Web フォルダーのトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 287402
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Web フォルダーで、いずれか、次の問題を扱うとき発生する可能性があります。
  • 作成または Web 内の Web フォルダーを開くしようとするとMicrosoft Windows 98、Microsoft Windows を実行しているコンピューター上のフォルダーMe を作成または Microsoft Windows 2000 上の[マイ ネットワーク]の Web フォルダーを開くしようとする場合は、次のエラーが表示されました。メッセージ:
    入力したフォルダーではありません。無効です。別の名前を選択してください。
  • 場合は、既存の Web の場所を開くしようとしています。Microsoft Office 2000年プログラムの [開く] ダイアログ ボックスで Web フォルダー名をダブルクリックすると、1 つを受信します。次のエラー メッセージ。
    現在の操作予期しないエラーが発生したため完了できません。
    - または -
    フォルダー「http://web サイト"アクセスできません。フォルダーが使用できないボリュームに存在可能性がありますかパスワードで保護します。
: これらのエラー メッセージが Web で問題を示すものですがフォルダー、またも Web サーバーの構成の問題を示していること、ネットワーク接続、サーバー拡張機能、およびアクセス許可。

を次の問題も発生します。
  • Web フォルダーの Office 2000 プログラムの [ファイルを開くダイアログ ボックスではないです。
  • 新しい Web フォルダーの Web フォルダーを作成しようとしてウィザードが正常に終了しますが、Web フォルダーは作成されません。

原因

クライアントの Web フォルダーの問題がある可能性がありますがWeb サーバー上のローカルの Web サーバーに接続できないようにマシン。

解決方法

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

: 以下の手順を順に実行する必要がありする必要がありますWeb フォルダーの機能は各ステップの後をテストします。のみ次の手順に進みます問題が解決しない場合は。
  1. Office 2000 またはいずれかを次の手順に従いますスタンドアロン バージョンは、Office 2000 製品のです。

    : Microsoft Windows を使用している場合は、この手順を実行しません2000、Microsoft Windows XP、Microsoft Office XP、または Microsoft FrontPage 2002。名前を変更するフォルダーを検出して修復を実行してに置き換えること可能性がありますはできません。これらのフォルダーは Microsoft Office 2000年、または Microsoft でのみ復元できます。FrontPage 2000。場合は、しようとすると、「アクセス拒否」エラーが表示されます。次のフォルダーのいずれかの名前を変更、実行中のプログラムを終了または再起動します。システムをセーフ モードでは。
    1. Windows エクスプ ローラーを起動し、[次の名前を変更フォルダー:
      • "ドライブ: \Programファイル指定の db]
      • "ドライブ: \Programファイル名の Shared\Web のフォルダー"
      • "ドライブ: \Programファイル名 Shared\Web サーバー拡張機能"
    2. 再インストール、または実行 検出し、修復 をOffice 2000 またはスタンドアロン版の。
  2. Web で使用される ole DB ファイルを手動で登録します。フォルダーにします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. コマンド プロンプトを開きます。
    2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      cd」ドライブ: \Program Files\Common 指定 DB」
      場所 ドライブ 文字をドライブします。
    3. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押しますキー:
      RegSvr32 oledb32.dll
    4. [OK ] をクリックすると、 RegSvr32 DLLRegisterServer は成功しましたメッセージが表示されます。
    5. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押しますキー:
      RegSvr32 msdaurl.dll
    6. [OK ] をクリックすると、 RegSvr32 DLLRegisterServer は成功しましたメッセージが表示されます。
    7. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      RegSvr32 msdaipp.dll
    8. [OK ] をクリックすると、 RegSvr32 DLLRegisterServer は成功しましたメッセージが表示されます。
    9. コマンド プロンプトを閉じます。
  3. レジストリ エディターを起動します。次のレジストリ キーをエクスポートします。削除します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{BDEADF00-C265-11D0-BCED-00A0C90AB50F}
    : このキーは、[Web フォルダー] アイコンを削除にも使用されます、デスクトップ。

    追加情報は、資料を参照するのには、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
    195851 インストールし、Internet Explorer 5 での Web フォルダーを使用する方法
    詳細についてはレジストリを Windows 98 では、次の文書番号をクリックする方法マイクロソフトのサポート技術情報の記事を参照してください。
    256419 Windows 98 のレジストリをバックアップする方法
    キーを削除した後、検出を実行し、Office 2000 またはスタンドアロンの Office 製品のいずれかの修復します。インストールされています。
  4. 更新するか、最新版を再インストールします。データ アクセス コンポーネント (MDAC)。

    前に、の更新または MDAC を再インストール、「関連情報」を確認するのには、次マイクロソフト Web サイトから実行MDAC の現在のバージョン:
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/data/aa937695.aspx
    MDAC のバージョンでは使用しているを確認した後、それぞれをインストールします。バージョンは、最新版までの単位で。たとえば、MDAC 2.1 がある場合は、MDAC をインストールする前に、MDAC 2.5 をインストールする必要があります。2.6。

    MDAC をダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/data/aa937730.aspx
  5. MSDAIPP フォルダーが存在することであることを確認します。読み取り専用に設定します。
    • Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、およびMicrosoft Windows me、MSDAIPP フォルダーであります。
      ドライブ: \Windows\Application Data\Microsoft\MSDAIPP
    • Microsoft Windows NT 4.0 上の MSDAIPP フォルダーです。ここにあります。
      %WINDIR%\Profiles\ユーザー名\Application Data\Microsoft\MSDAIPP
    • Windows 2000 上の MSDAIPP フォルダーがあります。します。
      %HOMEDRIVE%\Documents と Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft\MSDAIPP
    MSDAIPP フォルダーが存在しないか、読み取り専用、または場合、%WINDIR%\Nethood フォルダーが読み取り専用に設定されている、次が表示されます可能性があります。エラー メッセージ:
    フォルダーの<HTTP address="">ではないです。利用できなくなりました。
    </HTTP>
    MSDAIPP フォルダーが存在しない場合は、作成します。フォルダーの適切な場所で、使用中です。フォルダーが読み取り専用に設定されている場合は、読み取り専用属性を削除します。そのフォルダーから。

    詳細についてを参照してください、次の「サポート技術情報の資料:
    269681 Web フォルダーを追加することができません、[マイ ネットワーク] フォルダー
  6. Windows 2000 および Windows XP には、[ Web フォルダーの修復ユーティリティ (を使用します。webfldrs.msi):
    1. Windows エクスプ ローラーを起動します。
    2. メインのドライブでは、 WINNT\System32に移動します。
    3. [ツール] メニューの [フォルダー オプション] をクリックします。
    4. [フォルダー オプション] ダイアログ ボックスで、[表示] タブをクリックします。
    5. [非表示のファイルを表示] チェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。
    6. 検索します。 webfldrs.msi ファイルし、それをダブルクリックします。
    7. 再インストールをクリックします。
    8. インストール後にコンピューターを再起動します。完了
  7. レジストリで、 wecctlflagsキーを使用して、"Microsoft Internet Explorer を切断するのには」内部のネットワーク スタックを使用する Microsoft Office 製品を強制的します。を詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。記事:
    250376 FP2000 Web を開くと FrontPage 繰り返しユーザー名とパスワードを確認します。
    219081 FP2000 Web 情報フォルダーを Web に発行以前のサーバー拡張機能に対してかかります
  8. デスクトップ上のアイコンを矢印を示すしてください。ショートカットは、次のマイクロソフト サポート技術手順基本資料。
    252617 新しい Web フォルダーを作成できません。
  9. Internet Explorer のバージョンを実行している場合 4.x またはInternet Explorer をアップグレード以前のバージョン 5.x またはそれ以降。インストールカスタム インストールと] をクリックしてWeb フォルダーを選択するオプションを選択します。詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。資料:
    195851 インストールし、Internet Explorer 5 での Web フォルダーを使用する方法
  10. Internet Explorer は、既に使用している場合は、5.x では、オペレーティング システムで Internet Explorer 5.x の動作の一部ではないです。追加と削除を実行するシステム (Windows 95、Windows 98、または Windows NT 4.0) などInternet Explorer 5.x およびWeb フォルダーのインストール オプションを選択します。詳細についてを参照してください、次の Microsoft サポート技術情報の記事:
    195851 インストールし、Internet Explorer 5 での Web フォルダーを使用する方法
  11. アクティブ デスクトップがインストールされていない場合は、次のようにマイクロソフト サポート技術情報の記事。
    235402 Off 2000: いくつか Office 2000 機能 Windows デスクトップのアップデートがインストールされていない場合があります。
  12. Web サーバーとサーバー拡張機能をインストール、ローカル コンピューターです。詳細については、次のマイクロソフト サポート技術を参照してください。技術情報:
    295596 Microsoft FrontPage サーバー拡張機能を使用する Web コンポーネントをインストールすると、エラー メッセージ
    205696 FPSE: FrontPage 2000 Server Extensions は Internet Information Server をインストールする方法
  13. Internet Explorer のプロキシ設定を無効にします。プロキシの場合使用している Internet Explorer の [編集] ボタンをクリックして、Web フォルダーでページを開き、アドレスの一覧に追加することはできませんアドレスがない、プロキシを使用し、Web を開く] をクリックしてテストするのにはInternet Explorer で、[編集] ボタンの。詳細についてはInternet Explorer でプロキシ サーバーの設定を構成する、次をようマイクロソフト サポート技術情報の記事。
    135982 プロキシ サーバーを使用するのには、Internet Explorer を構成する方法
  14. Web サーバーを開くか、使用する IP アドレスを使用します。ドメインの NetBIOS 名を使用して Web サーバーにアクセスします。詳細についてを参照してください、次の Microsoft サポート技術情報の記事:
    240951 HTTP を使用して Web を開く FP2000 方法
  15. SR1a および Office サーバーの Office 2000 へをアップグレードします。SR1.1 に拡張します。詳細については、次のマイクロソフト サポート技術を参照してください。基本資料。
    261933 Sr-1 更新プログラムとは何か。

