Forefront アイデンティティ マネージャー 2010 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.1.3451.0) が利用できます

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2849119 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.1.3451.0) はマイクロソフト最前線アイデンティティ マネージャー (FIM) 2010 R2 の利用可能です。この修正プログラム ロールアップ パッケージはいくつかの問題を解決して、「関連情報」セクションで説明したように、一部の機能を追加。

更新プログラムの情報

更新プログラムは、マイクロソフト サポート サービスから利用可能です。すべての顧客、運用システムにこの更新プログラムを適用することをお勧めします。

マイクロソフトのサポート

この更新プログラムはマイクロソフトからダウンロード可能な場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラム ダウンロードが利用可能な」セクションがあります。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。さらに、Microsoft update または Microsoft Update カタログから更新プログラムを取得できます。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービスおよびサポートの電話番号の一覧を入手、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトに移動します。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。
コンポーネントの更新プログラム パッケージ
この修正プログラム プログラムのロールアップのダウンロードからマイクロソフトのサポートに含まれているコンポーネントの更新パッケージを次の表に示します。

元に戻す全体を表示する
コンポーネントファイル名
FIM 2010 R2 のアドインと拡張機能FIMAddinsExtensions_xnn_KB2849119.msp

メモ このファイルのバージョンは、FIM 2010 の x86 ベースと、x64 ベースのバージョンで利用可能です。
FIM 2010 R2 のアドインと拡張言語パックFIMAddinsExtensionsLP_xnn_KB2849119.msp

メモ このファイルのバージョンは、FIM 2010 の x86 ベースと、x64 ベースのバージョンで利用可能です。


FIM 2010 R2 の証明書の管理
FIMCM_xnn_KB2849119.msp

メモ このファイルのバージョンは、FIM 2010 の x86 ベースと、x64 ベースのバージョンで利用可能です。
FIM の 2010 R2 の証明書の管理の一括発行クライアントFIMCMBulkClient_x86_KB2849119.msp
FIM 2010 R2 の証明書管理クライアントFIMCMClient_xnn_KB2849119.msp

メモ このファイルのバージョンは、FIM 2010 の x86 ベースと、x64 ベースのバージョンで利用可能です。
FIM 2010 R2 サービスとポータルFIMService_x64_KB2849119.msp
FIM 2010 R2 サービス ポータルの言語パックFIMServiceLP_x64_KB2849119.msp
FIM 2010 R2 の同期サービス FIMSyncService_x64_KB2849119.msp

この更新プログラムの既知の問題

同期サービス
ルール拡張と拡張の MA ECMA1 (ECMA 2.0) を基にしたカスタム管理エージェント (Ma) 実行されないことがあり、「停止-拡張で dll のロード。」の実行状態になることががありますこの更新プログラムのインストール後、この問題は、MIIServer.exe、Mmsscrpt.exe.config、または Dllhost.exe.config の構成ファイルを変更した後にこのようなルールの拡張機能またはカスタム Ma を実行するときに発生します。たとえば、サービスの FIM の MA の同期エントリを処理するため、デフォルトのバッチ サイズを変更するには、MIIServer.exe.config ファイルを編集した後、このアクションをかかることがあります。

この場合は、同期エンジン インストーラーこの更新プログラムを意図的には置き換えられません、以前の変更内容が削除されないようにするには、構成ファイル。構成ファイルが置き換えられることはありません、ため、この更新プログラムで必要なエントリをファイル内に存在しないと、エンジン、フル インポートまたはデルタ同期の実行プロファイルを実行すると、同期エンジンの任意のルールの拡張 Dll は読み込まれません。

この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. MIIServer.exe.config ファイルのバックアップ コピーを作成します。
  2. Microsoft Visual Studio またはテキスト エディターでは、MIIServer.exe.config ファイルを開きます。
  3. MIIServer.exe.config ファイルでは、[ <runtime>] セクションを見つけて置き換えます<dependentAssembly>セクションのコンテンツは、次の。

    </dependentAssembly></runtime>
    <dependentAssembly>
    <assemblyIdentity name="Microsoft.MetadirectoryServicesEx" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" />       <bindingRedirect oldVersion="3.3.0.0-4.1.2.0" newVersion="4.1.3.0" />
    </dependentAssembly>
  4. ファイルに変更を保存します。
  5. 同じディレクトリと親ディレクトリに、Dllhost.exe.config で Mmsscrpt.exe.config ファイルを探します。これら 2 つのファイルを手順 1 〜 4 を繰り返します。
  6. Forefront ユーザー マネージャーの同期サービス (FIMSynchronizationService) を再起動します。
  7. ルール拡張および Ma 現在正常に動作を確認します。
レポート作成
レポートが有効になっている場合、FIM サービスとポータルが、モードの変更のインストールを実行する必要があります再報告を有効にします。

