送信または電子メールを受信することはできないときに Outlook のトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 286040 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要



この資料は、電子メールを送受信できない場合、Microsoft Outlook のトラブルシューティングを行う方法について説明します。記事では、Outlook 2007 や Outlook 2003、Outlook 2002 のトラブルシューティング手順について説明します。以前のバージョンの Outlook を使用する場合を参照してください、 "類似した問題と解決策" 使用しているバージョンに関連する記事のセクション。 この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。
この資料を最初に印刷すると、手順を追いやすいでしょう。

トラブルシューティングを開始する前に、インターネットに接続できるかどうかを確認します。

インターネットに接続できるかどうかを確認するのにしてみてください。場合に、インターネットに接続している送信またはメールを受信することはできません、方法を新しい電子メール プロファイルを作成するには、1 に移動します。

理由がありますをインターネットに接続できない場合は、メールを送受信することはできません。ISP に連絡することができます。インターネット接続を復元すると、自分で問題が解決するかどうかを確認する電子メールを送信してください。送信またはインターネット接続を復元した後、電子メールを受信できない場合は、方法 1 に進みます。

方法 1: 新しい電子メール プロファイルを作成します。

ビデオ: 方法を作成し、Outlook の電子メール プロファイルを構成するには

元に戻す画像を拡大する
assets video1
uuid =2a3ef886-a3b7-4e34-a13d-65b7ffb41737 VideoUrl =http://aka.ms/y0njgx
元に戻す画像を拡大する
assets video2

手順 1: [メール セットアップ] ダイアログ ボックスを開く

  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 コントロール開くボックスし、クリック [ OK] をクリックします。
  2. によっては、コンピューター上で実行されている Windows のバージョンには、次のいずれかを行います。
    • Windows XP:

      カテゴリ表示の場合は、ユーザー アカウントをクリックし、[メール] をクリックします。
      カテゴリの表示ではなく場合は、[メール] をダブルクリックします。
    • Windows Vista:

      [ユーザー アカウント] をクリックし、[メール] をクリックします。
  3. [メール セットアップ] ダイアログ ボックスが表示されます。

手順 2: 新しいプロファイル ウィザードを起動します。

  1. プロファイルの表示] をクリックします。
  2. 新しいプロファイル ウィザードを起動する追加] をクリックします。

手順 3: プロファイルを作成します。

  1. [プロファイル名] ボックスで、次のように入力します。 テスト、新しい電子メール プロファイルの名前を[ok]をクリックします。
  2. Outlook のバージョンに適した手順に従います。
    • Microsoft Office Outlook 2010
      1. サーバー設定を手動で構成する] チェック ボックスをオンをクリックします。
      2. [次へ] をクリックします。
      3. [サービスの選択] ページで、[インターネット電子メール] をクリックします。
      4. [次へ] をクリックします。
      5. [インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスで、ボックスに入力します。Pop3アカウントの種類の設定が設定されているかどうかを確認します。

        注:送信メール サーバー (SMTP) ] ボックスで、[受信メール サーバー ] ボックスに、電子メールの管理者または ISP からの情報を入力します。
      6. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックして、自分のアカウントの設定を完了する画面の指示に従ってください。
      7. 新しいプロファイルが作成されます。手順 4 に進みます。
    • Microsoft Office Outlook 2007
      1. サーバー設定を手動で構成する] チェック ボックスをオンをクリックします。
      2. [次へ] をクリックします。
      3. サービスの電子メールの選択ページで、[インターネット電子メールをクリックします。
      4. [次へ] をクリックします。
      5. [インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスで、ボックスに入力します。Pop3アカウントの種類の設定が設定されているかどうかを確認します。

        注:送信メール サーバー (SMTP) ] ボックスで、[受信メール サーバー ] ボックスに、電子メールの管理者または ISP からの情報を入力します。
      6. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックして、自分のアカウントの設定を完了する画面の指示に従ってください。
      7. 新しいプロファイルが作成されます。手順 4 に進みます。
    • Microsoft Office Outlook 2003年および Outlook の以前のバージョン
      1. 新しい電子メール アカウントの追加] をクリックします。
      2. [次へ] をクリックします。
      3. [ POP3を] をクリックします。
      4. [次へ] をクリックします。
      5. [インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスで、ボックスに入力します。Pop3アカウントの種類の設定が設定されているかどうかを確認します。

        注:受信メール サーバーおよび送信メール サーバー (SMTP) ] ボックスに、電子メール管理者または ISP からの情報を入力します。
      6. [次へ] をクリックします。
      7. [完了] をクリックします。
      8. 新しいプロファイルが作成されます。手順 4 に進みます。

