文書番号: 289022 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、[起動と回復] ダイアログ ボックスで Windows XP の Boot.ini ファイルを表示し、手動で構成する方法について説明します。

Windows XP では、Boot.ini をすばやく簡単に見つけ、ファイルの確認および編集を行うことができます。

Boot.ini ファイルを編集する前に、バックアップを作成しておくことを推奨します。最初に、隠しファイルが表示されるようにフォルダー オプションを変更してから、Boot.ini ファイルをバックアップします。


Boot.ini ファイルのバックアップを作成する

  1. [マイ コンピューター] アイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    または
    [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「sysdm.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブで、[起動と回復] の [設定] をクリックします。
  3. [起動システム] の [編集] をクリックします。メモ帳でファイルが開き、編集することができます。
  4. メモ帳で、[ファイル] メニューをクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。
  5. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの空白領域を右クリックし、コンテキスト メニューの [新規作成] をポイントし、[フォルダー] をクリックします。
  6. 新規フォルダーの名前を、たとえば temp のように入力し、Enter キーを押して temp という名前のフォルダーを作成します。
  7. temp と名前を付けた新規フォルダーをダブルクリックし、[保存] ボタンをクリックして Boot.ini ファイルのバックアップ コピーを保存します。

Boot.ini ファイルを編集する

Boot.ini ファイルを表示し、編集するには、以下の手順を実行します。
  1. [マイ コンピューター] アイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    または
    [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「sysdm.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブで、[起動と回復] の [設定] をクリックします。
  3. [起動システム] の [編集] をクリックします。

Boot.ini ファイルの例

Windows XP Professional コンピューターで使用されている既定の Boot.ini ファイルの例です。
[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" /fastdetect
別のパーティションに以前の Windows 2000 がインストールされている場合の Boot.ini ファイルの例を以下に示します。
[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Windows XP Professional" /fastdetect
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINNT="Windows 2000 Professional" /fastdetect

Boot.ini を変更する

[起動と回復] ダイアログ ボックスを使用して Boot.ini ファイルを変更する場合、既定のオペレーティング システムの選択、タイムアウト値の変更、または手動でのファイルの編集が可能です。ここでは、コマンド ライン ユーティリティの Bootcfg.exe を使用する方法について説明します。

注: Bootcfg.exe ユーティリティは Windows XP Professional でのみ使用できます。このユーティリティは Microsoft Windows XP Home Edition では使用できません。そのため、このセクションは Windows XP Home Edition には適用されません。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに「cmd」と入力し、Enter キーを押します。
  3. コマンド プロンプトで「bootcfg /?」と入力し、Enter キーを押します。
  4. BOOTCFG.exe のヘルプとパラメーターが表示されます。

オペレーティング システムを追加する

コマンド プロンプトに次のコマンドを入力します。
bootcfg /copy /d "Operating System Description" /ID #
Operating System Description にはテキスト (Windows XP Home Edition など) を記述します。また、# には、コピーの作成元となる Boot.ini ファイルの operating systems セクションにおけるブート エントリ ID を指定します。


オペレーティング システムを削除する

コマンド プロンプトに次のコマンドを入力します。
bootcfg /delete /ID #
# には、BOOT.INI ファイルの operating systems セクションから削除するブート エントリ ID を指定します (たとえば、2 番目に記載されているオペレーティング システムの場合は 2 です)。


既定のオペレーティング システムを設定する

コマンド プロンプトに次のコマンドを入力します。
bootcfg /default /ID #
# には、BOOT.INI ファイルの operating systems セクションで、既定のオペレーティング システムにするブート エントリ ID を指定します。


タイム アウト値を設定する

コマンド プロンプトに次のコマンドを入力します。 bootcfg /timeout ## には、既定のオペレーティング システムが読み込まれるまでの時間を秒数で指定します。


Boot.ini ファイルを開いて、変更を確認する

  1. [マイ コンピューター] アイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    または
    [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「sysdm.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブで、[起動と回復] の [設定] をクリックします。
  3. [起動システム] の [編集] をクリックします。



関連情報

このトピックの詳細については、以下のいずれかのリンクをクリックしてください。


プロパティ

文書番号: 289022 - 最終更新日: 2014年1月31日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード: 
kbenv kbhowto kbhowtomaster KB289022
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック