[OFFXP] パッケージ版かボリューム ライセンス版かを調べる方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 290134 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP290134
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Office XP のボリューム ライセンス版とパッケージ版との相違点と、そのどちらをインストールしているかを調べる方法を説明しています。

詳細

Office XP には、パッケージ版とボリューム ライセンス版の 2 種類がありますが、この 2 つはほぼ同じ機能を持っているため、区別が難しい場合があります。どの Office XP を所有またはインストールしているかを調べるには、以下の 1 つまたは複数の項目を比較します。
  • Office SKU
  • CD-ROM の内容
  • CD-ROM上の .Msi ファイルのファイル名
  • ライセンス認証の要求
  • ソース .msi ファイル名
  • インストール ソース

Office SKU

Office XP には、複数の Office SKU (stock-keeping unit) があります。SKU にはボリューム ライセンス版とパッケージ版で重複するものもありますが、一方でのみ使用可能なものもあります。以下の表に、ボリューム ライセンス版やパッケージ版で使用可能な Office SKU を示します。
   Office SKU                    使用可能なエディション
   -----------------------------------------------------

   Professional with FrontPage   ボリューム ライセンス版
   Professional                              ボリューム ライセンス版およびパッケージ版
   Standard                                    ボリューム ライセンス版およびパッケージ版
   Small Business                          パッケージ版 (OEM)
この表を利用して、どのエディションを所有しているかを調べます。Office Professional または Office Standard のいずれかを所有している場合は、以下に記載したほかの方法を使用します。

Office XP CD-ROM の内容

Office のボリューム ライセンス版を所有しているかどうかを調べる別の方法として、Office CD-ROM 内のフォルダを確認します。CD-ROM に "ORK" という名前のフォルダがあれば、ボリューム ライセンス版のオフィスです。

Office XP CD-ROM にアクセスできない場合は、以下のいずれかの方法を使用します。

CD-ROM の .Msi ファイルの名前

Office CD-ROM のルートにある Windows インストーラの .msi パッケージ ファイルの名前に、"ret" または "tri" が含まれている (Proret.msi または Protri.msi など) 場合は、パッケージ版です。"ret" または "tri" が含まれていない (Pro.msi など) 場合は、ボリューム ライセンス版です。

ライセンス認証の要求

Office ライセンスの認証が要求される場合は、所有している Office はパッケージ版です。ボリューム ライセンス版の Office は複数の使用許諾契約に基づいて入手されるため、製品のライセンス認証は要求されません。

レジストリの .msi ファイルの名前

Office がコンピュータにインストールされている場合は、Office のインストール時に使用された Windows インストーラ パッケージの名前を Windows のレジストリで確認することができます。確認するには、次の手順に従います。

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

レジストリの編集方法の詳細については、Regedit.exe のヘルプの「キーと値の変更」または「キーと値を変更する」を参照してください。または Regedt32.exe のヘルプの「レジストリ情報の追加と削除」または「レジストリの情報を追加または削除する」、および「レジストリ情報の編集」または「レジストリ情報を編集する」を参照してください。レジストリの編集を行う前に、必ずレジストリのバックアップをとってください。Windows NT または Windows 2000 を実行している場合、システム修復ディスク (ERD) も更新する必要があります。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに Regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 使用している Microsoft Windows のバージョンに従って、以下のレジストリ キーを探して選択します。
    Windows のバージョン     レジストリの場所
    ------------------------------------------------------------------------
    
    
    Windows NT 4.0、Windows 2000 または
    Windows XP          HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Classes\Installer\Products
    
    Windows 98 または
    Windows Me          HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Installer\Products
    
  4. \Products キーの下で、使用しているバージョンの Office と ProductName 値が一致する 32 文字の {GUID} が見つかるまで、それぞれの {GUID} を選択します。たとえば、Office XP with FrontPage 日本語版の 32 文字の {GUID} は 1140820900063D11C8EF00054038389C です。
  5. 選択した 32 文字の GUID キーを展開します。
  6. SourceList サブキーを選択します。
  7. PackageName 文字列値のデータを調べます。 この文字列値のデータに "ret" または "tri" が含まれている場合 (Proret.msi または Protri.msi など) は、パッケージ版がインストールされています。"ret" または "tri" が含まれていない場合 (Pro.msi など) は、ボリューム ライセンス版がインストールされています。

インストール ソース

最後に、Office のインストール ソースによってボリューム ライセンス版かパッケージ版かを見分けられます。以下の 2 つのインストール ソースのいずれかからインストールしている場合は、ボリューム ライセンス版です。
  • ネットワーク上の管理者用インストール ポイント
  • Web URL (ブラウザ経由)
上記の 2 つのインストール ソースは、ボリューム ライセンス版の Office でのみ使用可能です。

CD-ROM を使用して Office をインストールしている場合は、この資料の前半に記載されている方法のいずれかを使用して、ボリューム ライセンス版かパッケージ版かを調べます。

Office XP のボリューム ライセンス版とパッケージ版との相違点の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
281934 [OFFXP] Office XP のインストール時に /a または /qb スイッチを使用するとエラーが発生する

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 290134 (最終更新日 2001-04-20) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 290134 - 最終更新日: 2011年5月15日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
キーワード:?
kbdta kbhowto KB290134
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com