文書番号: 283673 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP283673
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料では、Windows XP Service Pack 2 および Service Pack 3 でファイアウォールを有効または無効にする方法について説明します。ファイアウォール内にあるアプリケーションが正常に機能しないときに、ファイアウォールを無効にしてトラブルシューティングできる場合があります。

注: ファイアウォールとは、インターネットまたはネットワークからの情報をチェックするソフトウェアやハードウェアのことです。さらに、ファイアウォールは情報をブロックしたり、コンピューターと情報を受け渡ししたりします。情報がブロックされるか、渡されるかは、ファイアウォールの設定によって決まります。ファイアウォールを使用すると、ワームなどの悪意のあるソフトウェアがネットワークやインターネットを経由してお使いのコンピューターにアクセスできないようにすることが可能です。ファイアウォールは、お使いのコンピューターから他のコンピューターに悪意のあるソフトウェアを送信しないようにすることもできます。Windows XP、Windows XP Service Pack 2 (SP2)、および Windows XP Service Pack 3 (SP3) にはファイアウォール ソフトウェアが付属しています。

ファイアウォールを有効にする方法



注: 以下の手順は、Windows XP SP2 および Windows XP SP3 のみで使用できます。Windows XP の以前のバージョンには使用できません。搭載している Windows XP のバージョンがわからない場合には、「現在の Service Pack を特定する方法」セクションに進んでください。

ファイアウォールを有効にするには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分でこれを行うには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

ファイアウォールを自動的に有効にするには、[この問題を解決する] リンクをクリックします。続いて [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。


この問題を解決する
Microsoft Fix it 50102


注: このウィザードは英語版のみである場合があります。ただし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

注: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

Windows ファイアウォールを有効にするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「Firewall.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [全般] タブで、[有効 (推奨)] をクリックします。
  3. [OK] をクリックします。
注: [全般] タブまたは [有効 (推奨)] オプションが使用できない場合でも、システムにファイアウォールを実行するポリシーがある可能性があります。ファイアウォールを有効にする方法に関する詳細については、システム管理者に問い合わせてください。また、システムでサードパーティ製のファイアウォール (Zone Alarm や Norton Internet Security など) が既に実行されている場合もあります。システムでファイアウォールが既に実行されているかどうかを判断するには、システム管理者に問い合わせてください。

システム管理者に問い合わせた後にもサポートが必要な場合は、サポートに問い合わせてください

ファイアウォールを無効にする方法

注: 以下の手順は、Windows XP SP2 および Windows SP3 のみで使用できます。Windows XP の以前のバージョンには使用できません。搭載している Windows XP のバージョンがわからない場合には、「現在の Service Pack を特定する方法」セクションに進んでください。

注: ファイアウォールを無効にすると、コンピューターが攻撃に対して脆弱になります。したがって、ファイアウォールを無効にする前に、すべてのネットワークからコンピューターの接続を切断してください。これには、インターネットが含まれます。または、サードパーティ製のファイアウォールを有効にすることができます。

Windows ファイアウォールを無効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「Firewall.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [全般] タブで、[無効 (推奨されません)] をクリックします。
  3. [OK] をクリックします。

現在の Service Pack を特定する方法

Service Pack の更新版のダウンロードを開始する前に、現在実行している Service Pack のバージョンを特定する必要があります。現在実行している Service Pack のバージョンを特定するには、以下の手順を実行します。
  • [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「sysdm.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
System の下にある最後の行から、実行中の Service Pack のバージョンがわかります。一覧に Service Pack が表示されない場合には、Windows XP の初期バージョンが実行されています。

警告: Windows XP または Windows XP Service Pack 1 の初期バージョンが実行されている場合、製品の有効期限が過ぎています。したがって、更新プログラムのサポートは利用できません。できるだけ早く Windows XP SP3 に更新する必要があります。 最新の Windows XP Service Pack の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322389 Windows XP の最新の Service Pack を入手する方法

詳細

Windows XP SP2 の Windows ファイアウォールに関する変更については、2004 年 1 月に公開された The Cable Guy の資料「Microsoft Windows XP Service Pack 2 の新しいネットワーク機能」を参照してください。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 283673 - 最終更新日: 2013年6月6日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2004
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
キーワード:?
kbmsifixme kbfixme kbenv kbfirewall kbarttypeshowme kbhowtomaster kbnetwork KB283673
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com