Office for Mac アプリケーションで、メニューやサブメニューが非表示または淡色表示となり選択できない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 288341 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP288341
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

この資料の対象製品として記載されているプログラムで、メニューをクリックするかサブメニューをポイントすると、メニューが表示されない、メニューが使用できない、メニュー上のコマンドが表示されない、またはコマンドが反応しない、という現象が発生する場合があります。

解決方法

この問題を解決するには、以下のうち適切な方法を使用します。

方法 1 : 設定ファイルが破損しているかどうかをテストする

設定ファイルが破損しているかどうかテストするには、次の手順を実行します。
  1. 開いている Microsoft Office for Mac プログラムをすべて終了します。
  2. 使用している Office for Mac のバージョンに応じて、以下のフォルダを開きます。
    • Microsoft Office 2004 for Mac または Microsoft Office X for Mac の場合は、/HD/Users/User/Library/Preferences/ を開きます。
    • Microsoft Office 2001 for Macintosh の場合は、HD:システムフォルダ:初期設定を開きます。
  3. Microsoft フォルダを探して、デスクトップにドラッグします。
  4. 問題が発生しているアプリケーションを起動して、この問題が発生するかテストします。問題があると思われるアプリケーションで引き続き問題が発生する場合は、Microsoft フォルダに保存されている初期設定が問題の原因でないことが、これにより安全に推測できます。この場合は、手順 5. に進みます。

    この時点で問題が解決する場合は、この手順の最後にある「注」に進んでください。
  5. Microsoft フォルダを置き換えます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 開いている Office for Mac プログラムをすべて終了します。
    2. デスクトップの Microsoft フォルダを探します。
    3. Finder のウィンドウで、初期設定 (MacOS X の場合は、Preferences) フォルダが見えるようにウィンドウを配置します。このウィンドウで Microsoft フォルダが隠れないようにしてください。
    4. Microsoft フォルダを、デスクトップからドラッグして、Finder のウィンドウの閉じている初期設定 (MacOS X の場合は、Preferences) フォルダにドロップします。
    5. Microsoft フォルダの置換を確認するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
: 以下の情報は、上記の手順 4. で Microsoft フォルダが問題の原因であることがわかったことを前提としています。

Office アプリケーションで作成された初期設定の選択状態の保存が重要でない場合、この時点で問題は解決したことになります。この場合は、デスクトップの Microsoft フォルダを [ごみ箱] にドラッグします。

ただし、Office for Mac で行ったユーザー設定の選択状態をできるだけ回復したい場合は、Microsoft フォルダ内のどのファイルが問題の原因となっているかを特定する必要があります。これは消去法で行います。Microsoft フォルダのどのファイルが問題の原因となっているかを特定するには、次の手順を実行します。
  1. 白紙のメモ用紙に、デスクトップの Microsoft フォルダ内に含まれているファイルの一覧を書き出します。
  2. 一覧の中央に水平線を描画します。
  3. 一覧の上半分のファイルをシステムフォルダ:初期設定:Microsoft フォルダにドラッグします。これらのファイルで、フォルダ内の同じ名前のファイルを上書きします。
  4. 問題が発生するかどうかテストします。問題が再度発生するようであれば、一覧の上半分のファイルのいずれかが破損していて、この問題の原因となっています。問題が修正されたままの場合は、一覧の下半分のファイルのいずれかが破損していて、この問題の原因となっています。
  5. 手順 4. で消去した一覧の半分の中央に水平線を描画します。
  6. この方法で Microsoft フォルダからファイルを出し入れして、問題の原因となっているファイルを特定できるまで一覧を絞り込んでいきます。問題の原因が複数のファイルである可能性もあります。
: Microsoft フォルダにファイルがない場合、次回、そのアプリケーションの実行時に Office for Mac によって、新しい初期設定ファイルを含むフォルダが作成されて置き換えられます。新規作成された初期設定ファイルのすべての設定は、デフォルトの値に設定されています。ユーザーの初期設定とカスタマイズした内容はすべて、古いファイルの削除時に消去された Microsoft フォルダのファイルに含まれていました。できる限り多くの初期設定を残すことが重要な場合は、破損しているファイルだけを特定して削除し、残りのファイルを戻す必要があります。

方法 2 : Word 5.1 メニューが有効になっていないことを確認する

: この方法は、Microsoft Word for Mac でのみ利用できます。Word for Mac の [表示] メニューには、[Word 5.1 Menus] という名前のコマンドがあります (英語版のみ)。これは、メニュー コマンドの表示を Microsoft Word 5.1 for Macintosh と同じにするものです。すべてのヘルプ ファイルは、対象のバージョンのデフォルトの Word のメニュー コマンドを使用して記述されています。Word 5.1 Menus 機能が有効になっていると、Word のコマンドは、ヘルプで記述されているものとは異なる名前になっていたり、他の場所に移動されたりしている可能性があります。Word 5.1 Menus が有効になっていないかどうかを確認するには、[表示] メニューをクリックして、[Word 5.1 Menus] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。[Word 5.1 Menus] オプションがオンになっていると、このオプションは有効になっています。このコマンドを実行して設定を切り替え、Word 5.1 Menus を無効にします。Word のヘルプの一覧にある手順を使用する場合は、Word 5.1 Menus を無効にすることをお勧めします。

Microsoft Word X for Mac および Microsoft Word 2004 for Mac のいずれの場合も、デフォルトではそのコマンドは [表示] メニューにないため、Word 5.1 menus はコマンドからのみオンにできます。ただし、その場合でも、Word 98 およびそれ以降のバージョンでは、方法 2 の手順を使用して Word 5.1 Menus を無効にできます。Word X for Mac および Word 2004 for Mac では、この機能が有効になっている場合にのみ、[Word 5.1 Menus] コマンドが表示されます。

方法 3 : Normal テンプレートのファイル名を変更する

: この方法は、Microsoft Word for Mac でのみ使用できます。

Normal テンプレートの名前を変更するには、次の手順を実行します。
  1. 開いている Office for Mac プログラムをすべて終了します。
  2. 使用している Word のバージョンに応じて次のフォルダを開きます。

    Word 2004 for Mac の場合 : /HD/Users/User/Documents/Microsoft User Data/Normal

    Word X for Mac の場合 : /Microsoft Office X/Templates/

    Word 2001 for Mac の場合 : Microsoft Office 2001:テンプレート
  3. Normal テンプレートを探して、OldNormal に名前を変更します。
Normal テンプレートには、スタイル、定型句入力、ツール バーのユーザー設定、および作成したマクロが保存されています。Normal テンプレートの名前を変更すると、Word を起動して終了した後、Word によって Normal テンプレートが新規作成されます。

Normal テンプレートの名前を変更しても、この現象が解決しない場合、新しい Normal テンプレートをテンプレート フォルダから削除し、OldNormal の名前を Normal に変更します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

サブメニューに関連する問題の情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
279235 PICTify 1.5 が実行されている場合に Office 2001 でサブメニューが表示されない
Office プログラムでメニューをカスタマイズする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
295403 Office プログラムでメニューのカスタマイズまたはリセットを行う方法

プロパティ

文書番号: 288341 - 最終更新日: 2005年11月21日 - リビジョン: 6.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 2004 for Mac
  • Microsoft Word X for Mac
  • Microsoft Word 2001 for Mac
  • Microsoft Excel 2004 for Mac
  • Microsoft Excel X for Mac
  • Microsoft Excel 2001 for Mac
キーワード:?
kbbug kbpending KB288341
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com