SE と LVD の SCSI 標準をミキシングするときに発生したランダムの問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 285013 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

SCSI ドライブ タイプ、単精度浮動小数点型 (Single が終了しました (SE) と低電圧 (差分 (LVD)、同じ SCSI バス、上を併用するときにいくつか問題が発生する可能性があります。 現象が発生が表示される場合があります、限定されませんをシステムが起動、データの破損、ブルー スクリーンは、ドライブが不安定になります。

原因

これらの問題は、標準、SCSI-3 から始めて、SCSI に加えた変更によって発生します。 SCSI-3 など、SE ドライブがわかってとして高速、幅、FastWide、非常、および UltraWide。 SCSI-3 から始まる、LVD に標準的な追加されました。 これら 2 つの標準は SCSI バスにデータを転送する方法から、名前を実行します。 SE、デバイスを 1 つの回線上のビットを単一のデータを送信してデータを転送します。 LVD デバイスが送信される各ビットの 2 つのワイヤの間電圧の違いを読み取ります。 これは、LVD トーク、交差する小さいやすくなり速い速度で長い、SCSI バスのことができます。 LVD 標準が SE と LVD の両方に対して同じ SCSI バス、下位互換性を許可する標準、SE で一緒に従事するデバイスを許可する実装されています。 この実装は、 autosense 行および SE デバイスとしての実行を LVD デバイスの機能に完全に依存。 初期 LVD デバイスの一部は本当に LVD のみがこれらのデバイスはまれな。

: SCSI-3 規格の下では UltraWide (UW) と LVD (U2W) の両方の分類の SE と差分関数唯一の大きな相違点がします。 SE と LVD SCSI が混在して同じ SCSI バス上、ときに、バスの仕様は SE です。 これは、バスの差分として実行しているいて SE デバイスを追加するし当てはまります。 これにより、バス、SE 標準に戻ります。 これは、終了、およびバスの長さ、場所、LVD バスは 12 m は、同じ長さでき、UltraWide のバスのみ 1. 5 メートル特に重要です。 製造元によって、アクティブな終了文字、autosense を行い、正しい impedance の終端文字を調整します。

1 つの終了 (SE) SCSI
SE と LVD デバイス用の考慮事項、に加えて狭いおよびさまざまなデバイスのミキシングが発生する状況でように考慮する必要があります。 データ転送速度、およびケーブルの要件は、表 1. 1 を参照してください。 狭いデバイスは領域外の部分を別のデバイスが 16 ビットで動作している 8 ビットで実行します。 しようとする狭いデバイスを使用して領域外の部分を別の SCSI バスを終了するの下の 8 ビットだけが終了されます、上位 8 ビットは終了できませんと破損と SCSI デバイスの一貫性のない動作します。 領域外の部分を別の SCSI バスをワイド アクティブな終了文字で終了する必要があります。 これは、バスまたは終了したハード ドライブの末尾に独立した終端文字です。 作業中の SE 終了が、6 Ohms +/-90 の impedance。

LVD SCSI
Ultra2 SCSI、(低電圧 (差分)、SCSI LVD とも呼ばれるはケーブルの長さと終了に対して、差分の標準を使用します。 LVD バス上、ドライブ、一般含めない終端装置、し、バスを終了、SCSI ケーブルの最後に、アクティブな終了文字を追加します。 もう一度する、バス、SE 標準に戻すと、SE のデバイスを LVD SCSI バスに追加してください。 作業中の LVD 終了が、125 10 Ohms +/-の Impedance。

ウルトラ 160 (Ultra3)
LVD 以外のすべての SCSI 3 標準は全体のだけになりますが、LVD 標準のケーブルの長さおよび終了が今後します。

: 、SCSI 構成が SCSI ハード ディスクに対して、次の業界標準に準拠していることを確認するが重要です:

