SQL Server の 2008 R2 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 8

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2871401 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料は Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 (SP2) の 8 の累積的な更新プログラム パッケージについて説明します。この更新プログラムには SQL Server 2008 R2 の SP2 のリリース以降に修正された問題の修正プログラムが含まれています。

メモ 累積的な更新プログラム パッケージのビルド番号は 10.50.4290.0 です。

運用環境で展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。ビルドは累積的であるため、新しく更新プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に付属していたすべてのセキュリティ更新プログラムのリリースを更新します。最新の更新プログラムのリリースを適用を検討することをお勧めします。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2730301 SQL Server の 2008 R2 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。

この累積的な更新プログラム パッケージに関する注意事項

  • SQL Server 2008 R2 の SP2 修正プログラムの多言語しています。そのため、この累積的な更新プログラム パッケージは、1 つの言語に固有ではありません。サポートされているすべての言語に適用されます。
  • 1 つの累積的な更新プログラム パッケージには、すべてのコンポーネント パッケージが含まれています。ただし、累積的な更新プログラム パッケージは、システムにインストールされているコンポーネントのみを更新します。

詳細

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法

サポートされている累積的な更新パッケージは、マイクロソフトから提供されます。ただし、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。これら特定の問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この累積的な更新プログラム パッケージには、追加のテストが行われる予定です。したがって、深刻なこれらの問題によって影響をしない場合は、お勧めこの累積的な更新プログラム パッケージの修正プログラムを含む次の SQL Server 2008 R2 service pack まで待つことです。

累積的な更新プログラムがダウンロード可能な場合はこのサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラム ダウンロードが利用可能な」セクションです。このセクションが表示されない場合は、累積的な更新プログラム パッケージを入手するにはマイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生するまたは任意のトラブルシューティングが必要な別のサービス リクエストを作成するあります。追加の質問およびこの特定の累積的な更新プログラム パッケージの対象にはしないの問題は、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービスおよびサポートの電話番号の一覧を入手、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトに移動します。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラム ダウンロード利用可能」フォームの累積的な更新プログラムが利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、累積的な更新プログラム パッケージがその言語で利用できるではないためです。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム

これらの修正プログラムについて説明するマイクロソフト サポート技術情報は、利用可能になるように解放されます。

SQL Server の問題の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号サポート技術情報の記事番号説明
9562272511963FIX クエリが応答停止 SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2008 でクエリを変更または拡張イベント セッションを停止する場合
13620312811842非表示のパラメーターまたは SSRS 2008 R2 または SSRS 2012 でパラメーターのない、最上位レベルのレポートが含まれる場合は、ドリルスルー レポートの不足しているパラメーターのパネルを修正:
13442582831478FIX が正しくない結果またはアクセス違反、SSAS 2012 または SSAS 2008 R2 データベースに対して MDX クエリを実行するときに、複数のデータ ソース
13442812843467FIX:「内部エラー」SSAS 2012 または SSAS 2008 R2 で、UPDATE CUBE ステートメントを実行した後、MDX クエリを実行すると
12720242844210FIX アプリケーションが別のコンピューターからパフォーマンス カウンター データを取得するためにしようとすると、リモート レジストリ サービスがクラッシュします。
12960872848247FIX: データベースへの接続数を実行時にクエリのさまざまなオプションと同じクエリを SQL Server 2008 R2 ではパフォーマンスが低下します。
13559952855755FIX Sys.master_files カタログ ビューは更新されません正しく SQL Server 2008 R2 には、データベースのファイル拡張設定を変更した後
13616732859713修正:「"、復号化キーが正しくありませんというエラー SQL Server 2008、SQL Server 2012 または SQL Server 2008 R2 で非対称キーによって暗号化された対称キーを開くときに
13968742861939FIX できませんアンインストール、修復に、新しい機能を追加または SQL Server 2008 または Windows 8 での SQL Server 2008 R2 の新しいインスタンスを追加
13770212866062DTA を使用して、SQL Server 2008 R2 でパーティション テーブルを含むデータベースを分析するときの FIX: アクセス違反
13788352868348修正: グラフ データを更新できませんを SSRS 2008 R2 のレポートを表示するには、レポート ビューアー Web パーツを使用する場合
13957582875690FIX 例外が発生して SQL Server の 2008 R2 SP1 または CU5 の SQL Server 2008 R2 の SP2 の CU12 を適用した後、SSAS がクラッシュします。
14003672877204FIX 8985「dbcc shrinkfile」ステートメントを SQL Server 2008 R2 では、ファイルの論理名を使用実行するときにエラー発生

累積的な更新プログラム パッケージの情報

前提条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SQL Server 2008 R2 の SP2 を実行する必要があります。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2527041 SQL Server 2008 R2 用の最新の service pack の入手方法

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージに含まれるいずれの修正プログラムを使用する場合も、レジストリに変更を加える必要はありません。

この累積的な更新プログラム パッケージをアンインストールする方法

この累積的な更新プログラム パッケージをアンインストールするには、次の手順を実行します。
  1. コントロール パネルの [追加と削除]を開きます。

    注: Windows 7 を実行している場合は、開きます、プログラムと機能 コントロール パネルの項目。
  2. この累積的な更新プログラム パッケージによってインストールされたエントリを探します。
  3. エントリを右クリックし、 アンインストール.

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデルは
名前付けスキーマを SQL Server の更新プログラムの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの名前付けスキーマ
ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2871401 - 最終更新日: 2013年8月23日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 2
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
キーワード:?
kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB2871401 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2871401
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com