[HOW TO、Windows 2000 のアップグレード中に、ブート パーティションを拡張します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 289876 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは Windows 2000 にアップグレード中に、既存のオペレーティング システム パーティションを拡張する手順について説明します。 Windows 95、Windows 98 および Windows NT からアップグレードするが、変更されたパーティションが展開されているパーティションに隣接する空き領域のみを使って、ことができます、既存のオペレーティング システム パーティションを拡張できます、パーティションを NTFS ファイル システムに変換することする必要があります。 このプロシージャまたできます インプレース修復またはアップグレード オプションを使用して、既存の Windows 2000 ブート パーティションを拡張します。

: パーティションを拡張できない状況をがあります (次の「状況と、パーティションことはできませんが展開」セクションこの資料を参照)。

: パーティションの展開を開始する前に、コンピューター全体の完全な検証済みバックアップを実行することを強くお勧めします。

オペレーティング システム パーティションを拡張する

オペレーティング システム パーティションを拡張する手順:
  1. コンピューターを再起動し、アップグレードするオペレーティング システムにアクセスします。
  2. Windows 2000 にアップグレードを開始します。
  3. ファイル システムを NTFS にアップグレードするメッセージが表示は場合、 [はい] </a0> をクリックします。

    : ブート パーティションだけを NTFS にアップグレードする [ はい ] をクリックするとします。 手動で入力して NTFS アップグレードの実行できましていない [はい] をクリックしたが場合、"ファイル システム ConvertNTFS ="Winnt.sif ファイル内の [ データ ] セクションの下のエントリです。 ただし、コンピューターを再起動して、アップグレード処理を続行する前にこのエントリをくださいする必要があります。 ドライブを NTFS にアップグレードしなくては、Windows 2000 へのアップグレードを実行できませんされませんが、パーティションの拡張プロシージャは失敗します。
  4. ファイル コピー プロセスが完了すると、コンピューターが再起動できます。 ただし は再起動しない をクリックします。
  5. メモ帳を使用して開くし、Winnt.sif ファイル、C:\$win_nt$.~bt フォルダーを見つけます。 必要に応じてをすべて非表示のファイルを表示できることを確認します。
  6. [ 無人 ] セクションを見つけます。 残りの空き領域を使用して、次のエントリを行います。

    [自動]
    ExtendOemPartition = 1

    : すべての空き領域の使用できるようこの値を 1 に設定します。 空き領域の一部だけを使用するにはエントリを既存のパーティションを拡大するメガバイト数を含む必要があります。 1. 5 GB の空き領域が搭載された、2 GB のパーティションの現在のしたを 1 GB のパーティションのサイズを拡大する場合、値 1, 024 3,070 いないのしてください。 空き領域が不足が含まれている値を設定する、アップグレード処理が完了したが、パーティションの展開は発生しません。
  7. コンピューターを再起動し、アップグレード プロセスを進めるを有効にします。

トラブルシューティング: 状況と、パーティションは拡張ことはできません。

  • パーティションを FAT または FAT32 を展開できません。 成功させるために、FAT または FAT32 のボリュームの拡張、ボリュームする必要があります最初変換ありますを NTFS に上記の手順 3 で、展開、オペレーティング システム パーティション」セクションを実行しています。
  • ソフトウェアのミラーリングを使用するブート パーティションは展開されません。 ミラーを解除して、埋め込み先の修復またはアップグレード オプションを使用する前になりません。
  • ディスクは、基本的でないダイナミックでする必要があります。
  • ブート パーティションとパーティションの拡張領域との間が他のパーティションによって区切られている場合、この空き領域を使用することはできません。 この空間には、ブート パーティションに隣接する拡張パーティション内にある空き領域が含まれます。
  • アップグレード処理には一時ファイルの 650 の MB のブート パーティション上の空き領域が必要です。 ファイルのコピーが完了したら、ブート パーティションが拡張され、のでこのメソッドは、アップグレード プロセスを開始する必要な空き領域の制限を迂回ことはできません。
  • ExtendOemPartition オプションは、ブート パーティションだけ展開します。
  • 入力サイズが MB 単位で加算パーティションの現在のサイズ、位置、パーティションの拡張用無効なサイズ設定する場合は、利用可能な空き容量に超えています。
関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください:
250297Windows 95 または 98 から Windows 2000 のインストールまたはアップグレードする方法

プロパティ

文書番号: 289876 - 最終更新日: 2006年10月31日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbhowtomaster w2000upgrade kbupgrade kbmt KB289876 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:289876
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com