ネットワーク上の Office 2000 を展開する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 284273 - 対象製品
Microsoft Office XP バージョンのこの記事は、参照してください。 304953.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Office 2000年を展開するための最も一般的な方法多数のコンピューターには、Office のコピーを作成するが、ネットワーク サーバーです。経由でコンピューターに Office をインストールすることができ、ネットワークです。

このメソッドに、次のような利点を提供します。Microsoft Office 2000年の CD-ROM から Office を個別にインストールします。
  • 1 セットの Office ファイルを中央から管理することができます。場所です。
  • Office の機能の標準セットを作成することができ、すべてのユーザー用のオプションです。
  • 柔軟なインストール オプションを利用することができます、初回使用時にインストールする機能を設定するなどしています。
  • なるように Office の更新プログラムを展開することより簡単にすることができます。使用可能です。
  • Office をアップグレードする場合より詳細に制御があります。
この資料には、Office を作成するための基本的な情報が含まれています。管理者用インストールをネットワーク上に Office をインストールすることができます。クライアント コンピューター。追加情報この資料に記載の手順が含まれています。ネットワーク クライアントの Office インストールをカスタマイズします。

メモ Office 2000 の管理者用インストールを作成するだけです。以外の OEM のバージョンの Office でサポートされています。2000。

追加詳細は、の記事を表示するのには、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
234804 Off 2000: 管理者用インストールをインストールするとしないプロンプト

詳細

管理者用インストールを作成します。

ネットワーク経由で Office を展開するには、まずを使用してを作成します。管理者用インストールします。これを行うには、少なくとも 550 MB の空きが必要ディスク容量を中央のサーバーと、サーバーへの書き込みアクセスを必要があります。後これら 2 つの要件が満たされていることを確認して、次の手順を実行します。

メモ サーバーにログオンしているときにこれらの手順を実行することができます。または、ネットワーク クライアントがサーバーとの接続がされます。
  1. Office CD-ROM を挿入し、自動実行の動作をキャンセル発生する可能性があります。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. [名前] ボックスに、次のコマンドを入力し、[ OK] をクリックします。
    パス\Setup.exe/a
    パス CD-ROM ドライブへのパスです。または、Office の CD-ROM が含まれています DVD ドライブ。
  4. ユーザー情報ダイアログ ボックスで、Office CD-ROM の後ろからの CD キーを入力します。case.
  5. 会社の名前を [会社名] ボックスに入力します。これは、Office プログラムに表示される名前です。Office を起動するたびに表示されるスプラッシュ画面プログラムです。
  6. 次へをクリックします。
  7. ライセンスとサポート情報] ダイアログ ボックスで、ライセンスの契約書に同意し、[次へ] をクリックします。
  8. インストールの場所ダイアログ ボックスで、管理の宛先フォルダーを指定します。インストールします。この場所は、ローカルのハード ディスク ドライブ上のフォルダーになります、または、別のコンピューター上のフォルダーにします。割り当てられたドライブまたは UNC パスのどちらかを指定することができます。フォルダーにします。また、フォルダーを参照する参照をクリックできます。
  9. [今すぐインストール] をクリックします。

ネットワーク クライアントに Office をインストールします。

管理者用インストールを完了すると、開始することができます。Office のインストールに接続することができます、ネットワーク クライアント コンピューター上管理者用インストールにコンピューター。Office をインストールするのにはサーバーは、次の手順を実行します。
  1. ネットワーク クライアント コンピューターにログオンします。

    メモ Microsoft Windows NT 4.0 または Microsoft Windows 2000 では、行う必要があります。Administrators グループのメンバーとしてログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. [名前] ボックスに、次のようなコマンドラインを入力しをクリックしてOK:
    管理パス\Setup.exe
    管理パス パスで、Office 2000 の管理者用インストール ポイント。メモ Windows インストーラーのコマンド ライン スイッチを含めることができ、Office インストールの実行方法をカスタマイズするプロパティです。を例は、/q スイッチを使用してすべてのユーザーが Office をインストールすることができます。相互作用します。ください、「カスタマイズを Office のネットワーク インストールを参照してください。クライアント」セクションこの資料の詳細情報。

