〜 の APP-V 5.0 SP1 sequencer がシーケンス処理されるアプリケーションが正しくインストールされていません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2876368 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

生成される MSI を使用してパッケージを追加しようとすると、マイクロソフト アプリケーションの仮想化 5.0 Service Pack 1 (APP-V 5.0 SP1) シーケンサーでシーケンスに配置されますアプリケーションが正しくインストールされていない可能性があります。MSI セットアップ開始をし続け、エラー メッセージを生成せずに終了します。さらに、次のような汎用のイベントがアプリケーション ログに記録されるは。

ログ名前: アプリケーション
ソース: MsiInstaller
イベント ID: 1033年
タスクのカテゴリ: なし
レベル: 情報
キーワード: クラシック
説明:
Windows インストーラーは、製品をインストールします。商品名: MyApp 1.0 の製品版: 1.0。製品の言語: 1033年です。メーカー: マイクロソフト社。インストールの成功またはエラーの状態: 1603年です。


メモ 1603 のステータス コードを持つ MsiInstaller 1033 イベントでは、ジェネリックであるし、インストールが失敗を示しているだけ。決定的なこの状況を識別するために MSI ログを収集する必要があります。これを行う方法については、「関連情報」セクションを参照してください。

原因

このエラーは、APP-V 5.0 SP1 sequencer によって生成される Msi に署名の厳密な名前ではありません AppVMsiPackageTemplate.dll のバージョンが含まれるために発生します。これは、APP-V 5.0 sp1 の既知の問題です。

メモ この問題は、APP-V 5.0 rtm 版または 32 ビット 5.0 の APP-V のシーケンサーのすべてのバージョンでは発生しません。

回避策

回避策 1: 32 ビット シーケンサーを使用して、64 ビットのオペレーティング システムを実行する MSI パッケージを作成するのには

32 ビット アプリケーションでは、64 ビットの (AMD64) パッケージを作成するのには、32 ビット (x 86)、APP-V SP1 Sequencer を使用できます。これらは、WOW モードの 64 ビット クライアント オペレーティング システムで実行されます。

回避策 2: 64 ビット シーケンサー 64 ビットのパッケージの RTM バージョン 5.0 を使用します。

64 ビット シーケンサーの RTM 版を使用して作成されたパッケージ、APP-V 5.0 SP1 と SP2 クライアントでサポートされます。

回避策 3: パッケージを手動でインストールします。

生成された .appv パッケージは引き続き有効なインストール パッケージです。パッケージをインストールするには、次の Windows PowerShell コマンドレットを実行することによって。
  • 追加 AppvClientPackage
  • 発行 AppvClientPackage
これらのコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
APP-V 管理する PowerShell を使用して

回避策 4: AppVMsiPackageTemplate.dll の署名の厳密な名前を無効にします。

別の方法としては、アセンブリを信頼し、AppVMsiPackageTemplate.dll 署名の厳密な名前ではない場合でも、パッケージをインストールするのには、クライアント オペレーティング システムを有効にするには、です。これを行うには、Windows レジストリ エディターのバージョン 5.00 の以下のレジストリ キーをクライアントにインポートします。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\StrongName\Verification\*,31bf3856ad364e35
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\StrongName\Verification\*,31bf3856ad364e35

詳細

決定的なこのようなシナリオを特定するには、詳細な MSI をクライアント上でのログ記録を有効にします。これを行うには、次の Windows レジストリ エディターのバージョン 5.00 のレジストリ ビューに追加します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer

"ログ「=」voicewarmupx"

MSI ログを有効にする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
223300 Windows インストーラーのログを有効にする方法

詳細な MSI ログは、次のようなエラーが記録されます。

SFXCA: カスタム アクションを一時ディレクトリに抽出する: C:\WINDOWS\Installer\MSI250D.tmp-\

SFXCA: CLR バージョン v4.0.30319 へのバインド

カスタム アクションを呼び出す AppVMsiPackageTemplate!Microsoft.AppV.MsiTemplate.CustomActions.CustomActions.PublishPackage のエラー: Microsoft.AppV.MsiTemplate.CustomActions.CustomActions のアクションのカスタム クラスのアセンブリを読み込めませんでした: AppVMsiPackageTemplate System.IO.FileLoadException: ファイルまたはアセンブリを読み込めませんでした ' AppVMsiPackageTemplate、バージョン 5.0.1104.0、カルチャ = を = =31bf3856ad364e35' またはその依存関係の 1 つです。 厳密な名前の検証に失敗しました.(HRESULT からの例外。 0x8013141A) ファイル名: 'AppVMsiPackageTemplate、バージョン =5.0.1104.0カルチャを = 31bf3856ad364e35 ='---> System.Security.SecurityException: 厳密な名前の検証に失敗しました。(HRESULT からの例外: 0x8013141A)

失敗したアセンブリのゾーンです。

マイ コンピューターで System.Reflection.RuntimeAssembly.InternalLoadAssemblyName (AssemblyName assemblyRef、証拠 assemblySecurity、RuntimeAssembly reqAssembly、StackCrawlMark & stackMark、IntPtr の pPrivHostBinder のブール値の throwOnFileNotFound、forIntrospection のブール値、ブール値の suppressSecurityChecks) で System.Reflection.RuntimeAssembly.InternalLoad (文字列 assemblyString、証拠の assemblySecurity、StackCrawlMark & stackMark、IntPtr の pPrivHostBinder のブール値の forIntrospection) で System.Reflection.RuntimeAssembly.InternalLoad (文字列 assemblyString、証拠の assemblySecurity の System.Reflection.RuntimeAssembly._nLoad (AssemblyName のファイル名、文字列のコードベース、証拠 assemblySecurity、RuntimeAssembly locationHint、StackCrawlMark & stackMark、IntPtr の pPrivHostBinder のブール値の throwOnFileNotFound、ブール型の forIntrospection、ブール値の suppressSecurityChecks)StackCrawlMark & stackMark、ブール値の forIntrospection) で System.AppDomain.Load (文字列 assemblyString) Microsoft.Deployment.WindowsInstaller.CustomActionProxy.GetCustomActionMethod (セッション間、文字列の assemblyName、クラス名の文字列、文字列の methodName) で

プロパティ

文書番号: 2876368 - 最終更新日: 2013年8月6日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Application Virtualization 5.0 for Windows Desktops Service Pack 1
キーワード:?
kbmt KB2876368 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2876368
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com