FIX ADO レコード セットまたはコマンドを集約するメモリ リークが発生可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 283106
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Visual C とアプリケーションまたはダイナミック リンク ライブラリ (DLL) ActiveX データ オブジェクト (ADO) を集約します。 レコード セット または コマンド オブジェクトでないリソースのため、深刻なメモリ リークが発生する場合を解放、 リリース 関数は、オブジェクトで呼び出されます。

2.6 RTM (2.60.6526) すべての前に ADO のバージョンとなどのバージョンで発生します。

原因

集計で レコード セットコマンド あるオブジェクトの実装を使用して、 CComAggObject クラスで Active Template Library (ATL)。 CComAggObject その参照カウントがゼロになりだけを削除すると、自分自身を削除、 レコード セット または コマンド オブジェクトもします。は、 レコード セット または コマンド オブジェクト 用語 また、クリーンアップの割り当てられているリソースがある関数は呼び出されません。

解決方法

MDAC

この問題を解決するには、Microsoft MDAC 2.5 の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
293312[INFO] 最新の MDAC 2.5 の入手方法の Service Pack
この問題は、Microsoft データ アクセス コンポーネント 2.6 Service Pack 1 で修正済みです。
詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
300635 情報: 最新の MDAC 2.6 を入手する方法の Service Pack
英語版のこの修正プログラムは、次のファイル属性があります以降。

MDAC 2.5
   Date          Version        Size             File name
   ------------------------------------------------------------
   12/14/2000    2.53.6013.0     20,480 bytes    Msader15.dll	
   12/14/2000    2.53.6013.0    491,792 bytes    Msado15.dll	
   12/14/2000    2.53.6013.0    172,304 bytes    Msadomd.dll	
   12/14/2000    2.53.6013.0     57,616 bytes    Msador15.dll	
   12/14/2000    2.53.6013.0    188,688 bytes    Msadox.dll	
   12/14/2000    2.53.6013.0     57,616 bytes    Msadrh15.dll	   	
   12/14/2000    2.53.6013.0     94,480 bytes    Msjro.dll	
   12/22/2000                   824,744 bytes    Q283106_w2k_sp3_x86_en.exe
				

状況

MDAC

Microsoft では、これ問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、まず Microsoft MDAC 2.5 Service Pack 3 で修正済みです。 この問題は、まず Microsoft データ アクセス コンポーネント 2.6 Service Pack 1 で修正済みです。

Windows 2000

Microsoft では、これ問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この動作は、アプリケーションの Visual C でを使用して、開発者が意図的に集計のみ書き込まれたときに発生する可能性がありますです。 レコード セット または コマンド オブジェクト。集計を Visual Basic から実行できないためこの現象 Microsoft Visual Basic のアプリケーションは発生しません。

2.5 RTM (2.50.4403) と 2.5 SP1 の両方で、MDAC 2.5 バージョンのこの修正プログラムを適用ことができます (2.50.5303)。

現象の再現手順

  1. 新しい Visual C コンソール アプリケーションには、次のコードを貼り付けます、コンパイルし、コードを実行します。
    #include "objbase.h"
    #import "c:\Program Files\Common Files\System\ado\msado15.dll" no_namespace rename( "EOF", "adoEOF" )
    
    struct InitOle {
      InitOle()  { ::CoInitialize(NULL); }
      ~InitOle() { ::CoUninitialize();   }
    } _init_InitOle_; 
    
    
    
    class MyClass : public IUnknown
    {
    public:
    	MyClass()
    	{
    		m_refCount = 0;
    	}
    
    	STDMETHODIMP_(ULONG) AddRef()
      {
    		m_refCount++;
    		return m_refCount;
      }
    
    	STDMETHODIMP_(ULONG) Release()
    	{
    		m_refCount--;
    		return m_refCount;
      }
    
    	STDMETHODIMP QueryInterface(REFIID riid, void **ppv)
    	{
    		if (riid == IID_IUnknown) {
    			*ppv = static_cast<IUnknown *> (this);
    			AddRef();
    			return S_OK;
    		}
    
    		return E_NOINTERFACE;
    	}
    
    private:
    	ULONG m_refCount;	
    };
    
    
    int main(int argc, char* argv[])
      {
    	MyClass cls;
    	HRESULT hr;
    	IUnknown *pUnkInner;
    
    	CoInitialize(NULL);
    	cls.AddRef();
    
    	for (int i=0; i<10000; i++)
    	{
    		//while (true) {
    		pUnkInner = NULL;
    		hr = CoCreateInstance(__uuidof(Recordset), &cls, CLSCTX_INPROC_SERVER, IID_IUnknown,
    			(void **) &pUnkInner);
    		pUnkInner->Release();
    	}
    	return 0;
    }
    					
  2. パフォーマンス モニターを起動し、実行可能ファイルの実行するためのプライベート バイトのカウンターを選択します。メモリの増加量は、割り当てのメモが解放されます。

プロパティ

文書番号: 283106 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbmdac260sp1fix kbmdac250sp3fix kbhotfixserver kbmt KB283106 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:283106
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com