Office アプリケーションはサーバーから実行します。

ネットワーク クライアント コンピューター上のディスク領域が不足している場合は、可能性があります。Office のインストールを検討するかは、ほとんどのためのインストール ファイルサーバー上に保存します。これを行うには、ユーザー設定を行う必要があります。インストールは、Office プログラムのインストール状態を変更ネットワークから実行されます。

Office をインストールするには、Office プログラムが実行されるようにするにはネットワーク サーバーから、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに、次のようなコマンドラインを入力しをクリックしてOK:
    管理パス\Setup.exe
    管理パス パスで、Office 2000 の管理者用インストール ポイント。メモ /Q スイッチを使用して Office のインストールするかどうかは、サーバーから実行する Office プログラム、カスタム トランス フォームを作成する必要があります。参照してください。この「カスタマイズを Office インストールにネットワーク クライアント」セクション詳細については記事がありません。
  3. [ユーザー情報] ダイアログ ボックスで、情報が正しいことを確認し、[次へ] をクリックします。
  4. インストールの準備完了] ダイアログ ボックスで、[カスタマイズ] をクリックします。
  5. [インストールの場所ダイアログ ボックスで、フォルダーをローカルのハード ディスクを指定し、次へをクリックします。

    メモ ない、ネットワーク ドライブの場所を指定しないで、ネットワークから実行の構成を確立するためのプロシージャです。
  6. [機能の選択] ダイアログ ボックスで、 Microsoft Office の機能の横にあるアイコンをクリックし、[ネットワークからすべて実行] をクリックします。
  7. [今すぐインストール] をクリックします。

ネットワーク クライアントの Office インストールをカスタマイズします。

常に対話形式でインストールするのには、Office セットアップを実行することができます。Microsoft Office または、セットアップを対話形式で実行できるようにすることができますで「インストール Office のネットワーク クライアント」セクションこれで前に説明しました。記事がありません。ただし、Office セットアップをカスタマイズする多くの機会を提供します。Office のインストールの設定を変更することでコマンド ライン オプションを使用します。設定ファイル (Setup.ini) またはトランス フォームで Office をインストールします。各メソッドは、カスタマイズの面では、独自のメリットを提供し、どのようにユーザー カスタム インストールへのアクセスを許可します。1 つまたは複数を実装することができます。カスタマイズのレベルに応じて、これらのメソッド必要があります。

メモ 同じセットアップ オプションを指定して、それぞれ異なる値を使用する場合コマンドライン、設定ファイル、およびトランス フォーム、セットアップは、次を使用します。使用する設定を判断するルール。
  • Office のカスタム インストールでは、オプションを設定した場合ウィザードで、セットアップ プロパティに対応する、対応するウィザードの設定します。プロパティが自動的に MST ファイルです。
  • カスタム インストール ウィザードの [セットアップ プロパティの変更] ページでセットアップ プロパティを変更すると、この設定よりも優先されます。ウィザードの前のページに、対応するオプションを設定します。を変更されたセットアップ プロパティが MST ファイルに書き込まれます。
  • オプションを設定すると、セットアップ プロパティを含む、オプションで、トランス フォーム内の値と競合する設定ファイルの設定ファイルの方が優先されます。
  • コマンド ・ ラインでオプションを設定すると、これらの設定を使用します。任意の競合の優先順位値のいずれかの設定ファイル、または、変換します。

トランス フォームを使用します。

する場合は、Windows インストーラー トランス フォーム (.mst) が便利です。さまざまなカスタマイズを使用することはできません特にカスタマイズするのにはセットアップ コマンドラインまたは設定ファイルを使用してください。

