フォルダーをリダイレクトの管理者へのアクセスを有効にします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 288991
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、フォルダー リダイレクト機能とは、管理者が特に使用方法について説明します。

フォルダー リダイレクトと呼ばれる、グループ ポリシー拡張を使用して特定のユーザー フォルダーがサーバーの場所にリダイレクトできます、機能は、Microsoft Windows Server 2003 および Microsoft Windows 2000 Server にあります。既定では、フォルダー リダイレクト機能が、リダイレクトされたフォルダーへの排他的なアクセスをできます。

多くの管理者がユーザーごとに、新しく作成したフォルダーに自動的にリダイレクトするのには、ユーザーのフォルダーを有効にするのには、フォルダー リダイレクト機能しますが、NTFS ファイル システムのアクセス制御リスト (ACL) に、Administrators グループに自動的に同時を追加しました。

詳細

グループ ポリシーを使用して、フォルダーをリダイレクトすると、自動的にフォルダーが安全であることを確認するのには、ユーザーのフォルダーを作成するのには、フォルダー リダイレクト クライアント側機能を有効にすることをお勧めします。既定では、管理者がリダイレクトされたフォルダーにアクセスできません。

リダイレクトされたフォルダーを保護するには、フォルダー リダイレクト機能は、次の操作を実行します。
  • フォルダーの所有権をユーザーに説明します。
  • 次の Acl をフォルダーに設定します。
    ユーザー: フル コントロール
    ローカル システム: フル コントロール
  • Acl は親フォルダーから継承されなくなります。
ユーザーのリダイレクトされたフォルダー内のファイルにアクセスするには、管理者する必要がありますか、フォルダーがリダイレクトされているユーザーとしてログオンし、フォルダーの所有権を取得するやフォルダー上の Acl を手動で変更します。

メモ 所有権を取得することが以降のリダイレクトするには、フォルダー リダイレクト機能は、ユーザーがリダイレクトされているフォルダーの所有者であることができるため、失敗する可能性があります。

上記の問題を回避するには、管理者のアクセス権を有効にするは自動的に安全な方法でフォルダーを作成するのには、フォルダー リダイレクト機能を構成できます。

Windows Server 2003

Windows Server 2003 で共有フォルダーのセキュリティを設定するのには

  1. ユーザーのリダイレクトされたフォルダーをホストするサーバーに管理者としてログオンします。
  2. Windows エクスプ ローラーを使用して、ユーザーのリダイレクトされたドキュメント (\\Server\Redirected\ としての共有など、D:\Redirected、) を保持できます、最上位のフォルダーを探します。フォルダーを右クリックしをクリックしてください プロパティ.
  3. クリックして、 セキュリティ タブします。
  4. クリックしてください。 高度な.
  5. オフにし、 このオブジェクトと子オブジェクトすべてに伝達する親からの継承可能なアクセス許可を許可します。これらのエントリをここで明示的に定義されているがあります。 チェック ボックスします。
  6. コピーまたはアクセス許可を削除するメッセージが表示されたらをクリックします。 削除.
  7. Administrators グループが存在しない場合をクリックします。 追加、タイプ 管理者、し [OK].
  8. 選択、 管理者 グループ化、および、クリックしてください 編集.
  9. いることを確認、 フル コントロール アクセス許可を設定するには 許可します。、し [OK].
  10. クリックしてください。 追加、システム、および Creator Owner に追加し、 アクセス許可のエントリ.
  11. システムおよび所有者オブジェクトがあることを確認してください、 フル コントロールを許可する/ アクセスを許可します。
  12. クリックしてください。 追加を追加します。 認証されたユーザーをクリックし、次のアクセス許可を設定するには 許可します。:
    • フォルダーの作成/データの追加
    • アクセス許可の読み取り
    • 属性の読み取り
    • 拡張属性の読み取り
  13. プロパティ シートとダイアログ ボックスをすべて閉じます。