表 1. 1

定義

  • 標準: によって、標準の数字形式 ANSI 規格協会 () を定義に従って、SCSI 標準の名前。
  • ビットの幅: データ転送フェーズ中に、SCSI バスで転送されるビットの数。
  • 最大転送速度 (MB/秒): ビット数は 1 秒で、SCSI バス上に転送します。
  • ピンの数: ケーブルのピンの数。
  • SCSI デバイスの最大値: 1 つのホスト アダプターがインストールされていると、SCSI バスに接続できるデバイスの最大数です。
元に戻す全体を表示する
標準バスの幅最大転送速度最大のバスの長さ (メートル)ピンの数バス速度SCSI デバイスの最大値説明終了
SCSI-1 半角856505 Mhz8同期+/-の 6 Ohms の低 8 ビット SE 90
SCSI-2 エラーが発生しました81035010 Mhz8高速します。+/-の 6 Ohms の低 8 ビット SE 90
SCSI 2 の高速全体1620350 + 6810 Mhz8 高速/2 ケーブルでワイドSE 90 6 Ohms +/-
SCSI-3 非常82035020 Mhz8高速します。+/-の 6 Ohms の低 8 ビット SE 90
SCSI-3 Ultra 全体16401. 56820 Mhz16高速と 1 つのケーブルとワイドSE 90 6 Ohms +/-
SCSI-3 Ultra2 (LVD)8401268 + 6840 Mhz32高速/ワイドLVD (差分) 125 10 Ohms +/-
SCSI-3 Ultra2 全体 (LVD)16801268 + 6840 Mhz32高速/ワイドLVD (差分) 125 10 Ohms +/-
SCSI-3 Ultra 160 (全体)161601268 + 6840 Mhz32高速/ワイドLVD (差分) 125 10 Ohms +/-

解決方法

可能な場合、これらの問題を回避するには、1 つの SCSI バスや、別の SCSI バス上のすべての LVD デバイスに SE のすべてのデバイス配置します。 これにより、最適なパフォーマンスで実行するすべてのデバイスし、ケーブル長、および終了の問題を防止できます。 これにも当てはまります全角と半角のデバイスの場所が不適切である終了生じる問題。

詳細

ベスト プラクティス (最適な実施方法)

ことを確認してください、最新のドライバーおよびファームウェア アダプター用。 これは、先頭から、アダプターに問題がある場合に特に当てはまります。 場合によっては、ドライバーとファームウェアが連携して動作する特定のバージョンはする必要があります。 相手先ブランド供給に確認する必要があります。

常に、ユーザーズ ガイドを通し、SCSI デバイスをインストールする前に、リリース ノートします。 最新の情報を製造元の Web サイトを確認する適切な場合もあります。 これは、任意の製造元が発見された問題の把握できます。 これより機密性の高い特定の構成を特定のハードウェアは、ハードウェア RAID アダプターの特に当てはまります。

常に低レベルで実行するが、SCSI アダプターにすべてのハード ドライブのフォーマット、新しい、移動、または損失のハード ドライブが含まれます。 場合によっては、これも必要あります SCSI アダプター用のファームウェアをアップグレードした後。

SCSI アダプターは、1 つまたは複数のチャネル。 単一のチャネルのアダプターが 3 つのソケット、またはが、一度に使用できますそれらの 2 つだけ、バスは正常に終了できません。 期間中は、機能が 3 つすべてを使用してが最終的に破損や、負荷により、ハード_ディスクが失敗します。 これは、1 つまたは 2 つのチャネル アダプターかどうかわからない場合のマニュアルを。

詳細についてはをクリック資料以下の記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
168094SCSI-3 アダプターに SCSI-2 デバイスを接続の問題
141832複数の SCSI アダプターで、ブート ディスクの順序を変更する方法

プロパティ

文書番号: 285013 - 最終更新日: 2006年11月1日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
キーワード:?
kbhardware kbprb kbmt KB285013 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:285013
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com