、誤って検出されたデバイスが無効になります。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版サービスパック 3 以降に含まれております。ただし、日本語版サービスパック 3 適用後も、[解決方法] に記述されているレジストリの追加をする必要があります。また、Windows XP においても、本問題を解決するモジュールが含まれていますが、同様にレジストリの追加をする必要があります。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法

詳細

Windows 2000 Datacenter Server 用修正プログラムの入手方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
265173 Datacenter Program と Windows 2000 Datacenter Server
複数の修正プログラムのインストールを 1 回の再起動のみで行う方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
296861 QChain.exe を使用して複数の修正プログラムを同時にインストールし、再起動を 1 回で済ませる方法
列挙のスキップの変更をレジストリに加えると、GPS がシリアル マウスとして検出されなくなっても、アプリケーションが GPS デバイスの初期化に失敗することがあります。これは代替のシリアル デバイスがまだロードされることに関連している可能性があります。 マウスおよび他のポインティング デバイスから、検出されないデバイスを検出およびアンインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
241257 Device Manager Does Not Display Devices Not Currently Present in Windows 2000

マザーボード ベースの COM ポート

まず、レジストリの変更を行う前に、どの HAL が使われているかを判断する必要があります。システムで実行している HAL を判断するには、デバイス マネージャを開き、[コンピュータ] を展開します。
  • システムで ACPI HAL が使われている場合、上の手順 3. に示した SkipEnumerations Reg_DWORD 値を、次のキーの下の選択したシリアル ポートに追加できます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\ACPI\PNP0501\Port#\Device Parameters
  • システムで Standard (ACPI HAL 以外) が使われている場合、上の手順 3. に示した SkipEnumerations Reg_DWORD 値を、次のキーの下の選択したシリアル ポートに追加できます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\*PNP0501\Port#\Device Parameters
    : Port#= InstanceID

シリアル ポート アドオン カード上の COM ポート

ポートが複雑であるため、レジストリでポートの正しい場所を探す必要があります。以下に、各コンポーネントを見つけて識別する方法を示します。
  1. デバイス マネージャを開き、Com ポートのデバイスの説明または "フレンドリ名" を表示します。
  2. C:\Winnt で Setupapi.log を見つけ、setupapi.log で、問題のポートに接続されているデバイスの、デバイス マネージャに表示されているものと同じデバイスの説明を探します。
  3. setupapi.log でデバイスを見つけたら、「Enumerator\DeviceID\InstanceID のコピーのみのインストールを実行しています。 」というエントリが見つかるまで、ゆっくりと下へスクロールします。

    例 : MF\PCI#VEN_131F&DEV_2052&SUBSYS_2052131F&REV_00\3&1E67C166&0&50#CHILD0003 のコピーのみのインストールを実行しています。

    Enumerator= MF

    DeviceID= PCI#VEN_131F&DEV_2052&SUBSYS_2052131F&REV_0
    InstanceID= 3&1E67C166&0&50#CHILD0003

    : 特定の InstanceID ごとに \Device Parameter のキーの下にSkipEnumerations Reg_DWORD 値を追加します。
  4. 例 : MF\PCI#VEN_131F&DEV_2052&SUBSYS_2052131F&REV_00\3&1E67C166&0&50#CHILD0003 のコピーのみのインストールを実行しています。 regedt32.exe を開き、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum5 を展開します。Enumerator を展開し、DeviceID を見つけて展開して、その下の InstanceID を展開します。これが値を追加するシリアル カードの特定のポートのデバイス ID です。

    Windows 2000 を実行するコンピュータ上のシリアル ポートへデバイスを接続し、コンピュータを再起動すると、コンピュータの起動時にオペレーティング システムがデバイスを列挙し、新しいハードウェアまたは取り外されたハードウェアがないか探します。この検出フェーズで、コンピュータはシリアル ポートを検出し、接続されているデバイスの種類を判断しようとします。一般にソフトウェアは、デバイスがグローバル ポジショニング システム (GPS) デバイスなどのシリアル マウス以外の種類のハードウェアである場合、シリアル マウスが接続されているものとして検出します。
  5. 例 : MF\PCI#VEN_131F&DEV_2052&SUBSYS_2052131F&REV_00\3&1E67C166&0&50#CHILD0003 のコピーのみのインストールを実行しています。 列挙子を展開し、DeviceID を見つけて展開し、その下の InstanceID を展開します。これが値を追加するシリアル カードの特定のポートのデバイス ID です。
Windows 2000 と Windows 2000 の修正プログラムを同時にインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
249149 Microsoft Windows 2000 および Windows 2000 ホットフィックスのインストール

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 283063 (最終更新日 2002-10-11) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 283063 - 最終更新日: 2006年3月23日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
キーワード:?
kbbug kbfix kbwin2000presp3fix kbtool kbhardware kbwin2000sp3fix kbbaseos kbhotfixserver KB283063
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com