手順 4: 既定のプロファイルを設定します。

  1. メールの設定] ダイアログ ボックスの [と開始 Microsoft Outlook で使用するプロファイル] ボックスで、手順 3 で作成した新しいプロファイルをクリックします。
  2. [Ok]をクリックします。
  3. Outlook を使用して、自分宛てに電子メールを送信します。

    正常に電子メールを受信した場合は、問題のトラブルシューティングを完了しました。

    電子メールを受信しない場合、新しいプロファイルを作成する問題も解決しません。方法 2 を試してください。

    注: インターネットへの接続にダイヤル アップ ネットワークを使用する場合は、残念ながら、この資料はできませんにさらに役立ちます。参照してください、 "次のステップ" その他のオプションのセクションです。

方法 2: 設定の TCP/IP、既定のプロトコルとして

新しいプロファイルを作成するが、問題が解決しない場合、デフォルトのインターネット ・ プロトコルとして TCP/IP が設定されていません。この手順では、インターネットへの接続にデフォルトのプロトコルとして TCP/IP を設定します。

手順 1: ネットワーク接続のプロパティ] ダイアログ ボックスを開く

  1. によっては、コンピューター上で実行されている Windows のバージョンには、次のいずれかを行います。
    • Windows XP の場合 または Windows 2000: [開始] をクリックし、[実行] をクリックします。
    • Windows Vista: [スタート] ボタン
      元に戻す画像を拡大する
      VistaStartButton
      .
  2. タイプ ncpa.cpl [ネットワーク接続] ウィンドウを開くにはEnterキーを押します.
  3. インターネットへの接続を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    注: 1 つ以上の接続は [ネットワーク接続] ウィンドウが表示されたら、接続をインターネットへの接続に使用する接続またはのような答える必要があります。

手順 2: は、接続で TCP/IP を使用することを確認します。

  1. [全般] タブで、[インターネット プロトコル (TCP/IP) ] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。そうでない場合は、インターネット プロトコル (TCP/IP) ] チェック ボックスをオンをクリックします。
  2. [Ok]をクリックします。
  3. コンピューターを再起動するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  4. Outlook を使用して、自分宛てに電子メールを送信します。

    正常に電子メールを受信した場合は、問題のトラブルシューティングを完了しました。

    場合は、電子メールは残念なことに表示されません。, この記事は解決されません。参照してください、 "次のステップ" その他のオプションのセクションです。

類似した問題と解決策

Microsoft Outlook 2000 版のこの資料には、次を参照してください。 254832.
Microsoft Outlook 98 版のこの資料には、次を参照してください。 256572.
Microsoft Outlook 97 版のこの資料には、次を参照してください。 256574.

次のステップ

これらの方法で問題が解決しない場合は、Microsoft カスタマー サポート サービスの Web サイトで、問題に対する他の解決方法を調べることができます。 、 マイクロソフト カスタマー サポート サービスの Web サイトが提供するサービスは次のとおりです。
  • 検索可能なサポート技術情報: テクニカル サポート情報および Microsoft 製品のセルフ ヘルプ ツールを検索します。
  • ソリューション ・ センター: 製品別のよく寄せられる質問および重要なサポートを表示します。
  • その他のサポート オプション: 質問を行う、Microsoft カスタマー サポート サービスへの問い合わせ、またはフィードバックの提供にこの Web を使用します。
Outlook で電子メールの送受信で問題が続行する場合は、サポートに連絡することができます。
http://support.microsoft.com/contactus

詳細

その他のインターネット接続の問題

インターネット接続の問題の原因を次に示します。
  • ほとんどのインターネット アドレスおよび接続設定が大文字小文字を区別します。適切な大文字と小文字を確認します。
  • Outlook を起動し、インターネット接続を確立する.送信または電子メールを受信しようとするときにエラー メッセージを表示する場合は、ISP にすべてのインターネット メール設定を確認します。DNS のアドレスまたはメール サーバーのアドレスではなく、ニュース サーバーのアドレスを入力した可能性があります。
  • リモート メールの構成が原因で、予期しない結果ことがあります。リモート メール サービスを構成する場合は、接続を失う可能性があります。また、メール可能性がありますいない送信または受信する期待どおり。

プロパティ

文書番号: 286040 - 最終更新日: 2013年11月18日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbexpertiseinter kbceip kbtshoot kbemail kbconfig kbvideocontent kbmt KB286040 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:286040
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com