状況

マイクロソフトこの問題を記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認していますこの資料の冒頭にあります。

詳細

付属コンポーネントの作成、新しい Web web フォルダーであります。Internet Explorer 5 および Office 2000 します。Web フォルダーを使用してファイルを管理することができます。Web サーバー上で、使い慣れた Windows エクスプ ローラーまたはマイ コンピューターのインタ フェースを使用してください。WWW 分散オーサリングしバージョン管理 (WebDAV) または Web をサポートします。拡張クライアント (WEC) プロトコルです。これらのプロトコルは次のとおりです。
  • WebDAV は、ハイパー テキスト転送プロトコルの拡張機能です。(HTTP) は、基本メソッドのセットを含める HTTP 拡張基本ファイルコピーと移動のリソース作成するフォルダーやリソースなどの機能コレクション、ロックとロック解除、リソース、設定、取得使用します。
  • WEC の使用は、Microsoft Office 2000年プロトコルです。Web 発行は、通常を使用して Microsoft を実装しています。FrontPage サーバー拡張機能。
Web フォルダーは、名前空間 (またはシェル) 拡張機能としてインストールされてオペレーティング システムにマイ コンピューター (ルート オブジェクトのウィンドウ アイコンエクスプ ローラーまたは [マイ ネットワーク] には、Windows 2000 にします。このルート オブジェクトは、HTTP Web サイトとそれへのショートカットのコンテナーを列挙します。ファイルやフォルダーの Url。Windows エクスプ ローラーを使用して、表示、移動、コピーすることができます、名前を変更、削除、新規作成およびだけでは-なくごとにファイルを並べ替えるプロパティとビューのプロパティ シート情報が Web フォルダー内のファイルWeb サーバーの作成およびセキュリティ アクセス許可によってください。 追加フォルダー ウィンドウで、インストールされているを確認する方法についての情報をクリックします。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の文書番号。
305792 フォルダー ウィンドウでインストールされてを確認する方法

関連情報

Web フォルダーのエラーの詳細についてを参照してください。次の Microsoft サポート技術情報の資料:
220930 Web フォルダーとして Web サーバーへの接続に問題
ある場合を判断するについては、FrontPage 2000 および Web フォルダーを使用するを発行する場合は、以下のマイクロソフトを参照してください。サポート技術情報の記事。
287399 Web を開くか、Web フォルダーを作成することはできません。

プロパティ

文書番号: 287402 - 最終更新日: 2013年3月10日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbenv kbprb kbtshoot kbmt KB287402 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:287402
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com