運用コンピューターと Active Directory と FRS への影響の時間を進める

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 289668
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

管理者としてファイル レプリケーション サービス (FRS)、または Active Directory レプリケーションの問題のトラブルシューティングの過程で、システムの進化を可能性があります時間のコンテンツを 1 台のコンピューターにはコンピューターのある機関、または Active Directory 内の廃棄オブジェクトの削除を強制的にします。

詳細

FRS 複製物メンバー上でシステム クロックを進めるの効果

実行しているコンピューターのシステム時刻を進化する場合は、次の場合に発生します。
  1. 調整の誤った決定」が削除されたファイル、IDTable の廃棄が途中で削除されます。削除された廃棄標識が削除されている場合は、このメンバーに到着、同時実行更新の他のメンバーから別の調整結果を生成します。最終的には、ファイルやフォルダーが影響を受ける DFS または SYSVOL レプリカ セットのメンバー間で不整合があることです。FRS データの調整は、時を経てが加わっていない 2 つのパートナー間で期待どおりに発生します。時間-高度なされたメンバーと非-高度なメンバー間のデータ レプリケーションが期待どおりに、まったく場合動作しません。
  2. コンピューターの高度なクロックが正しい時刻に残っているパートナーと参加しません。DFS または SYSVOL レプリカでデータを交換するために使用される、結合プロトコル時時計で 2 つのパートナーは、特定の許容範囲内になります。
  3. ローカル ファイルの変更は、高度なシステム時刻を使用するときのイベントの時刻の変更命令を作成します。手順 2 で示されている理由のための順は、出力方向のログに挿入されますがないこれらの変更を送信します。このコンピューターを通常の状態に復元すると、コンピューターの出力方向のパートナーに参加します。変更命令は、高度な時間でダウン ストリーム パートナーに送信され、ダウン ストリーム パートナーはそれらを無視イベント時刻が無効なために、変更命令 (が、遠い未来である)。

    したがって、時間が進んだ間に、変更したファイルは、他のメンバーにレプリケートされません (ただし、変更されたコンピューターに残っている)。また、IDTable エントリで、無効 (詳細) イベント回のため、このメンバーに他のメンバーから発信されたこれらのファイルの更新を拒否します。

時間の切り替えが FRS レプリカ メンバーに影響するかを確認する方法

場合は、次のように、システム時刻を進化進化システム時計の FRS レプリカ メンバーに影響ないです。
  1. NTFRS が停止します。
  2. 転送時間を設定します。
  3. ローカル変更命令を追加または変更が発生するため、NTFRS が停止しているときに新たに追加または変更既存の DFS または SYSVOL レプリカ ツリーにしないでください。
  4. 時間は、現在の時刻に設定します。定義上は、今度は FRS 最後のシャット ダウン時に、起動時間を比較するときに、サービス前回シャット ダウンした時のことです。
  5. NTFRS を再起動します。
ローカル変更命令を行った場合は、FRS でディレクトリの複製を確認するには、「IDTABLE か出力方向のログは、「将来」の日付と時刻スタンプを持つファイルが存在するかどうかを確認するのにはダンプできます」。次の使用例は、FRS データベースの出力方向のログをダンプする方法と、PERL スクリプトを使用して、出力をイベント時間で並べ替える方法について説明、 Iologsum.cmd.

コマンド プロンプトで、次の手順を実行します。
  1. ntfrsutl はできません > outlog.txt
  2. iologsum-並べ替え eventtime outlog.txt = > event.txt
  3. メモ帳の event.txt
「クリーン」のアウト バウンド ログまたは IDtables コンピューターを通常どおりに再起動できます。権限を実行して、ファイルを将来の日付スタンプをするには、次の手順を使用して、データベースを再初期化する必要があり、レプリケートされたファイルを含む FRS レプリカ メンバーを復元します。
  1. 種類 net stop ntfrs コマンド プロンプトで。
  2. 次のレジストリ キーを設定します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\NTFRS\Parameters\Backup/Restore\Process startup\BURFLAGS で
    D2 に (16 進) または 210 (10 進数)。
  3. 種類 net start ntfrs コマンド プロンプトで。
将来の不整合は、「権限のない復元します」を使用してレプリカ メンバー間の

Active Directory にシステム時刻を進化の効果

バージョン番号の 1 つは、Windows 2000 Active Directory を調整、として、リンク付けブレーカーのタイムスタンプでは、Active Directory 急進的な時計の変更を緩めたり可能性ためです。Active Directory 内の機密性の高い操作の時間は、次のとおりです。
  • 潜在期間中に、同じオブジェクトに 2 つの異なるサーバーに同じ属性を変更するとレプリケーションの競合を決定 - 点差直前の変更を移動します。したがって、将来的に発生した変更を獲得します。
  • 同じ名前の 2 つのサーバー上で作成した 2 つのオブジェクトの場合、最終変更時刻に RDN の優先で名前の競合の解決を解決します。
  • バックアップは、廃棄 (tombstone) の有効期間を適切なだけです。バックアップを作成すると、「有効期限トークン」が生成されます。トークンが復元の際に提出しなければならないし、バックアップが古すぎるためではないことに使用されます。将来一度に復元しようとすると、バックアップが古すぎると思われる場合この動作しません。過去に「将来」で作成したバックアップを復元します。 これを行うにできた場合でも、マイクロソフトではこの推奨しません。
  • Kerberos 認証での時刻の同期に基づいています。事前すぎるはるかに時計が設定されている場合、Kerberos チケットの有効期限を超える可能性があります。

結論

Windows 2000 ドメイン コント ローラー以外は、現在の UTC 時刻または今後しばらく生産のシステム時刻を進化し、時計をロールバックする必要があります。これに制限はありません、ましょう。
  • (2000 年テストなど) 日付と時間変化をテストします。
  • 廃棄オブジェクトの削除、廃棄の有効期限の設定を強制します。
  • 1 台のコンピューターよりも別のコンピューター上のオブジェクトを進歩と時間のロールバックを使用して優先のオブジェクトを確認します。
  • システムのバックアップの有効期間を延長します。
  • コンピューターは、「スキーマのロールバックを含む、以前のシステム状態に」を返します。
マイクロソフトは、重要な時間と日付の切り替え、環境を必要に応じて再構築ことができますサーバーのテストを実行することをお勧めします。また、Microsoft での日付と時刻、将来的に高度なまたはされたロールバック、運用環境にテスト環境を移行しないことをお勧めします。

進化またはロールバック システムの時刻によって Active Directory や FRS のレプリケーションの問題を解決するのには、生産性の高いメソッドではありません。システム時刻の意図的な改変複雑化することが難しい多くの場合、トラブルシューティングのシナリオに追加します。マイクロソフトはこの問題の解決の方法を使用している Windows ドメイン コント ローラーのシナリオをサポートしていません。

プロパティ

文書番号: 289668 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbinfo kbnetwork kbmt KB289668 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:289668
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com