Office XP のインストール時にエラー メッセージ "エラー 2355。ファイル キャビネットにアクセスできません。" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 284250 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP284250
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Office XP のインストール時に、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
エラー 2355。ファイル キャビネットにアクセスできません。ネットワークへの接続または CD-ROM ドライブに問題ないか確認してください。それ以外の可能性のある解決法については C:\Program Files\Microsoft Office\Office10\1033\SETUP.HLP を参照してください。
[再試行] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー 2351。キャビネット 'F273_l1033.ngr.510B3546_8F44_45B7_ADF0_55E2CFD58592' 内にファイル キー 'OFFICE1.CAB' が見つかりません。ネットワークへの接続または CD-ROM ドライブに問題がないか確認してください。それ以外の可能性のある解決法については C:\Program Files\Microsoft Office\Office10\1033\SETUP.HLP を参照してください。
この現象は、コンピュータをクリーン ブートした場合にも発生します。

また、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
エラー 1335. このインストールに必要なキャビネット ファイル <filename.cab> は壊れているため使用できません。ネットワーク エラーまたは CD-ROM からの読み取りエラーが発生したか、このパッケージに問題がある可能性があります。

解決方法

この問題には、複数の解決方法があります。効率的に解決するために、以下の解決方法を記載されている順に実行してください。
  1. Office XP の CD-ROM に収録されているバージョンの Windows インストーラをインストールします。
  2. Administrator としてログオンします (Windows NT 4.0 と Windows 2000 の場合のみ)。
  3. 別の場所からインストールします。
  4. ウイルス対策ソフトウェアを無効にするか、アンインストールします。
  5. CD-ROM の破損または CD-ROM ドライブの障害がないかどうかテストします。

Office XP の CD-ROM に収録されているバージョンの Windows インストーラのインストール

このエラー メッセージは、Windows インストーラと一部の CD-ROM ドライブに関する問題が原因で発生することがあります。更新版の Windows インストーラをインストールすると問題が解決することがあります。手順 6. については、オペレーティング システムに応じて実行する手順を選択してください。

: 次のマイクロソフト Web サイトにアクセスし、最新の Microsoft Windows 2000 Service Pack をインストールしてください。
http://update.microsoft.com/
更新版の Windows インストーラをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Office XP CD1 を CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに挿入します。
  2. デスクトップ上の [マイ コンピュータ] アイコンをダブルクリックします。
  3. [マイ コンピュータ] ダイアログ ボックスで、CD-ROM ドライブのアイコンを右クリックして、[開く] をクリックします。
  4. [FILES] フォルダをダブルクリックします。
  5. [FILES] フォルダの [SUPPORT] フォルダをダブルクリックします。
  6. オペレーティング システムに応じて手順を選択します。
    • Microsoft Windows 98、Microsoft Windows 98 SE、または Microsoft Windows Millennium Edition (Me) の場合

      InstMSI.exe をダブルクリックして実行し、更新版の Windows インストーラをインストールします。
    • Microsoft Windows NT 4.0 の場合

      InstMSIW.exe をダブルクリックして実行し、更新版の Windows インストーラをインストールします。
    • Microsoft Windows 2000 の場合

      Q282879.exe をダブルクリックして実行し、更新版の Windows インストーラをインストールします。
  7. Windows インストーラ更新プログラムのインストールが完了したら、コンピュータを再起動します。最後にセットアップ プログラムを再開して Microsoft Office XP のインストールを完了します。
: Windows 2000 を使用している場合で、Office の CD-ROM に Windows 2000 用の更新版が収録されていないときは、代わりに最新の Windows 2000 Service Pack をインストールすることができます。この更新プログラムには、更新版の Windows インストーラが含まれています。最新の Service Pack をインストールするには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
http://update.microsoft.com/
最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
: Windows 2000 を使用している場合、更新版の Windows インストーラを使用するには、インストールする Office の言語と Windows の言語が一致する必要があります。そのため、英語版の Office XP の CD-ROM に収録されているファイルを使用して、英語版以外の Windows 2000 に更新版の Windows インストーラをインストールすることはできません。更新版の Windows インストーラを入手するには、Windows Update Web サイトから最新の Service Pack をダウンロードし、インストールしてください。

Administrator としてログオンする (Windows NT 4.0 と Windows 2000 の場合のみ)

使用中のオペレーティング システムが Microsoft Windows 2000 または Microsoft Windows NT 4.0 の場合は、Administrator としてログオンして、Office をインストールします。

別の場所からインストールする

コンピュータに複数の CD-ROM 互換ドライブ (他の CD-ROM ドライブ、DVD-ROM ドライブ、または CD-RW ドライブなど) が搭載されていて、この資料の「現象」に記載されているエラー メッセージが表示された場合は、別のドライブに CD-ROM を挿入して、セットアップを実行します。ほとんどの場合、別のドライブを使用してセットアップを実行すると問題が解決します。

また、コンピュータがネットワークに接続されている場合は、他のコンピュータの CD-ROM ドライブに挿入した Microsoft Office XP の CD-ROM を共有できることがあります。他のコンピュータの CD-ROM ドライブを共有できる場合は、そのドライブに Microsoft Office XP の CD-ROM を挿入し、使用しているコンピュータから、そのコンピュータに接続してセットアップを実行します。

たとえば他のコンピュータの名前が "server" で、その CD-ROM ドライブの共有名が "cdrom" の場合、使用しているコンピュータからセットアップを実行するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに次のパスを入力します。
    \\server\cdrom\setup.exe
  3. [OK] をクリックします。
通常、これでセットアップを正常に続行できるようになります。セットアップが正常に行われない場合は、次の手順に進みます。

ウイルス対策ソフトウェアを無効にするかアンインストールする

ウイルス対策ソフトウェアを実行していることが原因でこの問題が発生している可能性があります。コンピュータにウイルス対策ソフトウェアがインストールされている場合は、Microsoft Office XP をインストールする前に、ウイルス対策ソフトウェアを無効にするか、アンインストールすることが必要な場合があります。この方法については、ウイルス対策ソフトウェアのマニュアルを参照するか、ウイルス対策ソフトウェアの製造元に問い合わせてください。

ウイルス対策ソフトウェアを無効にするかアンインストールした後、セットアップを実行します。それでも問題が解決しない場合は、セットアップをキャンセルし、次の手順に進みます。

: この手順を完了した後は、都合のよいときに、ウイルス対策ソフトウェアを再開したり再インストールできます。マイクロソフトでは、すべてのマイクロソフト ソフトウェアがウイルス感染しないことを保証する全体的なプロセスを採用しています。Microsoft Office XP は CD-ROM でのみ販売されているため、Office の CD-ROM がウイルスに感染していることはありません。

CD-ROM の破損または CD-ROM ドライブの障害がないかどうかテストする

CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブで、CD-ROM を正常に読み取れることを確認します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
266700 [OFFXP] CD-ROM からのインストールに関するトラブルシューティング

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 284250 - 最終更新日: 2011年5月18日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office InfoPath 2003
  • Microsoft Office OneNote 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office Project Professional 2003
  • Microsoft Office Project Standard 2003
  • Microsoft Project Standard Version 2002
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Publisher 2002 Standard Edition
  • Microsoft Word 2002
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
キーワード:?
kbtshoot kbsetup kbdta kberrmsg kbfix kbprod2web KB284250
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com