9017 情報メッセージが復元またはデータベースをアタッチする SQL Server のインスタンスを起動するときに記録されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2882905 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

復元またはデータベースをアタッチまたは Microsoft SQL Server のインスタンスを開始、SQL Server エラー ログに次のような 9017 の情報メッセージが記録されます。

データベース dbName 複数あります。 n 仮想ログ ファイルが過剰であります。長い起動し、バックアップ時間の仮想ログ ファイルの数が多すぎる可能性があります。ログの圧縮と、さまざまな拡張の増分を使用して、仮想ログ ファイルの数を減らすことを検討してください。

多くの仮想ログ ファイルは、データベースの復旧時間に悪影響を。

さらに、環境内のレプリケーションまたはデータベース ミラーリングのテクノロジーを使用する場合は、これらのテクノロジのパフォーマンスの問題を表示あります。

原因

小さい値を指定すると、この問題が発生します ファイル拡張パラメーター ログ ファイルです。

SQL Server データベース エンジンは、いくつかの仮想ログ ファイル (Vlf) に内部的にそれぞれの物理ログ ファイルを分割します。SQL Server の 2008 R2 Service Pack 2 およびそれ以降のバージョンとデータベース (のため、SQL Server のインスタンスを起動またはアタッチまたはデータベースの復元) を起動して 1,000 人以上の Vlf を SQL Server 2008 R2 では 1万人以上の VLF を SQL Server 2012年では、ログオンしている新しいメッセージ (9017) が導入されています。

メモ SQL Server 2012年でデータベースが 10,000 Vlf は、このメッセージは記録が実際報告がエラー ログに正しくありませんしているメッセージ"1000 VLF"にします。基本的には、10,000 の Vlf の後に、警告が発生します。ただし、メッセージは 1,000 の Vlf を報告します。この問題は、将来のリリースで修正されます。

Vlf の数が増加をレプリケーションまたはデータベース ミラーリング構成で、パフォーマンスの問題につながる可能性がある方法についての詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 使用して、トランザクション ログを削減します。 DBCC SHRINKDB SQL Server Management Studio を使用しています。
  2. 頻繁に自動拡張を避けるために、値を大きくするには、トランザクション ログ ファイルのサイズを大ききます。詳細については、SQL Server Books Online の web サイトで、次のトピックを参照してください。

    http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms365418.aspx#AddOrEnlarge
  3. 向上、 ファイル拡張パラメーター 大きい値には現在構成されています。これは、データベースとログ ファイルが増加しているどのくらいの頻度の活動に基づいて必要があります。

さらに、現在実行されている SQL Server のバージョンに応じて、次の修正プログラムのインストールを検討することをお勧めします。


詳細

データベースでの VLF のセグメントの数を確認する方法

データベースの最も古いと最新のログ シーケンス番号 (Lsn) のトランザクション ログのバックアップの違いを見つけることによって、データベース内の VLF のセグメントの数を検索できます。

トランザクション ログのバックアップの LSN の次のようなメッセージは、SQL Server のエラー ログをチェックして確認できます。

{ログがバックアップされます。データベース: mydbname、creation_date_(time)。 日付(時間)、最初の LSN: 1: 5068:70、最後の LSN: 1: 5108:1、ダンプ デバイス数: 1、デバイス情報: (ファイル = 1、タイプ = ディスク: {C:\folder\logbackup1.trn})。これは情報メッセージのみです。ユーザーの操作は必要ありません。

メモ このメッセージは、トランザクション ログの LSN は1です。(最初のコロンの前に最初の番号は「LSN: 1:5068:70。")

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. SQL エラー ログには、データベースの earliesttransaction のログのバックアップの LSN を検索 (たとえば、LSN: 1:5108:1)。
  2. トランザクション ログのバックアップを SQL エラー ログに、最新の LSN を検索 (たとえば、LSN:10、235: 5108: 1)。
  3. VLF のセグメントの数は最新の LSN と最も古い LSN の違い (10,235 1 はここで = 10,234)。

レプリケーションでは、Vlf の多くの効果

多くのログ ファイルは、ログ読み取りプロセスがレプリケーション用にマークされたトランザクションをすべて仮想ログ ファイルをスキャンする必要がありますので、レプリケーションに影響します。Sp_replcmdsストアド プロシージャのパフォーマンスを追跡することによって、この動作を確認できます。ログ リーダー処理、 sp_replcmdsストアド プロシージャは、仮想ログ ファイルをスキャンして、レプリケーション用にマークされたトランザクションを使用します。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

949523 [初期サイズ] プロパティの値と、自動拡張プロパティの値が小さいとき、トランザクション レプリケーションの待機時間が SQL Server 2005 で高

データベース ミラーリングでは、Vlf の多くの効果

多くのログ ファイルは、データベース ミラーリングも影響します。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

2455009FIX パフォーマンスの低下と、SQL Server 2005、SQL Server 2008 年または SQL Server 2008 R2 では、トランザクション ログ内に多くの Vlf がある場合は、データベースの復旧

関連情報

詳細については、Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトで、次のトピックを参照してください。

トランザクション ログの圧縮

ログの切り捨てを遅らせることができる要因

トランザクション ログの切り捨て

トランザクション ログの論理アーキテクチャ

トランザクション ログの物理アーキテクチャ


プロパティ

文書番号: 2882905 - 最終更新日: 2013年9月12日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
キーワード:?
kbexpertiseinter kbprb kbsurveynew kbmt KB2882905 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2882905
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com