フォルダー リダイレクト機能を構成するのには

  1. フォルダー リダイレクト ポリシーが設定されているグループ ポリシー オブジェクトを開きます。
  2. 下にあります。 [ユーザーの構成をダブルクリックして [Windows の設定.
  3. ダブルクリック フォルダーのリダイレクト.
  4. ([マイ ドキュメント] など) を構成するフォルダーをクリックします。フォルダーを右クリックしをクリックしてください プロパティ.
  5. 選択、 設定 プロパティ ページ、オフにし、 ユーザーにマイ ドキュメントに対して排他的な権限を与える チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK].
  6. すべてのウィンドウを閉じます。

Windows 2000

共有フォルダーでは、Windows 2000 のセキュリティを設定するのには

  1. 管理者として、ユーザーをホストするサーバーにログオンは、フォルダー リダイレクトします。
  2. ユーザー リダイレクト (\\Server\Redirected\ としての共有など、D:\Redirected、) のドキュメントを保持できる最上位のフォルダーを検索するフォルダーを Windows エクスプ ローラーを使用します。フォルダーを右クリックしをクリックしてください プロパティ.
  3. 選択、 セキュリティ プロパティ ページ。
  4. オフにし、 このオブジェクトに伝達する親から継承可能なアクセス許可します。 チェック ボックスします。
  5. コピーまたはアクセス許可を削除するを求められたらをクリックします。 削除、し 追加.管理者グループ、システム、および Creator Owner に追加します。このフォルダーのすべての完全な制御を与えた。
  6. クリックしてください。 高度な、し 追加.選択 認証されたユーザー.アクセス許可のエントリ] ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックして、 許可します。 [作成フォルダー/データの追加、アクセス許可の読み取り、属性の読み取り、拡張属性の読み取り] チェック ボックス。で、 適用します。 ボックスで、 このフォルダーのみ.
  7. プロパティ シートとダイアログ ボックスをすべて閉じます。

フォルダー リダイレクト機能を構成するのには

  1. フォルダー リダイレクト ポリシーが設定されているグループ ポリシー オブジェクトを開きます。
  2. 下にあります。 [ユーザーの構成をダブルクリックして [Windows の設定.
  3. ダブルクリック フォルダーのリダイレクト.
  4. ([マイ ドキュメント] など) を構成するフォルダーをクリックします。フォルダーを右クリックしをクリックしてください プロパティ.
  5. 選択、 設定 プロパティ ページ、およびクリックをオフにするのには マイ ドキュメントに対して排他的な権限をユーザーに与える ボックス。
  6. すべてのウィンドウを閉じます。
ここでは、ユーザーがログオンし、フォルダー リダイレクト グループ ポリシー拡張機能を実行すると、[ユーザー] フォルダー、\\Server\Redirected\ で作成できます。ユーザー名 フォルダーと、フォルダーの所有者としてユーザーを正しく設定します。オフにすると、 マイ ドキュメントに対して排他的な権限をユーザーに与える チェック ボックス、ユーザーのリダイレクトされたフォルダーに設定されている親から Acl を継承できます。

Administrators: Full Control
System: Full Control
Creator Owner: Full Control
				
ユーザーが所有者であるためユーザー フル コントロールを持ちます。管理者グループとシステム フル コントロール、しますが、フォルダーがセキュリティで保護されたおよびそれらのいずれかの上記の 3 つの Acl に属していないためその他のユーザー フォルダーのデータの内容が表示されません。

詳細

Windows x64 エディションのテクニカル サポート

ハードウェアの製造元は、テクニカル ・ サポートやサポートについては、Microsoft Windows x64 エディションを提供します。Windows x64 エディションがハードウェアに搭載されているため、ハードウェアの製造元のサポートを提供します。ハードウェアの製造元は、Windows x64 エディションのインストール、独自のコンポーネントをカスタマイズしている可能性があります。独自のコンポーネント固有のデバイス ドライバーがありますか、ハードウェアのパフォーマンスを最大化するオプションの設定を含めることができます。Windows x64 エディションのテクニカル ヘルプが必要な場合は、マイクロソフトの合理的なサポートを提供します。ただし、製造元に直接問い合わせる必要があります。製造元は、製造元のハードウェアがインストールされているソフトウェアをサポートする最適な修飾されます。

については、Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsxp/64bit/default.mspx
製品に関する情報は Microsoft Windows Server 2003 x 64 editions、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/64bit/x64/editions.mspx

プロパティ

文書番号: 288991 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB288991 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:288991
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com