IIS 5.0 Web サイトを参照すると、空白の証明書一覧が表示される問題の解決方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 285069 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP285069
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料には、以下の質問に対する回答が掲載されています。

インターネット インフォメーション サービス (IIS) 5.0 Web サイトを参照すると、空白のクライアント証明書一覧や個人証明書一覧が表示されます。どうしたらこの問題を解決できますか。

詳細

空白の証明書一覧が表示される一般的な理由は、クライアント証明書が存在しないか、存在しても IIS に信頼されていないことです。その他、あまり一般的ではありませんが、クライアントまたは IIS コンピュータ上の証明書信頼リスト (CTL) の破損が原因の場合もあります。

CTL は信頼されたルート証明機関の証明書ストア内にある証明書を基に作成され、CTL の破損は通常、同一の発行者識別名を持つ証明書が複数存在すると発生します。識別名が重複するのは、一般的にはルート証明書が繰り返しインストールされたり、証明書が間違った証明書ストアにインストールされているためです。

重複する証明書を削除するには、次の手順を実行します。
  1. 使用したい個人証明書またはクライアント証明書の署名 (検証) に使用されたルート証明機関 (CA) 証明書の拇印を探し出します。
    1. クライアント コンピュータ上の Internet Explorer で、[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
    2. [コンテンツ] タブをクリックし、[証明書] をクリックします。
    3. [個人] 証明書ストアを選択します。
    4. 使用するクライアント証明書をダブルクリックします。
    5. [証明のパス] タブをクリックします。
    6. パスの先頭にある証明書をダブルクリックします。
    7. [詳細設定] タブをクリックします。
    8. "発行者" および "拇印" 拡張機能へスクロール ダウンし、それらの値を書き留めます。書き留めた値は、クライアント コンピュータおよび IIS サーバー上で重複する識別名を識別し、削除する際に使用します。
  2. クライアント コンピュータ上で重複する証明書を削除します。
    1. クライアント コンピュータ上の Internet Explorer で、[ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
    2. [コンテンツ] タブをクリックし、[証明書] をクリックします。
    3. [信頼されたルート証明機関] 証明書ストアを選択します。
    4. 使用するクライアント証明書をダブルクリックします。
    5. "発行者" フィールドと "拇印" フィールドを、クライアント証明書の "発行者" および "拇印" フィールドと比較します。発行者がクライアント証明書と一致するが、拇印は一致しない証明書があれば、すべて削除します。

      : "発行者" と "サブジェクト" (つまり、発行元と発行先) フィールドの値が異なる証明書があれば、それもすべて削除します。これは、このストア内の証明書はすべて、"自己署名入り" であるためです (つまり、"発行者" と "サブジェクト" が同じである必要があります)。
  3. IIS コンピュータ上に、証明書 (ローカル コンピュータ) MMC (Microsoft 管理コンソール) スナップインを追加します。
    1. 新しい MMC を開きます。開くには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、Mmc.exe と入力し、[OK] をクリックします。
    2. [コンソール] メニューの [スナップインの追加と削除] をクリックします。
    3. [追加] をクリックします。
    4. [証明書] をダブルクリックし、[コンピュータ アカウント] をクリックし、[次へ] をクリックします。
    5. [コンピュータの選択] ダイアログ ボックスで [ローカル コンピュータ] をクリックし、[完了] をクリックします。その後、[閉じる] をクリックして [スナップインの追加] ダイアログ ボックスを閉じます。
  4. IIS コンピュータ上で、重複する証明書を削除します。
    1. [証明書 (ローカル コンピュータ)] ノードを展開します。
    2. [信頼されたルート証明機関] ノードを展開します。
    3. [証明書] ノードを展開します。
    4. 使用するクライアント証明書をダブルクリックします。
    5. "発行者" フィールドと "拇印" フィールドを、クライアント証明書の "発行者" および "拇印" フィールドと比較します。発行者がクライアント証明書と一致するが、拇印は一致しない証明書があれば、すべて削除します。

      : "発行者" と "サブジェクト" (つまり、発行元と発行先) フィールドの値が異なる証明書があれば、それもすべて削除します。これは、このストア内の証明書はすべて、"自己署名入り" であるためです (つまり、"発行者" と "サブジェクト" が同じである必要があります)。

プロパティ

文書番号: 285069 - 最終更新日: 2006年4月24日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
キーワード:?
kbfaq kbhowto KB285069
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com