Excel の RTD サーバーで DCOM を使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 285888 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Excel 2002 には、RealTimeData (RTD) という名前の新しいワークシート関数が導入されました。RTD を使用すると、COM (Component Object Model) オートメーション サーバーを呼び出して、データをリアルタイムに取得することができます。ActiveX DLL、または同じローカル コンピュータやリモート サーバー上で実行される .exe を RTD サーバーとして使用することができます。リモート サーバー上で実行される RTD サーバーを使用する場合は、DCOM を使用して Excel との通信を行います。

: RTD サーバーをリモート サーバー上で実行する場合、RTD サーバーは .exe である必要があります。

この資料では、この機能を有効にするために、リモート サーバーおよびローカルのクライアント コンピュータで、DCOM を構成する方法について説明します。

詳細

リモート サーバーで DCOM を構成する

  1. リモート サーバーとして使用するコンピュータで、RTD サーバーを登録します。リモート サーバーとローカルのクライアント コンピュータには、Excel 2002 がインストールされている必要があります。
  2. タスク バーで、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、Dcomcnfg.exe と入力します。次に、[OK] をクリックし、DCOM 構成ユーティリティを起動します。
  3. [分散 COM の構成プロパティ] ダイアログの [既定のセキュリティ] タブで、[既定のアクセス許可] の [既定値の編集] をクリックし、RTD サーバーへのアクセスを許可するすべてのユーザーを追加します。パブリックの RTD サーバーの場合は、[Everyone] を追加し、RTD サーバーへの匿名アクセスを許可します。[アクセスの種類] を [アクセスの許可] に設定します。
  4. [既定の起動アクセス許可] の [既定値の編集] をクリックし、上記と同じエントリを一覧に追加します。[アクセスの種類] を [起動の許可] に設定します。
  5. [既定の構成アクセス許可] の [既定値の編集] をクリックし、上記と同じエントリを一覧に追加します。大部分の RTD サーバーでは、[アクセスの種類] は [読み取り] に設定すれば十分です。レジストリを使用して RTD サーバーの設定を保存する場合は、[アクセスの種類] を [フル コントロール] に設定することが必要な場合があります。

ローカルのクライアント コンピュータで DCOM を構成する

  1. ローカルのクライアント コンピュータで RTD サーバーを登録します。リモート サーバー上にある RTD サーバーを Excel で使用する場合は、ProgID と CLSID のみを登録します。
  2. ローカルのクライアント コンピュータ上で Dcomcnfg.exe を実行します。Windows XP の場合、[コンポーネント サービス] ダイアログが表示されますので、[コンソール ルート]、[コンポーネント サービス]、[コンピュータ] を順に展開し、[マイ コンピュータ] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  3. [既定のセキュリティ] タブで、[既定のアクセス許可] の [既定値の編集] をクリックし、[Everyone] アカウントを追加します。Windows XP の場合、[規定の COM セキュリティ] タブで、[アクセス許可] の [規定値の編集] をクリックして追加します。RTD サーバーでは、新しいデータが利用可能になった時点で Excel 2002 に対して呼び出しを行って通知する必要があります。Windows セキュリティの機能により、ダブルホップが許容されないため、RTD サーバーでは匿名ユーザーとして Excel 2002 へのコールバックを実行します。[既定のアクセス許可] に [Everyone] アカウントが含まれていない場合、RTD サーバーは Excel 2002 と通信を行うことができず、Excel ブックの RTD 関数では #N/A が返されます。
ローカルのクライアント コンピュータとリモート サーバーの両方で RTD サーバーを構成したら、ローカル クライアント上で Excel を起動し、ワークシートのセルに RTD 関数を入力します。この関数の 2 番目のパラメータを使用して、RTD サーバーがインストールされているリモート サーバーを指定します。
=RTD( "RTDEXE.RTDServer", "RemoteServer", "AAA" )

関連情報

Excel 2002 および RTD サーバーの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
285339 Excel 2002 用に RealTimeData サーバーを作成する方法

プロパティ

文書番号: 285888 - 最終更新日: 2006年2月13日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbdcom kbhowto KB285888
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com