たとえば、.mst ファイルで次の操作をすることができます。
  • Office のインストール場所を指定します。
  • Office ショートカットの場所を指定します。
  • 以前のバージョンの Office とはどのようなものかを確認します。削除します。
  • Office 機能のインストール状況を設定します。たとえば、ネットワークから実行または初めて実行するときに機能を設定することができます。
  • セットアップでユーザーには表示されませんので、機能を非表示にインタ フェースです。
  • カスタム ファイルとレジストリ エントリを Office を追加します。インストールします。
  • Windows インストーラーのプロパティを設定します。
  • 場合を実行する追加の .exe プログラムが含まれます、Office のインストールが完了します。
Office を使用して、Windows インストーラー トランス フォームを作成します。カスタム インストール ウィザード (CIW) します。Windows インストーラー トランス フォームが含まれています、インストール ・ プロセスを確認する使用されます変更します。Windows インストーラーを Office のインストール中にします。

コマンド ライン スイッチとプロパティを使用します。

セットアップの実行時に変更するのにはコマンド ライン オプションを使用することができます。セットアップを使用して Office をインストールするのには、パラメーターの一部をします。コマンドラインを使用してオプション、次の操作を行うことができます。
  • 使用するには、MSI および MST ファイルを識別します。
  • セットアップをサイレント モードで実行するには
  • Windows インストーラーのログを初期化します。
  • プロパティ値の設定を変更します。
たとえば、次のオプションでコマンドを入力できます。行:
setup.exe/qb + Companyname「北風貿易」の =
このコマンド ライン セットアップは次のようにカスタマイズされます。
  • セットアップは、ユーザーに情報を表示しません。
  • インストールされ、Office セットアップの進行状況インジケーターを表示します。完了を知らせるメッセージがインストールの最後にします。
  • 場合をインストールする Office 機能をインストールします。ユーザーは、セットアップを実行して、 [今すぐインストール] をクリックします。
  • Northwind データベースを既定の組織名に設定します。商人。

Setup.ini をカスタマイズします。

コマンド ・ ラインで指定されたオプションを使用するだけでなく、セットアップは、設定ファイルで指定されたオプションを自動的に読み取ります、Setup.ini。 設定ファイル、コマンドとして同じオプションを設定することができます。線ではなく、[実行] ダイアログ ボックスで正確なテキストを入力する必要があります。Setup.exe ファイルをダブルクリックすると、Office の管理者用インストールで指定したオプションをインストールします。Setup.ini ファイル。

詳細については、することができます変更Setup.ini としてこれらの変更を実装する方法を確認します。『 Microsoft Office リソース キットの次の資料を参照してください。
ファイルのセットアップの設定の値を指定します。

Office の更新プログラムをインストールします。

ある時点で、ネットワーク クライアント コンピューターでを更新する必要があります。Windows インストーラーの更新プログラム (パッチ) ファイル。Office をインストールした場合ネットワークの管理者用インストールを使用してコンピューターに行う必要があります。この更新処理に 2 つの手順に従います。
  • 管理者が管理者用インストールを更新します。この更新プログラムのバージョンです。管理者バージョンの Office の更新プログラムのファイルが常にあります。Office リソース キット ツールボックス ダウンロード ページから使用できます。
  • ネットワーク クライアント コンピューターから、[今すぐ更新を更新します。管理者用インストールします。管理者用インストールを更新していません。ネットワークから実行の構成で Office をインストールしている場合でも、ネットワーク ・ クライアントを自動的に更新します。

管理者用インストールを更新します。

Windows と Office の管理者用インストールを更新するのにはインストーラー更新プログラム ファイル、次の手順を実行します。
  1. 管理者用更新プログラムのファイルを取得します。

    するにはこれを行うで次の行にある、Office リソース キット ツールボックスを参照Microsoft の Web サイト:
    Office 2000 リソース キット コア ツール セット
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[ファイルを開くボックスで次のコマンドを入力します。
    msiexec/a 管理パス\Data1.msi/p ソースのパス\.msp パッチ ファイル名shortfilenames = 1
    場所 管理パス ですがパスを管理インストール ポイントを Office 2000 sr-1 にソースのパス 更新プログラムのファイルへのパスで、.msp パッチ ファイル名 .msp ファイルです。名前です。

