Access 2002 およびそれ以降のバージョンの Access の予約語の一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 286335 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP286335
難易度 : 低。シングル ユーザー コンピュータのユーザー インターフェイスに関する知識が必要です。

この資料は Microsoft Access データベース (.mdb) および Microsoft Access プロジェクト (.adp) について記述したものです。

Microsoft Access 2000 については、次の資料を参照してください。209187
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料は、Microsoft Access 2002 およびそれ以降のバージョンの Access の "予約語" であるため、フィールド、オブジェクト、変数名に使用できない語句および記号の一覧を掲載しています。予約語は、Access または Microsoft Jet データベース エンジンで特別な意味を持ちます。予約された語や記号を使用すると、次のようなエラーが表示されることがあります。
指定したレポートをプレビューできません。他のユーザーがソース テーブルを排他モードで開いている可能性があります。
Access 2007 で DATE、VALUE、NAME、TEXT、Year などの予約語を使用すると、次のメッセージが表示されることがあります。
指定した名前は予約語です。予約語は Microsoft Office Access または Microsoft Office Access データベース エンジンで特定の意味を持ちます。
予約語を含む既存のオブジェクトについては、オブジェクト名を角かっこ ([ ]) で囲むことによりエラーを回避できます。

詳細

組み込み関数名や Microsoft Access のユーザー定義名など、すべての予約語を挙げるのは事実上不可能なため、掲載を控えます。ここに含まれない予約語については、製品マニュアルで確認してください。タイプ ライブラリ、オブジェクト ライブラリ、または ActiveX コントロールに参照を設定すると、そのライブラリの予約語はデータベース上でも予約語となります。たとえば、フォームに ActiveX コントロールを追加した場合、参照が設定され、そのコントロールのオブジェクト名、メソッド名、コントロールのプロパティは、データベースでも予約語となります。

-A
    ADD
    ALL
    Alphanumeric
    ALTER
    AND
    ANY
    Application
    AS
    ASC
    Assistant
    AUTOINCREMENT
    Avg
-B
    BETWEEN
    BINARY
    BIT
    BOOLEAN
    BY
    BYTE
-C
    CHAR, CHARACTER
    COLUMN
    CompactDatabase
    CONSTRAINT
    Container
    Count
    COUNTER
    CREATE
    CreateDatabase
    CreateField
    CreateGroup
    CreateIndex
    CreateObject
    CreateProperty
    CreateRelation
    CreateTableDef
    CreateUser
    CreateWorkspace
    CURRENCY
    CurrentUser
-D
    DATABASE
    DATE
    DATETIME
    Del
    DESC
    Description
    DISALLOW
    DISTINCT
    DISTINCTROW
    Document
    DOUBLE
    DROP
-E
    Echo
    Else
    End
    Eqv
    Error
    EXISTS
    Exit
-F
    FALSE
    Field、Fields
    FillCache
    FLOAT、FLOAT4、FLOAT8
    FOREIGN
    Form、Forms
    FROM
    Full
    FUNCTION
-G
    GENERAL
    GetObject
    GetOption
    GotoPage
    GROUP
    GROUP BY
    GUID
-H
    HAVING
-I
    Idle
    IEEEDOUBLE、IEEESINGLE
    If
    IGNORE
    Imp
    IN
    INDEX
    Index、Indexes
    INNER
    INSERT
    InsertText
    INT、INTEGER、INTEGER1、INTEGER2、INTEGER4
    INTO
    IS
-J
    JOIN
-K
    KEY
-L
    LastModified
    LEFT
    Level
    Like
    LOGICAL、LOGICAL1
    LONG、LONGBINARY、LONGTEXT
				
-M
    Macro
    Match
    Max、Min、Mod
    MEMO
    Module
    MONEY
    Move
-N
    NAME
    NewPassword
    NO
    Not
    Note
    NULL
    NUMBER、NUMERIC
-O
    Object
    OLEOBJECT
    OFF
    ON
    OpenRecordset
    OPTION
    OR
    ORDER
    Orientation
    Outer
    OWNERACCESS
-P
    Parameter
    PARAMETERS
    Partial
    PERCENT
    PIVOT
    PRIMARY
    PROCEDURE
    Property
-Q
    Queries
    Query
    Quit
-R
    REAL
    Recalc
    Recordset
    REFERENCES
    Refresh
    RefreshLink
    RegisterDatabase
    Relation
    Repaint
    RepairDatabase
    Report
    Reports
    Requery
    RIGHT
-S
    SCREEN
    SECTION
    SELECT
    SET
    SetFocus
    SetOption
    SHORT
    SINGLE
    SMALLINT
    SOME
    SQL
    StDev、StDevP
    STRING
    Sum
-T
    TABLE
    TableDef、TableDefs
    TableID
    TEXT
    TIME、TIMESTAMP
    TOP
    TRANSFORM
    TRUE
    Type
-U
    UNION
    UNIQUE
    UPDATE
    USER
-V
    VALUE
    VALUES
    Var、VarP
    VARBINARY、VARCHAR
    VERSION
-W
    WHERE
    WITH
    Workspace
-X
    Xor
-Y
    Year
    YES
    YESNO
				
フィールド名またはオブジェクト名の一部に、次の記号を使用することはできません。
   .
   /
   *
   ;
   :
   !
   #
   &
   -
   ?
   "
   '
   $
				

プロパティ

文書番号: 286335 - 最終更新日: 2007年6月14日 - リビジョン: 12.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Office Access 2007
キーワード:?
kbhowto KB286335
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com