FIM の Id の管理ポータルでは、次の手順を実行します。
  1. [管理] メニューですべてのリソースをクリックします。
  2. [すべてのリソースシステム構成の設定] をクリックします。
  3. システム構成の設定、オブジェクトをクリックし、[このオブジェクトのプロパティを開きます。
  4. 属性の拡張をクリックしてレポート ログ有効にする] チェック ボックスをオンをクリックします。
  5. [Ok]をクリックします。
  6. 送信変更を保存] をクリックします。

前提条件

この更新プログラムを適用するにはユーザー マネージャーの Forefront 2010 (ビルド 4.1.2273.0 またはそれ以降のビルド) がインストールされてが必要です。

再起動の必要性

アドインと拡張機能(Fimaddinsextensions_x を適用した後コンピューターを再起動する必要があります。nnパッケージの _kb2849119.msp)。また、サーバー コンポーネントを再起動することがあります。

置き換えに関する情報

この更新プログラムは次の更新プログラムを置き換えます。
2832389 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.1.3441.0) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 R2 の

2814853 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.1.3419.0) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 R2 の

2772429 Service Pack 1 (ビルド 4.1.3114.0) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 R2 の

2750671 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.1.2548.0) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 R2 の

2734159 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.1.2515.0) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 R2 の

ファイル情報

この更新プログラムのグローバル バージョンが、ファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表のとおりです。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロールパネルの日付と時刻の項目で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル サイズ日付時間
Fimaddinsextensionslp_x64_KB2849119.msp3,919,36029-月-201310:48
Fimaddinsextensionslp_x86_KB2849119.msp1,596,92829-月-201310: 41
Fimaddinsextensions_x64_KB2849119.msp5,201,92029-月-201310:48
Fimaddinsextensions_x86_KB2849119.msp4,659,71229-月-201310: 41
Fimcmbulkclient_x86_KB2849119.msp9,097,72829-月-201310: 41
Fimcmclient_x64_KB2849119.msp5,565,44029-月-201310:48
Fimcmclient_x86_KB2849119.msp5,198,84829-月-201310: 41
Fimcm_x64_KB2849119.msp31,805,95229-月-201310:48
Fimcm_x86_KB2849119.msp31,414,78429-月-201310: 41
Fimservicelp_x64_KB2849119.msp12,185,60029-月-201310:48
Fimservice_x64_KB2849119.msp31,179,26429-月-201310:48
Fimsyncservice_x64_KB2849119.msp36,129,28029-月-201310:48

詳細

修正される問題、またはこの更新プログラムで追加される機能

この更新プログラムは、次の問題を修正または、マイクロソフト サポート技術情報」で記述されていないが、次の機能を追加します。

FIM サービス

問題 1
FIM サービスのデータベースが SQL Server の名前付きインスタンスにインストールされている場合、イベント ログに次のエラー メッセージが表示されます。
System.NotSupportedException: SQL Server パフォーマンス カウンターが見つかりませんでした。システムの作業負荷を監視する必要があるが。

これにより、スロットル機能が期待どおりにありません。

FIM の同期サービス

問題 1
パスワード管理の操作は、キャッシュされたバージョンの拡張機能 .dll ファイルのパスが長すぎるために失敗します。この問題は、ユーザー マネージャーの Forefront 2010 R2 に含まれている web サービス コネクタも影響します。
問題 2
同期サービスは、祖先を処理する特定の状況でメモリ リークが発生します。

FIM 証明書の管理

機能 1
この更新プログラムは、SubjectAltName ポリシーを証明書の要求の発行時にサブジェクトの別名エントリ RegisteredID の代替名を指定するには、機能を追加します。

レポート作成

問題 1
Microsoft システム センター サービス マネージャー 2012 Service Pack 1 (SP1) をインストールして FIM サービスとポータルのモードの変更、インストールを実行すると、インストールは失敗します。

サービス マネージャー 2012 SP1 がインストールされている新しいサーバーに FIM のレポートをインストールするときに次の手順を実行します。
  1. FIM 2010 R2 SP1 の FIMService コンポーネントをインストールします。これには、レポートのチェック ボックスをオフにします。
  2. 4.1.3451.0 をビルドするには、FIMService のインストールをアップグレードします。
  3. FIMService、モードの変更、インストールを実行し、し、レポートを追加します。
詳細については、この資料の「既知の問題」でこの更新プログラム レポートを」」サブセクションでは、を参照してください。

関連情報

詳細についてを参照してください。 マイクロソフトではソフトウェアの更新を用語集.

プロパティ

文書番号: 2849119 - 最終更新日: 2013年11月20日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Identity Manager 2010 R2
キーワード:?
kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbbug kbmt KB2849119 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2849119
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com