    メモ このコマンドは、コンピューターからを実行する必要があります、Windowsインストーラーは既にインストールされています。
  3. にをクリックして、 Microsoft Office 2000年管理者用モードダイアログ ボックス。

    メモ CD キーまたは会社の名前を入力する必要はありませんがMicrosoft Office 2000年管理者用モード ダイアログボックスです。

  4. クリックしてください。 ライセンスに同意します契約をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. [今すぐインストール] をクリックします。
  6. 更新が完了したら [ OKを] をクリックします。この時点で、管理インストール ポイントが .msp ファイルが更新されます。

ネットワーク クライアントを更新します。

管理者用インストールの更新が完了したら、すべての最初からインストールされて、ネットワーク クライアント コンピューターを更新する必要があります。Office の管理者用インストールから。

次のいずれかを使用します。Office 2000 sr-1 がインストールされているワークステーションを更新する方法管理者インストール ポイントから。

メモ スタンドアロン クライアントから利用可能なパッチを使用しない操作を行いますのツール、Office 2000 のインストール元のネットワーク クライアントを更新するのには、web Web サイト管理者用インストールから。スタンドアロン クライアントの修正プログラムを使用します。Office 2000 を CD-ROM からインストールしたコンピューターにします。

方法 1: 管理者用インストールから Setup.exe を実行します。

ネットワーク上の Office を更新するのには、次の手順を実行します。Office の管理者用インストールを Setup.exe を使用してクライアント。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[ファイルを開くボックスで次のコマンドを入力します。
    管理パス\Setup.exe
    場所 管理パス ですがOffice 2000 の管理者インストール ポイントのパスです。
  2. 更新するメッセージが表示されたら[はい]をクリックします。
  3. クリックしてください。 ライセンスに同意します契約をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. セットアップが正常に完了しましたメッセージに [ OKを] をクリックします。
方法 2: Windows インストーラーのコマンドラインを使用してください。

ネットワーク上の Office を更新するのには、次の手順を実行します。Windows インストーラーのコマンドラインを使用してクライアント。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[ファイルを開くボックスで次のコマンドを入力します。
    msiexec/i 管理パス\Data1.msi 再インストールすべての reinstallmode = vomus =
    場所 管理パス ですがOffice を管理者インストール ポイントへのパス2000。

  2. セットアップが正常に完了しましたメッセージに [ OKを] をクリックします。メモ 上記のコマンドラインにすべての更新プログラムを動作します。ただし、更新を実行するのには時間が必要なコマンド ・ ラインを使用できる場合があります。上記のコマンドラインよりもする必要があります。マニュアルを参照してください、詳細については、特定のコマンドを使用しているファイルを更新します。特定の更新に使用する行です。

その他の方法で Office を展開します。

展開するための前述の手法だけでなく、Office をネットワーク環境で管理する、Office を使用して展開することができます。次の 2 つのテクノロジのいずれかの。
  • Systems Management Server (SMS)
  • Windows 2000 のグループ ポリシー
Windows 2000 のグループ ポリシーを使用して Office を展開する場合の詳細については、次の資料では、 Microsoft Office 2000年リソース キット 』を参照してください。
インストールおよび Windows 2000 で Office 2000 のメンテナンス

関連情報

Office の展開の詳細については、環境のネットワーク、ドキュメントでは、Microsoft Office 2000年リソース キット(ORK) を参照してください。次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://office.microsoft.com/en-us/office-xp-resource-kit/

プロパティ

文書番号: 284273 - 最終更新日: 2013年5月30日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 2000 Premium
  • Microsoft Office 2000 Professional
  • Microsoft Office 2000 Standard
  • Microsoft Office 2000 Small Business Edition
  • Microsoft Office 2000 Developer
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2000 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
  • Microsoft Word 2000
キーワード:?
kbnetwork kbdeployment kbhowto kbmt KB284273 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:284273
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com